あ~ぁ、何度観ても面白い。

仕事が終わって明日は休み。
今日もマジメに働いてたんだから、この一瞬ぐらいバカでいさせてくれぃ~。。。。。



この頃のエレカシ、当時は『マジでこの人たちチンピラなんじゃないか? チンピラがバンドやってるんじゃないか?』 って思ってた。

特にトミと石くんが(笑)

何もこの画像に限ったことではないのだが。

でも、今見るとかわいい。
チンピラどころか、ただ仲良くツルンでいる地元のお兄ちゃんたちにしか見えない。
スポンサーサイト
2009.08.29 Top↑
今日は調子にのて、これで三つもアップしてしまたある。。。。

ところで、10月野音チケ、当選発表なたね。
みな、どうだったあるか?
ワタシ、両日ともに当選してたあるね。 ありがたいある o(TヘTo)

ここに、日比谷公会堂座席表、置いておくね。
興味あたら、あなた、座席どこかチェックするよろし。

by チャイニーズさかごろう
2009.08.27 Top↑
モーリス・センダックの『かいじゅうたちのいるところ』
imageT01.jpg

映画がもうすぐ公開されるよね? 予告動画を見ていたら何やら気になってきた。

ウチのダンナに「観てみる?」と聞いてみると、
「うん__ 観てもいいかなぁ・・・。これ、(映画の)出来がいいらしいな...........特撮とか.........( ̄- ̄*)」
「ほぉ? さよけ.........(-。-)」

そういやRO69の宮嵜さんのBLOGでこれのサントラの曲が解禁になったと書いてあったが、もしかしてこれのこと?

Karen O & The Kids/「All Is Love」


『かいじゅうたちのいるところ』 日本では2010年1月公開です !(^^)!

2009.08.27 Top↑
kosaka1.jpg
album:「ほうろう」
artist:小坂忠

小坂忠/「機関車」

矢野顕子のアルバム、『PIANO NIGHTLY』 (カヴァーアルバム) で、初めて聴いたこの曲。
いつもこの歌詞を聴くと切なくなる。

夕暮れ時にチャリを漕ぎながら家路を辿っている時なんかに、自然とこれを口ずさんだりしてます。

因みに、バックコーラスは下北のジャニスが唄っております。(マリちゃーん!)


またまた因みに、その下北のジャニスの歌声も。。。。もし良かったら。↓

金子マリ/You've Got A Friend



――― オマケ ―――


Drum:金子ノブアキ
Bass:KenKen

世の中にはこういう親子もいるんだな。
二人の息子の演奏をバックに唄うって、どんなんだろ?
2009.08.27 Top↑
でも なんだかんだ言ってもやっぱエレカシが好き!
力がみなぎる

「FM802 STILL20 MEET THE WORLD BEAT 2009」より


毎日いろいろあるけど
毎日いろいろあるさぁ
悩んだり苦しんだり

でも そんなヘタレの心を解放ー!

自分の周りにある扉が全部開かれるってこういうこと?
一服の清涼感  一陣の風

そんな感ず ^ω^
2009.08.23 Top↑
5989.jpg
おかみさ~ん 座布団干す~
ベランダに~ 座布団干す~



昨夜、ロキノンJAPAN9月号の細美武士とホリエアツシの対談をなんとなく読んでいたら、なんとなくエルレガーデンが聴きたくなった。

ELLEGARDEN/Surfrider Association



album:「BRING YOUR BOARD!!」
artist:ELLEGARDEN
6008.jpg
このアルバムを買ったのが6年前。だから2003年かな?
仕事帰りにCD屋に用事があって、で、これまたなんとなく新譜コーナーに置いてあったこのアルバムを聴いてみたんだ。

1曲目のSurfrider Associationで持ってかれた(笑)
財布に余裕があったんで、即、買い。
英語の歌詞だったんで、最初は外人が歌ってんのかと思ってた。

後にも先にもエルレのアルバムを買ったのはこれだけで、ここに入っている以外の曲は知らないし、このアルバムも熱心に聴いていたというわけでもないけど。

JAPANで細美さんの顔を見たら、久しぶりに聴きたくなったんだ。
ただそれだけのことなんだけどね (-∀-。)ウン

余談だけど、これ書きながら気付いた。
細美武士(ホソミタケシ)のタケシって、武士(ぶし)って書くんだね。

――――― ただそれだけのことなんだけどね ))-ω-))ウン


因みに私は ROCKIN'ON JAPAN を買ってくると、エレカシの記事を読み終えた後、「激刊! 山崎」を読み始めます。
ウチのダンナは私が ROCKIN'ON JAPAN を買ってくると、真っ先に電気グルーヴのメロン牧場を読み始めます。

だからどうしたという話でした。

因みに・・・・・・・この9月号のP288にある「場末のクロストーク」も読んでごらんなさい。
RO編集者の一人、小松香里女史のツッコミ具合にハラを抱えること請け合いです。 ププッ ( ̄m ̄*)♪
5984.jpg
2009.08.23 Top↑
疲れた体と湿気と汗でベタベタテカテカの顔を晒し、人ごみ多い東京駅に到着。休む間もなく新幹線乗り場へと。途中でお茶と駅弁購入。

今回の東京行きもなかなか充実してた。目的も取り敢えず達成できたし。
そういえば、いつも帰りの新幹線をホームで待っている間、なんとなくそこから見える東京の空を見上げるんだけど。
高いビルで四角く切り取られた東京の空。
その空を見ながら、これから帰らなくちゃいけない現実に切なくなったり、また明日からの生活のことを考えてため息が出たりするんだけど。

――――― 今回はあまりなかったな、そういうの。
理由は分からんけど。

新幹線のドアが開き、乗り込む。席に着いて列車が走り始めると同時に雨がパラパラ降り出した。
スピードが増すごとに雨の勢いも強くなってくる。
空模様も怪しい。
5959.JPG5961.JPG

この雨が、東京都北区を襲ったゲリラ豪雨だったことを後に知ることになる。
そのゲリラ豪雨が東京を襲っている頃、私は何をしていたかといえば・・・・・・・・・・・。

弁当食ってました( ̄~; ̄) ムシャムシャ
5958.JPG

このあと家に帰りついた途端、地震に見舞われるんだけど。。。。。。



エ~・・・・・これにて、この度の旅行記は終わりです。
当初はこんなに何回も記事をアップするような長ったらしいものにするつもりは全くなかったのですが、一旦書き始めたらもう止まらない、止まらない、やめられないとまらない。
しかもあまり間を置かずに書きたいと思いまして。
あのLIVEの高揚感や、鎌倉を散策した時の感動が薄れてしまわないうちに書いてしまわねば。
と思い、寝る間も惜しんでPCに向かい、カチャカチャやっておりました。
お陰でこのところ4、5時間ぐらいしか寝ておりません。睡眠不足です。はっきり言って自分でもアホだと思います (*´-ω-`)・・・フゥ

ま、それはさておき.............。
こんな拙い記事を最後までお読み下さったそこのあなた、どうもありがとうございます。
一日のうちで、クスッ! と笑える時間。
この旅行記が、そんなささやかなヒマつぶしとなれば幸いです (o^-^o)
2009.08.22 Top↑
月島で二人と別れてから電車を乗り継ぎ、一人、上野公園は東照宮へ向かう。
上野公園にはこれまで何十回と訪れたことがあるんだけど、この中に東照宮があることはちっとも知らなかった。『かく語りき 上野恩賜公園 東照宮』を見るまでは。
そういえば公園の中に神社みたいなのがあるなーっていうのは気付いていたけど、それが東照宮だったのね (^^;)
八幡神社と同じく、東照宮も全国的にあるよね。名の知られている神社は大抵そうなのかもしれない。


というわけで、まずは公園入口に到着。

2009.08.20 Top↑
明けて8月9日(日) 天気は確か、晴れ時々曇り。相変わらず暑かったことだけはよく覚えている。
昨夜は日付が変わる前に帰ってきたものの結局寝るのが遅くなってしまい、この日も寝不足。

で、今日の予定は?
この日はね、『ま乃』に行ってきました。やっと! やぁぁっと行けたよ、ま乃さんに!
あの「ROOTS」の中で4人がもんじゃを食べた店に。
2009.08.19 Top↑
暑くて熱いSIONの野音が今年も終わってしまい、火照った身体と高揚した気持ちを抱えて会場を後にする。
この時、私とその友達と、友達のダンナさんと三人。
当初この三人だけで呑みに行く予定だったけど、そこに同じく野音を観に来ていたダンナさんのお知り合いのご夫婦も一緒に行くことに。

前にも言ったけど、私は人見知りする方だからさ。
初めて会う人ばかりの中でウマくしゃべれるんだろうか???(-_-;) なんて心配していたけど。。。
でも! 一旦呑み始めたらそんな心配はどこへやら・・・・・。私もヘラヘラしゃべっていたような気がする.............(呑んべえって、やーねー (^^;))

呑んだお店は東京都内にある、こじんまりとした焼き鳥屋さん。
入口を開けると店員さんが『いらっしゃいませー! 何名様ですか』と顔を出すと同時に、店員さんの足元からゴキブリがコソコソと外へ出て行くのが見えた。
ウム・・・・・・・すばらしい店だ ( ̄- ̄)
普通ゴキブリというものは店の裏口から出入りするものだが、表からどうどうと出入りするとは・・・・・。
あ、そうか。 きっとあのゴキちゃんもお客さんとしてお店にいたんだな。そうに違いない ( ̄ー ̄*)

ま、とにかく。この夜の宴は楽しかったよ。
本っ当に楽しいお酒だった。いやいやホントにマジでさ。
とにかく集まっているメンツがみんな揃いも揃ってROCKでBLUESで、音楽が好きな人たちばかりで。
オマケにみんなSIONだけじゃなく、エレカシも好きみたいで。
なんかね、ほとんど音楽の話ばかりしていたような気がする。
いい大人がマジな顔して「ROCKは!」「BLUESは!」なんて話していてさ。
今までこういうのほとんどなかったからすごく嬉しかった。
そのお知り合いのダンナさんが 「SIONは詩人だ」って話してた。
同感! 同感っスよ!
ほかにもそんなふうに思っている人がやっぱいるんだなぁ。
アレ? もしかしてみんな思ってるか。。。(汗)

その後、赤羽に帰る私をわざわざ近くの駅まで送ってくれた。
一人で帰れるよ。大丈夫だよ。って言っているのにもかかわらず。
その優しさが胸に染みたなぁ~(シミジミ.......)

改札口でバイバイして、一人ホームに立つ。
土曜の夜ということもあってか、周りは22時過ぎでもとても賑やか。
私もほろ酔いと心地いい疲れと生ぬるい風に吹かれながら、それでも気持ちだけは相変わらず高揚したまんまで、日付が変わる前にはホテルの部屋に着いたのでありました。
5915.JPG
2009.08.18 Top↑
例によって例の如く、どんな曲を演っていたのかよく覚えていない。
SIONがバク転したのかどうかも分からない(汗)
だからまた断片的な記憶だけで書いちゃうけど。

2009.08.17 Top↑
5911_1.jpg
もう9日前になるのか? 野音から。

日比谷公園に着いたのは午後2時過ぎ頃だったかな?
さすがにちょっと早すぎた。
すでに屋台は出ていたし、パラパラと何人かいたけど。

ここで、初めてずっと会いたかった友達と会うことになる。
んが! まだ来ていないので日比谷公園の中をなんとなくお散歩。

なんとなく日比谷公会堂を撮ってみたりして........
5907.JPG5909.JPG

野外ステージの裏を通ってみたりして..........敢えて写真は撮らなかったけど。
あの建物の中の楽屋に今SIONがいるんだなぁなんて、なんとなく思ったりして........

そんで眠くなったから野音入口付近の植え込みに腰かけて、暑い中、汗をかきながら居眠り。
そんな居眠りしている私の隙をついて、日比谷の蚊にいっぱい刺される。
足首を中心に、後で数えてみたら30箇所以上も刺されていた。
今でもまだその跡が残っている。今でもまだ痒くなる時がある。
日比谷公園の蚊はタチが悪いぜ!(-"-)
こんな虫刺されだらけの足じゃぁ、SIONぢゃないけどしばらくグラビア撮影はムリだな。。。。

・・・・・・・・・・とまぁ、また話が逸れてしまったが。

2009.08.17 Top↑
駅前のきっちゃてんで一休みし、再び赤羽の町を散歩。

次に向かうは「1番街」
5897.JPG
この1番街商店街の入口横に、こぉんな新しいビルが建ってた。
去年の10月に来た時は
こんなんだったのに。→4500.JPG
でもやっぱり1階のマクドナルドは、はずせない(笑)

2009.08.16 Top↑
5884.JPG

一夜明けて8月8日(土)
備え付けの目覚ましを朝7時にセットしていたのに5時頃に目が覚めてしまった。
そのまましばらくベッドの中でうつらうつら...........。
いつものことだがホテルのベッドはなんだか熟睡できず、故にいつも睡眠不足。
あぁ........今日は一番体力を使う日だというのにwwwwwww
今日も東京は蒸し暑い。天気は晴れ時々曇り。
直接日が差すことはあまりないが、とにかく湿気が多い。
でも雨は降らないらしいからとりあえずよかった。
まぁでも、どっちみち野音は雨天決行だけど。

夕べは暗くなってから赤羽に着いたし、それに疲れていたので早々と部屋に入ったけど。
久々の赤羽。朝食を食べ終えたら、さて! 出かけるか。
まずはさかごろうお決まりの散歩コース。朝の赤羽台団地を散策。

 ~ 坂を登り商店街を横切って  親の家の前に立った ~
by 「地元の朝」より

いつも赤羽台団地へ向かう時、このフレーズが頭の中を流れる。
この日も頭ン中でこれを流しながら、そびえ立つ団地群や桐ヶ丘中学校(旧赤羽台中学校)、赤羽台西小学校(石くん)、八幡小学校(トミ)、廃校になってしまった赤羽台東小学校(ミヤジ)などの周りをグルグル回っていた・・・・んだけどね。
ふと、ここの案内図を見てみたらさ、この団地内には面白い名前の公園がいくつかあるんだ。
いつもグルグル回っているだけじゃツマラナイ。
んじゃぁ今回はそれらの公園をひとつひとつ訪ね歩いてみるとするかぁ。
と、急遽思い立ち、さっそく手近なところから。。。。。。

2009.08.16 Top↑
稲村ケ崎でさんざん潮風になぶられ、海水浴をしたわけでもないのに海辺でいっぱい遊んでグッタリした後のような心地いい疲れを体に感じながら江ノ電に再び乗り込む。
約10分後、鎌倉駅へ到着。

賑やかな表通りからちょっとはずれた裏通り。
5881.JPG
なんとなく下北沢に似ているような気がする。

そんな下北似の裏通りを通り過ぎ、再び表通りへ出る。


さーて、ご飯だ、ご飯だぁ!(^。^*)

2009.08.16 Top↑
5860.JPG
「江ノ電」
正式名称は、江ノ島電鉄。
いろんなアーティストが親しみを込めて曲にしたりもしている江ノ電。

あのね、この江ノ電てやつに乗ったことないのよ。
一度でいいからこの江ノ電てやつに乗ってみたかったのよ。
ちょっと憧れだったのよ。

だけど、そんな夢見心地な私の耳に聴こえる話は。。。。。。

『特に何の変哲もないフツーの電車だよ』

分かっておる。分かっておる。分かっておるのだよ、そんなこたぁー。
だけどね、みちのくから来たお上りさんは、一度この江ノ電てやつに乗ってみたかったのだよ。

今回鎌倉に来たかった目的の二つ目。
それは、『江ノ電に乗ること』 なのでした。

2009.08.16 Top↑
幽玄の世界を抜け出し、再び俗世間へ!

さすがに観光地だけあって美味しそうなお菓子やら、はたまた伝統工芸品やら、ズラリ! とお店が立ち並ぶ。
でも行きたいお店はあらかじめいくつか決めてたんだ。

東京へ向かう前日のこと。
さかごろう家にて。。。
2009.08.13 Top↑
次に向かうは別名「苔寺」と言われる杉本寺
当初、ここを訪れる予定はなかったんだけどね、このお寺さんにはビッシリと苔むした石段があるんだけど、その苔のビッシリ加減がとても見事で。。。
自分の目で是非とも見ておきたかったのねん。


2009.08.13 Top↑
5833.JPG

しかしなんだな、今年の夏はなんとも過ごしやすい日が多いね。
朝晩は涼しい。30℃を超えるなんて日もほとんどないし。熱帯夜で寝苦しい! なんて夜もないし。
あ、あくまでここ(仙台)のハナシね。
・・・・・・・・と思っていたら、明日の気温は32℃だって。
久しぶりに夏らしい夏が過ごせる! イヤッホー!ヽ(^。^)ノ

あ、どうも。
気持ちだけは日焼け止めのCM「ALLIE」の加藤あい気取り。
勘違いも甚だしいアラフォー女、さかごろうです。

で、新幹線で桃をくれたばあちゃんと会って、んで東京駅に着いて、いざ鎌倉へ・・・・というとこまでお話したんでしたよね。

えとね、今回鎌倉へ行きたかった理由は三つあるのね。
ということで、続きをどうぞ。。。。。。


2009.08.13 Top↑
行ってきました東京、鎌倉。
8月に上京するのは久しぶりだ。
いやぁー関東地方、蒸し暑かった(笑)
ただ立っているだけで汗が噴き出てくる。湿気の多い日本の夏らしいやね。でも私はキライじゃないよ、こういうの。

今回の旅の目的は三つ。

ひとつはSIONの野音に行くこと。
ふたつめは、ずっと会いたかった友達に会いに行くこと。
みっつめは、鎌倉へ行くこと。

そう、鎌倉。
なぜ鎌倉なのかというのはオイオイ話すとしてだな。。。。。

まずは行きの新幹線の中からこの旅行記の話は始まるんだな。


2009.08.11 Top↑
5819.jpg

それでは、今から東京へ向かいます。
東京と、それから鎌倉の方へも足を伸ばしてまいります。

今回も赤羽に宿をとりました。
たぶん8日(土)の午前中は赤羽の町 ―――― 商店街やら赤羽台団地やらをウロチョロしているはずです。
ストーカー行為をなさりたい方はこの時がチャンスです。


え?・・・・・・・だれもそんなことをするヤツはいない?
別にアンタに興味ないって?

あ、そぅすか。そりゃそーですよねー。アハハー!(* ̄▽ ̄*)>


ということで。
行ってきやす!!
2009.08.07 Top↑
今日のような休みの日は、私もダンナも平日よりも約3時間ほど遅く起きる。
だけど、最近ダンナは休みの日でも、朝4時とか5時とか6時とか・・・・・早い時間に目が覚めてしまうそうだ。

いよいよジジイになる日も近いと思われる。

それで、朝早く起きて何をしているかいえば、トミみたいに朝食の準備をするワケでもなく、家の掃除をするワケでもなく、ずーーっとネットをやっている。
あ、でも今朝は、テレビの中でラジオ体操をやってたから一緒に体操したって言ってたな・・・。

――――― いよいよジジイになる日も近いと思われる。
2009.08.02 Top↑
ごめん、もうカオリちゃんの話はしないから、これで最後にするから。


Mother/川村カオリ


これ、彼女が18歳の時に歌った曲。
当時はいろんな人たちから曲を提供されて、それらを歌っていたんだけど、
そのアルバム(1989年に発売された『CAMPFIRE』)の中で、唯一この曲だけが彼女の作詞作曲だった。

この曲を初めて聴いた、その頃同じく18歳だった私の感想は。。。。。。。

「へぇー、いい曲だな」
ではなく、
「カワイイ声!」
でもなく、

「これぐらいなら私だって作れる」
だった。


カーーッ!!(~_ーメ)
かわいくねぇガキだ。


カオリちゃん、ゴメン.................... (((((((((((((((((((((((^.^;


さて・・・・・・・・・・・・・・ところでSIONだが・・・・・・。
2009.08.02 Top↑