あのね、たいがいSION野音のあとにエレカシ野音があるんだけど
エレカシファンで勝手に席を立って移動したり・・・って人は見かけたことない。
なのでいつも『エレカシファンって大人しいんだなぁ』などと思ってしまう。

それが当たり前なんだけどね(笑)
スポンサーサイト
2011.08.31 Top↑
ここからLIVEを見て思ったこと。。。。。

前にも書いたことだけど、私はSIONのLIVEを観る前、気持ちのどこかが斜に構えているところがある。
それでも、前に比べたらそんなものはいくらか小さくなったけど。
まだどこかで燻ぶっている。
私はSIONの唄も、SION自身も好きだけど、熱狂的なファンというわけではない。
そのせいなのか???

この野音を観る前。自分の指定席に着いて、ステージが始まる前、そして始まってしばらくしてからも、そんなチクチクしたものが気持ちの奥で燻ぶっていた。

でもねぇ。。。。。
SIONの唄を聴いてると。
特にナマで聴いてると、私のそんなひねくれた思いはどこへやら。

SIONの唄は、素直すぎる。

とても素直すぎるからその歌詞を聴いてるとさ、聴いてる人は自分の中にあるさまざまなどうしようもできないあれこれを重ね合わせて、ヒリヒリと痛い思いをする。

まるで、せっかくカサブタになって治りつつあった傷をピリピリと剥がされるようだ。

「なにやってんの? 痛いじゃないのよ....」

って思ったら、その次の曲は あったかく あったかく包み込んでくれる。

さっきは痛くて涙。
今度は優しくされて涙。

の、繰り返し。

全く SIONには参ってしまう。


今年の野音は私の涙腺もよく緩んでた。
涙がこぼれるまではいかないけど、8曲目の「Slide」辺りから目がウルウルきてさ。

もぉー・・・マスカラ取れてパンダになったらどうしよう?
なんて、変なこと心配してたよ(笑)



アルバム『NAKED TRACKS 4』を見てみると、あの震災に影響されたような曲がたくさん見受けられる。

今回、このアルバムからも何曲か演ってくれたんだけど、その中で一番印象に残ったのが
「同じ空の下、違う屋根の下で」という曲。
どんな曲なのか? って聴かれれば、「言葉で説明するより一度聴いてみて下さい」って言うしかないんだけど(苦笑)

このタイトル、よく見ればアルバムのサブタイトルにもなってる。

言いたいことは、この曲の中に凝縮されてるのかもしれないな。
(↑なんて、勝手にそんなこと思っちゃたけど(・・;))


あぁ、そうだ。
印象に残った曲と、あとMCがひとつ。

以下、SION MCより。。。
「テレビで、オレと同じくらいの男の人が出ていて
『嫁さんがいない。嫁さんがいない。あいつがいないとオレは何もできないんだよ』
 と、言っていた。
 次に唄うのは、そんな男のことじゃないのかな?」

と言って唄い始めたのが、このアルバムでいう
「タイトルなし」

たぶんさ、この曲にタイトルなんて付けられなかっただろうね。
だから「タイトルなし」

私はそういうふうに捉えてるんだけど、どうだろ?
違うかな?



本編終了後
2回のアンコール

例の如く、SIONファンはみんなフリーダムだからさ(笑)
みんな・・・・・・・いやいや
少なくとも私が座っていた席より前方の人たちは、みんな大人しく自分の席に収まってないんだな(^ー^)
ふと周りを見渡せば、通路側にも人がビッシリ。
中にはカップルで肩を抱き合いながらSIONのステージを見つめている人たちもいた。

あと、興奮して椅子の上に立ちあがっちゃったりとか。。。

ま、ね。
本当は、勝手に自分の席を離れたり、椅子の上に立ちあがったりしちゃいけないんだけどさ。
しちゃいけないのはみんなも分かってるんだけどさ。

でも、こういうのを見て私は、「なーんか、いいな~」って、いつも思うのよ。

だって、それぞれみんな自分のスタイルで楽しんでるって感じがするじゃん。


2回のアンコールが終わって、もう終わりの気配。
SEが流れ始め、帰る人もちらほら出てくる頃

またまたSIONが一人で再登場

片手にグラスを持って『乾杯!』 (^O^)/

いいLIVEをありがとう!なのでした。


1314459711-1.jpg
2011.08.31 Top↑
テクテクと急ぎ足で日比谷公園に到着
リハで歌っているSIONの声が聴こえた(^▽^*)



『SION-YAON 2011 with THE MOGAMI』

まだ開場時間の少し前。
1年ぶりに友達と再会!
友達のダンナさんと3人で会場入りの列に並びながら、ブラブラと待つ。

開場時間。先に売店で、8月27日発売のアルバム
『NAKED TRACKS 4』を購入。

今年の野音の席はB列。ややガチャ彦さん側。

席に着いてから、虫よけスプレーを吹きかけても防ぎきれなかった虫刺されの跡を、携帯の塗り薬でヌリヌリしながらその時を待つ。(←なんとも色っぽくネェな........)

私の周りの席は、みんな同じ歳か、またはそれより上ぐらいのオッサンだらけ(汗)
オッサン臭と共に、アルコールの臭いも鼻についてくる。

いや、決してそれがイヤなわけじゃないのよ。
それも野音のひとつの醍醐味(?)というかさ。

開演時間が10分ほど過ぎた頃。
PAの音がふいに途切れ、少し大きめの音で別のBGMが流れ出した。(あのBGMの曲は、誰のなんていう曲だったんだろう?)
空はまだ明るい。

最初に登場したのは・・・・あれはガチャ彦さんだったかな?
続いて井上さん、池畑さん、魚ちゃん、文さん
そして・・・・・・SION登場!

私の席からは、文さん以外の人の姿がよく見えた。
でもその文さんの姿も、これまた恒例の(?)「指定席から勝手に離れる人多し」のお陰で最終的には見れたんだけど。

最初のSIONの格好はどんなだったかなぁ?
最初は帽子は被ってなかったんだ。
んで、中は黒いTシャツみたいなのに、その上から派手なシャツだったかな?
私の席からはよく見えなかったけど、腰のジャラジャラも相変わらずだったと思う。

・・・・・・・にしても、SION髪 伸びたなァ~。

1曲目
「夜しか泳げない」
これから来るかぁ!(⌒-⌒*)
てっきり最近の曲からくるのかなと思ってたら

2曲目
「お前がいる」

3曲目
「彼女、少々疲れぎみ」

と来て、ここでステージの照明が涼しげなブルーに変わる。

4曲目
「しろながすくじら」

5曲目
「通報されるくらいに」

6曲目は覚えておらず

7曲目
「石塊のプライド」

8曲目
「Slide」

9曲目
「鬼は外 福は内」

10曲目
「タイトルなし」

ここから以下.........
スイマセン どの順番でなんの曲をやったか、
そして、MCでSIONがどんな言葉を発したか、切れ切れにしか覚えてません(--;)

覚えてる曲は、「砂の城」「ちょっとでいいんだ」「ハードレイン」 etc.....
2011.08.31 Top↑
通称「赤本」こと 『明日に向かって歩け!』の中に、こんな一文がある。

(中略) ~ もしあなたが東京の街をのんびり散歩する機会があったら、試みに半蔵門から桜田門のあたりまでゆっくり歩いてみるといい。
この緩いカーブを下りて行く間に、左手には江戸時代そのままの濠(ほり)、鉢巻石垣と通称される芝生を張った土塁と石垣のコンビネーション、そして目隠しの松が望まれるであろう。
一方右手には、無粋で威圧的な最高裁判所のネズミ色の建物や、ヒョッコリと三角屋根の国会議事堂も見えるだろう。
その間には、日比谷あたりの高層ビルのオフィス街。
あなたは旧時代と現代の、対照的な建造物が織り成す、首都の絵画的な大パノラマに息を飲むことだろう。 ~ (中略)


以上 「明日に向かって歩け!」より 



いつもこの文を読みながらその風景を頭の中で描(か)きたてていた。

かといって、全く知らない、見たこともない土地・・・というわけでもなく。
例えば、土塁(「土手」とは言わないのね? あくまで「土塁」なのね?(^^;))と、その下に満々と水を張った皇居の内濠。
例えば、日比谷公園から仰ぎ見るオフィスビル群、等々。

実際自分の目で見たことがあるし、今までにもテレビや雑誌やネット等で幾度となく目にしたことがあったから、

「あぁ、こんな感じの風景なんだろうな。。。」
と、なんとなくとではあるけど、それはハッキリとした画として想い描くことはできた。

でもさ。。。。。
宮本さんがこんなふうに書いてんだから、どんだけ素晴らしい景色なのか実際自分の目で確かめてみたいじゃない?

・・・・・・・あ、いや(汗)
少なくとも私は確かめてみたくなったわけよ。

で、日比谷公園に向かう道すがら、この道を歩いてみようと思ってさ。
2011.08.31 Top↑
は~るばる きたぜ

あーかばねぇー♪


とは唄ってないけど、
一年ぶりに赤羽に降りたった時はそんな気持ちだった。

初めて来た時の、あのドキドキ感は既になくなってしまったけど。
第二の地元と言っていいほど(....ホントか?汗)慣れ親しんだところ。

どこに何があるか、もうだいたい分かっちゃう(^^ゞ
も なんでも聞いてよ! って感ず。
(........だからと言って本当に聞かないでね。たぶん即答できません ←大ウソつき!)

2011.08.29 Top↑
C:\Users\saka\Pictures\2011_07_28\IMG_7918.JPG

8月27日(土)
前日の天気予報では、
東京の降水確率:午前中60%、午後50%


台風が近づいていることもあって、雨の野音になるかもしれないという不安を抱え、
雨合羽持参で東京へ。

この日。。。。。
27日(土)と、28日(日)の二日間に亘り、毎年恒例宮城県のROCK FES. 『ARABAKI』が行われる。
いつもなら4月から5月にかけて行われるものなんだけど、今年は3月の大地震で開催することができず、ようやく8月に延期開催されることになった。

その日と、SION野音がぶつかるなんてな・・・。
当のSIONも、そして周りのスタッフさんたちも予想してなかったんじゃぁなかろうか?

ちなみに、・・・・・・
SIONは野音の次の日 28日にこのARABAKIでのステージが待っていた。

前日野音で疲れているだろうに、次の日にはわざわざ東北に足を運んで唄ってくれる。


その心尽くしに、ただただ感謝の一言。

それじゃぁ野音後の打ち上げはサラッとしかやらないんじゃないか?
なんて考えてたら、「うりきち」の8月28日BLOGを見ると案の定(笑)

4倍速だったらしいです(^▽^*)



土曜日の朝
仙台は一面の曇り空。

でも、今日の県内の天気は、おおまか崩れることはないと言ってたからARABAKIは大丈夫だろう。
問題は東京なのよ・・・。

朝9時少し前。
雨合羽や着替えやら何やらを、誕生日に買ってもらったカートに詰め
ガラガラと車輪を鳴らしながら駅に向かう。

もはや駅前じゃぁ ARABAKI行きのシャトルバスに長蛇の列!

(行ってらっしゃい! 私も行ってきます)

と、なんとなく呟きながら、新幹線ホームへ。

今回の宿も赤羽。
で、下車駅は大宮駅。

新幹線の窓から見える空は ずーーーーーーっと曇り空。
途中、宇都宮に入る少し手前で雨が降り出す。

「あ・・・いよいよ雨ちゃん来てしまったか?(^^;)」

と、思ったのも束の間
いつのまにかまた明るいような薄暗いような微妙な鼠色の空に戻る。

やがて、大宮駅に到着。
新幹線の改札を出てから、まずはここでお昼ご飯。

いろんなお店があって人通りも賑やかで、都会の風景そのものだけど、
やっぱりというか、東京駅のあの人の多さ、店舗数の数、ゴヤゴヤとした空気と比べると、どこかノンビリ。

いや、私にはそっちの方が安心する。

東京駅は嫌いじゃないし、むしろ興味があるくらいだけど。。。。。

だけど、何度行ってもあの空気にはなかなか慣れない。
実際、駅構内の道筋もよく分からない。
何回行っても必ず迷う。


さて・・・・
お久しぶりね また来たよ の赤羽へ向かいますか ************

大宮から湘南新宿線に乗って、まずは赤羽へ。
2011.08.29 Top↑
それでは・・・

行ってまいります(^^)/
2011.08.27 Top↑
東京に行ったら
どこに行って 何を見るか?
というのは いつも悩む


歴史的建築物・遺物などを廻って
古(いにしえ)の時代に想いを馳せるか

現代的建築物・珍物などを見て廻って
東京の想像・独創・個性に触れて
己の俄か芸術心を掻き立てるか



その どちらに傾こうか

いつも悩む



して・・・
今回は どちらに?
2011.08.21 Top↑
先日ウチにやってきた工務店さんが、今度は建物の鑑定士さんを連れてやってきた。

玄関から「どうぞ(^o^*)」と中に通すと、こちらがお茶を出す間もなく早速ウチの中をあれこれ測量し始めるお二人……

んで、その鑑定士さん
家に上がった瞬間
「あー・・・・なるほど。少し傾いてますねぇ」
と、呟いた。

素人がパッと見には分からない程の傾きを、一目見ただけで分かるなんて(汗)

さすがプロでございます(-_-)


あちこち測量した結果、家の中の場所によって傾斜の角度はまた違うんだけど、一番大きな傾きで6センチほど傾いていたそうだ。


見積もりとったりすんのは、まだまだこれから。

「また、ちょっとお時間いただきますが(^o^;)」
と、工務店さんは申し訳なさそうに言ってた。


いや、いいの、いいのそれは。
時間がかかるのは構わないのよ。

ウチみたいに「家を直してぇ~」ってところが、た~くさんあるからさ。
工務店さんも休む暇がないほど忙しいらしい。

それに、よく聞く話で、いざ修理に必要な部品を取り寄せたくても、その部品を作っている会社が津波で流されてしまったので、わざわざ遠方の別会社から取り寄せたりしてるんで余計時間をくってしまったりとか。

やれやれ、まったく
震災の後始末は、おどげでねぇな。
2011.08.20 Top↑
ダーリン ダーリン ダーリン ダーリン.........


あ、この人がダーリンというわけではないです(・・)/
Tom Waitsの写真
2011.08.19 Top↑
昔の「ダーリン」もいいけど

私は 今の この「ダーリン」の方が好きだ

SION/「ダーリン」
2011.08.18 Top↑
『人のケツ見てブログ』 面白いワ

このBLOG読む度、トミ兄ィのことが頭をよぎる。

(トミ兄ィの場合は、どうなんだろか?
  スタジオで練習してる時とか、どうなんだろ? 毎日ドラム叩きながら、どんなことを感じてるんだろ?
   どういったジレンマなんかを感じているんだろ?)

なんて。

考えてもしょうがないことなんだけど、ついつい考えてしまう。



それにしても・・・・・・・・・・
『人のケツ見てブログ』
毎日更新されてるけど、あれほど長い文章をよく毎日書けるものだなぁ、と感心してしまう。
しかも、文章が簡潔。誤字脱字もない。

毎日こまめに更新しているのか。
それとも、まとめて書いて、それを一日ずつ予約投稿しているのか。

それは分からないけど。


本当は、全部ちゃんと読んでます・・・・・・・と、言いたいところだけど、
実際のところ、ちゃんとは読めていない。

いや、気持ちは全部読みたいんだけど、全部読んでたら時間がかかってしまう。

平日夜の主婦の仕事はワンサとあるし。。。。。。
(平日でなくても、夜でなくても仕事はワンサとあるし。。。。。。)

最近は、なるべく早めに寝るようにしているので(と言っても、どうしても午前0時を過ぎちゃうけど)
きりのいい時に切り上げるようにしている。
でないと、まず体がもたないから。

家パソを開いた時でないとじっくり読めないのですが。

ま とにかく

フムフム.....(-"-) と、頷きながら読んでます。


世の中には いろんな人がいるものですね 本当に。。。。。


最近、この三原さんのBLOG以外にもうひとつ。

面白いBLOGを見付けた。
あくまで私自身が面白いと思うだけなんだけど。

でもそれは、ワケあってここでは紹介できません(^^)/

あしからずwww
2011.08.17 Top↑
そういえば、ものもらいって、別名「ばか」とも言うんだよね。



「今日病院行ってきたよ(^▽^*)」

って、ダンナに言ったら

「で? やっぱり、ばかだったの?( ̄‐ ̄)」

と、マジ顔で言われたよ。



ものもらい = ばか

っていう言い方ってさ。
全国区じゃなかったんだね(汗)

東北地方の限定された地域だけだったんだね(汗)


知らなかった..........................
2011.08.17 Top↑
昨日からなーんか右目がまばたきするた度に違和感あるなぁ
と、思ったら。

ものもらいができてた(^▽^;)

ものもらいなんて、ワタシしょっちゅうできてるし。
いつの間にかできて、んで、いつ間にか治ってるんで。

今回のもほっときゃ治るだろうと思っていた。


でもさぁ。。。

なんか、いつものより大きいのよね(・・;
昨日より、赤く腫れてきたのよね(・・;

ま、この膿が潰れれば治りも早いとは思うけど。
念のために、明日病院に行ってきます。



ゴロゴロツブツブ ばくりゅうしゅー!(|||ノ`□´)ノ
2011.08.16 Top↑
今回の東京行きで、恐れていることがひとつだけある。

それは
放射能に何がしかが汚染されてしまった、または、その恐れのある地域への偏見。


あの、野音へ繰り出すSIONファンの人たちに対しては、そんな恐れは抱いてないけど。


それ以外の人。

それ以外の人って言っても、自分から「仙台から来ました」なんて公言でもしない限り、私が宮城の出身者だということは宿泊するホテルの従業員以外は誰も知り得ないけど。


いや、いま世の中がこういう状況だし、それに噂で聞いた話だけど、とある仙台の人が他県へ引っ越しをして、引っ越し手続きをするためにその県の役所へ行ったら差別的な言葉をかけられた……
なんて話も聞いたりしたから。

それはどこの地域で、具体的にどんな言葉をかけられたのかも聞いたけど。
あくまで噂だから詳しいことはここには書かない。

又聞きの又聞きだから。


でもさ、いまそういう風潮になっているんだなあと思ってさ。
そういう偏見……偏見て言葉も悪いかもしれないけど、そんなふうな目で見てしまう人の気持ちも分かるから、なんとも複雑な気持ちだな。


でさ、あの3月の地震が起きて福島原発がおかしくなってから、ワタシ一度も宮城県を離れたことないのよ。

今まで他県へ行くって言ったって、ここ数年は東京以外に行ってないけど、やっぱりよその土地へ行くと地元とは違う、その土地の空気を肌で感じるじゃない?

あの災害が起こった後、今回東京に行ったらそんな差別まがいの何かを見たり聞いたりしてしまうんじゃないか? って。

それが、なんだか怖い。




考えすぎかもしれないんだけどさぁ~
2011.08.11 Top↑
『青春は終わった』

と、宮本さんは唄ってたけれど

中年には中年の
なんていうか 青春のようなものがあるんよね

たぶん それに気付いている人は
たくさんいると思うんだけど
2011.08.11 Top↑
「何も思い残すことはありません。
  いつでもお迎えがきてもいいように準備はできています。」


と、晴れやかな表情で言う92歳のおじいちゃんをテレビで観た。





羨ましい。

私も、そんな気持ちになれる日がくるだろうか?


***************************************************************************


いま、このBLOG以外にもうひとつ、WEB上で日記をつけてるんだけど。

上記の文章も、その別日記につけたもの。


書いた日は、今年の3月10日。

これを書いた時、とても とても穏やかな気持ちだった。
まさか次の日の午後、あんな天変地異がくるとはねぇ。

天変地異
まさしく 天と地がひっくり返ったように、
物も、大地も、今までの日常も常識も、人々の精神も
みんなひっくり返ってしまった。



まあ、あの。
上記の日記を書いたのが、たまたまあの大地震の前日だったっていう。

ただそれだけのことなのだが。


なぜだかこの日の日記が気になって

たまにこうして 読み返してみるのです。
2011.08.08 Top↑
三原さんの件で、ローザの動画を観て、聴いていたら、懐かしくなっちゃって。


動画は、ローザ・ルクセンブルグのもの。

実はワタシ、ローザの楽曲って、この「フォークの神様」しか知ってる曲がないのよね。
懐かしいとか言ってたくせに。

ほかの曲は聴いたことはあるんだけど・・・という程度で(^^;)

ローザ・ルクセンブルグ/「フォークの神様」


「今日が誕生日」ってことは、この日は8月5日ってことだよね?

「これから長い旅に出るので・・・・・」って言ってたけど。

本当に長い旅に出てしまうなんてなぁ。。。
2011.08.07 Top↑
何日か前、兵庫さんのBLOGに載っていた、三原重夫という人。

この方
元、ローザ・ルクセンブルグでドラムを叩いてた方で、その後多数のバンドでタイコ叩いておられた方です。

多数のバンド・・・・・・その中で私が知っているのは、スターリンとルースターズぐらいなんだけど。


んで、この方が自身のBLOGをやっているのを知りまして
それがこれ→「人のケツ見てブログ」

ドラマーというお仕事なので、こちらのブログに書いてあるのはドラムに関係する話が主らしく。
時には(・・・・・というか、ほとんどは)専門的なお話が多いので、素人の私には意味難解な内容も多々あったりして。

でもなんちゅうか、その・・・。
面白いんです。私には。このブログ。

なので、またまたここのリンクに勝手に加えさせて頂きます。


 「自分が面白いからリンクに加えます」

なんて・・・・・・・・どこがどんなふうに面白いのか?
具体的な説明もない、ただただ感情的で感覚的で、まるで頭の悪い人みたいですが(実際そうだけど)

敢えて言うなら、文章が上手い、面白い、、、、、かな?

どうも私は、この
「作家などのモノ書きの職業では全くない人だけど、そのBLOGの文章がとても面白く、また上手い人」
という人に魅かれるみたい。。。(^^)


ついでに、『三原重夫のページ』というサイトも面白かったので、リンクに付けくわえさせて頂きました。

この中に、どんとの話もチラッと載っていたので。。。。。
2011.08.07 Top↑
Googleの文字が 仙台七夕になってる。
もしかして、昨日から(三日間行われるこのお祭りは、8月6日が初日です・・・)
もしかして、明日までこうなってんのかな?

なんか、今年ほど仙台七夕が全国的に注目されている年もないな・・・と、このところテレビを見ていてそう思う。

・・・・・(・へ・)うーむ・・・・



7905.JPG
今年のゴールデンウィークに買った『我、言挙げす』を読み終わり、途中でほっぽっといてた『おぅねぇすてぃ』も読み終わり、読むものがなくなってしまったので。

今日はブッコフで本を買ってきた(*^▽^)/


買ってきたのは、またまた宇江佐真理


よく飽きないねぇ~( ̄ー ̄;)

と、ダンナに呆れられた(笑)


だって、物語の面白さも去ることながら
文章の端々に
「なるほど・・・・・・・」
と、唸らせるような言葉が出てきてさ。

いつもなら、読み終わった本はそのままブッコフに売りにいくんだけど。
(図書館と同じような感覚なのね・・・)

でも、この人の本は読み終わっても売りに行く気になれない。
手放すことができない。

そんなに気に行ったのなら、古本屋じゃなく新刊書店で買えやっ!(゚皿゚メ)

って、ハナシだけど・・・・・。


ま、そこんとこは見逃しておくんなまし。


これで またしばらくは物語に耽ることができますワ。。。。。


因みに、今日購入したのは
『恋いちもんめ』
『卵のふわふわ ~八丁堀喰い物草紙・江戸前でもなし』
『あやめ横丁の人々』
・・・・・・の 三冊です(^-^)
2011.08.07 Top↑
近所に住んでいる、2歳ぐらいの女の子

ギャー!ギャー!ビー!ビー!と泣いてるのか怒ってるのか分かんないけど、朝から奇声を発していることがよくある。

でもうるさいと思ったことは一度もない。
それはそれで生活のBGMのひとつだしね(^-^)

しかし、元気だよな~(汗)
朝から


あの声を聴くたび、あのパワーをなんとかして自然エネルギーとして活用できないか?

などと、思ってしまう。


でもさ、人の声や物音に反応して動くオモチャ、なんてものも今たくさんあるしさ、なーんかそういうの作れそうな気がするんだけど。


……と、今日も彼女の雄叫びを聴きながらそんなことを考えていた夏の朝でした。
2011.08.05 Top↑
SION/「暦」
2011.08.04 Top↑
政治関連

とりわけ、被災地復興、原子力発電の行く末、現総理・・・・・・・

これらに関するサイト等をいろいろ見てみると、
みんな、周りがおかしくて、自分は正常だと思っている。


いや、そんなふうに見えてしまう。



え? ワタシも?....................
2011.08.01 Top↑
今月末の東京行きに向けて、着々と計画を練りつつある今日この頃なんだけど・・・。

なんかねぇ。
行ってみたい所はたくさんあるんだけど・・・。

ただ、何処も
「どうしても行きたい」 んじゃなくて
「なんとなく行けたら行ってみたい」 っていう程度だから。

計画を練れば練るほど、自分がどこに行きたいのか、そして東京の何を見たいのか、
それが分からなくなってくるんだよねぇ。

部屋の中で地図を広げてさ

「東京って、広いなぁ・・・・・・(==)ボンヨヨヨォ~ン」
なんて、思ったりして。


本当に見たいのは、東京の下町の風景。

今では数少なくなってしまったけど、それでもちょっとした所にはまだ残っている。
その断片を見かけたこともある。

それから、昔の東京の姿。
幕末、明治、大正、昭和初期・・・の頃の東京の姿。

この風景が、実は一番見てみたい。

移り行く時代と共に、刻々と変わっていった東京の風景が、今はとても見てみたい。
2011.08.01 Top↑
今日から野音のエントリーが始まりましたね!(会員限定だけど.....)
私は、開始5分後にはエントリー完了しました。


今年の野音は行けるんだろうか?
2011.08.01 Top↑
7月29・30・31日に新潟県で行われた 『FUJI ROCK FESTIVAL'11』
雨降る中、スタッフの皆さん、アーティストの皆さん、そして、参加された皆さん

お疲れさまでした。

RO69のBLOG読んでるとさ、ライヴレポートとはまた別の、それぞれのライターさんが観て、感じたステージの話がアップされてるんだけどさ。

どっっっこを捜してもSIONの話がないのよ。

なんで?

ねぇ、なんで? なんでよ???


なんかさぁ・・・なんだかなぁ(-_-;) だよ、ホント。

BLOGの中で、スコットランドのバンド「MOGWAI」の文字がよく出てくるんだけど、
その「MOGWAI」の文字を見る度に「MOGAMI」と見間違えちゃってさ。


その都度、「おぉ!(嬉)」って期待するんだけど、すぐ見間違いって気付いてがっかりすんのよ。



なんだかなぁ・・・・・・
2011.08.01 Top↑
まず~いっ!!
7903.JPG もう一杯っ!!!

青汁もらったんで飲んでみたら

まずくはなかったけど
ウマくもなかったww




先日話していた漏水ですが。
数日後に水道屋さんが来て、一日がかりで工事・修理して直してもらいました。

やれやれ・・・・( ̄ヘ ̄;)

と、思っていた矢先。。。。
今度は給湯器がおかしくなってしまってお湯が出なくなってしまった。

なので、これもまたメーカーに電話して次の日修理に来てもらい、直してもらいました。

この2週間ばかし、ずっとこんな感じ。

でも、家自体の修理(壁のひび割れとか、土台コンクリの崩れとか・・・)は、またこれからの話。
こないだ、やっと知り合いの工務店さんに来てもらって家全体を見てもらっただけ。
具体的な話は、またこれから。


こりゃぁ、ホント 長期戦だわ・・・・・・・・・



そういえば、震災後、ずーっと支援活動をして頂いた自衛隊の皆さんが今日を以って撤収致しました。


長期間、本当に本当にお疲れさまでした。
そして、ありがとうございます。

感謝!
2011.08.01 Top↑