C:\Documents and Settings\sa\My Documents\My Pictures\2006_11_26\ジーンズ.jpg
もうすぐ始まる。
もうすぐ会える。
以前、この街で会えたのは4年前だったっけ?

あれ以来、LIVEには行ってなかったから。
待ちくたびれたよ、SION。

不思議なことに、ほんの三日前まで、
イヤ昨日までは心が静かだったのに。

頭のどこかでは
「あぁ、もうすぐだな……」なんてボンヤリ思ってたけど。
日頃の雑務に追われて、ゆっくり想いに浸るなんてなかったからなぁ。

あぁ、今からドキドキしてきた。
今頃になって心がザワザワしてきた。

白いシャツを着て、ブルージーンズ履いて、ブーツを履いて、会いに行くよ。

C:\Documents and Settings\sa\My Documents\My Pictures\2006_11_26\カケッコジーンズ.jpg
では、いってきます!

あしたは、どんな気持ちでいるかな。
スポンサーサイト
2006.11.28 Top↑
C:\Documents and Settings\sa\My Documents\My Pictures\2006_11_26\南天.JPG
ナンテン、ナンテン
南の空へ向かって行くから、南天

ナンテン、ナンテン
難を転ずるから、難転

白いだけが冬じゃない
寒さだけが冬じゃない

赤い実ひとつ、おてんとさん
赤い実ふたつ、ウサギの目
赤い実みっつ、あの娘(こ)のホッペと、あの娘の心

もがり笛が鳴るこの季節
くすんだ景色を、赤く灯す

ナンテン、ナンテン・・・
2006.11.26 Top↑
20061124213042
今日働いて、無事終わった。
あとは、明日一日働けば、あさっては休める。

体が弱っている時は、いつもと違うメロディが流れる。

静かで、少しもの悲しくて、あったかいメロディが流れる。

でも、こんな姿を人に見られるのは、ちょっと照れ臭いので、
ニヤッと笑って、ちょっとカッコつけて、
なんでもないよ、ってな顔をしてみせる。

こんなマヌケな、から元気じゃなくて、
ホントにホントの元気、
早く出てくればいいな。

そんなことを思いながら、
今はただ、
自然と浮かんだメロディが、静かに流れていくだけ。
2006.11.24 Top↑
昨日から、なんか体がだるい。
ダルダルです。
立ち上がると、体がほわぁっと浮いてるような感じ・・・

まさか風邪? セキはケホケホ出るけど、
いつもの風邪の症状とも違う気がする。

確かにここ2、3ヶ月、体をだましだまし動かしてきたけど、
がんばろっ! と思えばがんばれちゃったもんねぇ・・・
ムリはしてないつもりだけど。

そろそろ体の方が「エエかげんにせんかい!」と危険信号出してるのかも・・・

もうすぐ、この街にSIONが来るってぇのに、もうー。

というわけで、前に作っておいた
しょうがはちみつでも飲んで、今日は休みますぅ20061122223633
2006.11.22 Top↑
この間、入院しているオヤジの所へ、「どーよ?」ってな感じで行ってきた。
今度の病院に移ってから、なんだかオヤジの顔に表情が出てきたようだ。

今、自分では体を動かせない状態のせいか、
前の病院では、あまりにも看護士ちゃんたちが世話をやいてくれて・・・
いわゆる過保護になりすぎたんだよね。

今の病院は、自分の事は自分で。
自分で出来ることは自分で・・・
という所なので、かえって合ってるかも。

数年前に、ウチのオヤジは大きな病気をして
ちょいと体が不自由になっちゃってさ。
本人も相当落ち込んでて
「喜怒哀楽」の「喜」と「楽」がない状態が続いてたんだけど。

でも、そのオヤジに笑顔を取り戻させたのは、
妻(ウチの母)の献身的な支えでもなく
娘(さかごろう)からの愛のムチでもなく、
テレビに映った超セクスィなおねえちゃんでしたー!

内心(やれやれ)と思いつつ、元のオヤジに戻って良かったな、
なんて、ちょっとホロッときつつ・・・(笑)

ウチの鉄人70号
ただ今、肉体改造中!
2006.11.22 Top↑
20061121234657
今、住んでいる所は、去年引っ越してきた。

それまでは、わりと海や川が近くにある場所に住んでいたので、
今頃の季節は、空を見上げると白鳥の群れが見えたりしていた。

今は、わりと山に・・・
というか、たぶん、昔、山だった所を削って作ったんだと思う。
家から南の方は、静かな住宅地が並んでいるけど、
ところどころに栗の木や、杉の木や、ちょこっとした林なんかが残っている。

そして、ここには白鳥の代わりにキジがいる。
たまにしか姿を見かけないけど、鳴き声だけは毎日のように聞く。

反対に、家から北の方へ、5分も歩けば、車がビュンビュン行き交う国道が通っている。
大型店舗なんかもばんばん建っている。

引っ越してきた当時は、荷物の整理や何やかやで周りを見渡す余裕なんてなかったけど。
よくよく見てみれば、新しい発見があるかも。

今度自転車で散歩してみようっと。
2006.11.21 Top↑
20061118153720
左の耳だけにピアスを3つ付けている。

このピアスちゃんたちとの付き合いは、もう15、6年ぐらいになる。

これをはずすのは、仕事へ行くときと、美容院へ行くときと、
週1回消毒するとき。
あとはTPOに合わせて。
それ以外はずぅっと付けっぱなし。
お風呂に入るときも、寝るときも付けっぱなし。
もう体の一部のようなものだ。

本当は、こんなゴールドじゃなくて、
最初は安いプラチナでも買おうと思っていたんだけど、
友達から
「ピアス空けたばっかりの時は、空けたところが熱を持っているから、
 18金のモノで冷ましたほうがいいんだよ」と言われ、
“フーン、そんなもんかな” と思い、
しぶしぶ買ったのがこれ。

きっかけは、どこからだったか、こんな話を聞いたから。

1つピアスを空けると、その人の運命が変わり
2つピアスを空けると、さらに運命が変わり
3つピアスを空けると、もとの運命に戻る

“へぇ、ほんとかな? だったら試してみようかな。”
と、少しドキドキしながら、1個だけ空けてみる。

約1年後、2個目を空けてみた。
数ヵ月後、3個目を空ける。

この間、
それまで働いていた職場をやめ、
今までとは違う環境に身を置いてみたり、
自分には何ができるのかな、なぁんていろいろ考えて、思い悩んでみたり。
とりあえず、やってみたいことを、片っ端からやってみたり。

結局、運命は変わったのかな?
でも、3個空けたから、元に戻ったのかな。
いや、でも、
もともとの運命って一体どういうものなの・・・・・?

それは、今だに分からないまま。
今日も左の耳には、ピアスが3つ並んでいる。
2006.11.18 Top↑
20061112151149
むかしっから散歩をするのが好きだった。
知らない道を見つけると、わざとその道を通ってみたりして。
どこにつながってんのかな、なんて思いながら。

そのうち、そこら辺の道では物足りなくなって、
お金と時間に余裕があれば、一人で遠出したりしていた。

いわゆる一人旅。

このことを人に話せば、「どうしたの? 失恋でもしたの?」
なんて言われた事もあるけど。イヤイヤ、そんなんじゃなくてさ。
それに旅先に出て分かったけど、けっこう女の人で一人旅をしている人は多かったよ。
それも、み~んな明るい人ばっかり。

一日前までは、お互い知らない人同士だったのに、
次の日の夜には、仲良くなっちゃって、
民宿のおかみさんも巻き込んで、夜遅くまでおしゃべりしたり・・・

もちろん、旅にでるには、ある程度の目的を持って出る。
例えば、気になる作家の故郷を訪ねてみたり、
子供向けの本が好きだったりするんで、
わざわざその土地にしかない、「子供の本」専門店へ行ってみたり。

あと誰かのライヴを見たついでに・・・ってな事もある。

20061112151338
これ、20代前半の頃の話。
旅と言っても、あんまりお金もなかったから
あっちこっちは行ってないんだけど・・

主に、岩手と、山梨と、
あと東京。都心や郊外を行ったり来たり。

今はもう、そういう旅はしてないな。
あの時は、コワイもの知らずの世間知らずだったからできたんだろうな。

12月には、東京へ。
久しぶりのプチ一人旅するよ。
2006.11.14 Top↑
20061112170035
album:「MACK THE KNIFE-ELLA IN BERLIN」
artist:ELLA FITZGERALD

夕べ、これを聴いてた。
一日の仕事の疲れをとるために、
何気なく、そして久しぶりに聴いた。

いつもアルバムジャケを見て思う。
この人は、決して幸せとは言えない人生を過ごしてきたにもかかわらず、
なんでこんなに明るく、快活なんだろう。
誰かにエラ・フィッツジェラルドの話をするとき、
私は親しみを込めて「エラおばさん」と呼ぶ。

今からちょうど十年前にこの世を去ってしまったんだよね。
LIVEを見ることは、とうとうできなかったなぁ。
それでも、このアルバムの中のエラおばさんは、
いつも陽気だ。

「マック・ザ・ナイフ」では、サッチモのものまねをしてくれるし、
「ハウ・ハイ・ザ・ムーン」では、有名なジャズナンバーの一節をはさみながら唄ってくれるし、
「私の彼氏」はブルージーにしっとりさせてくれる。

やっぱ、オチャメでカワイイ人だわ、エラおばさま………
2006.11.12 Top↑
20061109232443
もう、北海道に着いたんだろうなぁ?

SION、またみんなに
幸せな気持ちや、前に進む力や、優しい笑顔なんかをくれるのかな?

アナタの存在そのものが、私にとっては力になるけど。

SION、頼む、頼む!

吐き出される、音と、言葉と、あの笑顔で
みんなにも力を分けてあげてくれないかな。
2006.11.09 Top↑
20061107223741
今の職場で働き出してから、まだ3ヶ月ちょっと。

いい加減、職場の雰囲気にも仕事にも慣れてきて、
先日からまた、新たな仕事を任されるようにはなったけど。

イヤイヤ、
まだまだ。まだまだ。まだまだ。

最近、「時間がない!」と言うのが口グセになってしまってるけど。
職場の仲間は、あんなに遅くまで残業してるのに、
ちゃんと家のこともやって、
翌日だって “疲れた~” “今日こそ早く帰ろ!”
と言いつつも、
朝からワイワイガヤガヤ、笑い声とおしゃべりで始まる。
まるで女子校みたい
いやはや、賑やかなものだ。

この体力と精神力には、いつも頭が下がる。
「時間がない・・・」なんてボヤいてる場合ではないのだっ!

いつも足を引っ張ってばかりいてごめんなさい。
たぶん、明日もいっぱい迷惑かけてしまうと思うけど、
よろしくネ

って、ここで言っても彼女らには伝わらないから
明日も、一生懸命がんばりまーっす!
2006.11.07 Top↑
20061105095016
日曜日、朝の道路はとても静かだ。
人も車もほとんどいないから、
グングンと自転車を飛ばしていく。

夕べも1時過ぎまで、
CD聴きながら、飲みながら、ボーッとしながら
起きていたというのに。

今朝は早起きして、
朝ごはんもしっかり食べ、
歯もしっかり磨く。

11月の爽やかな青空の下を、
髪振り乱しながら自転車を漕いでいく。

ススキと雑草と、
少し枯れかかったコスモスが群生する空き地を通り越し、
1級河川を眼下に見下ろす橋を渡り、
夕べ寝る前に聴いた、「DETOROIT COBRAS」なんぞを
頭の中で口ずさみつつ、
こちゃこちゃした、狭い路地を通り抜け、
そろそろ目的地にとうちゃーく!
「あ、おはようございまぁす」

そこは
日曜日、朝9時から予約を入れていた歯医者さんでした(●^^●)
2006.11.05 Top↑
だんだん秋が深まってきて
周りを見渡せば、
あちこちに赤色、黄色、茶色、などが
目に付くようになってきましたが。

この季節になると、寒いのが嫌いな私は
すでに春が待ち遠しくなります(==;)

突然ですが・・・(@_@)

Pink色が好きです。
よくオマエのイメージじゃないと言われるけど(--;)

さくらの花が好きなので。
白っぽい中に、ほんのり薄紅色っていうPinkが好きです

いつだったか、とある知り合いに
「何か花をプレゼントしたいんだけど、何の花が好き?」
と聞かれ、
「さくら・・」と答えたら、
「さくらかぁ~」と言って、それきり
だまってしまいました。
その時、11月だったんだけど(^_^;)

「Pink」っていう言い方より、「桃色」っていう言い方のほうが、
色香があっていいな・・



おまえの中で 雨が降れば
僕は傘を閉じて濡れていけるかな
雨の香り このカビのくさみ
空は鼠色 恋は桃色

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
たまにはいいじゃないですか
 こんな気分になるのも
2006.11.05 Top↑

と、いうことで、このドロドロ、モヤモヤは、この人に始末してもらいましょう!

「鉛が食いたきゃ、そう言いな。おまえの胃袋に直接ごちそうしてやるぜ
 ところで、おい!ルパン! ちょいと火、貸してくんな」

あん?(-_-;)
2006.11.03 Top↑
20061102231250
なーんかここ最近、昔のことをやけに思い出しちゃって、
どうも心の中がスッキリしないので
思い切って吐き出そうと思いまぁす('_')

嫌な話だし、長くなるから、聞きたくない時は(見たくない時)は耳と目の上に手をチョンと置いて塞いでね(^-^)
ウチの家族はどこにでもいる、ごく普通の家庭だった。
優しい母親と、ひょうきんなオヤジとおばあちゃん、
それから、兄貴とおじいちゃん。

でもある時、そのひょうきんバアちゃんがウツ病になっちゃって。
なんでそうなったのか分からないけど。

それから、家の中が少しずつおかしくなってきた。

わめき声と、それを怒鳴り散らす声と、オロオロする声、
物を投げたり壊したりする音。

私は、大人たちが今まで見たこともないような形相になるのを見て、
ただただコワクて、コワクて、信じられなくて、悲しくて。
いつもドタバタが始まると、自分の部屋に逃げ込んで
ヘッドフォンと大音量の音楽で耳を塞いでいた。

あの頃、自分はなんて不幸な子供なんだ、
な~んて思ってたけど・・・(一人よがり)
でもねぇ、一番悲しくてつらかったのは、
一体、誰だったんだろう。

この時に受けたショックを
今だに引きずってしまっているのは
私の心の弱さと、甘えのせいかな?

今は少しふっきれてきつつあるけど、
ちょっと距離を置きながら接していた(私の方が)実家の母親とも
普通の母と娘として話をするようになったし。
今回は、ずいぶんと重ーい話になっちゃったなー(+_+)
ちょっと、心が弱ってたからなぁ

あーwwwww、もう、終わり!
ドロドロ終わり!(^_^)/~

や~な話聞かせちゃってごめんネ
2006.11.03 Top↑