今日は宮本さんが仙台にて営業ということで。
Date-FMの番組に三つも出られるということで。


午前中の放送、職場のラジオから流れてたけど
いかんせん、ラジオのボリュームをあまり高くできないのと、職場の雑音のせいで、話がよく聞き取れなかった。

流れてくる曲はよく聴こえるのに。


そして、今、15時になるところ。
こんな時間だが、これでもワタシ ただいま会社のお昼休み中。

わけあって、食堂や、自分の車のなかでは聴けないので、わざわざ会社の外に出て、冷たく吹きすさぶ春風に震えながらスマホのラジコを聴いていた。


それにしても宮本さん、体 大丈夫か?
心なしか、声が枯れてるように聞こえる。



つーか
こんな、会社のトイレの裏口で、寒さに震えながらスマホに向かっている自分もどうかと思うが。
スポンサーサイト
2017.04.25 Top↑



桜の季節を通り越し
すずらんが咲く季節になった

最近の出来事・・・

1 自家用車を買い換えた

2 こないだジミヘンのボールドアズラブを聴いた。
毎日職場のラジオから聴こえてくる最近の音楽で、異様なまでに感じる機械でいじくられた音の放出に、多少なりともグッタリきてたところに、ジミヘン。

音が単純でシンプルで、ギターは、ちゃんとギターの音がして。
聴いていて、とてもホッとした。

ジミヘンなのに。

3 焼酎よりも、日本酒を呑むようになった。

4 日本酒のアテは、肉よりも魚系の方が合うことがわかった。

5 酒の肴が何もない時は、味噌をちびりちびりと舐めながら呑むようになった。

6 エレカシ・・・・・特に宮本さんのメディア露出見聞きして、それまで以上に親近感を持つようになった。
なんだか、一緒に歳をとっているということの親近感というか。
あ、でもこれ、宮本さんだけじゃなく、メンバー全員に対してそんな気持ちを持った。

7 (JAPANやPlayerの表紙を見て...) 石くん、少し太った??

8(デビュー30周年記念パンフレットの中に写っている代々木公園で、帽子を脱いだ石くんを見て...)
石くん、落ち武者みたい.....。

9 二週間ほど前、まるで、諸星大二郎の漫画を読んだ時のような、おかしな怖さのある夢を見た。

10 遠くに住んでいる友達のことをよく思い出すようになった。
それから、今まで出会ったエレカシ仲間の人たちのことも。

誰かの噂話をすると、噂された人はくしゃみをするとよく言うが。

今頃、みんな くしゃみしてんだろうか。

moblog_9a0e0567.jpg
2017.04.23 Top↑
テレビやら ラジオやら 雑誌やら・・・。

まるで芸能人の如く 今日はあっちへ、あしたは何処へ?
メディアへ怒涛の登場に 冷や汗 脇汗 かきながら
こぶしを握り 目を見張り
これでもかっ! と、30年の月日を語る。

その姿
なんて不器用!  されど  なんて愛おしや!

不器用ながら愛おしき4人の男たち

今もどこかで万人の心に そして 気持ちに響く音を奏でているのだろう

かっこいいぜー! (ここから)見えないけど.........。

だけど 容易に目に浮かぶぜ

あのパフォーマンス(ミヤジ)
爆裂打(トミ)
重厚な重低音(成ちゃん)
「優・煌・強」の、3拍子が揃った弦音(石くん)


実際に、そのステージを目の当たりにする日を
今はただ 楽しみに待っている。




さて、、、、、、
全国ツアーも始まったことだし

まぁ ひとまず お茶でも飲んで
まずは一服。。。。。

moblog_5311f2e4.jpg
2017.04.11 Top↑
大阪城ホールLIVE
お疲れした〜!


そして、ここから
47都道府県
全国を巡る旅が始まる

さぁ いよいよ…
2017.03.20 Top↑
あー、もう、今のこの気持ちをなんて言えばいいのか言葉が見つからない。

一言、二言で言えば、今、怒ってるし、こうなったらハラをくくるしかねぇな、って気持ち。

何があったのか、詳しいことは言えないんだけど。

考えようによっては、これは好機かもしれないとも思うし。


今回のことを機に、またまた精神的に強くならざるを得ないかも。
本音を言えば、もっとか弱い女でいたいのに。
今の暮らしがなかなかそうはさせてくれない。
ますます男らしくなっていくような気がするwww

明日、大阪でLIVEだってのに、なんでこんな時に限って。
2017.03.19 Top↑
若い時分は早く歳をとりたいと思っていた。
なので、逆に歳をとったら若い頃に戻りたいと切望したりするんじゃないかと思い込んでいたけど。

実際、年齢をいってみたら、ちっともそんなことはなかった。
懐かしさで昔を思い出すことはあっても。





四十になって
そして、四十を過ぎても
迷ってばかりいる。

生きていく上での 暮らしていく上での
指針のようなものが欲しい。

今の この現状を突破するような
他者の思想が欲しい。


2017.03.17 Top↑
仕事から帰ってきて、近頃笑ってないなとふと思い、YouTubeで『玉川カルテット』と『横山ホットブラザーズ』の映像を見てハラ抱えて笑っていました。

そんな、笑いのツボがめちゃめちゃ昭和な女、さかごろうです。


先日発売された、ロキノンと、音楽と人。
どちらも読みまして。

ロキノンは、相変わらず、というか、私には一度読んだだけでは難しくてさ。
その、言葉の意味なんかをきちんと理解できないのよね、いつも。ロキノンのインタビューって。


そして、音楽と人。
一年ちょっと前の、メンバー全員こインタビューから再びの4人登場。

いつもね、メンバー全員のインタビューの時ってさ、ワタシ読む順番がだいたい決まっててさ。
はじめに、石くん。
その次が、成ちゃん。
その次、トミ。
そして、最後にミヤジ。

で、読み進んでいくんだけども。

成ちゃんは、なんというか、メンバーの中で一番常識的というか。
いや、他の3人が非常識ということではなくてさ、読んでいて一番安心するのよね、なにか。

そして、トミはトミで、らしいな、と。
答え方がね、トミらしいな、と(笑)

ただね…。
石くんのインタビューは、なんというか、前回のインタビューと似たようなこと話してるな〜と思って。


言葉の中に、何度も「ミヤジが…、ミヤジが…」。
そして、「とにかく一生懸命やる」。


うん、もうそれはよく分かったから、エレファントカシマシというバンドについて、今の音楽業界についてとか、石くんの思うところや気持ちなどを聞きたい。

なんなんだ? この、もどかしいような、イライラするような気持ち。
こんな気持ちに私がなったところでどうしようもないんだけど。

成ちゃんやトミだって、「ミヤジが」とか、「一生懸命」と言ったような言葉を言っているのにもどかしさなんて感じない。

なのに、何故石くんにはそんな風に感じてしまうんだろか?
そんなに宮本さんはすごいのか?

いや、音楽やバンドに対する情熱や、楽曲を作る上での才能は、やはり個性的、ある種、抜きん出ていることは私にもよく解る。
だけど、そんなに「ミヤジが」と、何度も言うほどのものなのか?
それとも、単純に宮本さんのもっと物凄い何かに私が気付いてないだけなのか?


そんな、モヤモヤした気持ちを抱えたまま、最後にミヤジのインタビューを読んだ。

ロキノンと違い、とても分かりやすく、且つ面白く読めた。
あー、、、これぞミヤジだな、と。

話している内容も、私にもよく理解出来たので、すいすいと文字を目で追うように読み進められた。


で…。
読み進めていくうちに、先程まで抱えていた私のなんだか訳の分からないモヤモヤに対する答えが、実にあっさりとミヤジのインタビューの中にあって。


うーん、なんかね。
モヤモヤと、一歩間違えれば怒りになりそうなくすぶりが、冷たい水をかけられて一瞬で消えてしまったという感じ。

もしかして、私まで宮本マジックに掛かったのか? などと思ったりして。

宮本さんて、ファンの気持ちをどこまで知ってるんだろ?

天然ボケみたいな言動しながらこちらを油断させといて、こうやってこちらの気持ちを見透かすようなことするからなこの人は。

こんな風に、たかだか好きなアーティストの記事を読んだだけで一喜一憂し、翻弄されている自分に呆れつつ。


でも、ウェイターには絶対に向かないって、私もそう思う。
2017.03.05 Top↑
かまやつさん 逝っちゃったな〜

去年、KENKENと竜之介くんと、三人でバンド作ってギター弾いてたのに。

今日、職場のラジオから『我が良き友よ』が流れてきた時、懐かしさと寂しさで、ちょっと胸にきちゃったよ。


2017.03.03 Top↑
ただいま〜

今日、実家から帰ってきました。

自分の実家とはいえ、もう今は他所の家も同じ。
落ち着く…ってことは、ないな〜、やっぱ。
住み慣れた、この自分の家が一番いいワ。

ところで、、、
実家では、ウチの婆さん(母)に合わせた生活をしてたので、早寝早起きの規則正しい生活をしとりました。
夜は22時半か23時に布団に入り、朝は5時20分頃に起き。

いや、もっとも…実家から職場へと行くのに、いつもの車通勤ではなくバス通勤だったもんで、朝は7時前に家を出ないと間に合わず。
そんなんだからして、自ずと早寝早起きの生活になりまして。

いや、でも、いつもは睡眠時間が4、5時間くらいだけど、久しぶりに7時間近く寝れました。
頭スッキリ。仕事中も眠くなることがなく。

睡眠とるのって大事だわね〜。
0時前には寝た方がいいのね。


って、もう0時すぎてるや〜ん!


あ、母親は結構元気に過ごしとります。
まだ手術跡が完治しているわけではないので、思うように腕を上げることができず、ちと不自由ではあるけれど。
2017.02.22 Top↑
子供の頃、本当にいるんだと信じて疑わなかったコロボックル
私のイメージの中のせいたかさんは、サットル氏でした。

コロボックル物語をはじめ、不思議なお話をありがとう。ファンタジーをありがとう。
あなたの作品たちのほとんどは、今もウチの本棚に並んでる。

ご冥福をお祈り致します。



また
好きな作家さんが
逝ってしまった
2017.02.20 Top↑