6389.jpg
今年も南天の実が赤く色づいた。

ちなみに、こっち↓は一昨年撮影した南天。
南天.JPG
同じデジカメで撮ったのに、なんでこうも違うんだろか? (ー_ー?)

今日は久しぶりに、のーんびりとした休日。
なんだか今月はお休みの日となるとナンヤカンヤと細々した用事が入ってきて、一日のんびりと過ごすことがなかなかできなかった。

普段、掃除や洗濯などはなるべく平日に済ませ、休日はなるべく何もしないようにしている。(とは言っても、ごはんだけは作るけど.....)
今の仕事は午後からなので午前中のうちになるべく家のことを全部済ませてしまうのだ。
シフト制だから毎週々々休みが違うけど、それでもまぁ前に比べると時間の余裕はいくらかあるかな? 毎週休みが違うとは言っても日曜・祝日は確実に休めるし。
その代わり働く時間が短い分、入るものも少ないけど( ̄ー ̄;)
でもこんな就職難の時代に働く場所があるということだけでもありがたい。



あーーそれにしても、何もせずにこうやってボケーッとする時間も必要だね、やっぱさ。
あんまり働き過ぎても頭おかしくなるからな。

あぁ、そうそう。
今日ね、ちょっと調べ物をするためにネット内を検索してたら良さげなサイトを見つけたよ。
『デジタル写真ライフ  東京百景・歳々年々』

東京の風景がいっぱい見られる。東京19区分と、あと国分寺、立川、小金井、青梅、日野 etc。。。
東京が好きな私にはそれだけで嬉しい。
それに、きれいな花の写真もいくつか・・・。

花なんて前は全然興味なかったのに。
いや、今もそんなに興味があるわけではないけど。
それでも。。。
道端や、人家の庭や、はたまた花屋さんの前を通りかかったりすると、ついと目がそちらへ行くようになった。
前は見向きもしなかったのにな。
なんなんだろ? この変化wwwww(^▽^;)

・・・・と、話がずれてしまったが。
とにかく、このサイトがとても良かったのでリンクに追加しました。
えぇっと、それでね・・・無断でリンクしました。(汗)

もしこれをご覧になった『デジタル東京ライフ・・・・』の管理者様。
ご迷惑でしたら遠慮なく仰って下さい。速攻で削除致しますので<(_ _)>


さぁて。
夕飯の支度をするまでにはもうちょっとだけ時間があるな。
昨日届いたPAOと、読みかけの時代小説を手元に置いといて・・・・と。

もうちょっとだけこのダラダラ時間を楽しむか。
6386.jpg
スポンサーサイト
2009.11.29 Top↑
プロ、アマ問わず、私には好きな写真家さんが何人かいる。
みなさん、時間の切り取り方がとても上手だと思う。

その好きな写真家さんたちの中で、須田 誠さんという方がいる。
10年間のサラリーマン生活を突如やめてしまい、世界中を旅する人生を選んだ。
独学で写真を学び、写真を撮りながら世界中を旅しているらしい。
一般常識に囚われている私から見れば、とても「奇」で、そして羨ましい人だ。

今から2年前に買ったこの本(というか、写真集というか......)
6377「NO TRAVEL, NO LIFE」 写真・文/須田 誠

昨日辺りから、またなんとなくパラパラとページをめくって眺めたり、本の後ろの方に書いてある、サラリーマン生活から今の「旅人・フォトグラファー」に至るエピソードを読み返したりしている。
ただただ、ジーッと見てしまうんだな。
ジーッと見ていると、まるで好きな音楽を聴いている時みたいに心が微かに動いていくのが分かるんだな。


この方の写真をご覧になりたい方は →コチラ
このサイト、前にもここに載せたことがあるんだけどね。
まぁいいや・・・。また載せてしまおう(^^)

もし時間があれば、このサイトの中にある『photo』の文字をクリックしてみて下さい。
2009.11.26 Top↑
6347.jpg

地球温暖化対策税(環境税)なるものが提案されているらしい。
その課税の対象として灯油、ガソリン、軽油などの化石燃料に税金がかかるんだって。
私が見ていたニュースじゃ灯油18リットルにつき50円かかるって言ってた。

50円? 高くね?

要するに財源がないからこういうところに税金かけるってことかねぇ~。

まぁ、こんなヤな話はこれくらいにして・・・・・・と。

一か月ほど前に、こんなBLOGを見つけました。
岡野宏典さんという人で、職業はシンガーソングライター。
蔦谷さんのBLOGにも時々そのお名前が出ることがある。
その岡野さんのBLOGにさ、鳥を撮影している蔦谷さんの写真が掲載されたことがあってね。
それがきっかけで時々なんだけどこの人のBLOGを覗くようになった。
なんかね、写真がとてもきれいなんだな。とてもくっきりすっきりしていてさ。

被写体は日常の風景とか、人とか、自然の風景とかを撮ってるんだけど、私は空を撮影した写真が一番好きだ。

でも、肝心の岡野さんの音楽は聴いたことがない。スンマセン.....
2009.11.24 Top↑
6275.jpg

昨日、ウチのダンナがAsobi Seksu(アソビ セクス)という人たちのCDを買ってきた。

ニューヨークで活躍しているアメリカ人二人。
と言っても、一人は日本人女性。
で、どんな音かというと、いわゆるシューゲイザーだそうだ。(ダンナ談)


私も1曲だけ聴いてみた。

Asobi Seksu/Layers


透明感のある唄声がとてもきれい.:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜

クリスマスっぽいけど、いわゆるクリスマスソングではないらしい(^▽^)
2009.11.24 Top↑
6375.jpg

どうも。
焼酎『はなうた』を呑みながら、こうしてBLOGを書いているさかごろうです。
常日頃、同じく酒好きのトミ兄ぃと二人で飲み比べをしたいと思っております。
そういえば、先日のめざましテレビに写った「愛子の会いたいYOU」の中で、ヒゲ面のトミ萌え♪ という方が多数いらっしゃるという話を聞いたのですが、私の中ではトミさんはあくまで「あ~にきィ~!」という感じです。
例えるなら、昔のドラマ 「傷だらけの天使」で乾亨扮する水谷豊が修(ショーケン)に向かって
「あーーーーにきぃーーーー!」と呼び掛けるアレに似ている。
あくまで私にとって、トミ兄ぃは兄貴なのだ。

私が萌え(燃え)なのは石くんだけだ...........




まぁ、そんな話はどうでもいいのだが。

2009.11.23 Top↑
6363.JPG
昨日は家事をチャッチャと終わらせてから、ゆっくりパソコンに向かおうと思っていたのに一度何かを始めてしまうと
「あ! あれもやんなきゃ。」
「あ! これもやっとくか。」
と、あれも! これも! どれも! それも! と欲張ってしまい、結局家のことで一日が終わってしまった。



主婦ってつらいワ~................
2009.11.23 Top↑


SIONをもう一つ。

1986年だか87年だったか、寒い日の夜。
布団にくるまって深夜ラジオを聴いていた私は、この曲を聴いた。
その時聴くのが初めてではなく、それ以前にも何回か耳にし、また、SIONの存在もなんとなく分かっていた。
見た目はヘヴィメタっぽく(?)、でも唄を聴くとフォークっぽい・・・のかなんだかよく分からん唄を唄っているSIONという人。
まるで、等身大の生々しいシーラカンスの写真が載っている「シーラカンス展」のポスターだった。


その曲を紹介する時、そのDJの人(確か、なんとかってバンドのヴォーカルだと言ってたな)は、この曲を聴いて泣いたって言ってた。
 ふーん、そうなのか。私は何回か聴いたけど泣いたことはないなぁ。
なんて、そんなDJのエピソードを聞きながらのんびりと思っていた。

でもさぁ、そんなふうにシラケた感じでいたはずなのにさ、ラジオ聴きながら見事に泣いてたんだよ(笑)



それからだよ。
この曲を聴く度に涙腺がゆるんでしょうがないんだ。

2009.11.19 Top↑
突然だが、今回はSION祭りだ!

時々さ。
いつもじゃなくて時々なんだけど。
SIONが沁みる日があるんだよ。
何があったわけじゃないんだけど、ジンワリと沁みる時があるんだよ。

そういう時は、たぶん誰かを想っている時だな。
その人が、すぐに会える人でも。すぐに会えない人でも。
生きている人でも。もういなくなってしまった人でも。
そんなふうに誰かを想っている時だな。
2009.11.18 Top↑
6242.jpg
寒くなってきたね。そろそろコタツ出そうかな。

寒い冬に備え、こないだ110デニールのタイツを購入したら間違えて大きめのサイズ買ってしまったさかごろうです。
大きいサイズだから腰で止まらずお腹までスッポリ履けちゃう.........
まぁ、腹巻代わりになるからいいか。



BLOGを始めてからというもの。音楽はしょっちゅう聴くようになったが、本はあまり読まなくなってしまった。というか、読むヒマがない。
音楽だったら何かをしながら片手間に聴くということもあるが(でもこれ、あまり好きな聴き方じゃないけど)読書の場合は何かをしながら片手間に読むということはできないからナー。

実は今、読みかけの本が3冊ほどある。
そのうちの1冊は2、3年前から途中で止まっている。ちょうどBLOGを始めた頃だ。
もう内容はほとんど忘れてしまった。読むとしたらもっかい最初から読み直さなきゃ。

私が好きなジャンルはね推理小説と時代小説でさ、数年前まで宮部みゆきにハマってたのよね。中でもとくに時代ものがおもしろくて。
でも今は宇江佐真理にハマりつつあるな。
古本屋に行ってもこの人のばかり選んじゃったりするし。

あー・・・でもね。ここ最近はこれ読んでた。

「ぼくの好きなキヨシロー」
6283.JPG

もちろん小説ではない。
スラスラッと読めるから読書というほどのものではないんだけど。

内容はね、泉谷のおいちゃんと、昔CHABOさんと共に古井戸で唄っていた加奈崎芳太郎さんがキヨシローのことを話しているんだな。
若い頃のおもしろエピソードがあったり、おいちゃんと加奈崎さんとキヨシローの関係性みたいなものがそこかしこに垣間見れてさ。
私の知らなかったキヨシローの姿も見えてくるようだ。
なかなか読みごたえがあるよ。
それに、古井戸時代のCHABOさんの話もちょびっとあったりして。
なんかさ、あの1979年の『ラストステージ』LIVEを収録したアルバムが好きでよく聴いてたんだけどね。
5730.jpg
あのブルージーな声で唄う加奈崎さんのことを「物静かな人」だと勝手に思い込んでいたけど、結構物事をストレートに言う人なんだね、あの本を読んでみると。
また違う面が見れて、なんだかいい。

6354.jpg 6357.jpg


それにしても、知れば知るほどキヨシローって不思議な人だ。
2009.11.18 Top↑
たまにはトム・ウェイツ、かけてもいいでしょ?
今日もいろんなニュースが飛び交ってたけど。
政治面でも社会面でも芸能面でも。

でもさ、少しだけそこから離れて好きなものを聴いていたいんだ。


Tom Waits/Ol' 55


いいぜー  トムのオッサンは。


この頃はまだ、声がきれいなほうだ。

今、もーっとしゃがれ声になっちゃってるしな(笑)
2009.11.10 Top↑
6293.jpg

兵庫さんのBLOGに載ってた、「神聖かまってちゃん」というバンド。

例えばこういうの?↓
2009.11.09 Top↑
6311.jpg

その目覚ましTVを観るおよそ14時間ほど前に、私は仙台CLUB JUNK BOX でHARRYのLIVEを観ていた。
客層はいつもの通り、30代~40代が圧倒的に多い。
SEから流れてくる曲を聴いてみると ______ 分からん(笑)
落ち着いた感じでR&Bっぽい感じの曲が流れてた。要(よう)はHARRYの好みってことだな。
他のお客さんの様子を見てみると・・・・・・・・・・
友達とずっとお喋りしてる人。
じーっと腕を組んで時間が来るのを待ってる人。
本を広げて読書してる人。
500円ドリンクを呑んで、既に出来上がっちゃってる人。
など、さまざまさまざまざまざま。

そして開演時間。客電が落ちる。「ワー」とか「キャー」などの歓声はなく、ただただ待ちかねていたと言わんばかりの拍手がステージを包む。
それでも奥のカーテンからHARRYの姿が見えるや否や、『ハリー!』 の掛け声があちこちから飛んでくる。
2009.11.09 Top↑
6303.JPG

椎名林檎が言ってた。
「同業者とは思えない」ってさ。

林檎嬢にこんなことを言わしめてしまうとは。
エレカシってやっぱすごいのか?

でも、何事も一生懸命っていうあの姿勢はただただ感心。
心から拍手を贈りたい気分。
大げさか? ワタシ。
でも、そんな気分。
自分もちゃんとしなきゃって思うような、背筋を伸ばしていかなきゃって思うような、そんな気分。

またテレビの前でボリューム高くして正座して見てたもん。
もうあの時間はダンナも出かけてたから、
「もっとボリューム低くしろよ( ̄- ̄;)」なんてことも言われなかったもん。

やっぱ今のエレカシは職人。
音楽職人。


朝から元気が出ちゃうなー!
2009.11.09 Top↑
6264.jpg

今朝、ユキムシを見かけた。
ふと窓の外を見たら何やら白いものがフワフワと、自分の意思で動いているように見えたので、
(あ、もしかして)
と思い外に出て見ると、やっぱりユキムシだった。

この虫を見かけると近いうちに雪が降る、と昔からよく言われている。
考えてみれば、これも不思議な生き物である。
ほとんどの昆虫が冬眠の準備に入り、または卵を産み落としてそのまま死に絶えてしまうこの季節にいつもどこからともなく現れる。
しかも、見かけるのは11月のみ。
師走に入るとその姿を見るのはなかなか難しい。

このユキムシ、暑いのが苦手だと聞いたことがある。
まぁそれだから、ぐんと気温が下がるこの季節に飛んでいられるんだろうけど。
Wikipediaを読んでみると人間の体温でも弱るとか。。。

今日はとても暖かい。
数日前の「もう冬が来たんじゃなかろうか?」 と思える寒さからは一変している。
こんな、11月の太陽の最後の足掻き(あがき)みたいな暖かさに、家の中でこうしてヒーターなどの暖房器具類に囲まれている自分はとてもマヌケである。

そんな状況の中で、ついと見かけたユキムシ。

ユキムシの命は短い。
こんな暖かい日差しの中じゃ、更にその寿命は縮まるだろう。

家の中に差し込む光と、妙に高くて明るい秋の空を眺めつつ、ちょっとだけ寂しい気持ちになったりしたものである。



ウーン・・・・・・・・・・秋やねぇ~~ (´▽`*)
2009.11.06 Top↑
その、「サマーウォーズ」を観に行く数時間前の話。
これを観に行ったんだ。

≪個展 忌野清志郎の世界≫
6291.JPG
2009.11.03 Top↑
普段、ダンナと一緒に映画を観に行くということはほとんどない。
いや、映画館には一緒に行くのだが、お互いに観たい映画が違うので
「○時○分に□●△で待ち合わせね。じゃっ!あとで。\(* ̄ー ̄) ( ̄ー ̄*)/」
――――― と、なることが多いのだ。

でも一昨日の11月1日。久し振りに二人で同じ映画を見た。

タイトルは『サマーウォーズ』
6281.JPG

ストーリーを簡単に言うと。。。 読みたくない人は、ここをとばしてね!(^^)!
2009.11.03 Top↑