冬季オリンピックで世の中盛り上がってますが。

ご多聞に漏れず、私もテレビでネットで・・・毎日チェックしてますよぉ 五輪。
それぞれの競技の中から生まれるドラマ、そして各国の選手たちの活躍。
見るたびに某かの感動を覚えるよねぇ。

スポーツって、なんであんなに感動できるのか? つったら、たぶんそこに嘘がないからなんだよね。
だからこちらも素直に感動できるんだな。


えっと突然ですが・・・。
私の好きな漫画家で上條淳士という人がいてさ。
主な作品は『TO-Y』とか『SEX』など。

ワタシ中学生の頃に、たまたま兄貴の部屋にあった週刊少年サンデーで『TO-Y』を見かけてね。
そのストーリーもさることながら、画(絵)のかっこよさ、キャラクターたちのかっこよさ、ちょくちょく出てくるギャグのたまらん可笑しさ。

その全てに魅了されてこの人のファンになりまして。

例えばファッション、、、、、
同級生の女の子たちがピンク色したファッション雑誌に夢中になってる時、10代のさかごろうのファッションリーダーは、この『TO-Y』に出てくるニヤちゃんやヒデローだったと言っても過言ではないほど影響されてましたねー。。。
シンプルなんだけど、服のデザインがどこかシャープだったり。
色は白と黒を基調にしてるんだけど、どこかに大きなリボンを入れたりして。
まぁ、漫画だからね。色味は基本的にモノクロしかないんだけどww
もちろん刺激を受けたのは何もファッションだけじゃなくて、作品の中に出てきたセリフのほんの一部を友人、知人などにつまりパクって・・・言ってみたり(苦笑)

その、漫画本の中から醸し出されてくるような都会的な空気というか。
そういったものが、とにかくクールでかっこいい。
お気に入りの音楽を聴いてる時のような気分でさ、いつも読んでてね。

『TO-Y』の後に出た『SEX』も、また然り。

その上條淳士がデビュー30年目にしてようやく画集を出しまして。
その画集が出たのが去年の12月。

そして年が明けて一ヵ月ちょっと
ようやくこの画集を手にしまして。
ga ura

上の2作品だけじゃなく他にもいろいろ描いてるし、本の挿絵やCDのジャケットなども手掛けられたりしてまして。
この画集見て、久しぶりに見る画もあれば、初めて出会うモノもあって。

んでさ、私がこの人の作品、そしてこの人自身に惹かれる理由の中には、ストリートスライダーズが絡んだりしてるからなんだよね。
もちろん、スライダーズ抜きでも好きは好きなのよ。

誰が言い出したか分からないけど、この上條さんと蘭丸が雰囲気が似てるというという話が過去にあってね。
某雑誌でこの二人で対談するなんて企画を行ったこともあったりしたのよ。
それにね、昔「月刊カドカワ」で上條さんから見たスライダーズを画にして魅せる(見せる?)という企画もあって。ドキュメンタリータッチで描かれてて。

これを読みたいがだけのために「月刊カドカワ」を買ってた時もあったなぁ。

それが今回、この画集とは別冊で「間」というタイトルで一緒に発売されとりました。
maura
月刊カドカワに連載されてた時も、この「間」っていうタイトルだったっけ?・・・・・・
よく覚えてないや。

その中身は・・・・約20年ぶりに見るその中身は、もうまんま! HARRYと蘭丸とZUZUとJAMES そのまんま!(笑)
いや、なんかホント、プロの漫画家さんにこんなこと言うのは大変失礼なんだけど。

絵・・・上手いなぁ。本当に上手いなぁって眺めながらしみじみ思っちゃってwww
ちなみに、この中には少しだけ麗蘭も入ってました。


二冊とも、なんとも見ごたえあります。
また一つ 宝物が増えました(^^)v

そんな気持ちです

5
スポンサーサイト
2014.02.21 Top↑
2月のスズラン
8218.JPG 8220.JPG こうして見ると 小さな柿みたい



去年の暮れ、それまでi Pod shuffle だったのを classic に買い替えた。
今までshuffleに入っていたのは、エレカシとSIONの曲を2曲だけ入れていたのをお陰さまで(?)今ウチにある多種多様な音楽を取り込むことができた。
と言っても、私が持っているCDのおよそ10分の1ぐらいしか取り込めていない。
2012.02.28 Top↑
むかし、ezで流れてた「かえりみちのBLUE」のブイで、
蘭丸がアコギを弾いてたのを見て、自分でもこの曲が弾きたくなって。

ただそれだけの理由でアコギを買ったことがある。

練習はしてみたものの・・・・・・・
結局挫折して、そのギターは人にあげちゃったけど。

でも、今ここに挙げるのは「かえりみちのBLUE」じゃないんだけどね(笑)


私はスライダーズの中で蘭丸が一番好きだったんだ。
それは、彼の音楽やギターに対する真摯な姿勢が好きだったから。
あと、(デビュー当時・・・) 最初は女だと思い込んでたあの顔にも魅かれてたから。最初の頃は(笑)




でもこないだ、上の↑これを見ていて気付いたんだ。

私は、HARRYが作る音楽が一番好きだったんだ、実は。
蘭丸が作る曲も好きだったけど、それ以上にHARRYが作る曲が好きだったんだ、本当は。


なんだかんだ言っても
スライダーズのLIVE
また 観たいな
・・・・・観たいよ
2011.10.09 Top↑
今日は長野でSIONちゃんとHARRYちゃんのステージだなぁ。
やっぱ観てみたかったなぁ。

楽屋で何か話したんだろうか? あの二人。
そもそも会話するのか? あの二人........。

You Tubeへ→The Street Sliders/「AROUND & AROUND」

「AROUND & AROUND」←スライダーズでこんな曲、聞いたことないぞ、と思っていたら
チャックベリーの曲だったのね。



そして、いよいよ明日..........。

今から楽しみ
しみじみ楽しみ
ドキドキ楽しみ
2010.12.11 Top↑
THE STREET SLIDERS/嵐のあと



この曲とはなんの関係もないのだが、なんとなく今はこんな気分。
2155.jpg

ちなみにこの写真は、3年前の夏に撮影したものです。
2010.02.05 Top↑
The Street Sliders/「すれちがい」



ごめんね。

私にとっては、飽きるくらい、イヤんなるくらいに見た動画なので。
久しぶりにYou Tubeで観て。
観て。。。。。

あぁ、そうそう。こんなニュアンスだった。という感想しか持てないのです。

当時見ていた空気や感情や、精神状態までも、つぶさに想い出させちまう。

やっかいな代物だな、これは(笑)
2009.06.14 Top↑
この記事はブロとものみ閲覧できます
2008.03.24 Top↑
2974.jpg

7年前の10月29日
アタシ、何してたっけ?
子供の頃からずっと日記をつけてるんだけどね、昔の日記帳を引っ張り出して見てみたら

10/29(日)
今日は秋らしく、気持のよい寒さだった。
世間はジャイアンツの勝利ではしゃいでいる。
シオンも巨人ファンとは知らなかった。

と、書いてあった。
「うりきち」のHPでも見てたんだろうか? スライダーズの「ス」の字も出てこない。

2000年10月29日「THE STREET SLIDERS」LAST LIVE at 日本武道館
スライダーズ、最後のライヴ。

アタシが中学1年の時にスライダーズがデビューした。その存在を知ったのは、それから約1年後。
音楽雑誌「PATi PATi」(今は月刊誌だけど、これが発刊された1984年当時はまだ隔月発行だった)で初めてその姿を見てずっと気になっていた。

ラジオでも聴く機会がなかったし、本当はすぐにでもアルバム買ってどんなバンドなのかを知りたかったけど、なにぶんお金がない中学生なもんだから近所のレンタル屋で借りるのが精一杯。
レンタル屋の店内には、レベッカとか大江千里とか、戸川純の「玉姫様」のLPジャケットなんかがディスプレイされてあった。
時代を感じるなぁ。。。
そうだよ・・・まだCDが出始める前の話だから。レコードオンリーの時代。
んでその中にね、スライダーズの2ndアルバム「がんじがらめ」が飾ってあったんだ。
「あ、あのアルバムだ!」って思った。雑誌でよく見かけてたから。

さっそく家に持ち帰り、ちょっと緊張しながらレコードをターンテーブルに載せ、そぉっと針を落とす。
針を落としてから音が鳴るまでの刹那の時間 ―――――― ドキドキした。

マラカスのシャカシャカ言う音のあとに、うねりが〝ボワッ〟という感じで・・・・・きた。
なかなか唄が始まらないなー、なんて思ってたらHARRYの声が「踊ろうよ Baby~」
〝わぁ~、けだるい声〟
歌詞はこれだけ。そしてまた延々と音がうねっている。
こっちもなんだかけだるい感じになったままボーッと聴いてたら、2曲目「So Heavy」で突然蹴りを入れられた。
今度は音が硬くなった。HARRYの声も・・・吠えてた。

次々と曲が進んでいき、そのたびに〝わぁ~、わぁ~〟などとアホみたいにつぶやき、気がついたら全部聴き終わってた。
聴き終わったあと放心状態になってたと思う。「聴いちゃいけないものを聴いてしまった・・・」なんてつぶやいてたし。

今思えば「聴いちゃいけないものを聴いてしまった・・・」なんて大袈裟なんだよっっ、と自分でツッコミたくなるけど、13歳の子供には刺激的だったのかなぁ?
先日、「History of THE STREET SLIDERS」が発売になった。
今頃になってこのDVDが発売された意図はなんなのかは分からないけど。
それに過去に販売されたビデオ等の映像もたくさん入ってはいるけど、イヤイヤ、それでも嬉しい。
以前のBoxも嬉しかったけど、今回も素直に嬉しい。
酒のんでラリッてるよりは、こっちのほうがずっといいよ。
ジャケ写真にはギターを低く構えるHARRYが。
そうそう、これだよ。いつものこのスタイル。

7年前、解散するということを知ったとき、さほど衝撃はなかった。
「ふーん、そっか。なるべくしてそうなったんだなぁ」なんて、自分でもいやになるくらい冷静だったんだ。
その時期、音楽からちょっと離れていたせいもあったかもしれない。

思えば、初めて聴いた曲「Toa-Lit-Tone」のあのうねりが、スライダーズの音なんだな。アタシの中では。
あれからずっと、翻弄されっぱなしだ。

追伸:
 このDVDの1曲目
 1983年の久保講堂のLIVEで、蘭丸の右手人差指に、あのサソリの指輪がはめてあるのを見つけて、なんだか嬉しくなった。
 あの指輪、ずーっと、今でもはめてるもんな。。。
2007.11.01 Top↑
2359.jpg

スライダーズが解散してからもう7年か

ハリーがギターを低く構えている横で
蘭丸が蝶のようにギターをかき鳴らす
JAMESがベースのネックを無限大∞の形を描くように小さく揺らせば
ZUZUが力強く、たくましくドラムを叩く
そんな4人の姿が今でも目に焼き付いている。
真摯に音楽に取り組む、その姿勢がファンとしてはなんとも嬉しかった。

*******************************************************
最近さ、前へ進んでいくのがコワかったんだ。
前へと進んでいく気力が失せてたんだ。

いや、最近どころじゃない。
この夏からずっと、中にあるモヤモヤとシクシクがずっと消えなくてさぁ。。。
とりあえずは元気なんだけど。

ヘタレだよなぁ。もう9月もそろそろ終わるっていうのに。
*******************************************************

彼らが残していった曲***
「のら犬にさえなれない」好きだった。「すれちがい」好きだった。
「マスターベーション」も「カメレオン」も「風が強い日」も「夜毎悩ましい街で」も好きだった。
You Tubeで見まくちゃった、次々と。


LIVE映像見てたら、こんな言葉が頭の中に浮かんだよ

「もっと自分を解放しろよ」って
http://www.youtube.com/watch?v=LBPWkMNH4qk&mode=related&search=
「縛られていちゃ、なんにもできないぜ」って
2007.09.27 Top↑
potun.jpg

「かえりみちのBlue」という曲が弾きたくて、ギターを買った十数年前。
結局、途中で挫折しちゃったけど。

せめてBLUESだったら、スリーコードでなんとかなるかなぁ・・・・・
と、思ったけど、結局これもダメ。

まぁ、いっか・・・。

鍵盤楽器しか弾かなかった私に、弦楽器の楽しさを教えてくれて
アリガトね☆
ギターちゃん
kinen.jpg
最後の記念写真はカメラマンの腕がわるくて、ボケボケの一枚になっちゃったけど。
楽器への愛情は、たっぷり込もってます。。。。。。

http://www.youtube.com/watch?v=KYfwErsZqfs
2007.05.23 Top↑