7631.jpg モコモコモコ........


寝る時、いつもこういう靴下を履いてます。
7630.jpg

でも、朝起きると何故か右足だけ脱げてます。



右の足だけ靴下を脱ぎたくなる、睡眠中のさかごろう脳内回路。


永遠の謎です......................。 モコモコモコ.........
スポンサーサイト
2011.01.31 Top↑
相変わらず、本と言えば「宇江佐真理 著」の時代ものばかり読んでます。

それと、時々は音楽雑誌もね(笑)


いま読んでいるのは、髪結い伊三次捕物余話。
連作読み切りの伊三次シリーズ。
全部で7冊中の5冊目 『黒く塗れ』
7633.jpg

著者がストーンズを意識したのかどうかは分かりませんが。

ま、ぶっちゃけさ、このシリーズを読み始めたのは去年の10月頃からなんだけど、まーだ読み終わんないのよね。

だってねぇ、早い話がゆっくり読む時間がないのよ。

時間は作ろうと思えば、あるにはある。睡眠時間を削れば。
そして、一日のうち細切れに短い時間もあるにはある。

細切れの時間はあるんだけど、長い時間というやつがなかなかとれない。
多くても5、6ページ読んだところで終わりにしておかないと、その後に自分がやることが詰まってきちゃって、結局自分が大変なことになるから。


・・・・・・・・・・・と、ムダ話はこれぐらいにして。

この『黒く塗れ』の中でさ、なるほどなぁ・・・と思った一文が出てきたので、それを皆さんに無理矢理紹介します。


それは、人間がこの世に生きている間に受ける「苦しみ」についての話なんだけどさ。


以下、本文より。

この世には様々な苦がある。
生(しょう)・老(ろう)・病(びょう)・死(し)
も苦であるが、その他に

愛別離苦(あいべつりく)
怨憎会苦(おんぞうえく)
求不得苦(ぐふとくく)
五蘊盛苦(ごうんじょうく)

の四苦が人にとっては耐えがたい苦であるという。




愛する人と別れなければならない苦しみ
恨みや憎しみに悩まされる苦しみ
求めても手に入らない苦しみ
人間の身体が持っている(または造られている)五つの欲望が盛んに燃える苦しみ


誰しも一度は味わうものばっかりだ。

先に書いた、生・老・病・死 と合わせれば、まさしく四苦八苦ってやつだな。

ウーン.........なるほどなぁ...........。
2011.01.31 Top↑
7622.JPG

あいっかわらず寒い日が続いてますねー。

先週末は寒波が襲ってきて、日本海側は大雪に見舞われた地域が多かったみたい。
雪かき、大変だっただろうなぁ。

私ね、寒いのキライだし、雪による被害ももちろんイヤだけど。

雪自体はキライじゃないのよ。

ふとした拍子に見る雪景色はきれいだな、って思うし。

寒いのはヤだけど、例えば朝にゴミを出しに行く時などに感じる、キュッとした冬の朝の空気とかさ。

冷たいんだけど気持ちいいな。。。なんてさ、ここ数年は思えるようになってきた。


でもそれもほんの一時ね。

ここで生活していかなきゃならんことを思えば、やっぱり暖かい地方の方がいいな。


冬の朝にさ、「あ・・・今日はすごく冷えるな・・・」と、感じることは、よっつある。

ひとつ
トイレの水槽タンクを流した時、ゴゴゴゴゴ......って音がする時。
温度が下がってさ、水槽タンク内に薄く氷でも張ってるんだろね。
水を流すとその氷が壊れる。
ゴゴゴゴゴ........っていうのは、その音。

ふたつ
お風呂の窓枠の水滴が凍りついている。そのため、窓が開かない。
お風呂の床の水滴も凍りついている。

みっつ
トイレに置いてある消臭剤「無香空間」が、凍っている。
無香空間て、中に透明のゼリーみたいな小さい玉がいくつも入ってるでしょ?
あれが全部固まって凍っている(笑)

よっつ
車のドアが凍りついてなかなか開かない。
カギはちゃんと開いてるのにドアが開かない。
これ、毎回焦んのよ。


でもさ、あしたから少し暖かくなるらしいじゃん。
このまま暖かくなってほしいとは思うけど、それはまだまだムリだよね。

だって、まだ二月が残ってるもん。

ん~~~・・・・早くどんぶく脱いだ生活がしたい。

7625.JPG
2011.01.31 Top↑
SION/「2月というだけの夜」



SIONは、時々思い出したように聴くぐらいが私にはちょうどいい。


 「そんなのファンじゃない」

という人もいるかもしれないが

それでも私は

SIONも

SIONの唄も

好きなんだ



今日はなんだかSIONを聴きたい気分。
酒も呑みたい気分。
でも実際は呑まない、というかゆっくり呑んでる時間がないから、いつも通りお風呂に入って寝るだけだ。

あ~ぁ! 明日も仕事だぁ。
2011.01.28 Top↑
椎名林檎/「ありあまる富」


↓下の記事でこんなことを書いてはいますが

   わたしはげんきです(ニコッ)

2011.01.25 Top↑
他の人たちは次々と新しい仕事を教えられ、それを懸命に覚え、自分たちがやっている仕事の仕組みをより理解していっている。
それなのに、私は今までと変わらず同じ仕事。

私は今までと同じでいいの?
同じ仕事をやっているだけで、新しい仕事を覚えなくてもいいの?

そりゃぁ、今やっている仕事は好きだし、責任を持ってやらせて頂いてるし。
そしてそれが面白くもあるし。

だけど、あれだけ周りの人みんながみんな、新たな仕事に取り組んでいるのを間近で見ていると、とても不安になってくる。

少し前、ある社員さんがこないだ辞めた上司に
「パートさんたちにも新たに○○のことを教えた方がいいのでは?
そうすれば仕事の中身もよりよく理解できるだろうし、自分たちが忙しい時に手伝ってもらえるし」
と、相談したところ、その上司
「パートさんには、そういった責任ある仕事を任せない方がいい・・・」
と言われ、その社員さんの意見は却下。

でもさぁ、私以外のパートさん、新しい仕事教えてもらってるよ?
それに、その上司はこないだ辞めたんだよ?
もうその意見は亡き物ですか?
私、このままでいいんですか?

私より後から入った人たちが、私がやっている仕事以外の業務もどんどん覚えていく。

一人、置いてきぼりな気分。

前にも似たようなことがあって、
「よければ私にも○○の仕事を教えて頂きたいのですが・・・」
と、前の上司に直談判したことがあって、それは教えてはもらったのだが。

でも仕事は、その業務は、ひとつのことだけではない。
業務には一連の流れがあって、私がやっているのはその中のほんの一部。
まだまだやることはたくさんある。

ほかの人はそれを覚えていっているのに、私、今までの仕事をやってりゃいいんですか?
『さかごろうさんは、これまでやってきたこのお仕事が担当だから』
と、いっそのことはっきり言ってもらえれば、納得してはりきって取り組めるのに。

どうも社員さんたちの方も業務をどんなふうに進めていくか試行錯誤している最中で、その中でそんなことを言われるはずもなく。

いつも見えないプレッシャーが圧し掛かる。

自分がどうすべきなのかはっきりと見えないまま仕事をするのは、ちと苦しい。

またこちらからアクションを起こすしかないのかな?
なんか、疲れるよ。
2011.01.25 Top↑
毎年毎年、年の暮れになると実家から大量のりんごを貰うのだ。

でもそんなに貰っても食べきれないのだ。

おすそ分けで人にあげても食べきれないのだ。

料理に使っても使いきれないのだ。

だからいつも煮るのだ。

あまりにも大量だから、鍋を二つ使ってグツグツグツグツ煮込むのだ。

あめ色になるまで煮込むのだ。

そしていつも鍋の底を焦がすのだ。

今はまだ煮上がったばかりで熱いので、冷ましている最中なのだ。

冷めたら大小二つのガラス瓶に入れて保存するのだ。

だいたい2、3週間ぐらいはもつのだ。

でもいつも早めに食べきってしまうのだ。

保存料なんて入っていないから早めに食べきってしまうのだ。

焼いた食パンにつけてもウマイのだ。

ヨーグルトに入れてもウマイのだ。

紅茶に入れてもウマイのだ。

至福の時なのだ。

これを毎年毎年やっているのだ。

毎年毎年リンゴを大量に貰うから、毎年毎年作っているのだ。

これはもう毎年恒例の作業なのだ。

そして、おそらく近いうちに冷凍パイシートを買ってきてアップルパイを作るのだ。

煮込んだりんごを使ってアップルパイを作るのも、毎年恒例の作業なのだ。




なのだ。



レッツ ティスティーンんぐっ!
7621.jpg *:+゜・。**:+゜・。*(ノ。・ω・)八(。・ω・。)八(・ω・。)*。・゜+:**:+゜・。*



今年もおいしくできました。
2011.01.25 Top↑
7611.JPG
じーっと見てると、巨大な扇子に見えてくる。

7612.JPG
ふたり並んで記念写真。
とんがってる僕と、丸いキミ。
2011.01.23 Top↑
7613.JPG
今日さ、お昼にお餅を食べようと思ってオーブントースターで焼いたらね。。。

7614.JPG
全部くっついちゃった! ワハハ!



今日ね、美容室に行ってきた。
そこの美容院は店員さんがみんな気さくな人たちでさ。
とてもリラックスできて、無口な私がそこではよく喋るし、また店員さんたちもよく話しかけてくれるし。
またそれが全然ウザくないし(笑)
なんの他愛もない話題ばかりなんだけどさ。

まぁ商売柄お客さんに話しかける、ということもあるんだろうけど。
でもそれにしたってとにかく客をいい気分にさせてくれるお店なのよね。

んでさ、そこの店長さんが私と歳が近いということもあって、同年代にしか分からない話題なんかで盛り上がったりもするんだけど。

今日ね、その店長さんからこんな話を聞いた。


***************************************************************************


一日の終わり・・・。
それは、たいていの人は夜、寝床に着く前、または着いてから寝るまでの一時。

そんな時に、その日自分の身の周りに起こったあれやこれやを思い出して反省する、なんてことをするよね?
別にしない?(笑)

私もいつもじゃないけど、無意識にしたりするんだな。
特に落ち込んでる日とかさ。

でもね、その一日の反省をするのは夜じゃなくて日が明るいうちにするといいんだってさ。

日が明るいうちに前の日に起こったあれやこれやの反省をして、
そして夜は、
「今日はこんな楽しいことがあった。あんな嬉しいこともあった。」
と、楽しかったことだけを思い起こして眠りに就くといいんだって。

暗くなってから反省をすると、精神的な闇が徐々に光を呑みこんでしまうんだと。


***************************************************************************

「へぇー! そんなもんなのかねぇ~」
って、思ったよ。

でもなかなかできないよね。
特に落ち込んでる日なんか、布団に入るとヤなことばかり思い出しちゃうし。

でも、いいこと聞いたナ、って思う。
早速今日からやってみようっと。

それを毎日続けるのは難しいだろうけど。
いつの間にか忘れてしまうかもしれないけど。

でも何もしないよりは、やってみよう。

多少の「闇」は必要だけど、
光が闇に覆い尽くされてしまうのはチョットたまんないから。



とにかくやってみようっと。
2011.01.23 Top↑

夕方6時過ぎ頃
あまりの眠さにちょっとだけ横になるつもりが、ハッ!と気付いたら7時半。

夕飯の支度、どうするか一瞬迷ったが、結局作る。

今週は、ほとんどまともにご飯作ってないのでそろそろ栄養・健康面が気になってくる。
食べたものがダイレクトに体に現れる。
そんなお年頃。

あきらかに栄養偏ってるな、と知りながらそういうものばかり食べていると体も疲れやすくなったりする。

今日の夕飯、たいしたもの作ってないけど、やけに野菜が食べたくてしょうがなかったので蒸し野菜にして、味噌マヨのソースと、オリーブオイルをかけて食べた。


何も豪華な食事や、手の込んだ料理でなくてもいい。

いつもは一人で食事するのがほとんどだが、今日は二人で食べることができたのでよかった。

これって結構大事。
2011.01.22 Top↑
職場で、私の二つ隣りのデスクに男性社員(35歳・既婚)がいるのだが、自分のパソコンになにやらプリクラを貼っている様子。

もしかして、自分の娘ちゃんと(2歳)一緒に写っているやつか?

と思いわざわざ覗きにいってみたら、AKB48と一緒に写っているやつだった。
(もちろん、全員は入りきれないので主要メンバーのみ。)

それ見た途端、わたし全身の力が抜けました。



でも娘ちゃん。
それでもあなたのパパは、会社で一生懸命お仕事してるよ(^-^)



「子供がいない夫婦って、どうしてあんなに仲がいいんだろ?」

という話題を、ずっと前に人と話したことがある。
2011.01.20 Top↑
いつも夕食後、ストレッチをしている。

毎日会社と家の往復。
しかも事務職。しかも車通勤。
私は朝寝坊の怠け者なので、朝早く起きてジョギングなんて絶対ムリ。
運動は嫌いじゃないが、もともと運動オンチだし。
休日は、何か用事がある時か、または素晴らしく天気がいい日でないと出掛ける気にはなれない。

とにかくこのままだと身体を動かすという機会がまったくないので、毎夕食後ストレッチをしている。

まさかこれをやっているだけで体力が増進するなんて思っちゃいないが、怒濤のように迫りくる身体の衰えに対して、焼け石に水だとしても、せめてもの抵抗としてやっているのである。


しかし ―――――


ストレッチをやっていると必ずジャマをしてくる者がいる。


地べたに座って、足を広げて上体を床にベタッとつけていると(←この動作の正式名称が分からない) 私の背中に全体重を載せてきたり、

四つん這いになり、左手、右足を上下に上げ下げする背筋をやっていると、私の背中にマグカップをそっと載せてきたり、
また、後ろから私のお尻を足でつついたり、

両手を上にのばして背伸びをしていると、後ろからはがいじめしてきたり、

片足立ちで立っていると、指先で身体をつついてバランスを崩そうとしたり。


必ずジャマをしてくる者が家に一人いるのだ。
そうして、面白そうにニヤニヤ笑っているのだ。




お願いです。
だれかあのオッサンを捕まえて下さい。
2011.01.18 Top↑
どこか遠くの土地へ行かなくたって
 この毎日の暮らしが旅しているようなもんだ


言い方は違うけど、宮本さん、そんなこと言ってたよね。


それなら、
なんてバカバカしくも、辛くて楽しい旅なんだろ。



そう思うよ。
2011.01.18 Top↑
撮影した写真をいろいろといじくるソフトをダウンロードして、何年か前に撮った画像をいじくってた。

これが           こうなったり
0070.jpg 0075.jpg

これが           こうなったり
散歩.jpg 215.jpg


お月さまも
605.JPG 7605.jpg こうなる


ギターだって   こうなっちゃって
guitar.jpg akogi.jpg


徹子も.....      て、てつこぉぉっ!
02.jpg kuroyanagi.jpg


むかし、フォトショ使ってこれと同じようなことして遊んでたが、久しぶりに思い出していろいろいじくっちゃった。アハハー(^▽^)
2011.01.18 Top↑
今日も、なんてことない、なんの変わり映えもしない一日だった。

ま、それでもいいんだよ。



膨らみのある一年、膨らみのある一カ月、
薄っぺらなような一日でも、その実(じつ)、
そう、実に肥えている。
人により、物により、
起こりうるすべてのことが…

仲井戸麗市/「糧」
2011.01.16 Top↑
7609.JPG
昨日、会社の飲み会でした。

その中で、会社の同僚Yさんと、ワタクシさかごろうは、こんな会話をしました。



Yさん「Tさんが彼氏いないっていうから、私の知り合いを紹介しようと思うんだけど」

さかごろう「へぇー。どんな人なの?」

Yさん「んーとね、例えて言うならエレカシの宮本さんに似てる」

さかごろう「顔が似てるの? こんなこと(頭を両手でグシャグシャにするジェスチャー)
しょっちゅうやってる人なの?(笑)」

Yさん「あ・・・いや、顔じゃなくて、性格が似てるの」

さかごろう「あ、性格か~・・・・・・・・それはやめておいた方がいいんじゃないかな(汗)」

Yさん「あ、そう? 紹介するの、やめた方がいい?」

さかごろう「う、うん。(しばらく考える.......)やっぱ、やめた方がいいかも(^^;)」

Yさん「そっかー。じゃ、やめとこっかな。」

Yさん and さかごろう「ハハハハハハハハ(* ̄▽ ̄)  ( ̄▽ ̄*)ハハハハハハハハ」




いや、だって・・・・(汗)
だって、ねぇ?
2011.01.16 Top↑
Hello!
7599.jpg

先日のどんと祭の日、塩釜神社に行きました。お正月のお飾りを奉納しに。


塩釜神社ってさ、入口が三つあるのよね。

二百二段の急な階段を昇って行く表坂(おもてざか)。
七つの曲がりくねった山道を昇っていく七曲坂(ななまがりざか)。
そして、広い駐車場に行きつく裏坂(うらざか)。

いつもどんと祭の時は、心身を鍛えるという目的を自分に課し、敢えて急な階段のある表坂から入ります。

正門の大鳥居をくぐると、
7581.jpg

そそそ、これこれ。この階段。
7582.jpg

はーじぃーめぇーの 一ーー歩!
7583.jpg

広い境内を歩きに歩いて、
7587.JPG お飾り奉納。

暗くなる頃、ここに火がつけられるわけだが。
周りに張られているしめ縄がなければゴミの山にしか見えない、いつ見ても。

それからやっと神殿に向かう。
7592.jpg

ここは馬場
7591.JPG
さっきのお飾りの山があった場所は人がたくさんいたのに、この場所に来た途端、人影がほとんど見当たらなくなる。

とても静かだった。


秋のお祭りには、この馬場をお馬さんが通るらしい。
どっかから連れてくんのかな?

前、この神社で馬を飼っててさ。足が白い馬。
なんでも、足が白い馬は神様の遣いなんだと。
でも数年前にそのお馬さんは他界。ナムナム~(-人-)

それでは、先ほど昇ってきた階段を下ります。
7594.jpg
結構、高ぇんだよ。上から見ると。
高所恐怖症の人は、この階段ムリかも。


因みにこの日、この階段を上り下りしたお陰で、ワタクシ弁慶の泣き所周辺がものすごい筋肉痛です。
現在、湿布を貼って治療中。



神社ってさ、一人でくるといいもんだよ。
心が落ち着いて。

でも、こういう時でないとめったに行かないけどねー。

7595.jpg
2011.01.16 Top↑
乾いた寒風が吹きすさぶ青い空、トンビがピーヒョロロと鳴きながら飛んでいるのを見かけると、「田舎っぺ大将」のオープニングが頭の中を流れ出す。
・・・・・・・そんな今日この頃。


7573.jpg
“人を責めるのは簡単なことだ
  でも 自分を責めるのはもっと簡単なことだ”

これ、CHABOさんから教わったこと。



仲井戸麗市/「My R&R」





なーんかさ、今日はちょっとヘコんでます。
というか、ヘコみ気味(?)

でもたぶんそのヘコみは、
一晩寝て、朝起きたらどうにかなっちゃったっ!・・・・・ぐらいの軽いものだから。



7169.jpg あ~ぁ。 私もギター弾けたらなぁ。
2011.01.13 Top↑
全国あちらこちらで起こっているのは結構なことだけど、ただのブームで終らなきゃいいな。

こういうのは続けていかなきゃ意味がない。
2011.01.12 Top↑
下の記事にあった、
「どんと祭の日に起こったとある小さな珍事件」
とは、どんな事件なのか?

気になる方のために(たぶん、誰も気にしてないと思うが.....)お話いたしやしょう。

2011.01.10 Top↑
昨日、塩釜神社に初詣に出かけた。
そうなの、まだ行ってなかったの初詣。
いつもは元旦の夕方頃に行くんだけど、今年はあまりにも出かける時間が遅すぎて行ってませんでした。

で、なんで塩釜神社なのかと言うと、ダンナが当たり前のように「塩釜神社へ初詣に行こう・・・」と言ってたから(笑)
塩釜市出身のダンナは、神社と言えば塩釜神社らしい。
まぁ、地元だからね~。自分が小さいころから慣れ親しんでる神社だから。

一方ワタシは・・・。
神社と言えば大崎八幡神社だ。
まぁ、地元だからね~。自分が小さいころから慣れ親しんでる神社だから。

で、その塩釜神社。
もう1月も9日目なのに、たっくさんの人が参拝に来てたよ。
ウチらが行ったのはもう夕方近くだったのに、お参りするのに行列を組んでた。

さすがに県内参拝者数、第1位の神社だ。
デカイのは境内の広さだけではなかったのね。
十数年前、初めてダンナに連れられて塩釜さまに来た時、その広さにビックリしたもんなぁ。
それまでさ、お八幡さんが一番立派で有名なんだと思ってたから。
「八幡神社・・・負けた。」って思ったもん(笑)

ま、別に勝ち負けを競うものではないんだけどさ(^▽^*)

で、もうすぐどんと祭。
どんと祭と言えば、お八幡さんの裸参りが有名だが、自分が結婚してからは八幡神社のどんと祭に行ったことがない。
というか、どんと祭自体、行ってない。
とはいえ、正月のお飾りは持って行かなくてはいけない。
そこで、ダンナの実家の分も併せて塩釜神社へ毎年出掛けてはいる。
だってお義母さんが一人で神社へお飾りを持って行くのは、ぶっちゃけ大変なのよね、歳も歳だし。


どんと祭が近づく度にいつも思い出すのが、私が小さい頃、どんと祭の日に起こったとある小さな珍事件。
いま思い出しても可笑しくてしょうがない。

で、今回はその話をしようかと思ってたんだけど、昨日の武道館LIVEレポを読んでいたらもう珍事件の話はどうでもよくなってきちゃった( ̄▽ ̄)


で、ここから武道館LIVEについてのひとりごと。。。。。



初めにベートーヴェンの「月光」?

へぇー! なかなかしゃれた演出するもんだな。
誰が考えたんだろ? なんでベートーヴェンの「月光」だったんだろ?
個人的にはドビュッシーの「月の光」の方が好きだが。

それにしても新春一発目が『奴隷天国』とは思わなかった。
新アルバムからオール大放出じゃぁないですか!『悪魔メフィスト』聴いてみたかった。春からのツアーで演ってくれるのかな?

武道館LIVE、たくさん曲を演ってくれたんだね。
約3時間ですか? あの曲数見たら、確かにそうだろうなぁって頷くしか。。。
なんか、武道館LIVEっていいなぁ。
わざわざ上京して観に行く価値があるかもなぁ。
いや、どのLIVEも観に行く価値はあるんだろうけどさ、質は違うが規模の高さで言えば日比谷野音LIVEと同等ぐらいのものがあるんではなかろうか? もしかして。


なんてなことを、ふと思った。
武道館の、あの建物の中の雰囲気ってどんなんだろ?
武道館を目の前で見たことは何度もあるけど、実際中に入ったことないんだよな~。

いつかは行ってみたいんだけど。
カネと、あと、行けるような状況が合えば・・・。



そうそ。
塩釜神社で桜が咲いてたよ。

7564.jpg 7565.jpg 四季桜というんだって。

新春からいいもの見せて頂きましたよ、こっちでも(^^ゞ
2011.01.10 Top↑
7557.JPG7560.JPG

正月休み中、街の中心部へ行ってビルの上階から街の風景を撮った。
暮れゆく夕べの空でございます。


私の周りはカップルばっかっ!
その中で一人カメラマンよろしく写真を撮りまくってたぜ!v(。・ω・。)ィェィ♪
2011.01.06 Top↑
RO69内のBLOG、「チャートは電波に乗って」の小池清彦さん。
あなたもしかしてエレファントカシマシ好きですか?
1月5日のビートルズの日記内の、『伊達や酔狂・・・』って・・・。


いや、ただこの『伊達や酔狂』に私が勝手に反応しただけです。
もしかしたら、ご本人はただ偶然この言葉を使っただけかもしれません。


あ! あと、カウントダウンジャパンの4人のバックステージ写真のアップ、ありがとうございます。→「1月1日のBLOG」
また、い~ぃ足の開きしてます(笑)

因みに、4人がポーズを決めているその足元に何かペンのようなものが落ちてますが...........。



三が日も過ぎ、明日は1月の7日。
早いもので、今年もあと残すところ359日となりました。
みなさん、いかがお過ごしですか?

私はこのお正月、食べてばかりいました。

例えば・・・
2011.01.06 Top↑
思いきってみんなに公表しちゃいましたね(笑)
公表したからにはやらなきゃいけませんよぉ(ニヤリ)

と、脅してどうする.......


彼岸花さん。やっぱ、あなたは凄い人だと思います。
そちらへ行って何かコメントすべきかもしれませんが、申し訳ありませんがここで・・・。

こういう人もいるんだなぁと、なんだか嬉しくなります。
こういう時、なんて言えばいいのかなぁ?
なんか、エールを送りたい気分つーか。

とにかく、ギュッ!と握手をしたい気分(笑)
2011.01.06 Top↑
昨日は、『有賀幹夫写真展 忌野清志郎』を観に行った。
これを観た感想も一言二言、いいたいところなのだが。

これは後日。気が向いたら話すね(笑)


え~、さて・・・。
ようやく全部観れました。『EPIC 映像作品集1988-1994』
2回に区切って観ました。

本当は一気に最初から最後までノンストップで観てみたかったんだけど。

1回目に観たのが昨夜。
ビール片手に観始めたのが午前2時過ぎ。
そこからトイレへ立ったり、焼酎お湯割りを何杯もおかわりするために一時中断したりを繰り返し、午前4時頃だんだんと睡魔に襲われ、やむなく断念して、歯磨き→布団へ直行。

で、今日の夕食後、つづきを観始め、ついさっき全部観終わった。

この作品集の中に多く入っている、昔の音楽番組「eZ」。
その「eZ」でチーフディレクターを務められていた坂西伊作さんて、1992年公開の矢野顕子のドキュメンタリー映画「SUPER FOLK SONG」を作った方でもあるんですね。
わたし、この「SUPER FOLK SONG」映画館まで観に行きました。

他にもスライダーズのPVなども多数手がけられてる。
あの番組、スライダーズも結構出てたもんな、そういえば。

この方のお陰で、いまこういう映像が観られるのは本当にありがたい。
改めて、ありがとうございます。


んで、観た感想だが。。。
内容がどうこうというよりも、あくまで私の感想、思ったことを主につらつら話していきます。

映像を観ながら、むかし私がエレカシをどんな目でみていたのか・・・ということをまざまざと思い出していた。
今のように熱烈に好きというワケでもなく、「メンバーのだれだれが特に好き!」なんてこともなく。
とにかく、あの頃のエレカシを私は明らかに異様なモノとしてみていた。

怒ってんだか、やる気がないんだか、ふざけてんだか分からないあのステージ。
あれが演出じゃなくて、素でやってるんだということだけはさすがに分かっていたから、だからとっても変な人たちにしか映らなかった。
だけど、なんか気になる。
気になるからアルバム買って聴いてみる。
やっぱ変。曲が変。
だいたいこんなの一般的に売れるわけがない。
でも、なんだか気になる。

これからこの人たち、こんな状態で生き残っていけるんだろうか?
10年、20年後、この人たち音楽業界に残っているんだろうか?

・・・・・・・・なんて、当時の私はこんな余計な心配をしていたんだっけ、ということも思い出していた。

この頃のインパクトがいまだに強いから。
だから今、「エレカシはメジャーなバンドだから・・・」という話を聞いてもいまだにピンとこない。

実際、確かにエレカシの名前は世の中に知られている方だと思う。
それはよく分かる。
でもね、私の中では、なーんかいまだに引っかかるのよ。
エレファントカシマシ = メジャー
という方程式が。



この作品集の中で、私が印象に残った映像。
1989年の富士急ハイランドコニファーフォレスト「おはよう こんにちは」
1992年のバウスシアターの「曙光」
1994年の野音「東京の空」

「おはよう こんにちは」と「曙光」はYou Tubeにもアップされているから何度も観たことはあるんだけど、改めて観ると、なんかくるものがあるなぁ。
同じ画像なんだけど、You Tubeの動画じゃ、なにか伝わりきれてないような気がする。

野音の「東京の空」は、近藤等則さんのトランペットでいつものエレカシの空気が変わっていって、宮本さんはこの空気の流れをうまい具合に流すことができるのかな? なんてハラハラしながら観てた。

「おはよう こんにちは」



「曙光」の映像は埋め込み無効となっていたので、こちらから→「曙光」




それにしても、私が昔みたあのデーデの映像は幻だったのかなぁ~(←まだ言うか.....)
あのオレンジ色の壁をバックに、上半身だけ映った宮本さんの映像。

EPICさん、未公開の映像がもしかしてまだ残っていたりしませんか?

なんてな。
ま、いっかぁ~♪( ̄ー ̄*)

貴重なものを世に出してくれて、ありがとう。
2011.01.04 Top↑
7531.jpg

二日間ストレッチをサボっただけで身体が微妙に硬くなってる。
やーっぱ毎日しなきゃダメなんだな..........ブツブツ。
それにしてもガニマタストレッチはキツイなぁ。
これプログラムから、はずそうかなぁ。
これやってると普段あるくときもガニマタになっていそうだしなぁ。
やっぱそれは女子としてどうかと.............ブツブツ。





お?( ̄o ̄)


あ、いやいや・・・これは気付きませんで。失礼(^▽^;)>(←わざとらしい......)
愛と平和の使者、さかごろうです。
2011.01.02 Top↑