例え 昨日 何があろうと 
この日だけは忘れちゃならない(一度、忘れちゃったことあるけど.....)



CHABOさん 67歳

お誕生日おめでとうございます!

Happy Birthday To You !
スポンサーサイト
2017.10.09 Top↑
「ROUTE66」を歌っていたのは、ナットキングコールだっけ?



うん、ま、それはさておき…。

CHABOさん
66歳のお誕生日おめでとうございます

もう66歳なのか
まだ66歳なのか

私には、「まだ」66歳のように思える。

なんて、私が言うのもなんですが。

今日は、大きく乾杯!

CHABOさんのLIVEにいけるのは、次はいつになるのかなぁ〜。



そして そして…。
ここ、「Come On-A My House」は、今日で10年目を迎えました。
こんな、しょうもない たわ言、ざれ言ばかり言い続けてるうちに、あっつう間に10年も経ってしまいました。
こんなブログを、ちらっとでも覗いてくださった方。
また、コメントをくださった方。
感謝の一言に尽きます。

今後も、更新はポツリ、ポツリという感じかもしれませんが、皆さんにとっては誠に残念ながら、私の身体と頭が元気なうちは、まだまだしぶとくこのブログを続けていく所存でございます。

…つうわけで、
これからも よろしくねん!(ウフッ)
2016.10.09 Top↑
CHABOさんのLIVEから2週間後。
またまたCHABOさんのLIVEに行ってきました。


いえ、正確にはCHABOさんオンリーのLIVEではなく・・・
こういう企画で↓
bogii
2016.07.18 Top↑
梅雨真っ盛り で、関東地方ほどではないけど蒸し暑くなった曇りがちのこの日。
仙台darwinで、CHABOさん、そして麗蘭やCHABO BANDなどでおなじみ、CHABOさん言うところの『古い、古い、古い、Old Friend』である、BASS MAN 早川岳晴さんとの、二人のLIVEが行われた。

nh two


2016.07.05 Top↑
明日から5月になるってぇのに、なんだ? この寒さは!
今年のARABAKI は、さぞかし寒かろうに。。。
ただでさえキャンプ地でちょっとばかし標高が高いから、昼間はともかく夜なんて冬の装いをしていないと寒くてしょうがないっていう環境なのに。
ARABAKI へ行った皆さん。風邪 ひかんスなよ。

仕事から帰ってきてから、スーパーの買い物袋をを置いたまま。
そして、お義母さんへ電話をかけなきゃならない用事があるのに、後回しにしたまんま。

AWAをダウンロードし、「My Beatles」PROJECTでCHABOさんがセレクトしたBeatlesの楽曲を聴きながら、帰ってきて着替えもせず、聴いてること約30分。
この時だけは、仕事の忙しさも、家事のことも、世間の諸々もちょっとだけ忘れて、ただただCAHBOさんの思い出話なんぞ読みながら聴き更ける。
pao

あ、そういえば、PAO届いてた。
beatles

この頃メールなんて全然見てなかったからPAOが届くことさえ知らなかったワ。

今年もエレカシのLIVEに触(さわ)れそうにないな.......

と、PAO読みながら痛感。
エレカシの生み出す音楽だけはダイレクトに耳に届くのにね。いやはや、切ない。

今夜は『ROOTS 66』でも観ながら、今日も遅めの晩飯を摂ることとしよう。
2016.04.30 Top↑
だってさ CHABOさん。

60代だから、えーっと。(ドレミファソラ…と、指折りかぞえる)
えーじゅう(←業界用語、らしい)も半ば。

ある意味、私にとって人生の指針と言うべき人。

いや、そこまで言ったら大袈裟かな。
いや、そうでもないかな。
いや…。


お誕生日 おめでとうございます
2015.10.09 Top↑
今週2回目の平日休み。
最近、(明日、休みだ!)と思うと、嬉しいと言うより、助かった(ホッ!ε=( ̄。 ̄;)) って気持ちになることが多くなった。
それは、文字通り身も心も仕事や時間から少しは解放されるから。
ま、家にいればいたで、いろいろやることはあるんだけど。

いやいや、そんなことよりも。。。

昨日はCHABOさんの13年ぶりとなるNEW ALBUM の発売日だってぇのに
いまだ、そのモノが届かず。

私の中の予定では、、、
午前中のうちに家のことをさっさと済ませたら、午後からはアルバム聴きながらのんびり過ごす・・・。
ってなってたはずなのに。
2015.09.17 Top↑
little chabo ムフッ!
届いた、これ。




下の記事に書いた、古井戸の「再会」LIVE。
正確には、10月18日諏訪市文化センター(長野県)と、10月20日東京キネマ倶楽部でした。

昨日の渋公のLIVEは、デビュー45周年のアニバーサリー・スペシャル・ライブということでした。
ゲストの中に加奈崎さんのお名前もあったのでね。
てっきりこの日が「再会」LIVEだと思ってしまいました。失礼いたしました。
2015.09.07 Top↑
CHABOさんが、むかし古井戸で共に時間を過ごした加奈崎芳太郎さんと、CHABOさん曰く「再会」という形で渋谷公会堂でLIVEをするらしい。

という情報を聞いたのはいつだったか?
まだその時はファンクラブ内だけの情報だったので、公に公開してはいけないと思ってたからここにも書かなかったけど、昨日読んだ雑誌の中でCHABOさんがそのLIVEのことを言ってたから、「あ、もう書いていいんだな」・・・・・と、思ってたら。

そのLIVEって今日だったのね。。。。。。。。。そっか、今日だったか。



これねぇ・・・・・・本当は行きたかったなぁ、このLIVEは。


CHABOさんがこれまで作ってきた作品の中で何が一番好きかって。

それは、 THE DAYでもなく、RCでもなく、麗蘭でもなく、CHABO BANDでもソロでもなく。

古井戸時代に作った曲がさ、一番好きなんだよね。


こんな、いちファンのテンション上がり気味の想いとは裏腹に、CHABOさんの方ではこの古井戸を再開(・・・それともやっぱり再会?)するに当たってはいろんな葛藤があったようで。

このLIVEが終わったら、もう古井戸をやることはないんだろうなぁ。
いや、それは分からないんだけど。
なんとなくね。なんとなくそんな気がするのよね。

あ、これが最後なのかな、ってさ。


残念ながら、LIVEを見送るという形を選んだけれど。
せめて今日のLIVEの模様をDVDで販売してくれないかなぁ。
そしたら多少高くたって絶対買うのに。
2015.09.06 Top↑
ミチロウさんて、メイクしない方が男前だと思うんだけどなぁ。

・・・・・・と、遠藤ミチロウさんの写真を観ながらさっき思った次第。
そう言いながらも、スターリンやアナーキーやルースターズの区別が、実はイマイチよく分かっていないさかごろうです。
村八分とかもそうなんだけど、バンド名はよく知ってるし、その音楽も昔確かに聴いてはいたし。
ミチロウさんや冨士夫ちゃんの名前もよく知ってはいたんだけど、どのバンドにどういうメンバーがいたかとか、そういうのまーったく知らなかったのよね。
それがようやくなんとなく分かってきたのは・・・・・いつだったっけ?
社会に出て働き始めてからだぃぃぃぶ経ってからだな。

ま、それはともかく。。。。。

夏になると、
そして、お盆がだんだん近づいてくると、いつも『スケッチ '89・夏』のフレーズを思い出す。

“お別れの 何か告げてる 目の涼し”

他にも

“菊手向け 心遣しの 野辺送り”
“コラもっと 日陰歩けよ 黄泉の道”

お盆の暑い最中(さなか)、お墓参りをしつつ、ふと何気なく青い空を眺めた時とか。
そういうふとした隙間に、この句が頭のなかをよぎる。


この歌が入っている、CHABOさんのソロアルバム「絵」の歌詞カードを見てみると、作詞・作曲者の欄に、「句/加藤龍明」と記載がある。

最初、私は(有名な俳人さんかな?) と思い込んでいたんだけれど、実はCHABOさんのお父さんだということが分かったのはだいぶ経ってから。


この曲聴くとさ、いつもの夏の景色が、何か不可思議な膜にでも覆われているようで、どことなく違ってみえてくるのよね。

良かったら聴いてみてね→仲井戸麗市 『スケッチ'89・夏』
2015.07.20 Top↑