宮城県川崎町 しとしとと雨が降っている模様。湿度も高い。


『Reborn-Art Festival 2017 × ap bank fes』で、川崎町にある、みちのく杜の湖畔公園で、今まさにエレカシがLIVEをやっているワケだが。

このイベントが立ち上がってからちょっと疑問だったんだけど。。。

この「Reborn-Art Festival」って、石巻・牡鹿半島中心のイベントだと思ってたんだけど、なぜ「Music」音楽部門はそこから遠く離れたみちのく杜の湖畔公園なんだろ? と。
同じ県内とは言え、石巻と川崎町じゃ遠いだろっ!
って、思ってた。

ま、でも単純に、石巻方面にフェスを行えるような場所が無かったから・・・・

という理由だけかもしれない。

今となっては まぁ いっか.....の心持ち。

それにしても、今日のこの天気。
単純に雨降りだけだったらまだしも、今日に限って湿度が高い。

でも 始まってしまえばそんなのどうでもよくなるけどね~www
スポンサーサイト
2017.07.28 Top↑
エレファントカシマシが 今年も 来年も 再来年も そのまた来年も

ずーっとどこかでLIVEを演っていて

音楽を鳴らしてて メディアで活躍している姿を見ることができて

明るい日々も 暗い日々も

エレファントカシマシがエレファントカシマシたる頭脳と気負いと感情とで邁進していってほしい


だって

これらは当たり前のようで 当たり前ではないからさ

例えば 毎年野音を行えるのは当たり前のこと?

『今年ももちろん野音やるし 来年もやるに決まってる』

いやいや  そうとは限らないよ
予定は立てられているだろうけど 現実にその日を迎えられるかどうかは分からないよ

これは当たり前のことではないんだよ

それだからこそ
こんなに長いこと続けてやってこられることは とてもすごいことなんだよ



あの.....

エレカシがああなってほしい こうなってほしいとか
こうなればいいのにとか
何か有名な番組に出ることとかさ

そういうの 私個人的にはどうでもいいんだよ

それらは これまで通りの音楽活動をしていけば 後から自然と付随してくるものだろうから
もしそれらが来たら 本人たちの考えのもと 受け入れたかったら受け入れればいいだろうし

それらに関しては  (エレカシがこうなってくれればいいな・・・) っていう希望はさ
私には 無いのよね


あるのは ただ一つ

その命 尽きるまで
エレファントカシマシの音楽を 活動を 聴かせてほしい 見せてほしい

それだけなんよね




それにしても

宮本さん 賞が欲しいのかwww

宮本さんが言わずとも
エレカシなら  宮本さんなら
賞をあげたい人は たくさんいるだろうに

んっとに おもしろい人だよな(^^ )
2017.07.15 Top↑
今のミヤジの声で歌う

「はじめての僕デス」を聴いてみたい
2017.07.10 Top↑
みんなが宮本さんに惚れるのも
分かるような気がするなぁ


ライヴの時の派手なパフォーマンスを見るのではなく
MVでエレカシの姿を見て楽しむのではなく
純粋に、宮本さんの歌声のみに耳を傾けられるようなビデオって、なかなか無いもんだな・・・と、思う。

や、あるのかもしれないけど、私はなかなか探し出せない。


なので、本当はエレカシの曲をかけたかったけど。
テレビで、このカヴァー曲たちを歌ってた時の宮本さんの声に、ゾクッ!とした色気を感じて聴き惚れていたので。
何度聴いても あのゾクッ! が色あせず。  あれからずいぶんと時間が経った今でも。


赤いスイートピー


喝采
2017.06.12 Top↑
今日は宮本さんが仙台にて営業ということで。
Date-FMの番組に三つも出られるということで。


午前中の放送、職場のラジオから流れてたけど
いかんせん、ラジオのボリュームをあまり高くできないのと、職場の雑音のせいで、話がよく聞き取れなかった。

流れてくる曲はよく聴こえるのに。


そして、今、15時になるところ。
こんな時間だが、これでもワタシ ただいま会社のお昼休み中。

わけあって、食堂や、自分の車のなかでは聴けないので、わざわざ会社の外に出て、冷たく吹きすさぶ春風に震えながらスマホのラジコを聴いていた。


それにしても宮本さん、体 大丈夫か?
心なしか、声が枯れてるように聞こえる。



つーか
こんな、会社のトイレの裏口で、寒さに震えながらスマホに向かっている自分もどうかと思うが。
2017.04.25 Top↑
テレビやら ラジオやら 雑誌やら・・・。

まるで芸能人の如く 今日はあっちへ、あしたは何処へ?
メディアへ怒涛の登場に 冷や汗 脇汗 かきながら
こぶしを握り 目を見張り
これでもかっ! と、30年の月日を語る。

その姿
なんて不器用!  されど  なんて愛おしや!

不器用ながら愛おしき4人の男たち

今もどこかで万人の心に そして 気持ちに響く音を奏でているのだろう

かっこいいぜー! (ここから)見えないけど.........。

だけど 容易に目に浮かぶぜ

あのパフォーマンス(ミヤジ)
爆裂打(トミ)
重厚な重低音(成ちゃん)
「優・煌・強」の、3拍子が揃った弦音(石くん)


実際に、そのステージを目の当たりにする日を
今はただ 楽しみに待っている。




さて、、、、、、
全国ツアーも始まったことだし

まぁ ひとまず お茶でも飲んで
まずは一服。。。。。

moblog_5311f2e4.jpg
2017.04.11 Top↑
大阪城ホールLIVE
お疲れした〜!


そして、ここから
47都道府県
全国を巡る旅が始まる

さぁ いよいよ…
2017.03.20 Top↑
仕事から帰ってきて、近頃笑ってないなとふと思い、YouTubeで『玉川カルテット』と『横山ホットブラザーズ』の映像を見てハラ抱えて笑っていました。

そんな、笑いのツボがめちゃめちゃ昭和な女、さかごろうです。


先日発売された、ロキノンと、音楽と人。
どちらも読みまして。

ロキノンは、相変わらず、というか、私には一度読んだだけでは難しくてさ。
その、言葉の意味なんかをきちんと理解できないのよね、いつも。ロキノンのインタビューって。


そして、音楽と人。
一年ちょっと前の、メンバー全員こインタビューから再びの4人登場。

いつもね、メンバー全員のインタビューの時ってさ、ワタシ読む順番がだいたい決まっててさ。
はじめに、石くん。
その次が、成ちゃん。
その次、トミ。
そして、最後にミヤジ。

で、読み進んでいくんだけども。

成ちゃんは、なんというか、メンバーの中で一番常識的というか。
いや、他の3人が非常識ということではなくてさ、読んでいて一番安心するのよね、なにか。

そして、トミはトミで、らしいな、と。
答え方がね、トミらしいな、と(笑)

ただね…。
石くんのインタビューは、なんというか、前回のインタビューと似たようなこと話してるな〜と思って。


言葉の中に、何度も「ミヤジが…、ミヤジが…」。
そして、「とにかく一生懸命やる」。


うん、もうそれはよく分かったから、エレファントカシマシというバンドについて、今の音楽業界についてとか、石くんの思うところや気持ちなどを聞きたい。

なんなんだ? この、もどかしいような、イライラするような気持ち。
こんな気持ちに私がなったところでどうしようもないんだけど。

成ちゃんやトミだって、「ミヤジが」とか、「一生懸命」と言ったような言葉を言っているのにもどかしさなんて感じない。

なのに、何故石くんにはそんな風に感じてしまうんだろか?
そんなに宮本さんはすごいのか?

いや、音楽やバンドに対する情熱や、楽曲を作る上での才能は、やはり個性的、ある種、抜きん出ていることは私にもよく解る。
だけど、そんなに「ミヤジが」と、何度も言うほどのものなのか?
それとも、単純に宮本さんのもっと物凄い何かに私が気付いてないだけなのか?


そんな、モヤモヤした気持ちを抱えたまま、最後にミヤジのインタビューを読んだ。

ロキノンと違い、とても分かりやすく、且つ面白く読めた。
あー、、、これぞミヤジだな、と。

話している内容も、私にもよく理解出来たので、すいすいと文字を目で追うように読み進められた。


で…。
読み進めていくうちに、先程まで抱えていた私のなんだか訳の分からないモヤモヤに対する答えが、実にあっさりとミヤジのインタビューの中にあって。


うーん、なんかね。
モヤモヤと、一歩間違えれば怒りになりそうなくすぶりが、冷たい水をかけられて一瞬で消えてしまったという感じ。

もしかして、私まで宮本マジックに掛かったのか? などと思ったりして。

宮本さんて、ファンの気持ちをどこまで知ってるんだろ?

天然ボケみたいな言動しながらこちらを油断させといて、こうやってこちらの気持ちを見透かすようなことするからなこの人は。

こんな風に、たかだか好きなアーティストの記事を読んだだけで一喜一憂し、翻弄されている自分に呆れつつ。


でも、ウェイターには絶対に向かないって、私もそう思う。
2017.03.05 Top↑
『俺のセンセイ』ってさ、放映する曜日と時間が日曜日の深夜ぢゃん?


一番 人が見ない時間帯だよね?
2016.12.15 Top↑
石くんが

プリンプリン物語の オサゲに見えてきました。



プリンプリン物語

知ってる人 いるかな〜
2016.10.26 Top↑