FC2ブログ
前の記事で、宮本さんが色モノ扱いされるのがイヤだとか、ちゃんと歌えば本当はとてもいい声してるのに、とか言ってたけど。

6枚目のアルバム『奴隷天国』を聴いてたら、そんなことどうでもいいような気がしてきた。
あぁ、ホントに
音楽で揺さぶられる感情って
理屈じゃないな。


先週まで気温が低く、今頃の季節にしてはうすら寒い日が続いてて。
さすがにヒーターとか仕舞っちゃってたもんで。なんだか寒くて。
そこへきて、寝不足の疲れた体にこの寒さがやってきたもんだから。

かるく風邪ひきました。ノドがチクンと痛い。
今週は月曜からずっとヒートテック着てたもん。

いや、でも今日は夏のように暑くて。さすがにヒートテックは着なかったけど。

風邪をひいたとは言え、熱は無いし、食欲はあるし。
会社に行けば、普通に仕事ができちゃう。
だけど、風邪ひいてて体力はおちてるから、なんとなくダルいし。
でも、普通に動けてしまうから、いつもどおり、家の事やって、次の日も仕事して・・・。

で、それが数日で治ればいいのに、良くもならず、かと言って悪くもならずに、こんな症状がダラダラと長ーくつづく。
若い時みたいに、ガッ! と高い熱が出て、数日でバッ!と治る・・・なんて症状だったらまだよかったのに。
まったく中年の風邪は厄介だ。

で、なんとかダルダルの身体をひきずりながら月曜からまた働いて、今日は仕事休み。

正直、今日は休みで助かった。
午前中、家の事をさっさとやって、午後から久しぶりにたっぷり昼寝したら結構調子が戻ってきた。
ノドの痛みは消えたけど、若干ハナミズがズビズバ。

で。。。。。。。。。。。。。。
風邪とはまったく関係ないけど。

いつも、家で、午後・・・2時とか3時とかぐらいに昼寝すると、いつも不思議な夢を見る。

例えば、知らない場所なのに、小さい頃に見ていた風景とどこか似ていて。
自分は子供の姿になっていて、夢の中では雨が降っているのに、なぜかかくれんぼして遊んでいて。
しかも、どこの誰とも知らない子と一緒に遊んでて。
だけど、気が付くと、誰もいなくなって自分一人だけになってたり。
で、自分一人だけになってしまったのに、それがちっとも寂しいとは思わなかったり。

はたまた・・・
どこか広い陸上競技場で、なぜか自分がトラックで走ってて。
ふと後ろの方から誰かが走ってくる音が聞こえたと思ったら、それは石くんで、あっという間に私を追い越していったりとか。

で、今日見た夢は・・・・・
私が寝ている枕元で、誰かがリコーダーを吹いていてwww
ふと見ると、すね毛ゴワゴワの足と、その人が履いていたトランクスの模様がチラッと見えて。
顔は見えなかったけど、私はそれがダンナだと勝手に思い込み、なんでリコーダーを吹いていたのか疑問にも思わず。(まぁ、夢だからね...)また昼寝の続きをして。。。

という、夢をみた。


この時って、熟睡してるんじゃなくて、ウトウトって感じだからさ。だからいつも夢を見るのかな。
で、まだ明るい時間だから、外では鳥が鳴いてたり、小学校から下校する子供たちの声が聞こえてたりしてさ。
そういう外からの音も夢の中でリンクして出てきたりする。
今日は、下校する子供たちの中にリコーダー吹いてる子でもいたのかな。


こうやってここに書いてみると、どれもどうってことない話ばかりだな。
だけど、起きた時に、いつも不思議な感覚だけが残るのよね。

その、見た夢のほとんどを覚えているせいもあってか、変な話、自宅で、この午後の時間帯に昼寝する時。
今度はどんな夢を見るんだろ・・・と、ちょっと楽しみでもある。

会社で遅いお昼を食べた後に15分ほど昼寝する時もあるけど、その時はなんの夢も見ない。
自宅にいるときに限って・・・なんだよね。
やっぱ、昼寝とは言え、会社にいる時とは違ってリラックスしてるせいかな。


ま、でも、家にいて、この時間帯に昼寝することって、めったにないんだけどね。
スポンサーサイト
2018.06.21 Top↑
え~・・・
前回の記事、「GW前半」のつづきです。

とは言ってもたいしたこと書いてないけどねー。
でも、おヒマだったら読んでみてねー。



突然ですが、蔵王の山中に『宮城蔵王キツネ村』というところがあるのをご存知?
2018.05.05 Top↑
世の中はGW真っ盛り。
今回もカレンダー通りのお休みを頂いております。

そして、この連休明けの月曜日に、会社の健康診断を受けるという過酷な使命を背負っているさかごろうです。

とは言え、健康診断だからって、焦って健康的な生活を2、3日前から始めたって、そんなのどうにもならんのよね。
あくまで普段の生活の上での体の状態を診るんだから。

そゆことで、今から三日前の夜には会社の帰りに居酒屋で呑んでたし、ハシゴして2件目は立ち飲み屋でまたも呑み。
昨日なんか「ステーキ宮」でお肉をガッツリ食べるという肉々しい時間を過ごしてました。
たまの連休なんだから、たまの贅沢をしようということで。。。

そして今日は、朝から玄米ご飯などを食べ、食塩不使用の野菜ジュースなどを飲み、大変健やかな一日を過ごしております。
決して、健康診断が近いからって焦ってるわけではないんですよ? 決して違いますよ? 決して.......。

そんなさかごろうのGW。

前半の29、30日は、二日間とも塩釜におりました。
2018.05.05 Top↑
桜を見に行ったのは、つい先日の話だけど。。。。

そこから間を置かずに、来たる新緑の季節に備え、ボウボウに生え茂った家の庭木のこれでもかと伐採し
見事に全身筋肉痛
体中に張った湿布の数 18枚
伐採した枝、草、枯葉などをまとめたごみ袋の数 10袋
仕事をやり終えてから筋肉痛の前兆が来始めた時間 約3時間
筋肉痛になってから、完全に元の体に復活した日にち 約5日間

・・・・・というわけで、やっと湿布の呪いから解放され、現在に至るさかごろうです。

昨日、会社の人から
「さかごろうさん、明日はアラバキ行くんですか?」
と、聞かれた。

あーーーー。
その質問。
心にズキッ! と来たわ。

だけど、そんな心の痛みなど微塵も顔に出さず
「あ~~、ホントは行きたいんだけどねぇ~。用事があって行けないんだよねぇ(^0^;)」
と、苦笑いしながら返事をする私。

正直、今回のラインナップを見て、今年のアラバキは行きたかった。
だけど、用事があるのは本当のことで。
だけど、だけど、もーーーーっと早めにあのラインナップを知ることができていれば、今日・明日の用事は作らなくても良かったのになぁ。

なーんて思いはしたけども。
行けないなら行けないで、こちらはこちらで楽しめばいいぢゃぁないの、と切り替え早く、普段の会社の愚痴や諸々のダークゾーンを少し心に残しつつも、なかなか有意義なお休みを満喫しております。


えーっと、そんでね。
ドラマ「宮本から君へ」の影響で、改めて家にある「宮本から君へ」を読み返してみたのよね。
2018.04.28 Top↑
最近は、テレ東のアプリで「勇者ヨシヒコ」見るのが密かな楽しみになりつつあるさかごろうです。


「宮本から君へ」を観るために、放映開始前の先月、テレビ東京のアプリをダウンロードしてたんだけどさ。
テレ東ってどういう番組やってんのかなぁ~、、、って思って中身を見てみたら、その中に「勇者ヨシヒコ」があって。

「勇者ヨシヒコ」は前から知ってはいたけど観たことなかったから、どんなのかなぁ、と思って試しに観てみたのよね。


いやぁ~(苦笑)

いいね、アレ。

ああいうのバカバカしすぎて好きだワ。

特に、佐藤二朗さん演じる仏がいいワ。

そっかー、こういうドラマだったんだ!
どうりで、「勇者ヨシヒコ」を観たことある人が「ヨシヒコ」の名を口にしただけで、みんな決まったように ( ̄w ̄〃)フッ と口元がにやつくわけだ。
なるほどねー。



今年の桜の開花は全国的に早いらしい。
ここら辺も、いつもなら今がちょうど見ごろの時季のはずなのに、今年は既に葉桜状態に...。


というわけで、平地では葉桜でも、山の上ならまだ咲いてるだろ・・・・・・・
と、思い、いつも時季外れにお花見に行く場所、岩切城址へ行ってきた。
山、というか、小山だけどさ。
坂道に微妙な角度で建てられた家々が立ち並ぶ住宅街の中の細く曲がりくねった坂道を車で走って駐車場までたどり着いて、そこから車を降りて20分くらい登ったら頂上に着いてしまうような小さな山だけど。


,eoa 思った通り、今がちょうど見ごろだった(*´∇`*)

ここの桜も、本来なら4月の末頃が一番の見ごろなのに。
gaek

ywhte この日は厚い雲が空を覆っていて、全体的に空気が霞んでた。

そのせいか、日の光もどこか白く濁って見える
p,lu 枝がとげとげしい( ̄△ ̄;)


あー・・・・桜
やっぱ、いいな桜の花は。

花の中で、桜の花が一番好きだ
2018.04.15 Top↑
スティーヴィー・レイ・ヴォーンをスマホで聴きながら帰る仕事帰りの車の中。

(もうすぐ震災の日だなぁ)

と、なんとなく考えながら帰路を走る。


だからって何をどうするということもないのだが。

そういえば、震災当日。
14時46分にあの揺れが来てから、7年前の3月11日が終わる時まで、私がどこで何をしていたかとかきちんと書いてなかったような気がする。

この時、alfoo というネット上の一言日記みたいなものを書いててさ、ここにはいろいろ何かを書いてたような気もするけど。
なにしろ、あの揺れが来て以降、しばらくはネットが繋がらなかったから当日の事は書いてないし、その alfoo の日記は、今はネット上できれいさっぱり消えてしまってるし。

それ以外に、毎日ノートに付けている、(本来の意味での)日記があるんだけど・・・・・・だけどさ。

読み返してみると、11日の日付には、一言「地震があった。」しか書いてなくて。
それから18日までの一週間。ワタシ日記を付けてないのよね。
毎日習慣で付けている日記を書くのも忘れるほど、確かにあの時いろいろあったから。

ちなみに、一週間ぶりに書いた18日の日記には、「一週間ぶりに会社に行った。etc・・・」てなことが綴られてあった。

まぁそんなワケで、あの日のことをここに書いておこうかな、と。
誰かに教えるためというよりは、自分の中の記録として書いておこうかと。

思いのほか長ーい文章になってしまったので、これを読まれる方は時間がある時にどうぞ。
2018.03.11 Top↑
前回の記事では、中途半端にアップするという なんじゃ!そりゃ! ・・・な、ことになってしまい、大変失礼致しました。

自分で読み返してみても、ひどいな こりゃ(苦笑).........
しかも、「精神的にウツウツして・・・」とか、暗い余韻を残して終わってるし。

あれからまだ三日しか経ってないけど、徐々に、徐々に、回復しつつあるから大丈夫です。
って、なんかこんなふうに書くと、いかにも一日中暗い顔して病んでるみたいに思われるかもしれないけど。
会社では変わらずモクモクと仕事してるし、家は家で、相変わらずダンナとバカ話して笑ってるし、好きな本を読んだり音楽聴いたりしてるし、家の中の雑多やあれやこれやと、やることやったりしてそれなりに忙しくしてるし、
(今度の日曜日は、あそこに行ってみようかな? ウフ♪)
なんて、一人で妄想してキャピってるし。



ま、大丈夫です(* ̄・ ̄*)v
2018.02.28 Top↑
え~~~っと
何から喋ったらいいのか。。。

あ、どうも。
またまたこんなにご無沙汰しちゃってごめんごめんチョーヨンピル

さかごろうです。


喋りたいことはたくさんあるのに、なかなかゆっくりと腰を落ち着けてブログを書く時間がなく・・・まことに申し訳ないっス。

でも、数年前も今みたいに何かと雑用事で忙しかったはずなのに、なーんであんなにブログ書けたんだろ???

と、ふと思い出してみたらさ、前は寝る間も惜しんで、今よりもブログにどっぷりとはまり込んでいたから、合間合間に書いてたんだろな、と。

それが良かったのか悪かったのか分からないけど。

今は、ここで話したい話題はあっても、眠い時は無理せず寝るし、なんとなく気持ちが乗らない時も無理にブログを書かないし、時にはゆっくり本を読んだり、たまってる録画とかを観たりする時間も欲しくて。
なかなかここにまでたどり着けず。
ここを覗くのを楽しみにしてくれている人(・・・・がいるのか? はたして) には ホントごめんなさいです。

で! そうそ
まずはオリンピック。
いろんな種目、私も見てたよ~。

小平奈緒選手のスピードスケート500メートルで金を取った瞬間をLIVE中継で見てた時は、思わずテレビの前でガッツポーツしてたし。
スノボ・ハーフパイプの平野歩夢選手とショーン・ホワイト選手のあの演技っぷりというか、ジャンプっぷりというか。
あのパフォーマンスに圧倒されながら観てたし。

メダルを取った選手も取れなかった選手も、皆さん、お疲れさまでした! だな。
オリンピックって、やっぱこう、世界的なイベントだし、一も二もなく熱くなれるし、闘ってるその姿にウソはないからこちらも素直に感動できるんだよね。
まぁ、不穏なニュースはいくつかあるとしても。

あと、今回のオリンピック見てて、チョット気になったことを少し。
フィギュアスケートの宇野昌磨選手。
なんかさ、いつも羽生結弦選手と比較されてるような気がして、なんとなく気の毒なようなきがしてならない。
こんなふうに思うのは失礼かもしれんが。
宇野選手は宇野選手で、ものすごく実力がある選手だと思うんだけど、いつも羽生選手の陰になってしまってるような。
まぁ、羽生選手が・・・あの人がフィギュアの技も精神力の強さも、そして、自身が放つオーラも、ケタ違いに凄すぎるせいだと思うが。

あと、スピードスケートの、アメリカの選手が着ていたウェアの配色について一言。
あのウェアさ、なんで股間の辺りだけ他と色を違くしたんだろ?→ Newsweek
見る度に気になってた(´▽`;)


大杉漣さんの訃報
あまりにも突然のことで。66歳って・・・まだまだお若いのに。
もう、エレカシのLIVE会場に、大杉漣さんからお花が贈られることはないんだな。

この訃報を聞いた後、時々覗きに行ってる松重豊さんのブログに、思わず駆け込んでしまった。
駆け込んだっつっても、いつもと同じようにブログを拝読してただけなんだけど。
松重豊さんのブログは、大杉さんが亡くなられる前の19日の日付で止まったままの状態。
大杉さんを慕ってた方はたくさんいるだろうけど、松重さんも今はどんな気持ちでいるんだろう。

オリンピックで盛り上がってる最中の、不意の出来事。


前回、ここに書いた記事で、「精神的に怒涛の一週間で・・・でも、今は落ち着いてる」と、書いたけど、実はそうでもない。

例えば、オリンピックを見てる時とか、仕事をしてるときとか。
何かに集中してる時は余計なことを考えるヒマがないからいいんだけど。
なにしろ根本的な問題は何も解決してないので、一日のうち、隙間をついて心の中をウツウツしたものに支配されてしまう。





と、最後まで記事を書いたのに、間違って消してしまって、ここまでしか残ってない。↑

なんかもう、書く気が失せた。

ごめん、中途半端だけど、これだけアップするワ アフゥ~(-。-;)
2018.02.25 Top↑
ゆうべからの猛吹雪で、只今、見渡す限りの雪景色に囲まれたさかごろう家。

昨日は雪どころか雨がぱらついてたりして。

そんな雨がぱらつく中、車であちこちお散歩をしてまして。
ホームセンター行ったり、本屋に行ったり、「元町珈琲」でカッフィーなんざ飲みながら

こんなのや
fre1

こんなのを食べ、
fre2

(この冬は、こっち(仙台は)雪少ないなぁ...。≠( ̄~; ̄ )モグモグモグ)
などと言ってたら、一晩経ってこの雪景色。
na-


今日は家の中で冬季オリンピックのスノボの試合を飽きずについつい観てしまう。


こんな、いかにも平和そうな二連休を過ごしておりますが。

実は、先週は精神的に怒涛の一週間でして。
2018.02.12 Top↑
4775

今年もまたやってきた。
12月30日  おせち料理作る日。

誰に頼まれたわけでもないが、例え、お店で売っているような美味しくて豪華なものでなくとも、見た目も味も地味だけど、自分で作ったおせちを食べたいという想いと、それと、ここ何年かは自分に課した義務という意味も含めて作っているような気もする。



そんなわけで、今日も午前中は買い物。そして、午後からはおせち作りに奮闘しておりました。
漬けダシ汁さえうまく作れば、あとは漬けておくだけの松前漬けと豆カズノコ。
炒って炒って甘辛く味を付けるクルミ入り田作り。
すっぱすぎないよう、甘すぎないよう、白さを保つように作る酢レンコン。
叩けば叩くほど味がしみこむ、たたきゴボウ。
それから、毎年、味が微妙に違う、うま煮たち。
これを食材ごとに煮て、一つの食材を煮終えて鍋が空いたら適当な大きさの器に移し、次の食材を鍋に入れて煮て。。。
を、繰り返す。
夜になる頃にはそれぞれをタッパーに移して冷蔵庫に収める。
そのタッパーが並ぶ風景を見ながら、安堵感と、取り敢えずの満足感。
残るは、元旦の朝、ギリギリまでかかる黒豆を、ひたすら火にかけ、砂糖を入れ、そして火からおろして休ませながら砂糖を染み込ませ・・・を、繰り返す。

毎年、この日の忙しさは変わりないのに、今年はちょーっと足を痛めてしまって、いつものようにすばやく動けないのがなんとも・・・。

痛めたとは言っても大したことはない。

24日の昼間。
うっかり手を滑らせ、手に持っていた車のキーを右足の甲に落としてしまう。
痛かったけど、すぐに痛みは引くだろうと思ったら、いつまで経っても痛い。
夜になっても痛さは変わらず、タイツを脱いでみたら、ふんわりとタンコブが出来ていた。
まともに歩くと痛いので、びっこを引きながら歩く羽目に・・・。

それでも、言ってみればただの打ち身。
三日後の27日にはタンコブも収まり、普通に歩けるようになる。
して、その日。
会社で昼食を食べ終え、少し残ったお茶が入った水筒を持って歩き始め。
歩きながら水筒を手提げ袋にいれようとしたら、うっかり手を滑らせ、手に持っていた水筒を、右足の親指にしたたかぶつけてしまう。

痛い。。。。。。。。。とてつもなく痛い。
痛かったけど、すぐに痛みは引くだろうと思ったら、いつまで経っても痛い。
夜になっても痛さは変わらず、タイツを脱いでみたら、右足親指の爪、約3分の2ぐらいが青黒く変色していた。
まともに歩くと痛いので、またまたびっこを引きながら歩く羽目に・・・。

それでも、言ってみればただの打ち身。
それから三日後の今日、30日には爪の青黒さはだいぶ薄くなり、まだゆっくりだけど、なんとか普通に歩いている。

まぁ、そんな状況でも、車の運転をしたり、雪は積もってなくとも低温で凍り付いた道路を歩いたりしてるので、やっぱり大したことはない。

それにしても、この一週間の間に2回も。しかも、何故にこうも右足ばかりが痛い思いをする?

何か呪われてんのか?(苦笑)

それにしても、ここ一週間もゆっくりしか歩けてないので、早く自分の思い通りに足を動かしたいという、なんともシンプルな欲求に駆られている。
取り敢えず、今は駆け足程度でもなんでも、とにかく走りたい。

こんな、ちょっとした身体の躓きぐらいで、普段は当たり前すぎて考えもしないようなことをしてみたくなるものなんだな。。。。。

と、思った年末の夜でした。

ま、半月後ぐらいには、走るどころかスキップして歩いてるのではなかろうかと思われます ♪スキップスキップランランラン♪└( ̄◇ ̄)┐♪
2017.12.31 Top↑