8484.JPG

私の好きな漫画家、五十嵐大介さんの画集が出ました。全 2冊組
五十嵐さんがこれまで書きためたイラストが、いーーーーーーっぱい!

掲載されてます(^ー^)b

8488.JPG8489.JPG


もともと、ウチのダンナがこの人の作品『リトル・フォレスト』を買ってきたことから始まり・・・。
何気に私も読んでみたら、その絵のリアルさに惹かれまして。

この『リトル・フォレスト』は、ある少女が田舎で自給自足の一人暮らしを始める・・・という、話のあらすじだけ言ってしまえば他愛のない物語なんですが。

自給自足だから、自分でお米も野菜も作る。
一人暮らしだから、もちろん炊事も自分一人でする。
取れた野菜でてんぷらを作ったり、野山で採ったイチゴなどをジャムにしたり。
その作る過程も、少女が食べるその仕草も、とてもリアルで美味しそうで。

実際、私もこれを読んでバッケ味噌の作り方を覚えました。



気がつけば、ダンナが他の作品『魔女』『そらとびタマシイ』などをいつの間にか揃えてまして。
初めによんだ『リトル・フォレスト』が面白かったもんで他のこの作品たちも読んでみたら、こっちはこっちでまた不可思議な世界の話ばかりで。

一発でファンになりましたwww

んで、この画集の1冊目はイラスト集で、2冊目は描き下ろし作品や著名人たちとの対談も掲載されとります。

その著名人たちとは。。。

松本大洋(漫画家)
荒川 弘(漫画家)
茂木健一郎(脳科学者)
中沢新一(思想家・人類学者)
羽海野チカ(漫画家)
石川直樹(写真家・作家)
伊坂幸太郎(小説家)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・などなどなど

今日はね、仕事休みだったもんだから、
この画集のイラスト眺めつつ ヾ(´ー`)θ
対談集を読みつつ (*'Ι')
ダラダラ過ごしてました ( ̄ω ̄)


五十嵐大介画集 2冊組で¥3,800
8492.JPG

詳しくは (/ ̄□ ̄)/→コチラをクリック!
スポンサーサイト
2012.08.28 Top↑
8478.JPG
小さい線香花火



8482.JPG
大きい線香花火


8480.JPG
線香花火・・・・・じゃない花火



夜の9時30分頃から始めて
約30分間、庭で花火をしました。


ウチのお隣りさんは寝るのが早いらしく(たぶん.....)
この時間にはいつも、既に電気を消して真っ暗。
そんなもんだから静かに静かにやってたつもりだったんだけど
最後の一本をやっている最中に、お隣りの窓がガラッ!と開く音が。。。。。



特にそのまま何事もなく。
ただピシャリと窓が閉まる音が聞こえただけで(汗)


いやー・・・・
お隣りさん、スンマセンね( ̄▽ ̄;)>

花火やるには遅い時間だな・・・とは思ったんだけど
どうしても今日、やりたくて



センコーハナビ【*´・ω・】ノ,:,!,:, パチパチパチパチ
2012.08.25 Top↑
何度もゴメンね
この曲 好きなの

「CHILDREN IN THE SUMMER」




夏休みも後半のこの頃になると
この曲の歌詞が頭に甦ってくるの

んで、夏の終わりに心がキューッってなるの


下の動画↓の演奏も素晴らしいけど、この演奏もいい!
2012.08.23 Top↑
矢野顕子/「CHILDREN IN THE SUMMER」



残暑お見舞い申し上げます
2012.08.23 Top↑
8476.JPG

ちょうど一週間前に観てきました。

RO69のBLOGで初めてこの映画の紹介を読んだ時は、正直あまり興味はなかったのよ。

この映画の監督が、前作品『サマーウォーズ』を監督した細田 守さんだということそ知ってから少し興味を持ったけど、でもそれでもこの映画を観てみようかな? とは特に思わなかったのよね。

んじゃ、何に惹かれたのかというと・・・・・・・・・
この映画のテーマとも言える二つのもの。
一人の女性の生き様と、そして、人が生きていく上で必ず訪れる人生の岐路。

この二つ

それらがどんなふうな物語で描かれているのか観てみたくなったから。


物語の最初の方
「彼(おおかみおとこ)」との出会いから結婚、妊娠、出産へ至る道程があまりにも駆け足的に繰り広げられたような気がしてね、ちょっと物足りなかったけど。
でも2時間という映画枠の中で、主人公:「花」の13年間を描くには、それもしょうがないことなのかな? とも思った。
本当に伝えたいことは、その道程を経て、そこから描かれるから。

映画を観て・・・
実際、「花」のような女性って、まずいないんじゃないだろうか?
こんなに何事もあるがままに受け入れて、前へ進める女性(ひと)って。

もぉねぇ。。。。。完璧に花に感情移入して映画を観ていたな。
自分にもし子供がいたら・・・と、考えて。

それだから、尚更自分自身とのあまりにも違いに

「花」のような女性って、まずいないんじゃないだろうか?

・・・なんて思った。
そう思うのは、私がいつもどこか冷めた観点で物事を考えるせいかもしれない。

いや、この作品を観て思ったのはそれだけじゃない。
ここには絵空事ではなく、日常がしっかり描かれている。
力強いものではなく、毎日毎日のホロホロとユラユラとキリキリとヒリヒリとした暮らしの流れが。

環境とかさ、生い立ちとかさ、そういったものは自分とは花とは違うけど。
でも日常って擬態語で表すと、そういうものじゃないのかなあ?

ラストのシーンでね、雨が母親から自立して、オオカミの姿で山の中に入っていくシーンではちょっと泣いたなぁ。
「あなたにはまだ何もしてあげられていない」
と言った花のセリフが ツーンと心にきたなぁwww

少し寂しいシーンではあるけど、大人のオオカミに成長しつつある雨の姿の、なんて眩しいこと。
それを見送った後の花の笑顔の、なんて清々しいこと。

シチュエーションは違えども、こういう瞬間ていうのは誰にでも訪れることがあるんだろうな。


あ!あとついでに言うとね、
3人で(いやそれとも、1人と2匹?)雪山を駆け回るシーンは、観ていてとても気持ちがいいです。



えーと・・・・ま そんなワケで・・・・

ただいま各地の映画館で上映中です(^^ゞ
『おおかみこどもの雨と雪』へのサイトは→コチラ
2012.08.21 Top↑
今日、ダンナが家に帰ってくるなりトイレへ駆け込み、オェッ! と吐いていた。


よくよく聞いてみたら、今日はいつにもまして肩凝りがひどく、だんだん頭が痛くなってきて、帰る頃には吐き気がするほどのひどい頭痛だったそうな。
私もダンナも二人揃って頭痛持ちだからねぇ。。。。。


それにしても、いきなりトイレで吐いたのはびっくりしたよぉ!



妊娠したのかと思った。


そういう私も夏風邪ひいちまいました。
あれから(・・・・・・って、いつから??)ずーっと風邪をひいたままのダンナにうつされた模様。

あぁ・・・
頭痛薬と風邪薬の抜け殻が散らばる食卓机。


不健康夫婦 バンザイ!\(^O^)/
2012.08.18 Top↑
暑い 暑い。。。。。。。。

立秋を過ぎても暑い日が続きますなぁ。

ワタクシさかごろうも、お盆休みが終わって昨日から仕事が始まりました。


・・・・・・・・・・・・で、今日はお休み。


いや昨日ね、会社行ったら今月のシフト表を渡されたんですワ。やっと。
ウチの会社はシフト制なもんでね、どの日が出勤で、どの日がお休みって、一人ひとり違うんですよね。

で、昨日やっと渡されて見たら、17日・・・つまり今日、私はお休みになってたわけで。
で、明日の土曜日は出勤・・・となっている。

逆がよかったなぁ。
今日が出勤で、明日がお休みだったらな。

ま しょーがない(^^ゞ

本当はこのシフト表、お盆休み前に欲しかったんだけどねぇ。。。。。



そういえばさっき、「うりきち」覗いてたら、BLOGのコメント欄に懐かしいお名前を見つけましたよ。
2012.08.17 Top↑
8469.JPG

ギターは、私にとって弾くものではなく、眺めるもので

それをつま弾く人の指先を じっと眺めるもので

それが誰であろうと

昔から、昔から

ギターは 私にとって異次元の世界のもので

どうやっても どうやっても

なんだか どうしても

手に触れることができない





こんな ささやかな想いなんて
ほんの数時間後には忘れてしまうんだろう

ましてや 長い長い時間の中では
けし粒みたいなもので


そうやって 忘れてゆくことが
少しでも儚いと思うから

こうやって 形に残したがるんだろう
2012.08.14 Top↑
おはよう
8458.JPG

8451.JPG おはよう


おはよう 8453.JPG


8407.JPG
こんにちは


8453.JPG
           再び おはよう


え? 海?
8447.JPG


8452.JPG 色あせたみどり

しっとり濡れそぼる
8460.JPG



あ・・・・・・・・
8464.JPG







おはよう
2012.08.14 Top↑
今日、車で走っている時、
道端に黄色いひまわりの花が3、4本咲いているのを見つけて
このメロディが自然と頭の中を流れ出した。


「ひまわり」



この曲って、昔の映画の主題歌なんだよね?
実際、映画は見たことないんだけど。

子供の頃にエレクトーンを習ってたんだけどさ。
この「ひまわり」をレパートリー曲(練習曲)として弾いてたんだ。

もちろんその頃は、これが外国の映画の主題歌だなんてこと、ちっとも知らなかったけど(笑)

ひまわりってさ、太陽に向かって咲くってことから、明るくて、前向きで、元気なイメージがあるんだけど。
どうしてこの曲はこんなに物悲しげなんだろ?・・・・って、子供の時はそれが不思議だったんだ。

今はねぇ。。。。。。
映画の内容は知ってるから、この動画の中にある、一面の黄色いひまわり畑と相反するこの哀愁を帯びたメロディが、なんとも言えない気持ちにさせるんだなぁ。




夏ってさ
いつも不思議な景色が見えたり、不思議な気持ちになったりする季節なんだよ
私にとっては。

でも、この暑さが現実世界にすぐに引き戻してくれる。
空想と現実を行ったり来たりできる。


私が夏が好きな理由ってさ
案外それかもしれない(^^ゞ
2012.08.12 Top↑
おおたえみりって、ビョークに似てない?


と、思ってたら、世間でもやっぱり「和製ビョーク」と呼ばれているらしい。


閑話休題

****************************************************************

立秋も過ぎて、スイッチョンの鳴き声も聞こえてくるこの頃

さかごろうはあれからずっとオリンピックばかり見ておりました。
ま、中には睡魔に負けて見逃した試合も数多くあるんですがね。

で、夜な夜なオリンピックばかり見てると寝不足になるので、日によっては夕飯食べたら風呂入って早めに布団に入って・・・とかしつつ。

そんなこんなで、家パソコンの前に座る日がほとんどなく
(えぇ、言い訳ですワ、言い訳 ゞ( ̄∇ ̄*))
気が付いたらもうお盆も目の前ですね。


今回のロンドンオリンピックも日本勢があちこちの競技で頑張ってますねー。
先日のなでしこジャパンの銀メダル。
惜しかったねぇ。
でも、すごい。
銀でもすごい。
メダルをとったということがすごいと思う。

あ、あのね、オリンピック見ながら何気に気付いたことがひとつあって。
それは・・・・・・・・・
ワタシ、もしかして格闘技系の競技が好きなのかもしれない・・・・・と、いうこと。

柔道とか、レスリング、それからボクシングなどの競技を見てると、ほかの競技を見てる時より燃えるのよねー(^^*ゞ
テレビの前でコブシ握りしめちゃったりしてさwww


そそそ
んでそのレスリング
吉田 沙保里選手、それに伊調 馨選手の金メダル3連覇はもう、言わずもがな。

そしてなんといっても小原日登美選手の試合直後の号泣に、こちらも胸を掴まれて思わず涙、涙ですよ。

それから浜口京子選手。あれ、悔しいだろうなぁ。
あの泣き顔を見て、すごくいたたまれない気持ちになったり。


あともう少しでオリンピックも終わりですね。

最後の最後まで、またどんな感動を見せてくれるのか
今から楽しみです。
2012.08.11 Top↑
毎日暑いっすねぇ。

皆さん、水分補給はこまめにとってますか?

ワタクシさかごろうは夏も冬も関係なく、トイレが近くなるほど水分はいつもたっぷりとっております。
もともとお茶が好きだけど、今の季節はやっぱり麦茶が一番おいしい。
そしておいしい麦酒も。


皆さん、水分補給はいいけれど、その中身によっては飲み過ぎに注意しましょう。



そして、
パチンコタイガーのキャラクターは、
なぜトラではなくライオンなのだろうか?

by ローカルネタ



あのね、ウチでは庭の草むしりや庭木の剪定とかって、いっつもダンナにやってもらってるのよね(^~^;)

ここに引っ越してきたばかりの頃、雑草生い茂る庭を見てダンナが

「草むしりが大変だな(--;)」

と言ったので

「雑草だって生きてんだから、伸びたいだけ伸ばしてあげればいいじゃん(・o・)ノ」

と言ったら、「はぁ?(-"-)」って顔して睨まれたことがあった(笑)

コイツに言っても無駄だと思ったのか、普段は不精なダンナが、これだけは率先してやっている。

私に「やって」と、声をかけたことは一度もない。

もちろんダンナ任せではなく、お手伝いはしてるけど。



私は虫や草木をボーッと眺めるのは好きだけど、手入れしたり……っていうのは、どうも…。


いやでもね
整然と手入れされている庭は、そりゃぁハタから見たら気持ちいいもんだよね。
私も、よその庭がきれいに整備されていて、そこにきれいな花でも咲いているのを見れば気持ちいいなと思うよ。

でも、植物や昆虫観察をするには、何も手を付けていないジャングル状態の方がいいのよ。
そっちの方が面白いんだもん。いろんな世界が見えて。

もともとそこに生えていた植物
または、風や鳥などによって運ばれた種がそこに根付き、生えてきた植物

んで、そこを住まいとしながら生きていく虫たち。

あ・・・なかにはカナゲッチョ(カナヘビというトカゲ)もいるけど。

整然と整備された庭ではなかなかみることができない営みが垣間見えるのよ。

これはねぇ。。。。。
毎日眺めていて飽きないよ。\(*^▽^*)/
面白いよ。\(*^▽^*)/\(*^▽^*)/
\(*^▽^*)/\(*^▽^*)/\(*^▽^*)/





・・・・・・・・・・・・・・・・・てなことをダンナに言ったら

「そういう ( ̄- ̄) 問題ではない」

と、バッサリ斬られる。




夏場は草木にとって一番の成長期
6月に草むしり&選定をしたばかりなのに、植物たちは勢いよく思い思いに葉や茎を広げている。



そろそろ草むしり、、、、、かな?
2012.08.02 Top↑
今年の夏になってからさ、ウチの周りにカナブンが飛んでる率が高くて・・・。

カナブンて、あれよ。
羽に光沢があってコガネムシみたいで、飛ぶ時は、蜂みたいに「ブーン!」っていう大きな音を出しながら飛ぶ虫。

で、まぁまぁ大きい。


こないだもさ、朝、洗面所で歯を磨いてる時に、後ろから“ブーン!”っていう音がするからさ。
パッと後ろを振り向いたら、でっかくて黒っぽい虫がこっちに向かって飛んでくるじゃないの。

その羽音からして、てっきり蜂だと思いこんでさ、慌てて歯ブラシを口にくわえたまま台所に避難したのね。

で、少し経ってから恐る恐る洗面所に戻ったら・・・・・・・・・




床の上で、カナブンがひっくり返ってジタバタしてた.............




まるで、カメがひっくり返って、自分では起き上がれなくてジタバタしてるみたいな。
あんな感じ。

(あ・・・蜂じゃなくてカナブンだったのか)
と、ホッとしたと同時に、なかなか起き上がれなくてジタバタしているカナブンをじっと見て

コイツ・・・・・・・・・・・バカなのか?( ̄- ̄;)

と、思った。

一体どういうシチュエーションで床の上にこんな格好で着陸したもんだか。

たぶん、いきおいよく飛んできて、壁かどこかにぶつかってそのまま背中から落下したものと考えられる。


そのままにしておきたくなかったから、素早く紙にそっと包んで外に逃がしてやりましたよ。




という、ある暑い夏の日の出来事でした(^^)/
2012.08.02 Top↑