8241.jpg

ゆうべ観てきました。
『東京プレイボーイクラブ』

監督の奥田庸介氏が、エレファントカシマシの楽曲のひとつ「パワー・イン・ザ・ワールド」にインスパイアされて作ったというこの映画。

この曲を聴いて・・・で、どういう映画になるんだろ? っていう興味本位で観てみたわけですが。
映画の内容も、裏社会、チンピラ、色街 etc...と、決してキライではないタイプのものだったこともあって(笑)

ストーリーは、お手間ですが上に貼ったリンクからご覧頂くとして。


まずカメラワークやカット割りとか、その見せ方が面白いな と思った。

i Pod を聴きながら太宰治を読んでいるエリ子が何も気づいていないその後ろで
お店の金を盗んでアタフタしているタカヒロが部屋に戻ってきて、これまたアタフタと荷物をまとめている場面とか。

派手などんでん返しなどはないけども、24歳という若い監督さんでこれだけの作品ができるって、やっぱりすごいことなのかな・・・と。

あと、エレカシファンとしては、映画の中で、見慣れている赤羽一番街と、去年の夏に呑んだ場所であるOK横丁が映っていたのは嬉しかった(^^ゞ
それと、数曲ある挿入歌の中でCHABOさんの 「ONE NITE BLUES」が流れていたことも。


ラストはさ、つづきが観たくなるような、言葉が悪いけど中途半端な終わり方でさ。

でも、現実はそうなんだよね。
これは映画だけど、現実で「はい、これで終わります、チャン、チャン!」ってなことってないもん。
その人たちが生きている限り、物語はずっと続いていくもんだからさ。




・・・・・・・・・・・・・・・でも、つづきがあったら観たいな。
エンディングで「パワー・イン・ザ・ワールド」が流れるのは分かっていたけど、実際、突然! という感じで流れてきてね。
一瞬 ゾクッッ!!! って鳥肌がたったよ。


蛇足だけど、映画のシーンの中で、殴られたり銃で撃たれたり・・・っていう場面よりも
ヤクザの松ノ介が、チ○ビにクリップ挟んでいる場面を観た時の方が「わ! 痛ーい!」って思った(^▽^)v


CHABOさんの「ONE NITE BLUES」は
NIGHT ではなく、NITE が正しい表記です。
私、この記事を書くまでずっと NIGHT の方だと思いこんでいました。
今まで散々この曲のタイトルを目にしているっつーのに。
2012.03.25 Top↑
職場で仕事を進めていく上で、本音で話し合える場や機会がないということが、どんなに辛くて歯がゆいことか。

そして、そういった職場のなんと多いことか。


特にパートや、例えば派遣社員など。
そういった立場の人たちは自分の意見を言う場も機会も極端に少ない。

実際、そういう立場の人の中には、
「言われた通りの、決まりきった仕事をこなしていればそれでいい...」
という考えの人も多くいるから、周りの社員たちも軽く見てしまうのはしょうがないのかな? とは思うけど。




あぁ・・・モヤモヤモヤ
2012.03.23 Top↑
おめでとう
おめでとう
おめでとう
おめでとう
おめでとう
おめでとう
おめでとう
おめでとう
おめでとう
おめでとう



お誕生日 おめでとう!
2012.03.18 Top↑
Tom Waits/「I Wish I Was In New Orleans」



ニューオリンズに行ったことないけど........
2012.03.13 Top↑
3月11日以降、毎月11日に『キャンドルナイト(計画節電)』と称して、亡くなられた方々への追悼の意味合いも込め、家の電気を消して一定の時間だけキャンドルの光で過ごしましょう。。。という計画を実行されている方々がいます。

たぶん、今夜もキャンドルを灯すんでしょうね。


れんげちゃん 彼岸花さん
ありがとうございます。

そのお気持ちに深く感謝いたします。
2012.03.11 Top↑
昨日は、仕事から帰ってきてからご飯を食べ、片付けをして、布団を敷いてから
ようやく自分の時間・・・とばかりに家パソの前に座り、いつも見ているいろんなサイトを見てから
このBLOG以外に去年の一月頃から書いている携帯日記を読み返していた。

読み返していたのは、主に去年の三月と四月。

その時、その時の思いをすぐに携帯で書いていたので、このBLOGよりも、よりリアルな感情がそこに書いてある。
その三月、四月分を読み返す。
結構長いので、時間をかけて読み返す。

読むと同時に、その時の感情も一緒に、それこそ手に取るように思い出せる。
それは決して苦しい悲しい感情だけではなく、ライフラインや交通機関がまだ充分に通っていないなりの何気ない生活が書いてあった。

実際、あの震災後の毎日は、怖いとか悲しいとか、そういった負の感情は一切なかったように思う。
とにかく気が張って、その日の食糧や水を集めたり、とにかくまず生活することに精一杯だったから。

唯一怖いと思った瞬間は、地震発生のあの瞬間。
私は会社の古い建物の3階で仕事をしていたんだけど、だんだん揺れが大きくなって机の下に潜り。
いや、その時も怖いとは思わなかった。
ただ、その数日前にニュージーランドで起こった地震で建物の下敷きになった方たちがいる、というニュースをまざまざと思い出し、このまま床が抜けて自分も建物の下敷きになるかもしれないという考えが頭をよぎった時。


そうだ
唯一 その時だけだ。


と、ここまで書いて、自分はいったい何を書きたいのか、言いたいのかよく分からなくなった。

一年が経つけど、何か変わったか? と聞かれると困ってしまう。
「震災前となーんにも変わってない」
と言えばそれもちょっと違うけど、特にこれ・・・というのは。

家が数センチ傾いてしまったとか、遠い親戚で一人亡くなった人がいるなど
そういうことはあったけど、私自身は何も失っていない。
遠くからボランティアの方々がたくさん来て、瓦礫の山などを片付けている姿や
「原発反対!」のデモの様子など
毎日めまぐるしく動いている世の中を見ながら分かったことは、結局私は自分のことしか考えていないんだなということ。




一年経つけれど、それはあくまで時間の経過の上での区切りであって、私個人の中ではまだ途中経過だ。
自分の家族のために、生活のために、友達のために、世の中のために
何ができるのか・・・なんて、皆目分からない。

ただ
去年の携帯日記を読み返しながら思ったことは、あの出来事を、あの日々を、忘れないように記録していこうということ。
そして、これからの日々もずっと記録し続けていこうということ。

それによって、なにかが見えてくるかもしれないから。

「前へ向かって進もう!」
という世間の状態に比べて、なんてあやふやで頼りない・・・とは思うけど。
2012.03.11 Top↑
8234.JPG

桃の節句(´∇`*))),。・:・゚


あぁ、そうそ。付け足し。
女雛と男雛の位置ですが、
実家では
向かって右がお内裏さま
向かって左がお雛さま
でした。

一般的にはこれの逆なんですよね。

この女雛と男雛の位置って、どちらでもいいそうですよ。
ただ、上の写真のような並びは旧式なんだそうです。

ちなみに、私はこの旧式の並びの方がしっくりきます。
だって物心ついた時からこの位置だったもので(笑)

・・・な、もんで、一般的な右がお雛さまで左がお内裏さまの並びを見ると、なんだか違和感を感じてしまいますのヨ(^^)
2012.03.03 Top↑
「IMAGINE FUKUSHIMA展」


『国立在住の画商の方の発案で、福島への支援展が開催されます。主に版画家、造形作家、彫刻家などの方々の展示会ですが、おおくぼひさこは数点のオリジナルプリントを出品いたします。売り上げの一部を支援にあてるという趣旨の展覧会です。国立方面にお越しの節は、お気軽にのぞいてみてくださいませ。駅のすぐ近くです。』
by →『おおくぼひさこオフィシャルサイト』より



本日3月1日(木)から6日(火) まで、東京は国立市にあるコート・ギャラリー国立にて『IMAGINE FUKUSHIMA展』というものが開催されます。
内容は・・・まぁ上に書いた通り(笑)なんだけど。
複数のアーティストの方々が復興支援の活動の一巻として各々の作品を展示し、その売上金の一部を支援に充てるというものだそうです。
その中に、おおくぼさんの写真も展示されているとのことだそうです。

これを読んだ方の中で、もしお近くへお寄りの際は是非覗いてみて下さい。

私も時間があれば覗いてみたいけど・・・・・・行けん(^^;) ちょっとムリ...


時間、場所等、詳しくは→コチラまで・・・。
2012.03.01 Top↑