6971.JPG
今日も夕日がきれいやねぇ。


さっき、久しぶりにクラムボンを聴いた。
夕方になってだんだん辺りが薄暗くなってきたら、
なぜだかクラムボンの「Y・S・G・R」が頭の中で流れてきたのでwwwww

6973.JPG
album:「imagination」
artist:clammbon

今から7年前に出たアルバム。
ヴォーカル郁子ちゃんの浮遊感漂う歌声が全曲に広がる。

前はこういう歌い方じゃなかったんだけどなぁ(ーー;)
個人的には、あんま好きじゃないんだけどなぁ、こういう歌い方は。
かと言って、そうそうイヤでもないのだが。

曲は全部で12曲あるけど、ほとんどこの曲ばかり聴いている。

クラムボン/Y・S・G・R


このけだるさ。たまらなく好きだ。


このアルバム以降、クラムボンをあまり聴かなくなってしまった。
でも、今でも好きなんだけど。
スポンサーサイト
2010.05.31 Top↑
6953.JPG
東君平氏デザインのタヌキのキーホルダーが付いているチャリキーを持って5月の町を散歩した。

6955.jpg
町には白いツツジが咲いて

6956.jpg カメラ寄りすぎ(汗)

6948.JPG
喫茶店でひと休み


6952.jpg
時々さ、考えるんだよ。
今はこうして二人で暮らしているけど、いつかはどちらかが先にこの世からいなくなってしまう。
あなたと私と、どちらが先に逝くことになるんだろう?

6951.JPG
私が先でも、あなたが先でも、残った方はシンドイ。
とてもシンドイ。

そんな話を、二人は笑いながら話す。

最期の日が来るまで、どんなふうに生きていくんだろうね。
これからどんなふうに過ごしていくんだろうね。

6958.JPG

で、その5分後にはケンコバの話をしている。
盛り上がるでも、盛り下がるでもなく、凡々と。


ま、人生なんてそんなもんだ。(どんなもん?)


黒猫チェルシー/ベリーゲリーギャング別バージョン
2010.05.30 Top↑
ノースコリャァの潜水艦がサウスコリャァのお船を壊したんだってさ。
それで、サウスコリャァが怒って、でっかいスピーカーを使ってノースコリャァに文句を言っちゃうゾ! って言ってるんだってさ

子供のケンカじゃあるまいし。
そんなことにカネと労力を使ってる場合じゃなかろうが。
ノースコリャァは中つ国の援助を受け、サウスコリャァは米の国に助けを求める。
ノースコリャァのしょーぐんちゃんの影響力が弱まって、軍事が暴発しなけりゃいいが。

やれやれ・・・・・・。
2010.05.30 Top↑
 ♪ 人のプ~ 人のプ~
   まるまる太った かわいいおっさん
   人のプ~ 人のプ~
     かわいいおっさーん ♪

.............................あ、どうも。
人のプーさんこと、ケンコバさかごろうです。

あのぉ、ウワサで聞いたんですけど。
OKAMOTO'Sっていうバンドがいますよね?
その中でBASS弾いてる人がダウンタウンの浜ちゃんの息子ってホントですか?

6961.JPG
このJAPANに掲載されている写真を見てみたら。
ナルホド確かに浜ちゃんに似てるかも。


まぁ、んなこたどうでもいいんだけどさ............。


それにしても、「人のプーさん」のネタ。
あれは今はもうやらないのだろうか?

と、私が言ったらダンナが
「やれねぇだろ・・・( ̄ー ̄;)」
と言っていた。



え? そう? 何か問題でも?


と、言いつつ、プーさんネタの動画をここに載せる勇気がない私。
ご覧になりたい方は各々検索してみて下さい。


ケンコバのネタはとてもくだらないけど私は好きだ。





それこそどうでもいい...........。
 ♪ 人のプ~ 人のプ~
    まるまる太った かわいいおっさん
2010.05.30 Top↑
ユニコーンの『すばらしい日々』。
聴いてると、ジンワリジンワリと体の中に入ってくる。

  ~ いつの間にか僕らも 若いつもりが年をとった
     暗い話にばかり やたらくわしくなったもんだ ~

本当にそう。
楽しい話題だってあるにはあるが、なぜだか口から出てくるのは暗澹たる話題ばかり。

とは言え、毎日溜息ばかりついて暮らしてるわけではないし、むしろ笑って暮らしている日の方が多い。
毎日の生活は相変わらずで、決して笑ってばかりとは言えないけれど、でも。
特に最近は嬉しいことや、楽しい時間もポツポツとある。

楽しいとも、楽しくないとも、どちらとも言い切れない、まぁまぁの暮らし。
子供の時分には味わえなかったこの不思議な感覚を噛みしめることが多くなった。
だけどそれを、「大人になった」だなんて言いたくはない。


一番最初にこの曲を聴いたのはアッコちゃんヴァージョンで、その時に初めてユニコーンの曲だと知った。

  ~ 朝も夜も歌いながら 時々はぼんやり考える
     君は僕を忘れるから そうすればもうすぐに君に会いに行ける ~

なんとなく、このフレーズの意味が分かりかけてきたような気がするこの頃。


・・・・・・・いや、意味なんて求めちゃイカンのか?


ユニコーン/すばらしい日々



アッコちゃんヴァージョンも、よろしかったらどうぞ(^^*)

矢野顕子/すばらしい日々




『すばらしい日々』

 僕らは離ればなれ たまに会っても話題がない
 いっしょにいたいけれど とにかく時間がたりない
 人がいないとこに行こう 休みがとれたら
 いつの間にか僕らも 若いつもりが年をとった
 暗い話にばかり やたらくわしくなったもんだ
 それぞれ二人忙しく汗かいて

 すばらしい日々だ 力あふれ すべてを捨てて僕は生きてる
 君は僕を忘れるから その頃にはすぐに君に会いに行ける

 なつかしい歌も笑い顔も すべてを捨てて僕は生きてる
 それでも君を思い出せば そんな時は何もせずに眠る眠る
 朝も夜も歌いながら 時々はぼんやり考える
 君は僕を忘れるから そうすればもうすぐに君に会いに行ける
2010.05.22 Top↑
突然ですが、私は落語が好きです。
「落語が好きです」とは言っても、ちょっと興味があるという程度で。
それこそ歴代の有名な落語家さんたちの名前がスラスラと口から出てくる、って程の通(つう)ではありません。

でも、落語って昔から好きなんです。
偕成社から出版された古典落語シリーズ(全12巻)という本があるんだけど、子供の頃これが大好きで、いつも読みながらゲラゲラ大笑いしてたぐらいで。

世間に名が知られている多才な落語家さんたちはそれこそ多彩にいるけれど、その中でも私が特に「この人の落語は面白い!」と思ったのが、桂枝雀。
実はこの人の落語はたったの一度しか聞いたことがない。
それまでも、TV番組等(特に『笑点』とかね(^^))で、ほかの落語家さんの噺を聞いたことはあったし、それはそれで面白かったんだけど。
だけど、枝雀さんの噺が一番面白かった。なんかね、すごく大笑いした覚えがあるのね。そのたった一度の高座で。


2010.05.21 Top↑
JAPAN JAM
クイックレポートとRO69のBLOG読んだだけでも、
やっぱ観たかったな~
と思ってしまった。
少し前に、兵庫さんだったか山崎さんだか、「来なかったことを後悔するようなフェスになります.....」というようなことを言ってたけど、なかば当たってるような気もする。
出演者が比較的少ない分、LIVEの時間も長いみたいだし。



富士山麓でそんなフェスが行われている頃。

あー・・・・んと今日はね、私はダンナと共に私の実家に行って母親の顔を見に行ってました( ̄m ̄)
三人で茶っこ飲みしてました(笑)
たまには顔を見せないとね~。

私ね、自分の母親には、いまだに素直になりきれないところがあって自分から母親に話しかけることはほとんどないんだけど、なぜだか今日はなんのわだかまりもなく、素直に思ったことをそのまま話をすることができたよ。

それから実家を後にして、ダンナに付きあってまたまた城跡を観に行き( ̄~ ̄;)
住宅地の中にポツンとある、メチャメチャ標高の低い山を登り、約10分後には頂上に着き、眼下に広がっている家や道路や水田や、それから遠くに見える街の中心部のビル郡を眺めながら、ボーッと和んでた。
 “いまごろこの時間、エレカシとチャラオさんがステージ演ってるんだろうな”
なんて思いながら(アタマの中は、やっぱりそれかぃ 汗)
今日さ、デジカメ家に置き忘れてきちゃったんで写真は撮れなかったけど、緑がとってもきれいだったよ。
草木の緑がきれいだと、その中を通る光や、そこにある空気まで緑色になるんだね。

で、あとは家に帰ってごはんを食べて。
さっきクイックレポートのサンボマスターとゴダイゴの記事を読んでいたらゴダイゴの曲が聴きたくなって、
「MONKEY MAGIC」から始まって、「ビューティフル・ネーム」、「銀河鉄道999」とか聴いていたのさ。
ゴダイゴは子供の頃によく聴いていたし、それぞれの曲に想い出もあったりするんで。

で、久しぶりに「MONKEY MAGIC」聴いてて思ったけど、これ昔あったドラマ『西遊記』のテーマ曲になっててさ。(アラフォー世代の方は、この『西遊記』よくご存知かと思いますが(^^ゞ)
ドラマのテーマ曲でしか聴いたことなかったから、全部通しで聴いたのはこの時が初めてでね。

この曲はいま聴いても全然古臭くないねぇ。かっこいいよ、これ。

ゴダイゴ/モンキーマジック


ついつい懐かしさのあまり、これも見てしまった→「ドラマ『西遊記』のオープニングとエンディング」 こちらもよかったらどうぞ。


懐かしついでにこれもどうだ!
ゴダイゴ/Taking Off


この画像をアップした人。編集がウマイなと思った。

蛇足ですが、松本零士作品の中で私が一番好きなキャラはトチローです。
6938.jpg
お友達のトリさんも一緒に。

トチローが帽子を脱いだところ
6947.jpg こんなトチローはイヤだ............


結局JAPAN JAMの話が、最後はトチローで終わってしまった。
2010.05.16 Top↑
「おいしいんですのよぉ~!」
6937.jpg

って、あきひろ君も言ってたけど、
これホント美味しいワ。

床下に落とされる前に、そのおいしさに気付いてよかった.....

JAPAN JAM、いいな~。
メンツがすごいもんな~。
山下洋輔や坂田明にゴダイゴに、あとは、あとは・・・。

そうそう、CHARAとエレカシ。
どんなステージになるんだろか?

「男」のエレカシと、「女」のチャラオさんが、一体どんなステージを見せるんだろか?
チャラオさん、明日のステージでも10センチぐらいのハイヒール履くんだろか?
妊娠中の時でさえ、「私、いま妊婦さんだからいつもより低いヒールにするの。」
と言って、6センチのヒール履いていたぐらいだからな。


ARABAKIよりこっちの方がよかったな~(`ε´*)
それとも、隣りの芝生は青く見えるだけか?
当日券、まだあるの?
ウチからチャリで行ける距離だったらこのまま行っちゃうのにな~。
でも、ここから静岡県(富士スピードウェイ)までチャリで行くのは遠すぎるしな~。



今日から始まったJAPAN JAM。
晴れたみたいで、よかったですね。

明日も、どうぞ楽しんできてくださいネ!


去年の『カウントダウンジャパン 0910』「おかみさん」←You Tubeより
これ見てテンション上がっている週末の夜。
JAPAN JAM行きたい........
せめてウチからチャリで行ける距離だったら....... (まだ言うか)
2010.05.15 Top↑
6907.JPG


春になると、こんな花たちをあちこちで見かけるようになる。
     6910.JPG
              6915.JPG6916.jpg
これは、5月に見た桜
       6883.JPG6893.JPG6900.JPG

ここに挙げているのは、まさしく今、真っ盛りの花たち(葉桜を除いて.....)。


枯れた花など見せられない。
・・・・・・・・・・・と、思っていた。

でも、枯れかかった、茶色になった花びら、萎びてシワシワになった花びらに、ジッと見いることもある。
でも、そんな枯れた花の写真など、ここには挙げられない、見せられないと思っていた。

6919.JPG6932.JPG6925.JPG

C:\Users\saka\Pictures\2010_05_12\IMG_6924.JPG


でも、「デジタル写真ライフ  東京百景・歳々年々」さんの5月9日の写真を見て、これもありなんだな、と思った。
2010.05.12 Top↑
シングル来ました。
「赤き空よ!」のPVを観て、音も改めてちゃんと聴きました。
LIVE音源も聴きました。

相変わらずいい声だな。
PVの画像がどうとか、なんかもうどうでもよくなってきたな。
音さえ、曲さえよければそれでいいよ。

こういうLIVE音源を聴いてるとLIVE行きたくなるんだよなぁ。反則だよなぁ(笑)
でも、LIVEになると怒鳴るように歌う時も多いからな。
「待つ男」とかはいいけど、「赤き空よ!」はシングル盤を先に聴いたせいか、ちょっと・・・。

あ~ぁ、そんな怒鳴るように歌っちゃ・・・せっかくの(^^;
ってな感じ。
でも次に聴いた時は、また違った感じで聴こえるのかもしれない。

他の人の感想は、今はまだ全く見てないので、みんなどんなふうに思ったのか分からないけど。

ARABAKIで「幸せよ、この指にとまれ」を聴いてから、仕事に向かう車の中でいっつもこの曲が頭の中を流れてる。
たまには他の曲が流れりゃいいものを。

全く・・・・・全くファンってやつは。
2010.05.12 Top↑
キヨシローのスクリーンを見終えると急に寒さと眠気を感じ、そのままバス乗り場まで直行。

あー疲れた。でも、行ってよかったな。
考えてみれば、この日はキヨシローの命日だった。
いや、考えなくてもすぐに気付きそうなものだが。

いやいや、違う、違う。トボけたフリをするのはやっぱやめよう。
本当は私だって最初から気付いてたんだよ。
5月2日にこのイベントが行われるって知った時から。
でも前も言ったけど、ピンと来ないんだよ。「キヨシローの命日です」なんて言われてもさぁ。

そういえば、CHABOさんがARABAKIに参加したのは今回が初めてなのかな?
それとも前に参加したことあるのかな? どうなんだろ? なんか初めてのような気もするが。



来年も、ARABAKI行けるかな?
行ければいいな。

また最後は、疲れた~ しか言わないだろうけど(笑)


これで荒吐話、全ておしまいです。
ここまでお付き合い下さったあなた、本当にありがとうございます<(_ _)>

来年は、あなたもARABAKI見に来ませんか?

6858.JPG
2010.05.08 Top↑
ところで、一昨年私が書いた荒吐話。
「其のさん」で終わってるのに、今年はなに? これ。
「其のきゅう」って。

もっと簡単に済ませるはずが、こんなに長くなるなんて。
一体どこまで続くんだ?


おっちゃんのLIVEが終わって、ARABAKIの中で一番大きな会場、『MICHINOKU』ステージに近づくと・・・・・。

おぉ! 盛り上がってますなぁ。スカパラは華やかねぇ。
ワタクシ、スカパラの中では谷中さんが特にお気に入りでして。
うーんと。別にこれと言った理由はないんだけどね。
その他のメンバーさんは、お顔は知ってるけどお名前よく存じてません、って方がほとんどで(^^;)

いんやぁ、メンボクない。

スカパラさんて昔はインストばかりやってたけど、今はヴォーカルも入れて「歌入り」の曲も多くなったようですね。
あんま聴きこんでるわけじゃないのですが。
で、谷中さんが歌うのを初めて見ました。

スカパラさんもデビューしてからいろいろ紆余曲折あったんだよね?
一つのバンドを続けるって、しかもこんな大人数で演っていくって大変なんだね。
・・・・・・・って、これは↑いま私がそう思ったことね。
実際スカパラのステージを観ている時はそんなことを考える余裕すらなかったよ。ずっとステージに魅了されてたから。

とにかく華やか! 揃いの黄色いスーツも鮮やか! 噴き出す音も煌びやか!
ここでもずーっと踊っていたような気がする。


さーて。
次のステージは、今年のARABAKIのメインイベント。(かもしんない。だと思う。たぶん。たぶんね。)
RESPECT FOR 忌野清志郎
このメインイベントに参加したアーティスト多数。

えぇっと。誰々が参加したかっていうのをここに書きだすのがメンドイんで、もし知りたい方は→コチラをクリック。

とまぁ、ご覧のように豪華すなぁ(´▽`*) (←あ、手抜き!手抜き!)
2010.05.08 Top↑
6868.JPG
この写真は、勝手にしやがれのLIVEが終わって、屋台へ向かう途中の写真。

この日は日曜日ということもあってか、昨日よりもさらにたっくさんの人がこのARABAKIを観に来ていた。
会場内を移動する時は、いつも行列を作りながら移動するという感じ。道幅もそんなにないから、どうしてもこうなっちゃう。

まさしく、民族大移動!!(゚▽゚*)/




って、感ず。

少し早目の夕飯を二人でモソモソ食べていると、聞き覚えのある音と、聞き覚えのある怒鳴り声が。
2010.05.08 Top↑
いい具合に動ける場所でボケーッとその時を待っていた。
最初はまばらだったお客さんたちの数も徐々に徐々に増えていく。

午後4時10分過ぎ。まだまだ明るい日差しが新緑を刺しているこのステージで、いよいよ勝手にしやがれのLIVEが始まった。
あまり知名度はないと思っていたけど、どうしてどうして結構な人が集まっている。
知名度はないだなんて思ってたのは私だけか?

あの人たちの音をジャンルで括ると何になるんだろ?
基本的にJAZZだろうけど、ラテンのような要素もあるし。

ホーンセクション、やさぐれ、武藤昭平のだみ声、中年男の色気。
それらすべてがかっこいい。

言葉で説明するのって難しいなぁ~ d(@^@;)b

全曲、全部踊らされた。休む暇なんて与えてくれんのか? このバンドは。
弾丸の如く曲を次々と打ち出す中、曲の合間に武藤氏、暑くなってきたのか用意されていたペットボトルの水を(....たぶん、ただの水だと思う(^-^;))をグビリと飲み、わざとマイクに向かって「プハーッ」と息を吐く。
まるで冷たいビールでも呑んだみたいに。
それから突然着ていたジャケットと帽子も脱ぎ、シャツとズボンだけになって次の曲へと向かう。

他のメンバーさんはきちんとジャケも帽子も身に着けておられますよ? 武藤氏。
でもムリもないか・・・。
ドラムを叩きながら歌うっていう、それだけでものすごいエネルギーを使うもんな。
インストの曲でも、あのドラムの音はもんのすごい迫力だし。

ここで、2曲だけ勝手にしやがれの曲を流していいですか?
2010.05.08 Top↑
『JAPAN JAM 2010』。ついさっき渋谷さんや「フェス事業部の『毎日がフェスティバル』」のBLOGを読んでいたら、LIVEを観たくなった。
誰の? って、ZAZENさんたちとセッションをする山下洋輔氏と坂田 明氏のですよ。
あらかじめ出演者が発表されていたからZAZENさんたちと出られるのは分かっていたけど、あんなふうに、しかも渋谷さんのBLOGではご本人たちの写真付きで載せられちゃったりすると、あのお顔を見ただけでLIVE観に行きたくなっちゃったよ。
お二方、ますますいいジジィっぷりになられてますね。

それともう一つ。
SIONの野音は10月だそうですね。
実はARABAKIでSION本人が言っていたんだけどね、ワタクシ肝心なところを聞き逃しちゃってて.....。
SIONがステージから、「・・・・・月頃に野音やるゾー!」
って言ってたんだけど、最後の「野音やるゾー!」だけ聞こえてて・・・。
そのあと客席が ワー!\(^O^)/ って叫んでいるのを見て
「え?(汗) 何?いつ? いつなの?(汗汗) ねぇねぇ! イヤーン、おいてかないでぇ~(悲)」
状態だったのでしたwwwwwwww

ということで、SIONの野音は10月だそうです、みなさん(^-^)(おせぇーよ!)
それにしても10月の野音かぁ~(苦笑)
寒くなきゃいいけどな。
雨、降らなきゃいいけどな。

さて、ARABAKIからもう一週間経ちました。
早いっすねぇ~。休みなんてあっつぅまやね。
そして連休明けの仕事というのは、なしてあんなにキツイのかねぇ。昨日、一昨日と、たった二日間だけしか働いていないのにもう心が折れそうヨ(´・_・`) wwwww

んでは、お待たせ致しました。
二日目のARABAKI。ご用とお急ぎでない方は寄ってらっしゃい!見てらっしゃい!
2010.05.08 Top↑
6862.JPG

日もとっぷりと暮れかかり、立ち並ぶ木々が黒いシルエットにしか見えなくなる頃。
もう寒い寒い。
そうだよ、ここは山だからさ。五月になったばかりの今は、平地よりもまだ寒いのさ。
吐く息が白い。

1日目のラストはHARRY。
だけど、SIONのステージが終わってからHARRYのLIVEまではまだまだ時間があった。
取り敢えず屋台で暖かい立ち食いラーメンなんぞ啜ってはみたが。ちょっち物足りない。
しかもこの寒さは否応なく腕から背中からゾワゾワと這い上がってくる。

 ダメダ....(×o×)寒くて耐えらんない。
 もちょっと何か暖かいものを食べておこう。

寒さのあまり、さかごろう、食に走る。
立ち食いラーメンの次は、岩手県の名物、南部せんべいを入れたせんべい汁を食べる。それと、家から持ってきたカロリーメイトも。
寒さに疲れも加わり、寒いけど眠い。このまま寝たら死ぬな、とふと思ったりする。
マジで凍死するかと思うぐらい、とにかく寒い。
2010.05.05 Top↑
6861.JPG

いきなり汚い靴をお見せしてしまって失礼。

ある意味、怒涛のエレカシのステージが終わり、汗まみれ、足元泥まみれ。
黒い靴が、ホレ、こんなふうに........

さて、次はSION!
時計を観ると、あと10分! あと10分で始まってしまう。急がねば!


でもね、SIONのLIVEが行われる『BAN-ETSU』ステージは、『MICHINOKU』ステージから徒歩20分の長さ。
「其のいち」で掲載していた地図をご覧頂ければお分かりの通り、ハジッコからハジッコなのよねん。

でも、行くのだ。
SIONに会いにいくのだ。
疲れた体と足を引きずってでもSIONに会いに行くのだぁー!

2010.05.05 Top↑
もう夕方の4時過ぎ。
ARABAKIの中で一番大きな『MITCHINOKU』ステージには、たっくさんの人と埃っぽい空気。
それから、屋台から匂ってくる食べ物の匂いが新緑の風に乗って、多少鼻づまりの私の鼻孔をくすぐったりなんかして、このステージの周囲だけが混沌としているように思えた。

それとも・・・・・・。
これからエレカシに会えるんだな。
などという変な緊張感が、そんなふうに思わせたのかもしれん。

前のバンドが終わって、観客たちが入れ替わる。
焦りすぎず、でも半ば早歩きでなるべく前へ、前へ。少しでもステージの近くへと向かう。

2010.05.05 Top↑
6853.jpg

♪目出度 目出度ァ~のぉ~
 若ァ~松さァ~まァよぉ~
  えぇ~だァ~もぉ~ チョイチョイ っと♪

金沢明子さんが唄う花笠音頭で始まりました、さかごろうの荒吐話 其のに。

それでは、長らくお待たせ致しました。いよいよCHABOさんのLIVEへ
れっつらごー!


2010.05.04 Top↑
6873.JPG

ただいま帰ってまいりました。
今日は全身疲労と軽い頭痛に蝕まれ・・・。
でもでも、やらなきゃならんことはたくさんある。
たまった洗濯物を片づけるべく朝から3回ほど洗濯機を回し、家の中をチョチョッと掃除をし、窓を開けて空気を入れ替え。。。

やることを一通り終えると、継続的に襲ってくる疲労に少しでも歯向かうべく、筋肉痛の脛に湿布を貼りつつ、開け放った窓から緑のそよ風が吹き抜けていく部屋の中で、ズビズバとお茶を啜る。
そして、過ぎ去った二日間の怒涛の時間に、ふと、思いを巡らす。


2年ぶりのARABAKI。
いや、よかった。楽しかったよ。


楽しかったんだけどね、正直なとこ言っていい?



エレカシとHARRY以外は楽しかった。

いや、違う。
違うのよ。
決っしてエレカシとHARRYが悪いんじゃなくて、どちらも私のせいなのよ。
私の都合でいまいちライブが楽しめなかった・・・・・と、そういうことなのよ。
まぁ詳しいことは後で話すとして。まずは1日目から ―――――
2010.05.03 Top↑