7407.JPG7408.JPG7410.JPG
「伝統的な和スイーツ」
と、書いてあるが

でも 使っている大豆はカナダ産

ま 世の中そんなもんだ。


この紀文さんの豆乳シリーズさ、いろんな種類が出てるけど、みんな小紙パックでしか出てないんだよね。1リットルみたいな大きいのはプレーン味だけ。
たぶんその味によって人それぞれ好みがあるから、大容量で出すと売れ残りが出る、って見込んでるだろうな。


ところで10月31日は・・・・・・・
7412.jpg Trick or treat! お菓子をくれなきゃ いたずらするぞ!

別に西洋の行事をマネするつもりは全くないが、こないだハロウィンヴァージョンのお菓子を貰ったので。。。
だから、そのお菓子をくれた人にはいたずらしません。


なので皆さん、いたずらされたくなかったら私にお菓子を下さい。


古井戸/「四季の詩」
スポンサーサイト
2010.10.30 Top↑
今日の兵庫さんのBLOGに
『フラカン特集、やってます』
とあったので、早速読んでみた。→こっちだよ! こっちこっち!

なーんだ!
フラカンの人たちって、エレカシに、ものっそい影響受けてたんだ(^▽^)

ちょっと発見したような気分。

2010.10.29 Top↑
皆さん、ニュースです!!

フクヤマンが主演のNHK大河ドラマ「龍馬伝」に、SIONが出演する模様。
『YAHOO NEWS』

SIONの役は、坂本龍馬暗殺に加担したと言われる、渡辺篤という人物。

えぇー? SION、マシャを殺っちゃうのかよ!
アルバムの中で仲良く曲作ったりしてたじゃーん!
こないだマシャのラジオにゲスト出演したばっかりじゃーん!!



なんちゃって。。。

あ! でも「龍馬伝」にSIONが出演するというのは本当の話ですよ。

今日ね、私が仕事に出掛ける準備をしていた時にさ、友達からメールがきてね、このことを教えてくれたのさ(*^。^*)
メールを読んでびーっくりしてさ(笑)
思わず「えーーーー!」って、デカイ声で叫んじゃったよ。

まあね。
SIONは前にも俳優業をやったことがあるしね(皆さんご存じの「私立探偵 濱マイク」ね♪)
これが初めてというわけではないしね( ̄ー ̄*)
ヤフーニュースで確認した後でさ、もしかして「うりきち」にも何か書いてあるかな? と思って見てみたら、やっぱり書いてあったよ。
ちょんまげ姿のSIONの頭が(クフフ....)

そっか。。。
「うりきち」の10月9日の日記に書いてあった『仕事』というのは、この撮影のことだったのか。


それにしても放映日はいつなんだろ?
「龍馬暗殺」だから、最終回かな?


ところで、皆さんは「龍馬伝」見てる?
私は第1回目からずーっと見てるよ。

いつもはね、NHKの大河ドラマはその年によって見たり見なかったりなんだけど、今年のこの「龍馬伝」は1回目から見てみようかなぁって思ってたのね。

それはなんでかというと。。。。。。



フクヤマンが出るから、



ではなく。ブン( ̄ω ̄= ̄ω ̄)ブン


えーっとね、理由は二つ。

まず一つはね、このドラマの時代設定である「幕末」という時代が私は好きなのよね。
だってさ、日本がちょんまげ頭からザンギリ頭に変わっていくことに象徴されるように、「新しい日本」を作るため、身分に関係なくその意志を持った若者たちが奔走していた時代でしょ?
今の日本に比べると、なーんて熱い心意気を持った若者たちが、この時代にはたくさんいたことか!

なんてさ。
それを思っただけで、なんかこっちまで胸が熱くなってくるようでさ。


そしてもう一つ。
私ね、歴史には疎い方だけど、歴史上の人物で好きな人が一人だけいるのね。


それはだれかというと。。。。。



坂本龍馬。



ではなく。ブン( ̄ω ̄= ̄ω ̄)ブン

坂本龍馬の奥さんだった、お龍さんという女性。
このお龍さんのエピソードは本で読んだ知識しか私は知らないけど、
大胆で、勇気があって、女性が「自分」というものを抑えて生きていたこの時代、己の意思で突き進み、そして、生涯「坂本龍馬」を愛した女性(ひと)だから。

人によっては、あまりよいイメージを持たれないお龍さんだけど、私はこういう女性、好きだなぁ。
なんか憧れる。


ま、説明が長くなってしまったけど、そんなわけで今年の大河ドラマはずっと見続けてます。

SIONが出るということでますます目が離せません(o´・ω・`o)ノ゙
2010.10.28 Top↑
まだ10月なのに、寒いね~。
北海道は雪が降ったってよ?
あーまた寒い季節がくるんやねぇ((-o-;)ため息)
ウチもコタツ、そろそろ出そうかな?

そんな寒さの中。

ワタクシ、蚊に刺されてしまいました。


昨日、部屋の中を一匹の蚊がフラフラと飛んでおりまして、殺生と分かっていながら
パチン!
と平手で叩いてお陀仏して頂いたわけでございます。

で、しばらくしてから、なーんか腕が痒いなァ~、と思ってふと見てみたら。


なんとアナタ。
腕の一点がプックリと腫れているじゃぁござんせんか。

この冷たい風が吹きすさぶ神無月。
部屋の中ではストーブに当たりながら虫さされ薬を腕にヌリヌリする女が独り。


なんとも不思議な光景じゃぁありませんか...................。

それにしても、蚊も必死なんやねwwwww


フラワーカンパニーズ/「真冬の盆踊り」


※今日の日記と、フラカンの曲とは何の関係もございません。


「真冬の盆踊り」(歌詞) *歌詞を見ながらお聴きになりたい方はどうぞ

2010.10.27 Top↑
7405.JPG
今夜の満月は眩しいほどの月明かりだ。

この写真。
黒い紙の上に、白い紙を切り抜いて貼り付けたわけではないよ。
正真正銘。今夜の満月を撮った写真だよ。
しかも、なんの加工もしてないよ。
そのまんまだよ。


お月さま きれいだね~♪ ホレボレ..........


もう日付が変わってしまったけど、今はSIONにうつつを抜かしたい。
だって、昨日はSIONの野音だぜ?

SIONの唄が染みる

これは独特なものだから、SIONに特に興味がない人には、ただSIONの唄を聴いても染みることはない。

これ、当たり前のことなんだけど。


今日のLIVEはどうだったんだろ?このBLOGを始めてから、それこそ初めて、今年はSIONの野音に敢えて行かなかった。
いろいろ家の事情があったから。


最近じゃぁエレカシにうつつを抜かしている毎日だから、気になることもないだろうと自分では思っていたけど。

それはやっぱり間違いだった。


なーんか気になるんだなぁ(^^;)



誰もかれもが自分のことだけさ
真顔で嘘をつき自分の事だけさ
今も昔もずっとそうこの俺も


      by「勝たなくてもいいのさ」より


下げなれない頭を下げ ヘタな笑顔で
この時代無傷の奴などいない

息をする 俺は息をする
狂い花胸に 息をする
月に刺され 夜に刺され
軋むほどに 君を抱く


      by「狂い花を胸に」より



まだ発売したばっかりだから、本当はアップしちゃいけないのかもしれないけど。

ちょっとねぇ.........
ガマンできなかったんだな。


SION/「狂い花を胸に」
2010.10.24 Top↑
「あなたを愛してる」

ではなく、

「誰かを愛してる」

の方でいいと思う。


女は、誰かのために生きているものなんだろか?

少なくとも、私は「誰かのために」・・・は、生きてないなぁ。
あの曲を聴いて、そのことを少しだけ恥じたけど、
でも、私はそれでいいと思う。
「誰かのために生きられるように」と自覚することは、今の私にはできないから、
それでいいと思う。


ミヤジは、どこかで私の心を覗きこんだのか?

などと疑いたくなるくらい、あの歌詞は私の内なる心境にぴったり当てはまるのだが。。。


↑自分で書いてて、気持ち悪い(汗)
イヤイヤ・・・・・・思い上がっちゃぁいけないよな。




最初の話に戻って。。。。。

やっぱり

「誰かを愛してる」

の方がいい。

「あなたを・・・」

だと、特定の人に限定されてしまうじゃないか。

EKDBさんが「あなたを愛してる」の方がいいというのは、EKDBさんが男性だから、自分のものにしたいという独占欲からくるのじゃないかしら?

なんてことを思った。


いろいろ勝手なこと言ってすいません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・私の方こそ、偉そうに言うべきではないな。
2010.10.22 Top↑
RO69のBLOGの中のひとつ、「rockin'on 編集部日記」の中で取り上げられている画像→Atomic Tom/「Take Me Out」

その記事のタイトルが『NYの地下鉄にてiPhoneで演奏するバンド』
この方たち、プロのバンドマンみたいですね。

それにしても、ここまでちゃんと曲として成立できてしまうなんて、なんかスゴイ! って、思った(・・)/







さて、これからSIONのアルバムをゆっくり聴くとしよう。
2010.10.21 Top↑
『彼女は買い物の帰り道』
いい曲だなぁ、これ。

初めて、とおしで聴いたけど。いい曲だなぁ。

この曲ばっかりリピートして聴いてる。
『ハナウタ』以来のヒットです。私の中で。

一番最初に聴いた時ね、曲の最初の部分があの曲に似てるな、って思ったの。

それはね、チェッカーズの、確か2枚目のアルバムに入っている『Lonely Soldier』っていう曲なのね。
これのサビの部分がちょっと似てるかなぁ、なんて思ったのね。

いや、ちょっとね、ちょっと(汗)
でもこれもいい曲なのよ。因みに、この『Lonely Soldier』は藤井(弟)の尚ちゃんが唄ってます。興味のある方は→コチラをクリックどうぞ。

 えー! 似てないじゃん!(-"-)!!

なんて言われたりして......


とにかく、「彼女は買い物の帰り道」。
いい! これは。

聴き終わってから、
こんないい曲をありがとう!

って、気持ちでいっぱいになった。
2010.10.20 Top↑
7372.JPG
「おつまめ」。納豆なんだけど、これ美味しいよ。
普通の納豆より硬めで、お酒のおつまみになるよ。
もちろん、ご飯のお供としても・・・。



えっとね、それから今度はエレカシの方ね。

あのね、先月、9月発売の『明日への記憶』と、今日発売の『いつか見た夢を』。
この2枚のシングルをタワレコで買うと、特典で付いてくるっていうステッカーね。
例のアレね。

いやー・・・なんちゅうか、笑わせてくれるよね。
思いもかけない展開ですね、ありゃ。

あれをデザインしたブートレッグの管理人さん?
いつだったかBLOGの中でさ、「荒野の神々」って書いてたよね。
あれを読んだ時にさ、なーんかイヤな予感がしたんだよね(笑)

まさかモンスターエンジンみたいに、メンバーを上半身裸の、下は黒いスパッツみたいなのを履かせたりとか。
「私だ」  「お前だったのか」
なんてセリフを吹き出しかなんか付けて言わせるつもり? とか。

まさかそんなステッカー作るつもり? まさかね(汗)

で、現物を見てみたら・・・。
上半身裸でもなく、下は黒いスパッツみたいなのも履いてはいなかったけど。

でも ――――――――


悪い予感的中!ヾ(*・ω・)ノ゜+.゜★ィェィ☆゜+.゜ヾ(・ω・*)ノ


まず、なんだ? あのトミは(笑) 頭からヘビが出てるけど、メデューサか?
目もピエロみたいだし。
隣りにいる石くんは、あの姿を見たから石になってしまったのか?

ハッ! 「石森」だから石なのか?(ニヤニヤ.....)

宮本さんも頭にカラスをくっつけられちゃってるし。

極めつけは成ちゃん。
成ちゃんがスフィンクスになってる!!


なんだ? あのステッカーは!!!(爆) ウケ狙いかよwwwww


まーねー、でも一生懸命考えて作ったものだから、あまり笑うのも失礼かな? とも思うけど。

え? 逆にメンバーに対して失礼だろ! って?

ハハハ......どーなんでしょーねー。( ̄ー ̄;)

あくまで特典ですから。
オマケですから。
笑って済ませてしまいましょ。

肝心なのは中身ですから。


あとね、ピストンさんのRemixも観たよ、聴いたよ。
あれも大笑いしたなぁ。

つか、笑っちゃ失礼かなぁ? イヤでも、笑うよ、あれは。

ここまでエレカシをイジくりまわしちゃうの? って思って。


************************************************************************

あのステッカーとRemixを観たあとで、SIONのアルバムジャケを見たら、なんだかすごくホッとした気持ちになった(笑)
なんかもう、普通でいいよ、普通で。
あんまりイジくりまわさなくていいから。


面白かったけどさ。
2010.10.20 Top↑
えっと、私のところにも今日、シングル、そしてアルバムが届きました。
SION.jpg 『燦燦と』
(オリジナル盤)10曲と、5人のアーティストがSIONの唄をカヴァーした(お祝い盤)5曲が入った、デビュー25周年記念オリジナルアルバム。

今日アルバムが届いて初めて知ったんだけど、1曲目の「石塊のプライド」って曲は、作詞はSIONだけど、作曲はフクヤマンなんだね。
先日SIONがフクヤマンのラジオ番組にゲスト出演したっていうのもそれなのかな?

しかも、期間限定で各地のタワーレコード店(各地・・・と言っても一部の地域ね.....)でSIONのパネル写真展を今日から開催してるってハナシじゃないの。
これは見に行かなきゃだな(^^)

肝心の中身は、時間がある時にじっくり聴かせてもらいやす。
2010.10.20 Top↑
でもさ、今のHARRYは、こういうのだよ。

HARRY NEW ALBUM 『無常人 - MUJOUDO -』 (11月1日 発売)
↑(1曲だけ、試聴できるそうです)

去年のアルバム聴いてても思うんだけどさ、HARRY、悟りでも開いたのか?
いや、茶化して言ってるんじゃなくてさ。
HARRYの今の心情がよく分からないのよ。

12月11日当日、SIONとHARRYは、それぞれどんな気持ちでいるんだろう?
2010.10.19 Top↑
7401.jpg
ウチの近くに咲いていた秋明菊。
せっかくきれいな花なのに、なんだか残念なことに。。。
なので、写真は小さめにアップ



来月発売の、エレカシのアルバムのタイトル
「悪魔のささやき~心に火を灯す旅~」
だそうです。

「彼女は買い物の帰り道」も初めてこのタイトルを見た時は、あまりにも、あまりにもらしからぬタイトルなんで後ろにひっくり返っちゃったけどさ(^▽^*)

「悪魔のささやき」
lee-chanさんではありませんが(笑)
私も爆笑しちゃったよ、んとにもう。゜( ゜^∀^゜)゜。アーッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \

でも、このタイトルもありかな? と、時間が経つにつれ、そう思うようにもなってきた。
慣れって恐ろしいですね。

でも、なんで悪魔?
「悪魔メフィスト」っていう曲が入ってるから?
「昇れる太陽」の時のように、そんなに深い意味はないのかもしれない。

いずれにせよ、どんな音を聴かせてくれるのか。
今から楽しみにお待ちしております。
2010.10.19 Top↑
今日はじめて知った。
EKDBさん、いつの間に「CoccoDB」というものを立ち上げたんだろ?
「CoccoDB」略して「CCDB」。

「EKDB」の中の、ある部分をクリックしたら突如現れたので、ちょっとびっくり。
「CCDB」の中の掲示板やらライブレポートやらクリックしてみたが、まだなんのコメントも入っていない。
「ファンプロフィール」欄も覗いてみたら1人だけだった。
その1人は、もちろん管理者のEKDBさん、その人。

もしかして、まだ始めたばっかりなのかな?
因みに「CCDB」の中の、ある部分をクリックしたら「EKDB」が現れた。


先週、フクヤマン(福山雅治)のラジオにSIONがゲストで出たらしい。
事前に知ってはいたが、当日うっかり忘れてて聴き逃してしまった。

2人でどんな話したんだろ?


明日、20日(水)に、SIONはアルバム、エレカシはシングルが発売される。
もう予約は済ませたから届くのを待つのみ。
SIONは、今度はどんな音を聴かせてくれるのか?
「お祝い盤」の方でSIONの曲を唄ってくれた、BRAHMAN、藤井ガチャ彦氏、ken yokoyama、花田裕之さん、SAICO嬢たちは、どんな音を聴かせてくれるのか?

そして.....
エレカシのシングルも早く届かないかな?
2個目のパスワードが届かないと、ピストンさんRemixのレア音源、レア映像が観れないじゃないか(←そっちかよっ!)

そういえば、12月に長野で行われるLIVEでは、HARRYとSIONが出るそうな。
この話ねぇ、初めて聴いた時はすごく興奮したなぁ。
だって、HARRYとSIONだよ? それぞれ演る時間は違うだろうけど、あの二人が同じステージに立つんだよ?
長野までLIVEを観に行こうかと本気で思ったもん。
でも、やっぱり行けない.....。
無理をしてなんとかなるのは「時間」だけで、その他諸々モロモロモロモロを考えると、やっぱり行けませんやε= (´▽`;)

またまた懲りずに今日も作ったホットケーキを食べながら。。。。
7399.jpg
2010.10.19 Top↑
『人生の算数』

 生きていれば、自然と年はふえていく
 生きてゆくと、物事を一歩引いて見るようになる
 生きていると、割り切れないことが出てくる
 生きるのなら、何かに人生をかけなければいけなかったりする


我ながら、上手いこと言ったもんだなぁ(?)・・・なんてナ( ̄▽ ̄;)


ステージ上で、Marshall(マーシャル)のギターアンプがライトに照らし出される。
そのベースラインはとてもメロディアスだと感じ、
音のウネリが小さな箱の中で暴れ、
何気ないその人の仕草にドキッとしながら
ベージュの座イスから後ろを振り向けば、住み慣れた部屋がそこにあり、
あぁ、もうこんな時間かと、時計にせかされてノロノロと立ち上がる。
朝が来れば、また起きて、ご飯を食べ、家の雑用をし、仕事に出掛け、会う人たちとなんてことない話をしながら、またはぶつかりあいながら、また家に戻ってご飯を食べ、明日の身支度をして風呂に入って布団にもぐって寝てしまう。

他人の言動に、喜んだり、怒ったり、落ち込んだりしながら、
電気と、蛇口と、火と、空気と、ちょっとした緑と、虫と、動物と、車の騒音と、
暖かい日差しの中、時折吹いてくる一陣の風と、
湿った夜風と共にやってくる静寂に囲まれながら、
ダサイやつらのことを想って心の中でヘドを吐き、
尊い人たちのことを想って自分自身に落胆し、

一体、自分は今まで何に怯え、何に笑い、何に驚喜し、何にぎりぎりの切なさを感じてきたのか。
これから何に狂気をし、何に癇癪を起こし、何に悲しみ、何に無情の喜びを感じ、何に茫洋とするのか。

知恵が足りず、知識が足りず、世間もそんなに知らない。この身の弱さ。
もっともっと本を読まなきゃならない。
もっともっと音楽を聴かなきゃならない。
もっと。もっとだ。

いつか、誰かが言ってた。
いつの日か自分が歳をとったらこんなことをしたいっていう希望を言ってた。

でもなぁ。人はいつ死ぬか分からんのだよ。
もしかして、明日にだって。いや、1秒先だって分からんのだよ。
今のこの生活もいつまで続くか分からんのだよ。
別にそのことを恐れちゃいない。
けど、なんとも儚いな、とは思う。



住み慣れた部屋から、また小さな箱の中に目を移すと、
その中ではゴールドの塗装が一部変色した GIBSON Les Paul Deluxe(ギブソンレスポールデラックス)が恍惚の音を響かせていた。
私にとっては別世界にいるその人たちも、その人たちにとってはその世界が日常。

結局、誰しも自分の日常からは逃れられないのだ、ということに気付き、ほんの少しの落胆と共に、自分もあの人たちも、また同じという事実に安堵する。

日常、日常、日常。
生活、生活、生活。

あの人も、あの人も、あの人も。
己の日常の中で、もがいて、楽をして、嬉しさや愛しさを見付けていくんだろうなぁ、これからも。

会いたい人、会ってみたい人はたくさんいるのに。
生身のままで会うのは到底難しい。


 生きていれば、自然と年はふえていく
 生きてゆくと、物事を一歩引いて見るようになる
 生きていると、割り切れないことが出てくる
 生きるのなら、何かに人生をかけなければいけなかったりする


「人生の算数」
かつて自分が発したこの言葉たちに、これから先も心を揺り動かされたり、ハナでせせら笑ったりする日が来るのかな?



「『人生の算数』についての具体論(2010年版)」は、こんなところでしょうか?
取り敢えず( ̄ー ̄)
2010.10.17 Top↑
「ああ流浪の民よ」の動画、前にもここに貼ってたんだった。忘れてた。
このBLOGに貼った画像や写真は、一度使ったら二度とここには貼らない!
と、自分で決めていたのに。
なんかもう最近は、
「いいや、メンドクセー! もっかい載せてマエッ!\(゚∀゚*)」
ってな感じでポン! と、貼ってしまうこと多し。

もぉどうにでもなれ、という感ず(○´∀`○)ァハハ。。。。。



なんかね、昨日から無性にホットケーキが食べたくて仕方がなかったので、ホットケーキミックス買ってきたよ。

今日は朝っぱらから歯医者に行くため日曜日なのに早起きし、まだグゥスカ寝ていたダンナは本日休日出勤のため、私が家に帰る頃にはもう車ごといなくなっていた。

今日は一日中、家にワタシ一人。(とは言っても、平日も朝から晩までほとんど一人だが・・・・・)

なんの予定もなし。

そう、こんな日は...................





ホットケーキを作ってみよぉぉ!(>ω<)b


今までだって、何度も作ったことはあるけどね。
でも、いかに丸く、そして厚みのある、ふっくらとしたホットケーキを焼くか。。。
念のために、『ホットケーキの焼き方』を検索してみた。


『美味しいホットケーキの焼き方』


あの、フライパンに生地を流し込んでひっくり返したら、やっぱりフライ返しでペチペチしたくなるよね?
 この動画みたいに。
あ! あと、焼く前に熱したフライパンをぬれ布巾で一度ジュッ! と冷ますやつ。
私は約1秒ぐらいだよ。それからひっくり返してからはフタをして、ちょっと蒸し焼きっぽくしたよ。


んで・・・・・・・・


できました
7380.JPG どうよ? どうよ?

ニコ動の人は、最後に余った生地を3枚のミニホットケーキにして作ってたけど、私は二枚目を焼く時に、生地を全部流し込んじまった(^▽^;)>
最初は私もマネしてミニホットケーキ作ろうかと思ったけど、ものすごくお腹すいてたし、早く食べたかったし・・・で、メンドクサクなってきちゃってwwwwwwww

写真の、下に敷いてあるでっかい方が、二枚目に焼いたやつね。

バターとメイプルシロップをたっぷりかけて・・・・・・・・

7386.JPG 切ると、こんな感じ。7388.JPG

では、紅茶と一緒にいただきます。

7391.jpg 半分、食ったゼ。 モグ( ・ω・c)モグ


7392.jpg 8分の5? ぐらい食ったゼ。
さすがにここまで来るとお腹が苦しくなってきた。


7393.jpg リタイアwwwwwwwww


ホットケーキ、食べたくなったでしょ? でしょ?

あなたも、いかーすか?((((((ノ´・ω・`)ノ ア、ドッコイ!
2010.10.17 Top↑
「ソフトバンクのCMでさ、浜崎あゆみの後ろでギター弾いてるヒゲのおじさん、誰だっけ?(・д・*)」

と、ある日ダンナに聞いたら、

「あの流しの役で出てるやつか? あれ、『ぴんから兄弟』の人だろ?( ̄- ̄)」

「あぁ! そうだ、そうだ! ぴんから兄弟の人だっ!(゚∀゚*)」

ソフトバンクのCMにて、お父さん犬が呑んでいるお店に、浜崎あゆみと二人で登場し、
お父さんに「おまえはいい!」と一喝されてしまう、あのギターのおじさん。

顔は知ってるんだけど、誰だっけ?

と、ずーっと思い出せなかった。

やっとスッキリした( ̄▽ ̄;)ハハハ.......



ダンナは昨日も一昨日も、いま仕事で取り組んでいるデザイン画のコピーを家に持ち帰り、そこにシャーペンでなにやら絵を描き込んでいる。
時々、息抜きに『東京都北区赤羽』を読んでニヤニヤ。
んでまた絵を描いて、デザイン関係の資料をパラリ。

どんなデザイン画なのかはここには書けないが、なんとも奇妙としか言いようがないような、画。

何かのポスターなのか?
それともチラシ?
それとも何かのパンフレットの中の1頁?

一体、なんの仕事なんだろか?



久しぶりに、『扉の向こう』を少しだけ観た。
あの画像は長いので、You Tubeにアップされてるのは7つに区切られてる。
そのうちの一番最後→『扉の向こう 7/7』を、観た。

たまに、観るんだ。『扉の向こう』
DVDも持ってはいるんだけど。



あんまりあれこれ考えすぎると、かえって頭がバカになってしまう。
 「分別過ぐれば愚に返る」
って、やつだな。
・・・・・・・・やばい・・・・気を付けよう。



エレファントカシマシ/「ああ流浪の民よ」



なんか、エレカシばっかりかけてすいません。

・・・・・・・・・・別に、謝ることもないか・・・。
2010.10.14 Top↑
歳をとることは怖くないが、気力が衰えてしまうのは、怖い。
気力が衰えてしまってはどうしようもなくなる。
一緒に体力も奪ってしまうこともあるから、怖い。
あと、むやみやたらと妥協してしまうのも怖い。
妥協することが大事な時もあるけど、でもなんでもかんでもっつうのは、チョット・・・。

「怖い、怖い」とここに書きつつも、実際はノホホ~ンと毎日を過ごしているへび女ことさかごろうです。
皆様、いかがお過ごしでしょうか(チッ、チッ、チッ...)

今朝方の蔦谷さんのBLOGに書かれていた、J-WAVEでのマーティ・フリードマンさんという方の音楽に対する姿勢。

『どんな音楽に対しても偏見がなく、全てフラットに聞いていること。
 ジャンルやアーティストに対する偏った考えは全くなくて、全てを並列に見ている。』

   by 蔦谷さんのBLOGより ~

それに対して、蔦谷さんは『素晴らしい』と言っていた。

うん、確かに素晴らしい。
なかなかできません、そんなこと。

わたし、偏りまくり。
偏りまくっているわたしは、飽きもせずに、またエレカシをここにかける。


エレファントカシマシ/「化ケモノ青年」



 おい、今夜は酒もってこい ~
 いいから 酒もってこい
 こいよ~ もってこいよ~
 いいから 酒もってこい ~


ウチのダンナは、最近スピリッツ(ウォッカ)ばかり呑んでいる。
いや、「ばかり」じゃないな。
ビールとスピリッツを呑んでいる。
私もたまに頂くが、スピリッツって強いお酒というイメージがあったけど、そんなでもないね、あれ。
たいして強くないと思う。
それとも、呑み口がいいからグイグイいって、あとからクラッとくるってやつかな?
いずれにしろあんまり美味しいとは思えないので、私は最初の1、2杯ぐらいでやめてしまうが。

そういえば、むかし太っていた頃の石くんもスピリッツ呑んでたって言ってたよね? 宮本さんの話だと。
ウチのダンナもそうだけど、石くんも、もともとそんなにお酒が強い方ではないんじゃないかな?
だから、呑みやすくてクセのないスピリッツばかり呑むようになったんじゃないのかしら? あの頃の石くんは・・・。

と、ウォッカの瓶を見ながら、ふとそんなことを思った。

そう言えばさ、EKDBさんのとこの「You Tube」。
あれ、アップされた動画のタイトルとか説明のところに『エレファントカシマシ』というワードが入っていれば自動的にEKDBさんとこにアップされるという仕組みになっているみたいだね。

私もなにげなく動画・・・じゃなくて音源だけのものをアップしてたらいつの間にかEKDBさんとこにも自動的に上がってたりしてたよ。
私の場合、説明は何も入れないけど、タイトルを
「エレファントカシマシ/○○○○○」
といれるから。
タイトルのところに「エレカシ」のワードが入っているからなんだね。

最初のうちはアップされるのを面白がって傍観してたけど、なんか最近はね、いちいちアップされるのがウザくなってきたので曲名だけ付けることにした。

いや、なにもEKDBさんが悪いわけでは決してありません。
ただ私の気持ち的な問題なだけで。



とまぁ、とりとめのない日記になってしまった。

一体なにが言いたかったんだ?(汗)
2010.10.12 Top↑
今日、網タイツの上にピッチリしたジーンズを履いたら、足にくっきりと網の跡が残ってしまった。
その跡を自分で見て
「あ! へび女みたい.......」
って、思った。

そのうち
「チッ、チッ、チッ」
なんて言うようになったらどうしようwwwww



今朝の会話。。。。。

ダンナ:「こないだ○○書店に行ったら、オマエが言ってた赤羽のマンガ、あったぞ
( ̄- ̄)」
さかごろう:「え!(;゚ロ゚) それってもしかして『東京都北区赤羽』のこと?!」
ダンナ:「あぁ! それそれ。どうせこれから○○書店の近くまで行くんだったら、ついでに見てみれば?」

ということで、街の中心部まで買い物に行ったついでに、その○○書店(因みに、古書店じゃなくて新書専門の方ね♪)で。

見つけました。

そして、

買いました。 ┐(・ω・)┌


これを・・・・・
7374.jpg
清野とおる 著/「東京都北区赤羽」

このマンガ、最初は携帯マンガだったので本屋に単行本が出回るということはなかったらしいんだけど、なにやら新聞・雑誌等で高い評価を得たらしく、ついに単行本化決定! と、相成った・・・らしい。

らしい、らしい、と連発してしまったが。

でも正直、今日ダンナに言われるまでこの本の存在を忘れていたのだが。
昨日の今頃、まさか自分がこの本を手に取ってニヤニヤしているとは、一体だれが想像したことだろう。
いやぁ~世の中、何が起こるか分からないものだ。
まさしく、一寸先は闇だな。(エ? なにか意味が違う?( ̄- ̄;))

それにしても高い評価って、一体どんな評価だったんだろ?(汗)
それが気になるが・・・。

で、内容は、赤羽に実際住んでいる著者が、赤羽の町の摩訶不思議、独特の空気、そしてそこに住んでいる、なんじゃこりゃ! な人たちを赤裸々に描いている、といったもの。

読み進んでいくと、見たことのある、または行ったことのあるあんな景色やこんな景色がそこらかしこに登場する。

「あー! この坂道、そして周りのこの建物! もしかしてここは、あの場所?」

なんて、赤羽の町の風景をチョビッとだけ知ってしまっている私にとって、その面白さが更に、更に倍増される。

だってアータ、表紙の写真からして、

7376.JPG 旧岩淵水門でしょぉ?

7379.jpg 表紙を取れば、そこには赤羽台団地

7377.JPG あ! これは駅の東口を出ると目の前に見える、謎の自由の女神像!! (あまり興奮したため、写真がブレてる.....)

7375.jpg あー!! これ! 今年の野音の時、えぼりさんと見たガイコツおばちゃんじゃぁないかっ!
(→これね(^m^)「2010年7月28日の日記」)
でも、こないだの時とヅラが違う・・・ような気がするが。
まぁ、そんなこたぁどうでもいい。
とにかく、これなのよ! 私がこの夏、赤羽で見たガイコツヅラおばちゃんって!

『赤羽霊園』って名前なのか。お店の名前。

よくよく見てみれば、看板に何か書いてある。
なになに?・・・
 『天空より生首落下、君は耐えられるか』
 『座敷牢完備・妖怪料理有り!』


行ってみたい..........。

どなたか、私と一緒にこの居酒屋に行ってもいいという、勇気ある方はいませんか?
( ̄ー ̄)b

たった一人では行きたくないのでwwwwwwwwwww


話がズレてしまったが。


とにかく、このマンガ、ものすごーく笑える。
なにもこれギャグマンガというわけではなく、さっきも言ったけど、この町に在住の著者が赤羽の町と、そこに住む人々の様子を赤裸々に(ホント、ある意味赤裸々すぎる......)描いてるだけなんだけど、一話々々、もぉ、いちいち、ウププッ!(●´艸`)ってな感じで笑えるんだな。

これを読むと赤羽の町が好きになること請け合いです。

マジで、いつかこの町に住みたい。
2010.10.10 Top↑
そう、今年もこの日がやってきた。
いくら忙しくたって、この日は絶対忘れない。

そうなのだ。
CHABOさんのだけは絶対に忘れるなんてことないのだ。

何よりもかによりも、60年なのだ。
この人が生まれてから十干十二支が巡り、1950年の干支に戻ったのだ。
還(かえ)ってきた暦(こよみ)で、還暦なのだ。
60歳、おめでとう! なのだ。

 [ミ☆ HAPPY BIRTHDAY CHABO!!☆彡]⌒ヾ(・ω-。)~♪。・:*:・゚




≪余談。。。。。。≫

7370.jpg
↑これ、CHABOさんのツアーグッズであるトレーナー。
もう十数年前に買ったやつ。

色はサーモンピンク。
全体的に太い。袖も身ごろも。
そして、わざとハサミで切って広くしたような襟ぐり(笑)
これを着ると大きすぎてダボッ! ってなる。

7368.jpg

これはね、長年愛用してるよ。
家で着てるよ、普通に。
今はね、お風呂から上がって布団に入るまでの間、パジャマの上に着てる。



CHABOさんは太陽が似合うんだよねヽ(・ω・〃)
7369.jpg
2010.10.09 Top↑
「森崎書店の日々」
っていう映画、観てみたいな。

でも、こっちの方じゃ上映してないんだね (なーんだ.........)


「森崎書店の日々」公式サイト


2週間ほど前の日曜日。
ダンナが仕事の資料として、図書館からデザイン関係の本を数冊借りてきた。
なにやら一つ大きな仕事が入ってきたようで、家に帰ってきてからも資料をパラパラめくり、自分が必要と思うページに付箋を貼ったり、メモ用紙になにやら書いたりしている。

でも、ずっとそればかりやっているというわけではなく、一通り終えるとまた、気分転換のためいつものようにネットを始めるのである。

ここんとこ家に帰ってくるといつもそんな感じだから、
私が
「どんな仕事が入ってきたの?」
と、ダンナに聞いてみるのだが、なぜかいつもイヤがって絶対に答えようとしない。

なので、
「なんでそんなに聞かれるのがイヤなの?」
と、理由を聞いても、それも答えない。

だったら、私の目に付く所でデザイン本を開いたり、何やら書いたりするなよ!

とも、思うのだが。。。。。。。。



ここ一、二年ほど、ダンナは東京へ行っていない。
古書店巡りが好きなダンナだから、もしウチらが東京に住んでいたなら、ダンナは毎週のように神保町へ通うことだろう。


来年は、二人で東京に行けるといいな。
2010.10.08 Top↑
Tom Waits/「Waltzing Matilda」


この曲をアップしようとした時、
過去にこの曲をアップしたことあったっけ?
と、思って探してみたら。

画像はアップしてないけど、
歌詞はアップしてた。

2007年5月18日の日記


今度の新月は、8日の金曜日。

それにしても、この日のすずらんの写真はきれいに撮れてたな ( ̄ヘ ̄)エッヘン!
2010.10.06 Top↑
遊佐未森/「僕の森」



特にこの人の唄が好きなわけではなかったけど、その唄声にはいつも聴き惚れていた。

この曲を知ったのは、当時REBECCA(レベッカ)を脱退したばかりのギターの古賀森男さんが、遊佐未森さんと一緒に曲を作って、更に一緒に唄う。
そんなシングルを出す、という話を知り、その曲を聴いてみたくなったから。
当時、古賀さんの作る曲が好きだったので。


で、クリスマス近くに発売されたその曲『Silent Bells』には曲が3曲入っていて、その中の2曲目に「僕の森」があった。

10代後半の、冬も押し迫った晩秋の寒い夜。
ストーブも付けずに、CDデッキにヘッドフォンを差し込んで、だんだん冷たくなる手の感覚も忘れて、この曲に聴き入ってたなぁ。。。
2010.10.04 Top↑
7364.jpg
赤く色付く前の 南天の実
今は緑色の葉っぱと同化して目立たないけど
空気が冷たくなってきたら
わざと鳥に見つけてもらって その実を食べてもらうために 赤く色付くのね

しかしこの写真、よく見ると蜘蛛の糸が付いてる。
・・・・・・・・・・・・蜘蛛の糸?
でも、カンダタはどこにもいないゾ。


桜ん坊さんのとこに書いてあったお酒の話を読んで

「あー・・・そうだ。給料入ったら、焼酎買わなきゃ。」

って、思った。

間もなくダンナの給料日なのだ。
大抵の職場は25日が給料日だと思うが、ウチのダンナの職場は違うのだ。


こゆことをここに書いていいのかどうか分からんが(・・;)/  ま、いっか............

そして、老成したイヴ・モンタン 氏の唄う『枯葉』は素晴らしく、
でもその半刻後には別の出来事に心を奪われている。
先月中ごろから読み始めた「髪結い伊三次」シリーズは、既に3冊目も中頃を過ぎた辺り。
最近じゃパソコンに向かっている以外は、ご飯を食べているか、本を読んでいるか、仕事をしているか、本を読んでいるか、家のことをしているか、本を読んでいるか............

という、具合。


でも、今日のような平日の午後、自宅にてたった一人でのんびり過ごせるということも。

こんな「たま」の出来事は、結構贅沢なことだ。

7340.jpg

そして、ここからがやっと本題。
2010.10.04 Top↑
7366.jpg

昨日、かな~り久しぶりに相棒から電話があったんだ。
相棒・・・・・3、4年ほど前に同じ職場で一緒に働いていた人。
その当時、私もそいつも派遣社員として働いてたんだ。
だから、職場に入社するのも一緒だし、退社するのも一緒だった。
そいつとは、趣味も、服装も、男の好みも、何もかも違うけど、でも何故か妙にウマがあって、お互い別々になった後も連絡はとっていたんだ。

連絡はとっていた ――――― とは言ってもさ、お互いにメールも電話もほとんどしないんだよ。
実に一年以上ぶり。生きてるのか死んでるのかも分からん。
昨日電話をくれたのも、たまたま向こうが用事があってかけてよこしてさ、用件を言ってすぐ切るつもりでいたとは思うんだけど。
なにしろ久しぶりなもんだからそのまま一時間以上も話し込んじゃったよ。

で、どんな話をしたかと言うと。。。。。。。。。。


さかごろう:「おぉ~♪ 久しぶり!」
相棒:「お久し~! 元気?」
さかごろう:「うん、なんとか元気。そっちは?」
相棒:「んー・・・取り敢えず生きてる(^^ゞ」
さかごろう:「ハハハ......大丈夫かよ(汗)」

  ~ 中省略 ~

相棒:「そういえばさ、この前、福山雅治のラジオを聞いてたら、さかごろうの好きなSIONの話をしてたよ(^O~)」
さかごろう:「あ~SIONね。うん、福山雅治は昔っからSIONのファンなんだよ。でもよくSIONの名前を覚えてたねぇ。」
相棒:「だーって、変わった名前だもん(^▽^*)」

・・・・・・・・・変わった( ̄▽ ̄;)名前ね・・・・・・・


相棒:「お父さんの具合、どう? まだ入院してるの?」
さかごろう:「あー・・・・父親ね、亡くなったんだ」
相棒:「あ・・・・・・そうなんだ・・・・・・。ご愁傷様.............」
さかごろう:「う・・・うん。」
    (えーっと、お悔やみの言葉をかけられた時は、なんて返せばいいんだっけか?( ̄ー ̄;))
さかごろう:「え、えーと、どういたしまして(アレ?汗)」
相棒:「ギャハハハハハ! 何?その『どういたしまして』って! やっぱりそういうところがさかごろうだよね!(^▽^)!」

・・・・・・やっぱりってなんだ?やっぱりって( ̄▽ ̄;)そういうところってなんだ?・・・・・・・


さかごろう:「あ、最近はね、エレカシも好きなんだよ。知ってる? エレファントカシマシって。」
相棒:「あー! 知ってるよ! あの、ヴォーカルの人、名前なんていうんだっけ?」
さかごろう:「ん? 宮本さん?」
相棒:「そう! その人! すぐ頭をグシャグシャって掻きむしったりして、喋ることも面白いよね!(*~▽^*)」

・・・・・あー...オマエもそういうところを見ちゃうのか( ̄▽ ̄;)でも、しょうがないのかなぁwwwww


相棒:「今度、時間があったらお茶したいね!」
さかごろう:「そだねー。漬けモンでも食べながら( ̄m ̄) タクワンボリボリかじりながら」
相棒:「あ、それ、いいねー。二人で渋茶すすりながら、漬け物。いいねー、それ」

・・・・・漬けモンっていうのは冗談で言ったんだってば、本気にすんなよ、オイ!・・・でも、それもいいかも?



因みに、コイツはいま独身。そしてバツイチ。子供はいない。
彼氏もまだいないらしい。(あ、♀です、念のため。)
齢はアラフォーだが、顔はかなり美人なのよ、スタイルもいいし。
見かけはいい女なのに、中身が変。
そして男運も悪い。

だって好きな男性のタイプが、フカワ リョウだぜ!
そう、あのフカワ リョウ。

もひとつ因みに・・・・・
むかし付き合っていた人が、実はゲイだったという泣きの経験もしています。



え? なに?
いくら親しい間柄だからと言って、そんなに秘密をバラしちゃっていいのかって?

うん、いいんだよ。
どうせこのBLOG見てないから。

いや、相棒には教えてるんだよ。このBLOGのことは。
アドレスも教えてるんだけど。
でも、一度も見たことがないらしい。


と、まぁ、こういうヤツです。
とにかくちょっと変わってんのよね( ̄ー ̄)

ま、でも昨日はコイツと話したお陰で気分がスッキリした。
相棒よ、サンキュー♪


コイツのことをもっと知りたい! という酔狂な方は、右横の「ブログ内検索」で『相棒』と入力すると、過去に書いたコイツの話がいくつか出てきます。
2010.10.02 Top↑
今月の末ごろから上映されるという映画
『雷桜』

今日、職場のラジオからこれの宣伝が流れてて、初めて知った。

 アレ? このタイトル、もしかして宇江佐真理の小説じゃないの?

と、思って調べてみたら、やっぱりそうだった。

これ、原作読んだよ。今年の春ごろ。
ふーん、これ映画化するのか。

まぁ・・・たぶん観に行くことは、ない、かも?(汗)
蒼井 優ちゃんは好きだけどさ

『雷桜』公式サイト
2010.10.02 Top↑
仙台にあるHMVも渋谷店同様、間もなく閉店するらしい。

やっぱ、CDの売り上げが減ってるのかねぇ?
いまの若者は、例えばCDのBOX SETなんていうものに魅力を感じないんだろうか?

私なんて、好きなアーティストのBOX SETなんて言ったら、もう家宝に匹敵するぐらい重宝がってたけどなぁ。

ZEPP SENDAIも無くなるらしい・・・という話も聞くし。


仙台の音楽事情、これからどうなるの?
毎年9月に行われる『定禅寺 JAZZ FESTIVAL』だけじゃ、音楽は成り立たないよ。
2010.10.02 Top↑