いま、この時
闘っている人たちのことを想っている

なんのエールも なんの手助けもできないけど

いま、この時
闘っている人たちがいることを知っている

いま、この時
闘っている人たちのことをずっと忘れずにいる


わたしは いつでも あなたのことを 想っています
スポンサーサイト
2012.01.28 Top↑
夜の雪景色がきれい

8188.jpg シーン..........

8190.jpg 細かい雪の粒と 夜の闇で
視界がボンヤリ

っていうか、ただ写真がボケてるだけ


8193.jpg こんな景色が見られるのも

8195.jpg 冬だからこそだな





それにしても
静かだ

シーン......................


さっき、かるく雪かきするために外に出たら、ウチの車の周りにツララがきれいに並んでいた。

雪景色
特に夜の雪景色は綺麗だ。
それにとても静か


でもねぇ……
寒さが辛くなってくると、この雪と氷だけの世界に耐えられなくなる時があるのよ。
気が狂いそうになるというか。

この白い色だけの世界に耐えられなくなる時があるのよ。
ほかの色が欲しくなるのよ。いろんな色が。

だからかなぁ?
北欧の寒い国での服装や小物や生活道具など、それらがみんなカラフルなのは。

白以外のいろんな色を求めたくなるのよね。

白も 普段なら好きな色だけど
その中でずっと暮らしていると、時にはそこから抜けだしたくなるのよね。
2012.01.27 Top↑
仲良くさせてもらっているエレ仲間さんたちが、エレカシ以外に好きなアーティストは

例えば斉藤和義さんとか
eastern youthとか
くるりとか
吉井和哉さんとか

他にももっといたような気がしたけど、私が知っている限りではそんなふうな、音もいいけど歌詞もいいという、(つまりは全部いいということか........)アーティストばかり。

でも、私がエレカシ以外で好きなアーティストは、SIONやCHABOさん、ブルハや外人アーティストなどを除けば、下の記事に挙げたようなアーティストばかり。

いや、もちろんいいと思ってるし、いいと思ってるから好きなんだけど、エレ仲間さんたちと比べるとズレを感じる。
というか、明らかにズレてる。

いや、比べてズレを感じたところで、なにも自分が特別だとも、みんなと違うからと言って特に気にもしていないのだけど。


なんというか・・・・・・・・・
私はみんなとズレてんだな・・・と(笑)


下の記事を書きながら、ふと、そう思った次第(^-^)
2012.01.26 Top↑
去年あたりから
「これいいなぁ 好きだなぁ」
と、思う、若手のバンドがいくつかある。


・日本マドンナ
・RADWIMPS
・AMAZARASHI
・忘れらんねえよ

特に 「忘れらんねえよ」

どうしてこんな、みそクソなバンドをいいなと思ってしまうんでしょうか、ワタシは。


でも
いいなぁ♪

RADWIMPS/「DADA」



忘れらんねえよ/「僕らチェンジワールド」
2012.01.26 Top↑
頭痛持ちの私は、しょっちゅう偏頭痛に悩まされる。
今年に入ってから、既に4回も頭が痛くなった。その度に市販の頭痛薬飲んで横になって・・・の繰り返し。

いろんな原因があるとは思うけど、私の場合は目から来る首、肩の凝りが主。

つい2、3日前も、職場にいた時から頭痛の波がズンズンと押し寄せ

「あ~・・・ヤバイな。」

と思っていたら。

仕事が終わり、家に着いた途端ズキンズキンという激しい痛みに襲われ、薬を飲み、コタツで3時間ほど横になって寝ていたという・・・。

長時間パソコンを使う時は、合間に休憩を入れ、ストレッチなどして筋肉のコリをほぐしましょうね(´-`)


・・・・・・・と、いうわけで、今回はクロワッサンを焼いたお話です(^^ゞ



会社からね、冷凍状態のクロワッサンの生地とチョコパイの生地を貰ってね。

8160.JPG8161.JPG

見ての通り、もう形にはなってるんでね、これを発酵して焼くだけなのよね。
クロワッサンの生地、貝みたい。。。。。

「発酵するとこれの倍くらいの大きさになるから・・・」

と、貰った人から言われたはいいが、発酵にはどれくらいの温度でどれくらいの時間をかければいいのか分からない。
ウチの電子レンジには30℃と40℃のどちらかに設定できる発酵機能なるものがついてはいるが。

今までパンを作ったことって1回だけあるけどね。
でもそれは本を見ながらだから。

・・・・・で、発酵しました。
8162.JPG

これじゃ大きさがよく分からん(汗)

でも、もとの冷凍状態よりは大きくなってるんよ。

あとは、250℃くらいの温度で20分焼く。

すると・・・・・・・・・・・
8163.JPG こうなりました。
8164.JPG こうなりました。

発酵時間がエラく時間がかかてしまったので、焼きあがったのは夕方5時頃。

なので、今日の夕飯は、このクロワッサンと、昨日作ったかぼちゃのポタージュの残りと、ブロッコリーのサラダの残りと、冷凍ピザと、お惣菜で買っておいたエビのフリッターで!


いただきますっ♪ ブフッ(^~;^)
2012.01.22 Top↑
8138.JPG

昨夜からしんしんと降り続いた雪。
みぞれミゾレ交じりのベチャ雪だから、日が高くなるにつれ日なたに積もっていたそれはだんだんに溶けてった。

あ! でもね、写真の雪は2週間ぐらい前の写真なの.....。

8139.JPG8140.JPG

雪の写真ってあまり撮らないなぁ、そういえば。
だって外に出るのが寒くてイヤなんだモン(笑)

毎年、雪の結晶を撮ろううとカメラを構えるんだけど
8133.jpg
このデジカメじゃぁ、うまく撮れん。

ん? うまく撮れないのはカメラのせいだけか?



約一週間前の14日(土)
どんと祭で、正月飾りを神社へ奉納するために塩釜神社へ向かった。
塩釜に住んでいるお義母さんちの分のお飾りも一緒に奉納するために。
神社の表坂、202段の急な石段を上り下りするのはお義母さんにはちとキツイので、毎年私が代わりに行ってるのよね。

8155.JPG

神社境内にある溜め池
8144.JPG この日は表面に薄氷が張っていた。

神社から塩釜港を望むと、遠くに海が見える。
8146.JPG
今年は特別な想いで眺める。


帰り道
8157.JPG
夕方4時過ぎ ちょうどいい具合になった夕闇の 逢う魔が時

時折、正月飾りの松や藁を覗かせた紙袋を提げている人とすれ違ったりするものの
それ以外は静か。
夕方の寒さがそれに拍車をかける。
通り過ぎていく灯りが点いた家々の中からテレビの音が聞こえたり、夕餉の臭いがしてきたりする以外は、とても静か。


お正月さん さようなら
また来年

8159.JPG

こうして見ると、冬の景色は主に白と灰色が多い。
それとは対照的に、塩釜から見上げた空が青と赤の原色でとても新鮮。
2012.01.22 Top↑
昨日の日曜日の午後、エレ仲間で同じ仙台市内に住んでいるエボリさんのお家に遊びに行きました。
実は去年からね、エボリさんからお誘い受けてたのよ。

『私の家で、去年のアラバキを録画したブイを一緒に観る「アラバキバーティー」しませんか?』

ってなふうに(^^)


仙台駅で待ち合わせして、そこからエボリさん宅まで彼氏さんの運転する車で向かったわけですよ。

お菓子やお茶をいっぱいご馳走になりながら、アラバキ(一日目、二日目両方)観たり、過去に出たエレカシ関係の雑誌を観たり、LIVEグッズを見せてもらったり、仙台ローリーの話をしたり(笑)

エボリさんの部屋ね、明るくてきれいでなとこだったよ。
んで、ジブリのぬいぐるみがいろいろあった(ポニョとか...)
あと、なぜだかキノコのオブジェ(?)もいろいろと。
とても楽しい空間でした(´▽`)

夕飯は、仙台駅にある洋食屋でオムライス食べたりしてね。



最近は誰かの家に遊びに行くなんてこと、ほとんどないからさ。
あ、でも実家にはよく行くけど(笑) ダンナと私のそれぞれの実家には。

いい時間を過ごさせていただきました。
エボリさん ありがと♪
2012.01.16 Top↑
むかし
石くんが、松田聖子の唄う「赤いスイートピー」の歌詞のどこかに自分を重ね合わせたように

私もこの唄のどこかに自分を重ね合わせてました
むかし

REBECCA / 「(It's just a) SMILE」
2012.01.11 Top↑
6日(金)、7日(土)と渋谷公会堂で行われた新春LIVEも終わり、今日は穏やかな春待月(はるまちづき)のとある日。

先月、CS放送がなかなか見られずそのままにしていたテレビ。
2011年12月25日の記事「CS放送 観れません...........」
CSは映ることは映るけど、今度はチャンネルによって画像が荒れてしまうという問題も出てきてしまい・・・。

新しく年が明け、またまた業者さんに来てもらい(しかも、これで三度目.....)今日ようやくまともに観られるようになりました(* ̄ー ̄*)v

で、本当は
今日はこのテレビ関係の用事が終わったらダンナと街場へ出かける予定でいたんですがね
業者さんが帰ったのがお昼過ぎ。
んで、遅くに起きたダンナは朝食を食べておらず、それからご飯を食べ。
私はというとまたいつもの軽い偏頭痛が起きたので、薬のんでちょっとだけ横になって・・・。
ってなことやってたら、なんだか出掛けるのが億劫になってきて(^^;)
時間も既に午後の2時近くだったし。

なので、今日は本でも読んでのんびり過ごそうと思い、コタツにとぷんと入りながら読みかけの単行本片手に読み始めたんですよ。

読んでいたのは これ↓
 8136.jpg 「ひとつ灯せ - 大江戸怪奇譚」/著者:宇江佐 真理

話のおおまかなあらすじは、江戸は山城にある料理茶屋のご隠居(・・・・とは言え、歳は五十三歳という設定)清兵衞が、ひょんなことから実際にあった奇怪な話だけを披露するという会に入り・・・。

怪談話か? と言われればそれまでだけど。
魑魅魍魎の類も出てくるっちゃぁ出てはくるけど、ただ背筋が凍るような怖さというものはなく。
清兵衞がそこから体験する不可思議なお話。
そこに人間の心理が複雑に絡みあう、いわば怪奇談をテーマにした江戸人情話のような作り。

と、私は感じました。

この著者の書く小説は一概に江戸人情話が主なのですが(笑)
んで私はそこが好きで、以前読んでいた宮部みゆきさんから浮気して、今はこの人の作品ばかり読んでるわけですワ。

で、今回ちょっと気になったのが小説の中身ではなくて、物語の終わった後のページにある『解説』の方で。

本文でなくてスンマセン。
でも、少しだけ目を惹いた一文があったので。

四十代に突入してしばらくすると、すでに自分が人生の折り返し地点を過ぎていることを実感して、愕然としてしまうものである。
もちろん世の中には百歳以上生きる人もいるので一概にはいえないが、まあ、残された歳月をリアルに感じるようになるのである。
死というものが観念ではなく、明確な現実として意識されるようになるのだ。


この文、最初にパッと読んだ時、なんでだか分かんないけど妙に心に引っかかったのよ。
だけど、何度も読み返してみるうちに最初に受けた衝撃がだんだん色褪せてきたというか(笑)
(うん。確かにその通りだよな。)
と、納得するような、なんてことのない一文にも思えてきて。

「残された歳月をリアルに感じるようになる・・・」
のは、私もふとした時にそんなふうに感じることはよくある。
だけど、そこで愕然とするものなのかな? やっぱり・・・。と思って。

私は「歳をとることは楽しい!」などと言ってみんなに引かれてしまうような変わり者なんでね(´ー`;)

死を意識し始めると、生を意識するようになるものなんだな。と。

前々からそういうことになんとなく気づいてはいたけど、こうして改めて文章という形で読んでみると、やっぱりそうなんだな。と。


そんなことを感じたわけよ。
2012.01.08 Top↑
今日は初売り行ってきました。
買いたかった物リストを作って(・・・・・・・・と言っても、たいした量じゃないし、たいした物でもないけど)
少しでも安いもの、お得なものを求めて、半日ブラブラと街の中をブラついておりました。


でね、帰りの車の中でダンナと話してたんだけど。
世の中不況、不況と言われているにも関わらず、こうして初売りが変わらず行われて、
そこに人が集まって賑わって、紙袋を下げた人たちが大勢いて。。。

日本の経済力ってすごいんだなぁって。
みんなこうしてお金を遣ってるしなぁってさ。自分たちも含めて。
しかも去年あんなことがあったのに。

2012.01.03 Top↑
調子に乗って
もう一曲

細野晴臣/「恋は桃色」
2012.01.01 Top↑
はちみつぱい/「センチメンタル通り」
2012.01.01 Top↑
8129.JPG

新年あけましておめでとうございます
今年のお正月は雪も降らず、穏やかな新年を過ごしております、ワタクシさかごろうでございます(^^)ノ

2012年
どんな年になるんでしょうね?

私には、先行き不透明でも、真っ暗でもないですが、かと言って明瞭に遠くまで見渡せるほど澄み切ってもいないように見えます。
今の世情は。

いい年になればいいな。。。。と


いやいや、こんな他力本願ではダメだな。
いい年にしよう。自分ができることから。




今日初詣に行くと、「四季桜」という年に二回開花する桜が枝にポツポツと花を咲かせていました。
四月に咲くソメイヨシノのそれと比べると、とても小さな、まるで梅の花のようですが
それは確かに薄紅色した桜の花でした。


それを見たら、ちょっとだけホッとした。


お正月
大切な人たちと過ごす時間を
どうぞ大切に・・・
8123.JPG
2012.01.01 Top↑