今日は暖かかったけれど、先週の、あの日本全国極寒に襲われていた強烈な寒さはひどかったねぇ。

あんなに寒くて、普段はあまり雪が降らない(たぶん・・・)、降ったとしても、〇センチも積もったりしないような(よく分かんないんだけど、たぶん・・・)西日本の地域でさえ大雪が降ったというのに。
あんなに冬将軍が日本列島に対して猛威を振るっていたというのに。

それなのに あぁ、それなのに。。。。。

先週のあの寒さの中、こちとら仙台は雪などほとんど降っておりませんでした。

だが、しかし!

雪が降っていなくても低温であることには変わりなく。
全国の地域に比べ、通常比較的気温が低めなのが、やはりそこら辺は東北でして。みちのくでして。

雪は積もってないけども、とにかく寒いことには変わりなく。
2、3日前に、ちょぼっと降った程度の雪がコンクリートに染み込み、この季節、真昼間でも気温が上がらないからコンクリに染み込んで水分となった雪も蒸発することなく、そのまま凍り付き。
挙句の果ては、おとなしくコンクリの中で凍り付いていればいいものを、あろうことかわざわざ地上に出てきて凍り付きやがり、こちらの足元を危うくさせ。

足元だけならいざしらず、あまりの低温のため空気中の水分までもが凍り付き。
おかげで朝方、平日のクッソ忙しい時に、車のフロントガラスにびっしりと霜を付けやがり、視界を100パーセント遮ってしまうので、まずはその霜を落とさなくては運転できないという有様で。

なので、冬の時季は普段より早めに家を出ないとこうした作業が待ち構えているので、仕事がある日の冬の朝はキライでございます。

あくまで、仕事がある日、だけね。
休みの日だったら、キライじゃないんだけど。

というか、休みの日はいつも遅めに起きるので、たいてい起きた頃には車の霜もとっくに溶けてなくなってるけど。


打首獄門同好会/「布団の中から出たくない」


つぅことで、
ここんとこ、毎日こんな感じ↑
スポンサーサイト
2018.01.18 Top↑
kamausa

新年あけましておめでとうございます。
今年も さかごろう共々 「Come On-A My House」をよろしくお願いいたします。

と、ゆーことで、とある料理アプリに載っていた、かまぼこの飾り切りを真似してうさぎを作ってみましたが.............。
ねずみぢゃぁ ないですよ。

とは言うものの、果たしてうさぎに見えるんだろうか? これ...........(汗)  
左側の一番下にある白いかまぼこうさぎなんて、なんだか象に見えなくもない。

いやぁ~、昔っから手先が不器用なもんで アハアハ(;^◇^;)ゝ

しかし、今年は戌年になのに のっけから うさぎってのもなんですが。



2018年 元旦
少し風は強いけど、こちらはいいお天気になりました。

なのにさぁ。。。。。
年末からつづく忙しさと寝不足で、今日は頭が重くて。
ほぼ一日中家の中で横になってたよ。でもお陰で今日はゆっくりのんびりできたけど。
元旦に、丸一日家の中で過ごすなんて久しぶりだった。

ゆうべは例年通り、ダンナの実家へ行き、お義母さんと3人でお年取り(としとり)をして。
昨日の時点から既に頭が重かったけど、事前に薬を飲んでたので後から調子は良くなったんだけどさ。

んで、いつもであれば、大晦日から一夜明け、元旦になると再びダンナの実家へ行って新年の挨拶をするんだけど、今回は朝起きた時からそんなんだから(苦笑)
ダンナにだけ行ってもらいました。

まぁ、ゆうべの寝不足は、「ねほりんぱほりん」を遅くまでチラチラと見ていたせいもあるのですが。
いつもあの番組見て思うけど、教育番組なのにあんな毒のある内容を放送するのってすごいよな。いくら深夜番組とは言え。

えーっと、話は逸れましたが。。。

まったく、足の打撲といい、頭といい、昨年の暮れから体調不良続きですワ。 心は取り敢えず元気なのに。


あー・・・そういえば、紅白見たよ。 エレカシのところと、フィナーレのとこだけ。
宮本さん、だいぶ緊張してたね。
曲調もいつもよりゆっくりめでさ、歌い方も一音一音、それこそ丁寧に歌ってた。

もうね、いつものことだけど、見てるこっちまで緊張したワ。
歌詞を間違えたり忘れたりしないかとか、声が裏返ったりしないかとか、変な行動起こしたりしないかとか。
“エビバデ!” は言っちゃってたな(笑)

うーん・・・・全部宮本さんがらみだな。

あと、フィナーレの時。
出演者全員、歌い終わって、結果発表も終わって、ステージに出演者全員揃った場面の中、チラッと映った宮本さんの晴れやかな顔。

あー・・・・よかったなぁ(^^) 紅白出れて、本当によかったね! って、宮本さんの顔を見てそう思った。

平成30年
エレカシにとっても 自分にとっても
いいことがたくさんある年になればいいな
2018.01.01 Top↑
で、いよいよ大晦日でございます。

こうも歳が押し迫ってくると、頭に浮かぶ曲が二つ。
一つは 「新宿を語る 冬」
二つ目は 「ガード下」

曲の感じはそれぞれ明と暗、というイメージではあるけれど、精神的な、深ーい深ーいところで言えば、私の中ではどこかちょっと似ているように感じるのよね、この2曲は。

で、もちろん、どちらも好きな曲で。




いつも感じる。

一年の大半は、つまらない日々。

そのうちの半分、いや、それ以上は苦しかったり、悔しかったり、哀しかったり、悲しかったり。

楽しい日も、嬉しい日もあるには、ある。

ほんの、数えるほどしかないけど、確かに、あるには、ある。

だから、例えば、今日のような節目の日。例えば、それは誕生日とかでもいい。

人は、自分のために、自分の好きな人たちのために、

それから

『罪を憎んで、人を憎まず』の如く、「好き」というのともまた違うけど、幸せになってほしいと思う人たちのために、

「幸多かれ」 「幸福であれ」  と、祈らずにはいられなくなる。



仲井戸麗市/「新宿を語る 冬」


SION/「ガード下」




今年も、このブログをご覧いただき、ありがとうございます。

また来年もよろしくね。  よいお年を!(^^)/
2017.12.31 Top↑
そういえば…

昔の雑誌をスクラップをしている時。
その頃の記事をちらちら眺めながら作業をしていると、思わぬ発見をすることがある。

例えば、20代の頃のピエール瀧とか。

たぶん、当時も一度や二度くらいは目にしてるはずなんだけど、長い年月の中で記憶の彼方に追いやられて忘れ去っていたんだと思う。

そこでさ、ロキノンの中でアーティストの幼少の頃の写真を掲載するコーナーがあるじゃない?
その中で、17歳の時の斉藤和義さんの写真が載ってたのを見つけたよ。

おっ? 何気にこれは貴重な…

と、思い、もちろんそれも切り取ってスクラップ。

たまーに、こうして昔の雑誌とか見てみると結構面白いんだよねぇ〜。
2017.11.27 Top↑
maimai

久しぶりに見た、大きいカタツムリ。
ホントに子供の頃以来 見たような気がする。
大人になってから、ほんの1センチにも満たないようなちっちゃいのしか見たことなかったから。

この時、雨は降ってなかったけど、空気が湿気を帯びてしっとりしていたせいなのか、カタツムリも活発に動く動く。

動く動くとは言え、そこはカタツムリ。秒速 約1.3センチの歩みで進んでゆく。

近くに寄ってマジマジ眺めてみると、胴体の部分が何気にキモイなと思った(苦笑)
子供の頃は平気で触ってたのに。
殻の部分を親指と人差し指でつまんで、カタツムリの目をチョン! と触ったりして。
カタツムリがびっくりして殻の中に体を潜り込ませるサマがを面白がって見てたり。
しばらくすると また出てくるんだけどね。

そんな風に遊んでた、あの頃の自分が信じられんww 
いや、でも・・・カタツムリの胴体って、あんな松かさのような、ウロコ状のような、凹凸のあるものだったっけ?
もっと滑らかだったような気がするが。

それから約1時間後。
再び同じ場所を訪ねてみたら、カタツムリはどこにもいなかった。
あんなに遅い歩みなのに、たった1時間足らずで一体どこ行ったんだろ。



今日は一日中 雨
曇天  アジサイ  水たまり
外を歩けば傘の花が色とりどり

んでもって、薄いシャツ一枚じゃ、風邪ひきそうなくらい寒い。

そんな いかにも梅雨らしい景色なのに
ここら辺は、まだ梅雨に入ってないんだとさ。



追伸: 東北も、今日梅雨入りしたそうです。
2017.06.21 Top↑
4191

まぁぁぁぁぁぁぁぁぁ、この、あの、暑かったり寒かったり。

完璧な夏が来る前の、この5月と6月いう季節は一体何着たらいいんだかわかりませんワ。
こないだまで夏みたいな暑さだったから、んじゃ、そろそろ.....って思って、やっとこたつと石油ファンヒーターを片付けたのに、また うすら寒くなるって。




あ、またまたご無沙汰でございます。
卵かけごはんが、実は昔からあまり好きではないさかごろうです。生卵もごはんも好きなのに。
しかも実家の母親が、私が卵かけごはんがあまり好きではないことを、つい最近知った模様。
2017.05.25 Top↑
あー、もう、今のこの気持ちをなんて言えばいいのか言葉が見つからない。

一言、二言で言えば、今、怒ってるし、こうなったらハラをくくるしかねぇな、って気持ち。

何があったのか、詳しいことは言えないんだけど。

考えようによっては、これは好機かもしれないとも思うし。


今回のことを機に、またまた精神的に強くならざるを得ないかも。
本音を言えば、もっとか弱い女でいたいのに。
今の暮らしがなかなかそうはさせてくれない。
ますます男らしくなっていくような気がするwww

明日、大阪でLIVEだってのに、なんでこんな時に限って。
2017.03.19 Top↑
若い時分は早く歳をとりたいと思っていた。
なので、逆に歳をとったら若い頃に戻りたいと切望したりするんじゃないかと思い込んでいたけど。

実際、年齢をいってみたら、ちっともそんなことはなかった。
懐かしさで昔を思い出すことはあっても。





四十になって
そして、四十を過ぎても
迷ってばかりいる。

生きていく上での 暮らしていく上での
指針のようなものが欲しい。

今の この現状を突破するような
他者の思想が欲しい。


2017.03.17 Top↑
『ペースメーカーを胸の中の内ポケットに入れちゃいました』手術を先日行った実家の母親。

手術の傷痕の回復を待ちつつ、諸々の検査をしつつ、今のところ元気(?)で病院内にて過ごしております。

んでもって、今週末には退院することになりまして。
更にさらに、退院した日から、ワタクシさかごろうは3、4日ほど実家に泊まりつつ、母親の様子を見ることになりまして。

なにせ、ウチの母親、一人暮らしなもんですから。
一応、心配なんで。

だけど、ワタクシ仕事は休めないので、一日、二日ぐらいは実家からバス通勤と相成りそうでして。

いやはや、暫くはまた、忙しい日々が続きマッスル。
2017.02.15 Top↑
今年の大河ドラマ『真田丸』

毎週々々楽しみにしていて…。


ってな心持ちで、一週間。そしてまた次の一週間。
という感じで、あっという間に一年が経ってしまった。

それぐらい、今年の大河は面白かったよ。

三谷脚本独特の、コミカル且つ淡々と。
胸をかきむしられるような激しい流れはないものの、ずーっと
物語を追っていくと、いつの間にやら引き込まれている。

来年の大河作品にも、物語の中でさりげなく触れるとは。
そこに気付いた人だけ思わずニヤリとしてしまう。




…という話を近いうちにここに書こうかと思ってたら…。

今夜の『逃げ恥』最終回。

まさかの『真田丸』のパロディーかーい!
しかも、オープニングの六文銭。
あれ、5円チョコだよね?

いや、もう最後の最後まで面白いもの見せてくれるワぁ〜ww

人それぞれ、同じドラマを見ていても印象に残る部分は違うと思うけど。

あの、ポジティブモンスターの彼女が、ゆりちゃんにケンカ売りにきた時に、ゆりちゃんが言った言葉。

(いいこと言うなぁ〜)

なんて思っちゃったよ。

真田丸も逃げ恥も終わってしまったけど、いわゆる「○○ロス」にはならねぇぞ。
だけど、逃げ恥の原作漫画は買おうかな.....なんて、一瞬思った。
ほんとに買うかどうかはわからんけど。
2016.12.21 Top↑