AA240_[1].jpg

最近の 癒し系

http://www.yotuba.com/yotu_comics.html

クスッて笑えて、心がホンワカ。。。
スポンサーサイト
2007.09.30 Top↑
0274.JPG
album:「FOR NO ONE」
artist:HARRY

「ハマる」という言葉がある。
・ぴったり入る
・夢中になる
・計略にかかる etc…
今ふうに言えば「マイ・ブーム」とも言うのかな…?

2枚目のソロアルバム
http://www.harry-station.com/fornoone/index.html?lockout
これを手にしてから何度聴いたことだろ。
全体的にそんな派手な音ではないのに、なんだかぴったり身体に入ってくる
聴いてる間だけ夢の中にいるみたいだし、
これは、もしかして計略にかかったのかな?

   なんてな ――――――

ハリーはいい声してるよな、
・・・・って いつもそう感じる。
2007.09.30 Top↑
2336.JPG

ここんとこ急に仕事が忙しくなってきて疲れがとれてないせいか、昨日はずっと体が重かった。
昨日も今日もずっと家の中で過ごしてたよ。

デロンとしたルームパンツに、これまたダレンとしたロングカーディガンを引っかけて、上から下まで〝デロン ダレン〟とした格好で一日過ごしてた。
「今日は一日ダラダラする日」と決めて、家事もチャチャッと済ませて、あとはネットやったり、読みかけの小説読んだり、CD聴いたりで。

あ、あとね
ninniku.JPG
市場から買ってきたニンニクを、一個一個皮をむいて、ビン詰めにして醤油を流し込んで
「ニンニク醤油」作った。2410.JPG うちの定番の調味料
おかげで台所はニンニクくさっ!
窓を開けて匂いを外に追い出したら、ちょうど表を歩いていた男の子が「ウゲッ! くっせぇ!」だって。。。( ̄▽ ̄;)
臭かった? ハハハ。。。ごめんねぇwww

どうせ昼間はずっと一人だからね。気ままに過ごしてたよ。
こんなふうにのんびりだらだら過ごせる時間が嬉しいやら、ありがたいやら、なんだか申し訳ないやら。
2007.09.30 Top↑
higanbana.jpg

反政府デモ隊と、それを抑えようとする治安部隊との衝突が続くミャンマーで、日本人ジャーナリストが亡くなった。

某TV局で、撃たれたその時の映像を流してたけど、アレ流しちゃっていいの?
だって子供だって見てんだよ、って思った。
今はTVだけじゃなく、例えばネットとか雑誌とかでショッキングな映像や場面なんてのはいくらでも流出してるから何を今さら・・・・と言われるかもしれないけど。

でも逆にそういったものを全て隠してしまうと、何も知らない人は何も知らないで終わってしまう。
国境で誰かが射殺されようが、飢餓状態にある子供がいようが、
そういう映像を見ていない人には、世の中にそういった出来事は存在しないものになる。
すべて「無」になってしまう。

亡くなられたジャーナリストの方は、
「誰かが取材しないと、日本人に対して判断材料が提供できない・・・」
と、いつも言っていたそうだ。

真実を知ることは大切だけど、どこまで知る必要があるのかな?
ってなことをつらつらと考えさせられたよ。

それにしてもだ・・・・・。
日本はミャンマーに支援金を出してるけど、こんなドンパチばかりやってるんじゃさぁ、日本からのお金で中国とかロシアから武器を購入してんじゃないの? って疑いたくなるよ。
真相は分かんないけど。。。
もしそうだとしたらとんでもない話だ。
もともとは「経済」のために支援してるのに。「軍事」のためじゃないのになぁ。

そんなに武器が欲しい?
その渦中に居続けすぎると周りが見えなくなることがあるよ。
ミャンマーは今、そういう状態になってないかな?
大丈夫かな?
2007.09.29 Top↑
2359.jpg

スライダーズが解散してからもう7年か

ハリーがギターを低く構えている横で
蘭丸が蝶のようにギターをかき鳴らす
JAMESがベースのネックを無限大∞の形を描くように小さく揺らせば
ZUZUが力強く、たくましくドラムを叩く
そんな4人の姿が今でも目に焼き付いている。
真摯に音楽に取り組む、その姿勢がファンとしてはなんとも嬉しかった。

*******************************************************
最近さ、前へ進んでいくのがコワかったんだ。
前へと進んでいく気力が失せてたんだ。

いや、最近どころじゃない。
この夏からずっと、中にあるモヤモヤとシクシクがずっと消えなくてさぁ。。。
とりあえずは元気なんだけど。

ヘタレだよなぁ。もう9月もそろそろ終わるっていうのに。
*******************************************************

彼らが残していった曲***
「のら犬にさえなれない」好きだった。「すれちがい」好きだった。
「マスターベーション」も「カメレオン」も「風が強い日」も「夜毎悩ましい街で」も好きだった。
You Tubeで見まくちゃった、次々と。


LIVE映像見てたら、こんな言葉が頭の中に浮かんだよ

「もっと自分を解放しろよ」って
http://www.youtube.com/watch?v=LBPWkMNH4qk&mode=related&search=
「縛られていちゃ、なんにもできないぜ」って
2007.09.27 Top↑
2785_1.jpg

「Sugar Sugar」
どのアルバムにも入ってなくて、曲名だけはよく目にしてたんだけど。
初めて聴けた。(;^_^)v 今頃。
You Tubeってスゴ・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=kY5xhlZ_zEk

このタイトルってローリングストーンズの「BROWN SUGAR」からとったのかな?

「オレ、ハリーに会わなかったらただの雰囲気野郎だったかも」
「ギターがないとまっすぐ歩けないんだよね」
「〝夜をぶっとばせ〟って映画知ってる?」
「LIVEじゃなくてGIGっつうんだよ。セッションじゃなくてジャムるっていうんだよ。」
「誰かがギターを弾いてるとその手元をじっと見入るっていう変なクセが昔からあってね。
 自分がギター弾きたかったのに全然弾けなかったから、じっと見入っていると自分も一緒に弾いてるような気になるのね」
「ねぇ、どこ行くの?」「ちょっとそこまで。ロックンロールを拾いに。。。」「・・・・・・・・はぁ?」
「ただ、ベイベー♪ベイベー♪って唄ってるだけじゃん」

過去に聞いたことのある言葉や、交わしたことのある会話が記憶として蘇ってきた。

独りよがり?
はぃ、そうです。
2007.09.27 Top↑
2793.jpg

今宵の月は十三夜
そして中秋の名月だそうだ
去年は台風のせいで見られなかったんだよね。

月にお供えする団子も芋もないけど

クリごはん作った!2799.jpg


こんなのとか 0576.jpg

2721.jpg
こんなのもあるけど

まずは ごはんね

  米 食わにゃぁ
2007.09.25 Top↑
2779.jpg
 熱せられたコンクリートの濡れた匂い
 暑さも もうそろそろ終わりなのかな
2007.09.22 Top↑
2769.jpg

自転車のタイヤがパンクした。。。o(T^T)o

2日前の朝のこと、いい加減ベコベコになっていたタイヤに空気ポンプでシュコシュコ空気を入れ、
「さてと、出かけるか(´ー`;)・・・」
と、思ったとたん

パ――――――ン!!! (゜▽゜;)

ともんのすごい音がして、ふと足元見たら見事にペシャンコになってたよ。。。せっかく入れたのに。
アタシも一気に空気がシューッって抜けちゃった、アハハ(T▽T)

というわけで、今日は自転車屋さんに行ってきた。

サビサビのボロ自転車を見て、店員さんが一言
「そろそろ本体自体を交換されたほうがいいかと思いますが・・・・」
さかごろう「もう10年も乗ってますからねぇ、ハハハ・・・(苦笑い)」
店員さん「ハハハハハ・・・・・・(苦笑い)」
さかごろう・店員さん「ハハハハハ( ̄▽ ̄)ハハハハハ」

結局ね、タイヤも中のチューブもちゃんと交換してもらったし、
緩んでるところを締めてもらったり、壊れていたベルも直してくれたけどね。。。

もうしばらくお世話になります。ウチのチャリちゃん。
2007.09.22 Top↑
elekashi.jpg

エレファントカシマシです
たまに、ほんとにたまに、無性に聴きたくなる。
デビュー当時、初めて「デーデ」のプロモーションビデオで「宮本浩次」を見た。アタマは爆発したみたいにくしゃくしゃだし、
履いていた靴を突然、着ているジャケットのふところの中に突っ込んでみたり

―――――――――― 「ぅわ! この人危ない」って思ったよ。

このバンドを想う時、イメージはなぜだかモノクロ。
色がない。

音楽を聴いてるのに、一冊の本を読んでいるような感覚。
音がうんぬん、技術や歌詞がうんぬんじゃなくて、
ただただ ひたすら聴いてしまう。

おかしなバンドがいたもんだ
不思議なバンドがあったもんだ
2007.09.21 Top↑
1901.jpg2396.JPG2397.JPG
2398.JPG2401.JPG2495.JPG
2744.jpg2511.JPG2643.JPG
2633.JPG2634.JPG2635.JPG

2491.JPG
疲れたね
なぁ? 相棒


2007.09.19 Top↑
2319.JPG

平日は、家に帰ったらごはん作って、ごはん食べて、後片付けして、お風呂入って。
家の窓から見えるのは、いつも朝と夕方と夜の空しか見えなくて。
こんな、毎日変わらない、当たり前のことってホントは幸せなことなんだけど
頭でそれが分かってても、時には苦しい時もある。

「がんばれ!」って言われて「うん、ありがとう!」って答えて。
そんなふうに声をかけてくれるのはとてもうれしいし、ありがたいけど。
       「ガンバルッテ、ナニ?」
そのうち考えるのもめんどくさくなるから、まぁどうにかなるだろうでいつも終わる。

9月も、もう後半に入るよ。早いね。日が落ちるのも早くなったよ。
夜は昼間の暑さがウソみたいに涼しい 季節はずれの蚊が力なく飛んでたり
夜は静かで虫の声だけが聞こえる

ん~ なんかいかんなぁ
心がぐちゃぐちゃなままだ。
テレビをつけてニュースを見れば、世界のことからローカルな話題まで、いいニュースも悪いニュースも色とりどり。
世の中は動いてんのになぁ。

なんだか最近ずっと、こんな調子。
きっと今はこんなふうにぐちゃぐちゃと思い悩む時期なんだな、きっと。

最近、寝る前に窓を開けて夜風を浴びてます。
心身共に、リセットするつもりで。それからやっと布団に入る。
 夜風を浴びすぎて 風邪ひかないようにしないとね。。。
2007.09.18 Top↑
brain.jpg
album:「BRAIN」
artist:上原ひろみ

デビューした時から好きだった。
あんなふうに、音楽と自由に遊んでいる姿が羨ましかった。

だから
好きだけど、その才能に嫉妬してたんだ。
だから
好きなくせに、もっとほかの曲も聴いてみたいくせに
アルバムは一枚も持ってなかったんだな。

今思うと、そんな自分を笑っちゃう。
まず実力が違いすぎる。ピアノや音楽に対する想いも。
天と地の差どころの話じゃない。宇宙と内部コアの差ぐらい。

今は、彼女の出す音が、耳に頭に心地いい。
弾いてるその姿を見てると、
   ナァンテ キモチイインダロ
って素直にそう思える。
ピアノの鍵盤を叩いた時の、その鍵盤の重みまで伝わってくるようで・・・。


やっと 聴けた。
http://www.youtube.com/watch?v=J9gPcSvtrTY&mode=related&search=
2007.09.17 Top↑
万年肩こりに悩まされているワタクシ・・・
しかも、仕事でも家でもパソコンをいじっているせいか、目から来る疲れでよく片頭痛を起こす。
いつも頭痛薬を持ち歩いているほど。

毎日、首から肩にかけてのマッサージを自分でやってるんだけど、
それでも足りない時は。。。。。
このふむゾウくんに頼ってます。
2748.jpg

要するに足裏ツボ押しなんだけど、これがイタ気持ちいいんだ(^_^*)!
足の裏にあるツボって、全身の各器官や機能につながってるっていうからね。

これの上で足踏みしたり、ジャンプしたりして
 「イデ! イデ! イデデデ!」
と 叫びながらコリをほぐしてます v( ̄ー ̄)
2007.09.16 Top↑
2503.JPG

アーロ・ガスリーのことはよく知らない。
知っているのは、アメリカのフォークシンガーにして「放浪の吟遊詩人」
ウディ・ガスリーの息子ということと
「ホーボーズ・ララバイ」を唄っているということだけ

でもこの間ね、この人のもう一つ、別な唄を知る機会があったんだ。
それは、こんな唄だった。

世界中いたるところで悩みの種は尽きない。ぼくにはそう思える。
だれも何をするべきか知らない。どこにいるべきかもわからない。だけどひとつの問いかけが今も突きつけられていて、ぼくらは答えないわけにはいかない。
ぼくらが今いるところから延びて行く2本の道。
きみはどっちの方を行くんだい?

疲れた人たちと共に、モーゼは荒れ野を横断した。40年ものあいだ、彼らは熱く焼けた砂の上をさまよい続けたのだ。
そして、モーゼはひとりになって祈った。くたびれ果てた流浪の人。
その時、稲妻が岩にこれらの言葉を刻み込んだ。
きみはどっちの側なのかと。

イエスはゴルゴダの丘への道をよろめきながら行った。
泥棒たちと一緒に、くぎを打ちつけられ高く掲げられた。
彼らが晒しものにされて死んでいく時、一人があの世には何があるのかと尋ねた。主は言った。
それはきみ次第なのだ、きみはどっちの側なのかだ。

取るに足りないことのために働く人もいれば、もっと大きなことのために働く人もいる。
どんなことのためにも働く人もいれば、まったく働かない人もいる。
で、ぼくは神の御子のために歌うことに満足している。そして、ぼくがぼく自信に問いかけていることをきみにも尋ねよう。
きみはどっちの側についているんだい?

       by「WHICH SIDE」より

この問いを突き付けられても
そんなことをよく考える暇などないし、答えもたぶん出すことはできない。
またいつもの毎日を過ごしていくうちに忘れてしまうだろうし。

***********************
でも 久しぶりに 心にグッときた瞬間だった

     ※Bar/大人愚(ダイニング)にて
2007.09.16 Top↑
昔、オヤジの足は臭くてイヤだったなぁ~
中、高校生の頃、いわゆる「お年頃」の女の子が父親を毛嫌いするような時期。
ご多分に漏れずアタシもそうだった。他の理由もあったけど。

そんなもんだからして、オヤジがアタシの部屋に無断で入ってこようものなら
「あぁー、ちょっと入んないでよ! 部屋臭くなるじゃん!」
・・・(^_^;)なんてひどいことを平気で言ってたもんだ。

オヤジ「んん?( ̄- ̄) この家はお父さんが建てたんだよ。
     だからお前の部屋はオレの部屋でもあるんだ。
     わかるかな~? わっかんねぇだろぉなぁ~。 イェ~v(^▽^*)v」
さかごろう「・・・・・・・・イェ~じゃねぇ(-"-;) あに言ってんだ? このオヤジ・・・」

昔懐かし「松鶴家千とせ」のギャグを持ち出すオヤジに辟易していた
10代のさかごろう。

フッと我にかえって、ここは病院。目の前にはベッドに横たわるオヤジ。
マッサージ代わりにオヤジの足をさすっていたら、ぼんやりとそんなことを思い出していた。
今は臭いもなく、白くて柔らかい足。
でもさぁ、マッサージするのはいいんだけど
自分の体を触られるのがすごくイヤみたいなんだよね。
もぉー抵抗するわ、するわ(-_-;)
だいぶ体力が落ちているとはいえ、もともと体格のいいオヤジは力も半端じゃなく強い。
病人のくせに・・・・・(-_-)
それに看護師ちゃんの言うことは素直に聞くくせに、
家族の言うことなんて聞きゃしない。特に娘の言うことなんて・・・。
「きっと甘えてんのよ」って看護師ちゃんは言ってくれるけど。

一枚シャシン撮っとくか? と言ってデジカメを見せてみる。
「今じゃカメラもこんなふうになってんだよ。お父さん、見たことないでしょ?」
カメラを手に持たせてみる。
しばらくじっと見てたと思ったら・・・・そのまま寝ちゃってやんの(;一_一)
カメラを取り返そうとしたら、ぎっちり握ってて離さない

「えぇい離せ! カメラ返せゴルァ!(-"-)」
しょうがないから、握っている指を1本ずつ引き離してようやく取り返した。

「んじゃ、そろそろ行くからね。また来ます。」
寝顔に呼びかける。

  いい加減 早く治してさ たまには一緒に呑もうよ
  二人とも無口な方だから、あまり話もしないだろうけど
  まぁ、たまにはさ・・・。
と、心の中で呼びかけて、病院を後にした。
ある日の夕方 仕事帰りに。。。2393.JPG
2007.09.14 Top↑
2272.JPG

アンタがいてくれてよかった

今までも 何度も何度もこの言葉をつぶやいたけど
何度だって言うよ


SION アンタがいてくれてよかった

  ほんと よかった。。。。。

         *** 誕生日おめでとう ***
2007.09.13 Top↑
2703_1.JPG

あっ
またやっちゃった お弁当が入ったランチバッグ。
駅の駐輪場に停めてある自転車のカゴの中
地下鉄に乗ってから手に持っていないことに気づく。
早起きしてお弁当を作った意味なし。
時々やっちゃうんだよなぁ、これ。
まぁ、いっか。コンビニで一番安いお弁当でも買うか・・・・・。

今日も地上は暑いけど、天上は刷毛でスーッと撫でたような巻雲だ。
秋の空だね。

道の途中で、小学生の団体とすれ違う。
遠足なのか、みんなリュックをしょって水筒ぶら下げて、ワイワイ賑やかに歩いていく。

雲の合間に見える青空に救われ、体育帽をかぶった小学生たちに救われ、
職場のとっつぁまたちのオヤジギャグにちょっと陥没して・・・・・。

***********************************************************

お弁当はいつでも買えるが、これらの風景は非売品。
非売品は買えません。めったにお目にかかれません。

だからこんな今朝の風景が、少しだけホッとさせる。

たまにはいいじゃん? こういうのも。
2007.09.11 Top↑
2257.jpg

歳をとればとるほど いろんなことが分かってくると思っていたけど
歳をとればとるほど 分からないことの方が増えてくる

楽しいのか 悲しいのか 嬉しいのか 苦しいのか
つらいのか 切ないのか 怒っているのか むなしいのか
ただボーッとしたいだけなのか

今のおまえの気持は 一体どれだ?
空を見上げ なんとなく考える


  誰かのためと 言い訳して
  生きてくためと 目をつむって
  まるで本当は すごい奴みたいに
  今日をくぐる ふざけた俺だ

     by「カラス鳴いて」より
何を思うのかじゃなくて
どう思うのか、だな。
2007.09.10 Top↑
2544.jpg

彼女の唄声はパワフルでソウルフル
ただ単に「うまい」という表現では物足りない
唄うために生まれてきたと言っても過言・・・・・かな?

でも、初めて彼女の唄声を聴いたとき
一目ぼれ ならぬ 一聴ぼれをした

私は彼女のファンです
そして 彼女は私にとって大切な友達です

世末さん これからもずっと あなたの唄声を聴かせてくださいね。。。。。
2525.JPG

2007.09.09 Top↑
2629.JPG

「第17回定禅寺ジャズフェスティバルin仙台」
毎年9月の第2土曜、日曜に開催される音楽のお祭り
この日、仙台の繁華街は音楽とお酒と人々の興奮で満たされる。

「JAZZ FESTIVAL」とは言っても何もジャズばかりやるわけではなく
ロック・ポップス・ソウル・R&B・ブルース・フュージョン・ボサノヴァ・フォーク・民謡・ブルーグラス・カントリー・レゲエ・アカペラ・ゴスペル・クラシック・ワールドミュージック
と実に様々・・・。

今年、市内のあちこちに設けられたステージ数:90ステージ
参加バンド数:707グループ
プロ・アマ関係なく 全国各地から音楽好きが集まってくる

C:UserssakaPictures</div>

<div class=
2007.09.09 Top↑
2372_1.jpg

青いビー玉はね この中に入ってたんだよ

で お味は?

 えぇ、えぇ、そりゃぁもぅ インド人もビックリの味ですわwww(;==)
2007.09.06 Top↑
        夏の名残り 2334.jpg
        


  2385.jpg
                 秋の始まり
2007.09.04 Top↑
おとといまで涼しくて長袖なんて着てたのに
昨日からまた暑くなってきた。

うれし~い♪(*^。^*)
暑さにウンザリしてる人 ごめんねwww
アタシはやっぱり夏が大好きなんだな 暑いの好き
でもやっぱり夏の暑さとはまた違うけど。

数ヶ月前 こんなのを貰った
2322.jpg
名称:八朔オレンジ
容量:850グラム  業務用

普通のフルーツ缶よりもちろんデカイ! 持つとズッシリヽ( ̄∇ ̄;)ノ
ハッサクの缶詰なんて珍しいよね。
甘夏よりイヨカンよりデコポンよりグレープフルーツよりスウィーティーより
この甘すぎず、ちょっと酸っぱいハッサクが一番好き。

このまま食べるのもいいけど、こんなにたくさんあるからさ
夏になったらゼリーか寒天の中に入れて食べよう・・・と思ってたら
ダーッと時間だけが過ぎて行って、気が付けば9月になっちゃった。
前にようかんを作ったときの「棒寒天」がまだ残ってたから、さっさと作っちゃいました。

2329.jpg
出来上がりをスプーンですくい取ったら寒天がほろほろ崩れてバラバラに・・・(--;)
ちょっと柔らかすぎたみたいね、これ。。。
でもひんやりツルンでおいしいよ。そして甘すぎず。

毎日お疲れさまね
ちょっと ひとやすみしない?
2007.09.04 Top↑
ペットボトルのサイダー飲んでたら
中にビー玉が入ってた
どうしても欲しかったから
カナノコでペットボトル削って
ビー玉取り出して
水道で洗って
人差指と親指で持って
光に透かして のぞいてみた

どこまでも   青

                 2419.jpg

2007.09.03 Top↑
ra-men.jpg

「おでん缶」に続き 「ラーメン缶」というものがある。
秋葉原にある。
そんな話を耳にして やってきました秋葉原
さぁ メイドさんはどこだ?

イヤ。。。メイドさんを探しに来たわけじゃない
ラーメンですよラーメン

でもいったい何処にあるのか。。。という情報も何もなく
これまた暑い街の中をあっちへ行ったり こっちへ来たり
どれぐらい歩いたかな? 30分ぐらいは歩いたところでちょっと一休み

ビルの日陰に1個だけあったベンチでお茶を飲み、一服してると
「ちょっとごめんなさい」
と、どこぞのオバサンがベンチの端っこに腰を降ろしてきた。

赤の他人同士の中でだけ流れる 緊迫した空気に一瞬包まれる。
最初に声をかけてきたのはそのオバサンの方だった。確か「暑いねぇ」とかそんなことを・・・。
それで緊張がほぐれたのか、オバサンに「ラーメン缶」のことを聞いてみると、よく知っているらしく 丁寧にその場所を教えてくれた。
教えてくれたはいいんだけどね、そのオバサンいい話相手を見つけた! とばかりにしゃべるわしゃべるわ。話が止まんねぇーのよ(^_^;)これが・・・。

なんとか話を打ち切ってそのオバサンに礼を言い、教えられた道を歩き出す。
でも教えられたとおりに行ったはずなのに、ない。
どこにもラーメンの「ラ」の字もない。
(あそこの信号は渡っちゃダメだよぉ~)ってあのオバサン言ってたからここで間違いないはずなんだけど。
しょうがないから、近くにあったコンビニに入り、店員のおねーちゃんに聞いてみる。
ただで聞くのはなんだか申し訳ないので、そこにあったガムをレジに出しながら・・・。

「あのぉ、ラーメン缶ってどこで売ってますか?」
「そこにありますけど。。。」
「?!」
クルッと振り向くと棚の上には やっと見つけた「ラーメン缶」
でもあのオバサン、コンビニとは一言も言ってないけど。。。まっ、いっか。

さっさとそれを購入し、疲れた体を引きずりながら、秋葉原をあとにしたのでした。


・・・・・後日、仙台でも「ラーメン缶」が売っていることが判明(-_-)・・・・・
2007.09.02 Top↑
山野楽器をあとにし、またフラフラブラブラと足の向くまま 気の向くまま
これまた暑さでボーッとしながら なんとなくそこのカドを曲がってみた。
ふと 目の前にある街路灯を見上げると「みゆき通り」の文字が。

2285.JPG
おぉっ! こ、ここがみゆき通りかぁ~!(゜0゜)
写真、写真を撮っとかねば・・・。

もぅ おノボリさんパワーは止まらない。人目をはばからず写真を撮りまくる。

ふと 以前目にしたこんな文章が頭をよぎる。。。。。

紀の国屋書店前の出来たてのエスカレーターの下で、何度もすれ違った銀座はみゆき通り経由でやって来た、タイトロングスカートの、あの陽に焼けた彼女達は、今日いったい何処で踊っているんだろう?
     (album「絵」のライナーノーツより)

みゆき通りが切れて、また暑い日が差す大通りに出る。
そこで見たのは柳の通り道
2287.JPG
おぉっ! も、もしかしてこれが銀座の柳ぃ~?!(゜0゜)
写真、写真を撮っとかねば・・・。

更に おノボリさん街道まっしぐら。人目をはばからず写真を撮りまくる。

ふと 以前耳にしたこんな唄の文句が頭をよぎる。。。。。

むぅかし なぁ~つかし ぎぃんざのやなぎぃぃ~
     by「東京行進曲」より
ウ~ム 古い・・・あまりにも古すぎる・・・(-"-;)

このメロディがいつまでも頭を離れず
柳のサラサラという風の音を聴きながら 銀座の街をあとにしたのでした。。。
2007.09.02 Top↑
ginza.JPG

***銀ブラ  ぎんぶら  ギ・ン・ブ・ラ***

東京へは 何も野音を見ただけで帰ってきたわけではない
けっこうあちこち行ったよ
例えば 銀座。。。。。。

銀座って行ったことなくてさぁ。一度「銀ブラ」ってやつをしてみたくてね(^-^)

当日の気温 かるく30℃は超えてたwww
地下鉄を出て表に出たら ムァッ(@_@;)とした熱気とこれでもかっていうくらいの夏空が。
和光の時計塔もあつそうだっ!

まずは涼を求めて「三越」の中へ。。。
果物の生ジュースを飲んでまずは生き返り
再び外へ・・・・・

さて、どこへ行こうか・・・・?

ちょっと歩いたところで「山野楽器」の看板が目に入る
暑くてボーッとしてたのもあるけど、なんとなぁくフラフラと楽器屋へ入る。
アタシが楽器屋で見るところは いつも打楽器と鍵盤楽器のコーナー

そこでスティックを購入2389.jpg
適当に選んで買ったわけじゃないよ。
ちゃんとね1本ずつ、そこら辺のもの叩いてみて音を確認して買ったんだよん。
実家にもスティックあるんだけど・・・(^_^;)
高校ン時ね ブラバンでパーカッションやってたし
それに以前バンド組んでた時に、ドラム叩いたこともあるんだよぉ!(1回だけね。。。ホントのパートはピアノです(--〆))
なんだかその当時のこと思いだしちゃってねぇ。。。ついつい衝動買い。

しかも
「村上ポンタ秀一」モデルだぜぃ! メーカーは「Pearl」だぜぃ!

うちにはパーカションの楽器があるからね、それを叩いて遊ぼうという・・・ただそれだけなのねん(^◇^;)
近所迷惑にならんように気ぃつけますwww

鍵盤楽器のコーナーでは、ズラリ!と並んだピアノちゃんたちを目の前に
ただただ いつものように指をくわえて眺めてただけでした。

ピアノはねぇ、スティックほど安くないし、お持ち帰りもできないしね(^o^;)

その後CDを2枚購入
楽器屋をあとにして 再び うだるような銀座の街へ・・・・・
2007.09.02 Top↑
sakana.JPG

To これを覗いてくれているみなさんへ

 ご無沙汰です!(^-^)/
 みんな 今年の夏はどんなふうに過ごしたのかな?
 いい思い出は作れたかなぁ?

 えぇっとね、この夏アタシはかき氷食べなかったけど、ガリガリ君はよく食べてたよ・・・(^∇^*)>

 この夏が過ぎてアタシもまた いつもの景色や風景の中で 
 明日の仕事のことや、今日の夕飯のおかずのこととか
 家の中や外の どうってことない雑多なあれこれに心を配りながら
 いつもの生活 いつもの日常を過ごしてるよ

 みんなも それぞれの生活を抱えながら日々を暮らしていて
 それは一人一人違うものだけど・・・・・

 でも
 流れてゆく「時間」は みんな同じだね
 今年の夏は終わった。 9月が始まろうとしている。
 それはアタシもみんなも同じ。

 季節の変わり目は体調を崩しやすいから気を付けて
 アタシも「あ~、疲れた」が口グセにならないよう気を付けるよ

 また 少しずつ動いてくよん♪

  RESPECTS!
  Oh Yeah! (*^^*)v

                      From さかごろう
2007.09.01 Top↑
2267.jpg

ガルシアの風に吹かれて 僕等は丘を渡ってく
陽だまりの里に辿り着いたら なだらかな坂道  川へと降りてく

君は自由の服に着替えて 冷たい川の水に足をひたす
“幸運なお陽様”が顔をのぞかせ 僕等を祝福する

ああ どうにもならぬ事など 何もなかったのです
ああ どうしようもない事など 何ひとつなかったのです

草木を植え 花を育て 水を汲む
風をつかみ 夜空を仰ぎ 月に祈る
祭りの夜に 火を焚き 歌を詠み 収穫の雨を乞う

さあ 明日の子供達よ 海へ森へ走れ
世界中のささやかな夕食のテーブルから
おいしいごちそうが消えてしまう その前に

僕等はみんな自由の服に着替えて 冷たい川の水に足を投げ出す
やがて漆黒の夜が訪れたら
僕らは 盗まれた星達を取り返しに行く

ああ どうにもならぬ事など 何もなかったのです
ああ どうしようもない事など 何ひとつなかったのです

ああ どうにもならぬ事など 何もないのさ
ああ どうしようもない事など 何ひとつないのさ

ああ どうにもならぬ事など・・・・・・・・・・・・・・・
ああ どうしようもない事など・・・・・・・・・・・・・・

    by「ガルシアの風」より
夏の間ずっと、SIONとチャボさんばかり聴いていた。

待って待って待ち続けて 汗と一緒に涙もだらだら流して

花火もしなかったし、海へも行かなかった。スイカは食べたけど、かき氷は食べなかった。
お墓参りで手を合わせていた日も一日だけあった。
今年はお盆休みがなかった分、毎日ずっと働いていたけど、野音には行けた。

久しぶりに見た日比谷野外大音楽堂の会場。
前にこの音楽堂に来たのは十数年前。あの時も暑かった。
でもSIONの野音は今回が初めて。

何事もスッと受け入れられる透明な心がほしい。
妬みもなく、嫌われたくないからと人の目を気にしたりすることもなく、
「カッコよく・・・」 も  「~らしく」 もない。
「私」が男だろうが女だろうが 関係ない。
大人だろうが子供だろうが そんなことどうでもいい。

それまで持っていた自信や 一銭にもならないプライドや
人を思いやる心 哀しい怒り このまま一生癒えないのではないかと思うような悲しみ
他人の心のあたたかさ 優しさ
本当の気持ちを隠すためについた嘘  相手を思いやるためについた嘘
本当の気持ちを隠すための見栄とエゴイズム
相手を思いやるはずが 出てきたのは見栄とエゴイズム

なんだ・・・自分のことだけか? アンタの理屈は知らないよ・・・・って?
それはないでしょ?
誰かを傷つけたり傷つけられたりはもうたくさん・・・
それでも自分は自分でいるしかない
何かに影響はされても、結局 ほかの誰にもなり得ない
夏の間ずっと、SIONの新しいアルバムと、チャボさんの昔のアルバムばかり聴いていた。
それに、SIONのDVD(LIVE盤)も・・・。

やっぱカッコいいよ
カッコいいんだよ SION

それに  ギブソンとフェンダーストラトキャスターと
・・・・・何よりもあの魔法の言葉で慰めてくれたチャボさん

 理屈じゃないんだよ


今年の夏は たぶん、一生忘れられない夏になるんじゃないかな。
2007.09.01 Top↑