FC2ブログ
poteti (写真と本文は関係ありません)

あら?
気が付けば一か月もここを放置してたのね?
ブログ書くの、久しぶりー! イヤッホゥ!\(* ̄▽ ̄*)/ (なぜか はしゃぎだすワタシ)


最近の、ごくささやか・・・本当にごくごくごくささやかだけど楽しみに見ていることの一つに。。。

「ニュースウォッチ9」で気象予報士として活躍されている斉田さんが、自分の出番を終え、次のコーナーであるスポーツニュースのオープニングBGMと共に颯爽と登場してくる一橋アナウンサーと、
「こんばんは!(^▽^ )」
「こんばんは!( ^▽^)」
の、やり取りをし終えた後、席に着く一橋アナウンサーを目で追いかけてる時の斉田さんの優しいまなざし♪

を、見ること。

斉田さんのこのまなざしが画面に映っているのは、時間にしたらほんの一秒くらいなもんだけど、見ていると気持ちがホンワカする。

ささやかな楽しみついでに、もう一つ。

某車関係の○A○で、会員の人たちに毎月送られてくる小冊子『○A○Mate』。

あ・・・何も隠すこともないか。

あの、早い話が「JAF」です。
そして、小冊子『JAFMate』のことです。

その中に連載されている、松任谷正隆さんのコラムが毎回面白くて。

車好きの松任谷さんならではの、今までの・・・それこそ若い時から最近の話までの体験談が独特の文章体で、一つの物語のように書いてある。
時には、奥様の超有名なあのヒット曲のウラ話なども。
しかもそれが、一般的に、お洒落でどこかホロ苦甘いイメージがある奥様が作る楽曲が好きなファンの方たちを幻滅させるような話の数々。(←これ、先月号に掲載されていた話です)

以前から、どことなくトボケタ雰囲気のある人だとは思っていたけれど、こんなに面白い方だとは知らなんだ。

あと、文章書くの、上手いなぁって思う。

読んでいるこちら側が、変に頭を使うことなく、かと言って、ダラダラと文章を目で追うだけ、なんてこともなく。
読み始めて2、3行もすると、既に引き込まれる。
自分の脳裏に話の情景が自然と浮かんでくる。

気が付くと、終わりの行まで一気に読み終えている、と言った塩梅。

松任谷氏のコラムを読んでみたい方は、『JAFMate』読んでみてね。


でも、その前にJAFに入らないとダメか。
スポンサーサイト
2018.11.25 Top↑
というわけでwww

これの一つ前の記事で、思いがけなく話が長引いちゃって本編が話せなかったので(笑)
ようやく、ここで話せます。

といっても、たいした話ぢゃぁないのよ。
一言で言ってしまえば、右の耳にもピアスを空けましたって話で。



ここを読んでくれている人たちの中で、知っている人は知ってるんだけど。

私、左の耳だけ、ピアスを三つしています。
2018.10.26 Top↑
普段、ドラマって名の付くものはほとんど見ないけど。
時々・・・そだなぁ~。
2年に1、2回ぐらいの割合で、(あ、これ、おもしろいな)って思えるドラマに出会うこともある。

ここ最近は、そんな(あ、これ、おもしろいな)と思うドラマが2本ある。

まず、その1本目は
「昭和元禄落語心中」。
確か2、3年前にアニメでやってたらしい。
そのアニメの方は実際に見たことはない。
もっとも、こっちでは放映してなかったし。

でも、「落語心中」のことはなんとなく知っていてさ。アニメは見られなかったけど、そこのサイトを覗いたり、You Tubeなどで見ていて(、あぁ~。面白そうだなぁ。ちゃんと見てみたいなあ)って、ずっと思ってた。

もともと落語は好きだしさ。

ちなみに好きな噺家さんもいますよ。桂枝雀という人が。
実際に桂枝雀の落語はテレビでしか聴いたことがなくて、実際にナマで聴いたことはないけれど。
枝雀さんのお弟子さんという方の落語は、むかし聴きに行ったことがあるよ。
もちろん、ナマで。

話が逸れましたが。

んで、その「落語心中」が今度はドラマ化されるということを先月辺りに知って、今、嬉々として見ていると。

そんなところでして。

マンガが(この『落語心中』の場合はアニメを見てから・・・だけど)実写化すると、下手すると原作のいいところが、実写によって薄まってしまったり、グダグダになってしまったりする場合もあるけど。
あの、数か月前にやっていた「宮本から君へ」のように。

あの「宮本から君へ」のドラマは残念だった。
せっかく原作が良くて、そして、いい俳優さんたちを使ってるのに。
原作品のいいところや、いい場面が、みーんな薄まってしまってた。
あれじゃぁ、「宮本から君へ」の良さがなんにも伝わらないよ。

あ・・・また話が逸れましたが(汗)

だけど、「落語心中」の実写化は、はっきり言って面白かった。
まあでも、これの場合、原作をちゃんと読んだことはないので比べるも何もないけれども。
だけど、You Tubeでチラリと見た、あのアニメの、話に引き込まれる間がちゃんとあって・・・・・うーん・・・・・よかった、あれは。


そして2本目は。
NHKの朝ドラで、「まんぷく」。

このNHKの朝ドラを、ちゃんと見たいと思って見るのは「マッサン」以来かな。

ただ、朝ドラを見続けるパターンって、私の中で二つあって。
一つは、そのドラマが始まる前から、(あー、これは絶対に見てみたい!)と、思って、第1回目からちゃんと見るパターン。
そしてもう一つは、特にたいして興味は無かったけれど、仕事が休みの日の平日に、なんとなく見てみたら意外と面白くてそのまま見続けるパターン。

「まんぷく」の場合、後者です(^^;

だから、最初っからちゃんとは見てはいないんだけど。特に第1週目は。
でもそこは、「まんぷく」の公式サイトの中にある「漫画deまんぷく」を読んで、取り敢えず細かい話の流れは分かったけれど。
んで、そこからは毎日録画をしておいて、仕事から帰ってきて、晩御飯を食べながら録画した「まんぷく」を見るのが最近のささやかな楽しみになっております。

今回の朝ドラを、なんで続けて見たくなるのかと言えば。
主人公の福子の、のほほーん、ほんわかぁ~としたキャラクターかなぁ。
あと、結婚してダンナさんとなった萬平さんとのやりとりが、見ててキュンキュンするし。今のところ、まだ新婚だしね。

あと・・・福子を演じているのが安藤さくらさんだから、かな。

安藤さくらさんの、何が、どこが好きなのか・・・と問われるとうまく言えないけども。
でも、なにか惹かれるものがあるなぁ、と。何気に好きな女優さんです。



おっと!

本当は、このドラマの話を前置きにして、別な話をしようと思ってたのに。
思いがけなく話が長引いてしまったぜ。

しょうがないから、今回の話はこれに集中して、タイトルも「最近見たドラマの話」なんて付けてアップすることにしよう・・・と、決めた次第。

なので、本編は、また別の時に。
2018.10.26 Top↑
秋鮭を肴に
一杯

shake ∪ヽ(*´ω`≡) ウィーッ
2018.10.08 Top↑
こないだ、ウチのダンナと小学生の時の、音楽の授業の話をあれこれ話してた。
特に、ピアニカとか、リコーダーとか。楽器についての話。

いや、正確に言えば、「楽器」というものに対するそれぞれの意識の違いの話。


ダンナ曰く。
楽器を演奏するのは難しい。頭を使って演奏するもの、難解なもの・・・だ、そうだ。

それに対してワタシ。
頭で考えるよりも、感覚で演奏するもの。楽しくて面白いもの・・・というイメージ。

小学生から中学校まで、エレクトーンを習っていたワタシ。
もっと言えば、小学校に上がる前は、ヤマハのオルガン教室なるところでオルガンをブカブカと弾いたり、音符の書き方、また、ト音記号やヘ音記号の書き方とか。
通常は小学校一年生の音楽の授業で習う事柄を、幼稚園の時に、すでに習っていた(正確には、なんかわからないけど習わされていた)ワタシ。
小学生の時に、毎日クラスの仲のいい子たちと、音楽室に置いてある楽器を、それぞれその日、その日で自分の好きな楽器を手にとって、みんなで、とある曲をいろんなアレンジを加えて即興で演奏したり。
(あ・・・もちろん、音楽室を使うことは、事前に先生に許可を得て使ってました。念のため...)

そんな、気が付けば、周りにいつもなにかしらの「音楽」が流れているような子供時代に、楽器とは、自由に触れて、自分の思い通りに動かせるオモチャのようなものだった。
まぁ、逆に言えば、好きなもの、得意なものってそれしかなかったからさ。それ以外の勉強はまったくダメだった。しかも運動オンチだし。

とにかく・・・・・。
ダンナが、「楽器は頭を使うもの」、と言ったことに、内心(へぇ! そうなの?)とは思ったけど・・・。
思ったけど、でもすぐに、(あ、でも、それもそうか・・・)とも思った。

楽器は、ある程度は考えながら、でも、自分の感覚で演奏するものでもあって。
自分の中の、理性と感性とを使って音を鳴らすもの、と、私は思っている。



と、こんな話をしていたら。
むかし、エレクトーンで沢田研二の曲を必死に練習してたことを思い出した。

なので・・・・・・・・・・昨日実家に行って見つけてきたよ、この時のスコアを。

当時、近所に住んでいた、同じくエレクトーンを習っていたいとこのお姉ちゃんが、
「これだったら、さかごろちゃんにも弾けるんじゃない?」
と言って見せてくれた。
これ↓
jully

ジュリーの『おまえがパラダイス』( ̄m ̄*)
懐かしや。

当時、エレクトーン関係の雑誌をそのお姉ちゃんが買っていて、それの付録に付いてたものだったんだと思う。

このスコアを・・・いや、この時はスコアなんてハイカラな言い方はしてなかった。楽譜って言ってた。
この楽譜を見せてもらって、(えー?弾けるかなぁ.....)なんて躊躇したけど、いざ練習してみたら意外と簡単に弾けたのを覚えてる。
この時ワタシ、小学校の3年か4年ぐらいだったかなぁ? 弾いてたんだなぁ、ジュリーの曲を。

自分では、調子よく、気持ちよく、スラスラと弾けていたつもりではいたけれど。
はたして他の人が聴いていてウマイ! と思ったかはどうかは分かりませんwww
誰かに聴かせるために練習していたワケではなく、自分が弾いてみたいから練習してただけなので。
いとこのお姉ちゃんは、「上手に弾けるようになったね」って、褒めてくれたけど。

ちなみに、このお姉ちゃんがビートルズのファンだったので。
私が初めてビートルズの存在を知ったのは、このお姉ちゃんが教えてくれたお陰です。

今、この楽譜を眺めて音符を目で辿っているだけで、自然と指は動くけども。
もう弾けないだろうな。
ずーっと鍵盤触ってないから、指がナマって動かないと思う。


それにしても、この表紙のイラスト。時代を感じる。
いかにも80年代っぽい。
okawg

nora dlp

それに、ジュリー以外に掲載されている曲も、近藤真彦とか西城秀樹とか。
はたまたノーランズ(!) とかwww
ビージーズやジュディオングの「魅せらせて」。サザンの「いとしのエリー」。それに山下達郎も。


久しぶりに楽譜を長いこと眺めて、音符と戯れた時間を過ごしました(*´ω`*)
2018.09.24 Top↑
前の記事で、宮本さんが色モノ扱いされるのがイヤだとか、ちゃんと歌えば本当はとてもいい声してるのに、とか言ってたけど。

6枚目のアルバム『奴隷天国』を聴いてたら、そんなことどうでもいいような気がしてきた。
あぁ、ホントに
音楽で揺さぶられる感情って
理屈じゃないな。


先週まで気温が低く、今頃の季節にしてはうすら寒い日が続いてて。
さすがにヒーターとか仕舞っちゃってたもんで。なんだか寒くて。
そこへきて、寝不足の疲れた体にこの寒さがやってきたもんだから。

かるく風邪ひきました。ノドがチクンと痛い。
今週は月曜からずっとヒートテック着てたもん。

いや、でも今日は夏のように暑くて。さすがにヒートテックは着なかったけど。

風邪をひいたとは言え、熱は無いし、食欲はあるし。
会社に行けば、普通に仕事ができちゃう。
だけど、風邪ひいてて体力はおちてるから、なんとなくダルいし。
でも、普通に動けてしまうから、いつもどおり、家の事やって、次の日も仕事して・・・。

で、それが数日で治ればいいのに、良くもならず、かと言って悪くもならずに、こんな症状がダラダラと長ーくつづく。
若い時みたいに、ガッ! と高い熱が出て、数日でバッ!と治る・・・なんて症状だったらまだよかったのに。
まったく中年の風邪は厄介だ。

で、なんとかダルダルの身体をひきずりながら月曜からまた働いて、今日は仕事休み。

正直、今日は休みで助かった。
午前中、家の事をさっさとやって、午後から久しぶりにたっぷり昼寝したら結構調子が戻ってきた。
ノドの痛みは消えたけど、若干ハナミズがズビズバ。

で。。。。。。。。。。。。。。
風邪とはまったく関係ないけど。

いつも、家で、午後・・・2時とか3時とかぐらいに昼寝すると、いつも不思議な夢を見る。

例えば、知らない場所なのに、小さい頃に見ていた風景とどこか似ていて。
自分は子供の姿になっていて、夢の中では雨が降っているのに、なぜかかくれんぼして遊んでいて。
しかも、どこの誰とも知らない子と一緒に遊んでて。
だけど、気が付くと、誰もいなくなって自分一人だけになってたり。
で、自分一人だけになってしまったのに、それがちっとも寂しいとは思わなかったり。

はたまた・・・
どこか広い陸上競技場で、なぜか自分がトラックで走ってて。
ふと後ろの方から誰かが走ってくる音が聞こえたと思ったら、それは石くんで、あっという間に私を追い越していったりとか。

で、今日見た夢は・・・・・
私が寝ている枕元で、誰かがリコーダーを吹いていてwww
ふと見ると、すね毛ゴワゴワの足と、その人が履いていたトランクスの模様がチラッと見えて。
顔は見えなかったけど、私はそれがダンナだと勝手に思い込み、なんでリコーダーを吹いていたのか疑問にも思わず。(まぁ、夢だからね...)また昼寝の続きをして。。。

という、夢をみた。


この時って、熟睡してるんじゃなくて、ウトウトって感じだからさ。だからいつも夢を見るのかな。
で、まだ明るい時間だから、外では鳥が鳴いてたり、小学校から下校する子供たちの声が聞こえてたりしてさ。
そういう外からの音も夢の中でリンクして出てきたりする。
今日は、下校する子供たちの中にリコーダー吹いてる子でもいたのかな。


こうやってここに書いてみると、どれもどうってことない話ばかりだな。
だけど、起きた時に、いつも不思議な感覚だけが残るのよね。

その、見た夢のほとんどを覚えているせいもあってか、変な話、自宅で、この午後の時間帯に昼寝する時。
今度はどんな夢を見るんだろ・・・と、ちょっと楽しみでもある。

会社で遅いお昼を食べた後に15分ほど昼寝する時もあるけど、その時はなんの夢も見ない。
自宅にいるときに限って・・・なんだよね。
やっぱ、昼寝とは言え、会社にいる時とは違ってリラックスしてるせいかな。


ま、でも、家にいて、この時間帯に昼寝することって、めったにないんだけどね。
2018.06.21 Top↑
え~・・・
前回の記事、「GW前半」のつづきです。

とは言ってもたいしたこと書いてないけどねー。
でも、おヒマだったら読んでみてねー。



突然ですが、蔵王の山中に『宮城蔵王キツネ村』というところがあるのをご存知?
2018.05.05 Top↑
世の中はGW真っ盛り。
今回もカレンダー通りのお休みを頂いております。

そして、この連休明けの月曜日に、会社の健康診断を受けるという過酷な使命を背負っているさかごろうです。

とは言え、健康診断だからって、焦って健康的な生活を2、3日前から始めたって、そんなのどうにもならんのよね。
あくまで普段の生活の上での体の状態を診るんだから。

そゆことで、今から三日前の夜には会社の帰りに居酒屋で呑んでたし、ハシゴして2件目は立ち飲み屋でまたも呑み。
昨日なんか「ステーキ宮」でお肉をガッツリ食べるという肉々しい時間を過ごしてました。
たまの連休なんだから、たまの贅沢をしようということで。。。

そして今日は、朝から玄米ご飯などを食べ、食塩不使用の野菜ジュースなどを飲み、大変健やかな一日を過ごしております。
決して、健康診断が近いからって焦ってるわけではないんですよ? 決して違いますよ? 決して.......。

そんなさかごろうのGW。

前半の29、30日は、二日間とも塩釜におりました。
2018.05.05 Top↑
桜を見に行ったのは、つい先日の話だけど。。。。

そこから間を置かずに、来たる新緑の季節に備え、ボウボウに生え茂った家の庭木のこれでもかと伐採し
見事に全身筋肉痛
体中に張った湿布の数 18枚
伐採した枝、草、枯葉などをまとめたごみ袋の数 10袋
仕事をやり終えてから筋肉痛の前兆が来始めた時間 約3時間
筋肉痛になってから、完全に元の体に復活した日にち 約5日間

・・・・・というわけで、やっと湿布の呪いから解放され、現在に至るさかごろうです。

昨日、会社の人から
「さかごろうさん、明日はアラバキ行くんですか?」
と、聞かれた。

あーーーー。
その質問。
心にズキッ! と来たわ。

だけど、そんな心の痛みなど微塵も顔に出さず
「あ~~、ホントは行きたいんだけどねぇ~。用事があって行けないんだよねぇ(^0^;)」
と、苦笑いしながら返事をする私。

正直、今回のラインナップを見て、今年のアラバキは行きたかった。
だけど、用事があるのは本当のことで。
だけど、だけど、もーーーーっと早めにあのラインナップを知ることができていれば、今日・明日の用事は作らなくても良かったのになぁ。

なーんて思いはしたけども。
行けないなら行けないで、こちらはこちらで楽しめばいいぢゃぁないの、と切り替え早く、普段の会社の愚痴や諸々のダークゾーンを少し心に残しつつも、なかなか有意義なお休みを満喫しております。


えーっと、そんでね。
ドラマ「宮本から君へ」の影響で、改めて家にある「宮本から君へ」を読み返してみたのよね。
2018.04.28 Top↑
最近は、テレ東のアプリで「勇者ヨシヒコ」見るのが密かな楽しみになりつつあるさかごろうです。


「宮本から君へ」を観るために、放映開始前の先月、テレビ東京のアプリをダウンロードしてたんだけどさ。
テレ東ってどういう番組やってんのかなぁ~、、、って思って中身を見てみたら、その中に「勇者ヨシヒコ」があって。

「勇者ヨシヒコ」は前から知ってはいたけど観たことなかったから、どんなのかなぁ、と思って試しに観てみたのよね。


いやぁ~(苦笑)

いいね、アレ。

ああいうのバカバカしすぎて好きだワ。

特に、佐藤二朗さん演じる仏がいいワ。

そっかー、こういうドラマだったんだ!
どうりで、「勇者ヨシヒコ」を観たことある人が「ヨシヒコ」の名を口にしただけで、みんな決まったように ( ̄w ̄〃)フッ と口元がにやつくわけだ。
なるほどねー。



今年の桜の開花は全国的に早いらしい。
ここら辺も、いつもなら今がちょうど見ごろの時季のはずなのに、今年は既に葉桜状態に...。


というわけで、平地では葉桜でも、山の上ならまだ咲いてるだろ・・・・・・・
と、思い、いつも時季外れにお花見に行く場所、岩切城址へ行ってきた。
山、というか、小山だけどさ。
坂道に微妙な角度で建てられた家々が立ち並ぶ住宅街の中の細く曲がりくねった坂道を車で走って駐車場までたどり着いて、そこから車を降りて20分くらい登ったら頂上に着いてしまうような小さな山だけど。


,eoa 思った通り、今がちょうど見ごろだった(*´∇`*)

ここの桜も、本来なら4月の末頃が一番の見ごろなのに。
gaek

ywhte この日は厚い雲が空を覆っていて、全体的に空気が霞んでた。

そのせいか、日の光もどこか白く濁って見える
p,lu 枝がとげとげしい( ̄△ ̄;)


あー・・・・桜
やっぱ、いいな桜の花は。

花の中で、桜の花が一番好きだ
2018.04.15 Top↑