突然ですが、愚痴らせて頂きます。

おととい、私とダンナと二人、私の実家に墓参りがてらに寄っていき、そこで、兄夫婦たちへの手土産を置いていったのよ。
まぁー、言ってみればお中元的な。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2017.08.13 Top↑
kapi

またまたどうも
ちょっとだけ お久しぶりぶりのさかごろうです。

そして、上の写真は私ではありません。





はい
そんなの分かってますよね

ま、こんな笑えないオヤジギャグのような展開はこのくらいにして。。。。。



改めまして
上の写真は、先月 八木山動物園にやって来たカピバラさんです。
2匹います。
2匹ともくつろいだ様子でこちらのことを見とりましたワ。
でもお風呂には入ってませんでした。

この、真正面から見たおとぼけ顔と、肘をついてアンニュイ感を醸し出しているかのような姿が妙に色っぽいなと思います。




そんなワケで・・・・・・・
この流れからもお分かりの通り、今日はマーヴィン・ゲイを聴いたというお話です。



「マーヴィン・ゲイ」
marvin

ご存知のとおり、アメリカのソウル・R&Bシンガーです。

と、今更説明するほどでもないけども。


あの、ワタシ今までちゃんと聴いたことがなかったので、聴いてみたのよね。
きっかけは、ウチのダンナが聴いてたから。

ダンナも、もちろん昔から知ってはいたけども、ちゃんと聴いたことはなくてさ。ここ最近聴き始めたらしくて。
そのきっかけは、どうやら宮本さんのインタビュー記事らしい。

もともとR&Bやらアシッドジャズやら・・・黒っぽいものが好きで聴いてたんだけど、私が買った音楽雑誌に、宮本さんが耳の病気で休んでいた時に、いろんな音楽を聴いたことが書いてあったと。
その音楽の中にマーヴィン・ゲイも入ってて、宮本さんが称賛していたと・・・言うことらしい。

ダンナ曰く、『確かにこの声、甘くてうっとりする。そして、夜が似合う。』だ、そうで。

で、まぁ私も聴いてみた。
爽やかで涼し気。
今の季節に合ってるような気がするな、と、思った。

ダンナのように、「甘い」とか「夜が似合う」とかっていう感想はねぇ、私は持たなかったなぁ。
二人とも音楽の解釈が違うから、感想が違ってくるのも当たり前なんだけど。

でも、よくよく曲を聴いてみると、爽やかでサラッとしてるのに、結構いろんな音(楽器)が入ってるのが分かる。
特にパーカッションが多い。

通常、これだけ多彩な音が入ってると曲がごちゃごちゃしたような感じになりがちなんだけど、実際聴いてみるとサラッと爽やかww

さすが、というか、やっぱりそこがマーヴィン・ゲイの凄いところなのかもしれない。



でも、私はもう、あんまり聴かないだろうな、マーヴィン・ゲイ。
どの曲も、本当にいい曲だなと思うし、好きか嫌いか・・・と言ったら好きなほうではあるんだけど。
要は私の好みの音楽じゃないから。

好きなほうではある、って言っときながら好みの音楽じゃないって、どういうことよ!
って、思うかもしれないけど(苦笑)

いい音楽なんだけど、やっぱ私はこっちの方が好きで聴きたくなるんだよなーってこと。

あ、わかりづらいな こんな説明じゃ...........。

多彩にある音楽の中でも、「好き」っていうジャンルがあって。
そして、さらにその「好き」っていうジャンルの中でも、趣味の範囲とそうじゃない範囲とがあるっていうことかなぁ。

蛇足で言ってしまうと、好きなアーティストの中でも「趣味の範囲」ではない曲やアルバムも、残念ながらあることもある。
だからと言って、その「趣味の範囲」ではない曲が、決して嫌いなわけではないんだけど。


余談ですが。。。。

普通・・・というか、たぶん、そのアーティストが個人的に好きで聴いてる音楽は、やっぱ好きだからそこから影響を受けて、自身が作る音楽の中にも何かしら繁栄されてくるものなんだけど。

エレカシが作る音楽って、いや、宮本さんが作る音楽って、全くと言っていいほど繁栄されてないんだな・・・・・・・・・と、ダンナは言っとりました。

うん、言われてみれば 確かに。
全く、ってほどではないと思うが。でもほかのアーティストと比べてしまうと、そうかも。
でも、そこはさ、万人に聴いてもらいたい、ヒットしたいっていう想いがあるだろうからさ。
結果的にそんなふうになるんじゃぁないのかなぁ。


個性が強いからな、この人 ( ̄_ ̄)

と、さらにダンナは言っとりました。




うん
それは あるかも

kapiba

2017.08.06 Top↑
宮城県川崎町 しとしとと雨が降っている模様。湿度も高い。


『Reborn-Art Festival 2017 × ap bank fes』で、川崎町にある、みちのく杜の湖畔公園で、今まさにエレカシがLIVEをやっているワケだが。

このイベントが立ち上がってからちょっと疑問だったんだけど。。。

この「Reborn-Art Festival」って、石巻・牡鹿半島中心のイベントだと思ってたんだけど、なぜ「Music」音楽部門はそこから遠く離れたみちのく杜の湖畔公園なんだろ? と。
同じ県内とは言え、石巻と川崎町じゃ遠いだろっ!
って、思ってた。

ま、でも単純に、石巻方面にフェスを行えるような場所が無かったから・・・・

という理由だけかもしれない。

今となっては まぁ いっか.....の心持ち。

それにしても、今日のこの天気。
単純に雨降りだけだったらまだしも、今日に限って湿度が高い。

でも 始まってしまえばそんなのどうでもよくなるけどね~www
2017.07.28 Top↑
gj5w


これでも食べて涼んでちょ!

甘いよ
上手いよ
冷え冷えだよ


最近 トマトのコンポートを作るのが マイブームでして



冷蔵庫の野菜室に その存在を忘れてて 何日間か置きっぱなしにしてたトマトをある日見つけてさ
ナマで食べるのはちょっと・・・・・だし、炒め物に使おうかとも思ったけど、そん時はそんな気分じゃなかったし(?)

と! 突然
甘くて冷たいデザート的なものが食べたくなったので (砂糖で煮ちまえっ!) と、思い、まずは熱湯で皮を脱いでもらい 適当に砂糖とか鍋に入れながら
そこに 砂糖だけじゃなんだから ハチミツとかレモン汁とかも入れたりして

砂糖大さじ〇〇とか そんなのやんねー めんどくせー
だいたい軽量スプーンなんてもの持ってねー
そういうことで 適当・我流なやり方で コンポート的なものが出来上がったというワケやね

んで、粗熱をとってから冷蔵庫で一晩冷えてもらいまして

出来上がったの食べてみたら これがアータ 適当に作ったわりにはンまいのなんのって

唯一 これの欠点と言えば
作ってすぐには食べられないことかナァ~

トマト
そのまんまでも充分おいしいんだけどさ
2017.07.17 Top↑
エレファントカシマシが 今年も 来年も 再来年も そのまた来年も

ずーっとどこかでLIVEを演っていて

音楽を鳴らしてて メディアで活躍している姿を見ることができて

明るい日々も 暗い日々も

エレファントカシマシがエレファントカシマシたる頭脳と気負いと感情とで邁進していってほしい


だって

これらは当たり前のようで 当たり前ではないからさ

例えば 毎年野音を行えるのは当たり前のこと?

『今年ももちろん野音やるし 来年もやるに決まってる』

いやいや  そうとは限らないよ
予定は立てられているだろうけど 現実にその日を迎えられるかどうかは分からないよ

これは当たり前のことではないんだよ

それだからこそ
こんなに長いこと続けてやってこられることは とてもすごいことなんだよ



あの.....

エレカシがああなってほしい こうなってほしいとか
こうなればいいのにとか
何か有名な番組に出ることとかさ

そういうの 私個人的にはどうでもいいんだよ

それらは これまで通りの音楽活動をしていけば 後から自然と付随してくるものだろうから
もしそれらが来たら 本人たちの考えのもと 受け入れたかったら受け入れればいいだろうし

それらに関しては  (エレカシがこうなってくれればいいな・・・) っていう希望はさ
私には 無いのよね


あるのは ただ一つ

その命 尽きるまで
エレファントカシマシの音楽を 活動を 聴かせてほしい 見せてほしい

それだけなんよね




それにしても

宮本さん 賞が欲しいのかwww

宮本さんが言わずとも
エレカシなら  宮本さんなら
賞をあげたい人は たくさんいるだろうに

んっとに おもしろい人だよな(^^ )
2017.07.15 Top↑
今のミヤジの声で歌う

「はじめての僕デス」を聴いてみたい
2017.07.10 Top↑
オッス! オラ 野沢雅子!


じゃ なくて・・・・・・


オッス! オラ さかごろう!
来週も 絶対見てくれよなっ!


じゃ なくて・・・・・・

それじゃ終わっちまうじゃねーか。
しかも、来週ここを更新するとは限らないし。。。


どーも どーも (^^)
ちょうど2週間前に美容室へ行き、ちょっときつめのパーマをかけてきたさかごろうです。

パーマをかけた結果、自分で思ってた以上に髪の毛がクルリンコになってしまい、正直あまり気に入ってません。 自分でかけといてなんですが。

んで、どれぐらいクルリンコなのかと言うと・・・イメージとしては

こんな感じ↓
253

パーマかけたては、こんな感じでした。
もっとも、2週間経った今はだいぶ落ち着いてきたけれど。



今から約38年前に放映してた、NHKの人形劇「プリンプリン物語」
今週水曜日からBSで再放送が始まるらしいねぇ。
2017.07.02 Top↑
maimai

久しぶりに見た、大きいカタツムリ。
ホントに子供の頃以来 見たような気がする。
大人になってから、ほんの1センチにも満たないようなちっちゃいのしか見たことなかったから。

この時、雨は降ってなかったけど、空気が湿気を帯びてしっとりしていたせいなのか、カタツムリも活発に動く動く。

動く動くとは言え、そこはカタツムリ。秒速 約1.3センチの歩みで進んでゆく。

近くに寄ってマジマジ眺めてみると、胴体の部分が何気にキモイなと思った(苦笑)
子供の頃は平気で触ってたのに。
殻の部分を親指と人差し指でつまんで、カタツムリの目をチョン! と触ったりして。
カタツムリがびっくりして殻の中に体を潜り込ませるサマがを面白がって見てたり。
しばらくすると また出てくるんだけどね。

そんな風に遊んでた、あの頃の自分が信じられんww 
いや、でも・・・カタツムリの胴体って、あんな松かさのような、ウロコ状のような、凹凸のあるものだったっけ?
もっと滑らかだったような気がするが。

それから約1時間後。
再び同じ場所を訪ねてみたら、カタツムリはどこにもいなかった。
あんなに遅い歩みなのに、たった1時間足らずで一体どこ行ったんだろ。



今日は一日中 雨
曇天  アジサイ  水たまり
外を歩けば傘の花が色とりどり

んでもって、薄いシャツ一枚じゃ、風邪ひきそうなくらい寒い。

そんな いかにも梅雨らしい景色なのに
ここら辺は、まだ梅雨に入ってないんだとさ。



追伸: 東北も、今日梅雨入りしたそうです。
2017.06.21 Top↑
みんなが宮本さんに惚れるのも
分かるような気がするなぁ


ライヴの時の派手なパフォーマンスを見るのではなく
MVでエレカシの姿を見て楽しむのではなく
純粋に、宮本さんの歌声のみに耳を傾けられるようなビデオって、なかなか無いもんだな・・・と、思う。

や、あるのかもしれないけど、私はなかなか探し出せない。


なので、本当はエレカシの曲をかけたかったけど。
テレビで、このカヴァー曲たちを歌ってた時の宮本さんの声に、ゾクッ!とした色気を感じて聴き惚れていたので。
何度聴いても あのゾクッ! が色あせず。  あれからずいぶんと時間が経った今でも。


赤いスイートピー


喝采
2017.06.12 Top↑
あらま
気が付けば、またこんなにご無沙汰で失礼致しております。

むかし、みんなのうたで流れていた「はじめての僕デス」のアニメーションで二番目の歌詞の最初の部分。
『こ~ん~ど こしてきたっ!』
の、『こしてきたっ!』の、ところで、男の子が窓から足だけ出して挨拶してるところ。

あの、窓から足をニョキッ! そして足指ヒクヒクッ! のところを子供の頃よく真似して、窓から足を出してヒクヒクさせて周りの大人を呆れさせていたさかごろうです。
(細かすぎてよくわからんかったらゴメンナサイ)

いつもこの梅雨に入る前のこの時期。
さかごろう家では、プチ大掃除を致します。

まともな大掃除ではなく、プチよ? プチ(笑)

2017.06.04 Top↑