姉さん、事件です。

エレファントカシマシが、今年の紅白に出場することが決定したらしいです。



えっ?(汗)
そっ、そうなんですか?
そうですか。

このニュースを聞いた時
冗談でもなく、かるく目眩がしたよ。


本人たちゃ
嬉しいだろうなぁ
スポンサーサイト
2017.11.16 Top↑
実家の父親の命日が近いので、命日前の日曜日にダンナと墓参りに行く

実際の父親の命日(平日)に私だけ実家へ行き、母親と、※注あいづらども(兄夫婦)と丸一日一緒に過ごす

お義母さんの誕生日が近いので、誕生日前の休日に、お義母さんとダンナと私の3人でショッピング & 鮨勘で寿司を食べる



こんな調子で毎年10月から11月の初めにかけて、実家関係の行事が続く さかごろう家。

おまけに、とある事情により、私の実家にある、いらない荷物を片付けることになり、そのお手伝いに私も駆り出され、休日ごとに片付けに行ったり。

いらない荷物とは、例えば・・・、
2017.11.05 Top↑
「RESTART」のMV見たよ。

(例の化粧してるやつって、これか・・・)

と、思いながら、どんなことになってんだろ? と思いつつ見てみたら。。。

なんとなくRC風を想像してたけど、RCというより、ジュリーだな、ありゃ。
沢田研二のような・・・というか・・・。

だけど、ジュリーのような妖艶さとは また全然違うけどな。

つーか、宮本さんの化粧顔よりも、メンバーの化粧顔をちゃんと見てみたい。
そっちの画像を見た方が、心をグルグルとかき乱されるような気がする。

あと、MVの中にあった、白シャツ宮本さんが前に座って、ほかの三人がビシッ!と燕尾服着て立ってる図。
あれ見てたら『コール アンド レスポンス』のMVを思い出した。

あとさ、真面目そうなサラリーマンが、家帰ってから鏡に向かって上半身裸でギター持ってさ、体に金箔塗ったり、突如髪切ったりしてんのって、冷静に考えてみると、なんか怖ぇぇよ。あぶねーよww

ま、冷静に考えちゃいかんのかもしれないけど。
アフターファイブは何しようが人の好き好きということで。


あと、この曲を初めて通してちゃんと聴いたけど


かっこいい.........................

ベースラインの音が、なんだかやけに耳について離れない


それにしても
成治さん
燕尾服似合うねぇ~
2017.10.27 Top↑
で、まぁ、そんなワケで、気持ちがいくぶん晴れやかになったいま。
そういえば・・・・ワタシ、ちゃんとこの人の演奏を見たことなかったなと思い、ゆうべ、動画を検索して見てみた。

川口千里さん↓



今まで雑誌でしかその存在を知らなくて。
初めてそのスーパードラマーっぷりを見て、目が釘付け。

凄いわぁ。

それしか言葉が出てこない。

2017.10.23 Top↑
久しぶりにフェアグランドアトラクションを聴こうと思い、You Tubuのアプリを開き、ふと目に付いた中川家の「うちのオカン」のコント動画を本能のままについついタップ。
そのまま1時間ほどコント見ながら笑い転げていたワタクシさかごろう46歳です。

しかしさぁ。。。。
今年は台風が直撃するの多くない? 毎回こんなんだったっけ?
台風21号、ゆうべから今朝がたにかけて大荒れでさ。
それでなくても月曜日の朝っていつも道路が渋滞するから普段より早めに出勤したのに、渋滞の列はうんともすんとも動かないワ、ウチの会社近くの道路は冠水してるワで。

本当なら8時半までに会社に来なくちゃならんのに、10時頃着いたわよ。約1時間半の遅刻。会社に着くまで、約3時間のノロノロドライブ。

しかし、もっと驚いたのは、今日ウチの会社の人たちのほとんどが遅刻してきてたこと。
本当は8時30分までの出勤のはずなのに、そのほとんどが9時、9時半、私のように10時出勤の人がほとんど。もっと遅い人もいたし。
ちゃんと定時の8時半までに来た人もいたは、いたが。

いつもの平日の朝の混み具合なら、だいたい30分から40分ぐらいで着くのにね。
もっと言えば、渋滞がなけりゃ、本当は15分くらいで着く距離なんだけどね、ウチから会社までは。

週明けから、ホントに皆さんお疲れさんです。
まさしく Stormy Monday だワ。



お話は変わりますが。。。

先週、ちょっと親戚・身内間でいろいろごちゃごちゃありまして。先週一週間は精神的ストレスが半端なかったです。
どんなストレスかと言えば、不安な気持ちで過ごした日が一日。
その次の日が怒りの感情のまま過ごした日が一日。
そして、その次の日が不安と怒りがごちゃ混ぜな気持ちのまま過ごした日が一日。
悲しい感情とかいうのではなく、なんというか、八方ふさがりのような、暗澹たる気持ちというか。行き場のない気持ちというか。

・・・・・・・・・・・・とまぁ、心穏やかならぬ日々が続いてまして。
そんなふうに、気持ちが悪い感情で、言ってみれば、一日中緊張したような気持ちでずっと過ごしていたせいか、いつもどおりに仕事をし、いつもどおりにご飯を食べ・・・・という、いつもどおりの生活をしているだけなのに、一日の終わりにはとてつもなく身体が疲れておりまして。
もうね。こんな気持ちのままではまともな話がしばらくはできないかもしれないから、しばらくこのブログもお休みしようかと思ってたほどで。

そんな状態の中で見た、CS番組で特集されたエレカシ。(ちなみにSLSではなく、SLSの前日に放送していた「ライヴ&PV特集」ってやつですね)
その中で流れていた、マイリルガーと戯れているPV「笑顔の未来へ」。

もう、何度もPV見て、何度も聴いた曲なのに、精神ガタガタになりつつあった私に、「笑顔の未来へ」の歌詞が心にまっつぐ届いたんだなぁ。初めて。

そう。初めて、この曲、いい曲だなぁ、って思えたのよ。
なんかさ、目の前に光が差したというか。大袈裟かもしれないけど。

♪愛しい人涙落ちて (いや、泣いてはいないけどね)

 目の前が暗くなって 鮮やかな光もさえぎる様に (うん、まさしくそんな気持ちで・・・)

 悲しい目で何を見るの?
   その目に映った俺の姿は あの頃と変わっちまったの?

   (いや、宮本っさんは、なーんも変わってない。むしろ、髪切って昔に戻ったかのようだよ)

  ~中略~

 輝くメロディー あなたを連れて行くよ
   笑顔の未来へ♪
  (私も連れてってくれー! みーやじぃぃーー!)


と、この時PVを見ながら、心のウチで呟いていたことを小文字で表わしてみましたが。

いつものことながら、なんだか複雑そうでいて、実は単純明快な私の感情。
またエレカシに助けられたかの如く、この一曲で、それまでのモヤモヤした暗い感情が一気に晴れまして。(ホントに単純.....)

ただ、私の気持ちが晴れたというだけで、根本的な問題は何も解決はしてないんですけどね。
でも、お陰で、このブログをお休みすることもなく、こうして今書いているわけで。
2017.10.23 Top↑
kokesi kxz miyagi

二日目、県外から来たエレ仲間さんを、どこにも観光には連れて行かずに(ハハハ(^▽^;))
一日中お話していた。

いろんなことを話したけど。
帰り際、私が「話したい事話せた」なんて言っちゃったけど、後から考えると、(本当にそうか?) なんて疑問に思った。

あんな話が「話したい事」なんかではないだろ。もっと他に話したいことがなにかしらあったはずなのに。



久しぶりに会えて、本当に嬉しかったです。お二方とも。
久しぶりに会うから、仙台駅で会うまでドキドキしてた。ライヴ前並みにww

また、おいでませ仙台。
その時もまた、エレカシで盛り上がりましょう!

お土産 ありがと!(^^)
gift
2017.10.12 Top↑
さっきまで、ロキノンで出版した、エレカシの記事をまとめた書籍『俺たちの明日 上巻』読んでました。まだ最初の方しか読んでないけど。

ここに載っている記事は、たぶん過去に一度や二度は読んでいるはずなんだけど、なにしろ何年も前の記事となると、よっぽど印象に残る話じゃない限り、宮本さんやメンバーがどんなこと喋ってたかなんてすっかり忘れてるもんで。
まるで初めて読むような気持ちで読んでたんだけど。

いや・・・・・・想像以上に面白いわ、これ。
話の内容が、と、言うよりも宮本さん自身が。今から20年前くらいの記事なんて特に。
だって、なんかまるでイタイ人みたいで(笑)

もうね、読んでる途中で「みやもとぉー! オメェ おもせぇなぁぁ~~!」って、本に向かって何度呟いたことか。

時間がたてば、人って変わってゆくものだけどさ。モノの考え方とか。
この人も20年前に比べたら確かに大人になったとは思うけど、やっぱどんなに変わっても根本的な部分は変わらないものなんだな、って思ったよ。

宮本さんのことを語る時、どうしてもこの人の可笑しな部分とか変なところとかのツッコミから入ってしまうんだけど、ワタシの場合。
私はそんなめちゃめちゃ人間臭い宮本さんや、はたまたアーティステックな宮本さんが大好きだ。人として。

そして、エレファントカシマシが大好きだ。
エレカシの中心人物は、なにも宮本さんというわけではないのよね。確かに宮本さんがフロントマンだし、よく喋るし、よく動くし、よく目立つから、まるでエレカシの代表みたいなイメージになってるかもしれないけど。
誰が中心人物ということはないと思うワ。

石くんや、成ちゃんや、トミがそれぞれの役割(仕事)をしっかり果たしてエレカシの音や、その奥にある思いなどを作り上げてこちらに届けていて。
その作品も含めて、メンバー一人ひとりの人となりなんかが、たまらなく好きだ。



。。。。。。。。。。。。。。。。と、異様に前置きが長くなりましたが。

去る10月8日(日) 仙台サンプラザホールでエレファントカシマシのライヴがありました。
久しぶりに会うエレ仲間さんたちとの再会もあって、非常に濃い一日でした。
2017.10.12 Top↑
例え 昨日 何があろうと 
この日だけは忘れちゃならない(一度、忘れちゃったことあるけど.....)



CHABOさん 67歳

お誕生日おめでとうございます!

Happy Birthday To You !
2017.10.09 Top↑
そういえば。。。。。。。

先日の、野音本番開始前のテレビ生中継で見た、石くんの頭。



(あ、戻ってる)

と、思ったのが私の第一印象。

また今回も何か奇抜なヘアスタイルとか服装で攻めてくるのかと思いきや。。。 ちょっと意外な気もしたけど。

でも、それを見て心の中が「ぱあぁぁぁっ!」と明るい日が差すように嬉しくなったのも事実。(いや、大袈裟でなくホントに)

「石くんが戻ってきたっ!」(?)

と、ばかりに、その日の夜につけた日記に、なぜ長髪ではなく短髪の石くんの方がいいのか・・・みたいなことをつらつらと書いている。

そんなに嬉しかったのか? ワタシ(汗)

それを書いていた時は、たぶんハイテンションだったから
(この話、近いうちにブログに書こう!)
なんて、意気揚々としてた、、、、、ような気がする。

そして、次の日の夜。
前日に書いたこの話を読み返してみた。


(・・・・・・・・・・・・うざ。・・・・・コイツ、うぜぇ。)


一日前の自分に、即ダメ出し。

こういう、勢いで書いたものって、後で冷静になってみるととんでもなく恥ずかしいのよね。
当然、ここ(ブログ)に書くのは敢え無く却下。


でも、油断してはならない。

今はノーマルな やさ男風にしてはいるけれども、あの石くんだもの。
この先、こちらの予想を上回るような面白いことをやらかすに違いない。いや、髪形に限らずね。

石くんも、その場のノリで、思い付きで、みやもっさんに促されて。
ついつい やっちゃうんだろうなぁ。

ところで、一つ思ったんだけど。
なんで石くんが長髪にしてたかってこと。

きっかけは、ミッキーことヒラマミキオさんの影響とか、宮本さんに言われたからとか、諸説あるけれども。

石くんの中でさ、(長髪にすると、どういう感じなんだろ?)っていうのを自分自身で確かめたかったんじゃないのかな、って気がする。
しいては、髪の長い人(女性)の気持ちがどんなものなのか・・・ってことを確認したかったのかもしれない。

なんでそう思うのかと言えば、かなーり昔のインタビューだけど、「生まれ変わったら男性と女性、どちらがいい?」という質問に、「女性になりたい」って答えててさ。
どうしてかというと、「女性の気持ちになってみたい」、だそうで。

なんで女の人って、こういうことするんだろ、とか、なんでそういうことを言うんだろ、とか。
石くん側からしたら、不可思議に思うことが多々あったんじゃないかな。
だから、もし生まれ変わって女性になってみれば、その気持ちが分かるんじゃなかろうか。
って、そんなふうに思ったんじゃないかな。

ここ何年間か長髪にしてたのも、もしかしてそういう思いも少しはあったんじゃないか?


そんな気がする。
2017.09.30 Top↑
海と山。
どちらが好きかと問われれば、海の方が好きなワタクシさかごろうですが。

今、住んでいる所は小高い丘・・・・の、途中辺り(?) というか、山?
それこそ周りは見渡す限り、家々やお店などが立ち並ぶ街並みではあるけれど、少し歩けば坂道がわんさとあり、坂の途中には杉林がデンッ!と居座っている。
(もっとも、ここ最近の道路開発で、この杉林も半分無くなってしまいましたが。)

その証拠に、見かける動植物が街の中心部ではあまり見かけないものばかり。
夏になれば、大きな黒アゲハがウチの庭を縦横無尽に飛び回ってたりするし。
なんつっても一番の特徴は、鳥。
スズメやカラスやとんびやハト・・・と、後は、「デデポッポ」と昔から私がそう呼んでいる、キジバト。
ま、とんびやキジバトは街の中ではあまり見かけないかもしれないけど。

とにかく、それ以外の鳥を多く目にする。
いや、目にすることよりも、その鳴き声を聞くことが日常茶飯事のようにしょっちゅう聞こえてくる。
2017.09.27 Top↑