尼崎の事件

関係者がたくさん出てきて、しかもその関係性が複雑。


なので、それを「サザエさん」のキャラたちに当てはめて解析してみると非常に分かりやすい、という話を聞いた。


なるほど.....
スポンサーサイト
2012.10.29 Top↑
私はこの歌が好きなのかもしれない。

自分が「女」として「人」として生きていくという現実を
この歌を聴くことによって
いつも気付かされるような気がするから

You Tube→エレファントカシマシ/「彼女は買い物の帰り道」


で、最後の方の

 きっと誰かを愛してる

のところは、

やっぱり“あなた”ではなく、“誰か”の方が、しっくりくる。


そう思うのは、たぶん私が女だからだな
2012.10.27 Top↑
朝晩寒い寒いと思ってたら
今日はポカポカ陽気なのねん

お天気の神様ってば
もしかして私を試してるの?(・x・)




なーんちゃってっ!∑(/^^)/



毎朝毎朝、
「今日はタンクトップじゃなくて、ヒートテックを着ようか?
 今日はストッキングじゃなくて、タイツを履こうか?
 今日辺り、もうコタツを出しちゃうか?」

etc.....


と思い悩みながらも、
お昼ごろになると、20度近い暖かさにそんな悩みもすっかり忘れてしまうさかごろうです。

暖かくなったり、寒くなったりするこの時季
皆さん、お風邪などひいてませんか?(^-^)



こないだSION出演の『悪夢ちゃん』
ワタクシ、うっかり見逃してしまいました。
ま、でも20日放映の分の予告はYou Tubeで見たのですが。



「うりきち」にアップされてる、共演の女の子とギター片手に笑っているSIONの写真。
いいですね。いい笑顔ですね。

あーして見ると、なんかホントに親子みたいwww

ほぼ毎回アップされてるたまごちゃんにも癒されているワタクシですが
時々、ああいうSIONの笑顔を見ると、とても癒されます。


やっぱ笑顔って・・・・・

いいもんだなぁ(^^)
2012.10.26 Top↑
今年の残暑は例年にないほど厳しかった。

9月の半ば頃と言えば、仙台も昼間はまだ夏のような日差しが照りつけるとは言え、どこか秋の風が漂い、朝夕にはめっきり涼しくなってくるというのに。
でも、今年は・・・。

いつもね、東京から帰ってきて新幹線から一歩外に出ると、若干空気が冷ヤッ! とするんだよね。
だいたい1、2度くらいの温度差があるから。

だけど今回は仙台のホームに降り立っても、東京と変わらず蒸し暑いまんまだった。

帰りの新幹線が到着したのが22時46分。
そこから地下鉄に乗り換え、家から近い最寄りの地下鉄の駅に着き、そこから約20分ほどかけて疲れた体と重い荷物を引きずりながら、ダンナと二人歩いて家路に着いたのでした。



もともとは野音の抽選がハズれたから、
『どうせ野音に行けないんだったら、普通に東京旅行するかっ!』
と、勢いで行ってしまったこの度の東京行き。

たったの一泊二日という短い期間ではあったけど、今回もなかなか有意義な時間が過ごせて良かった。

やっぱり・・・・・・毎回思うのだけど、知らない街を歩くのは面白い。
特に、その場所に某かの縁(ゆかり)があるという知識を携えてから行くと、尚、面白い。
いや、まっさらならまっさらなりに、新たな発見があるということもある。

今回は、たまにしか会えないエレ仲間さんにも会うことができたし。
思いきって声をかけてみてよかった。

4つ、5つ前の記事で書いた通り、またこの一ヶ月後に再び東京に向かうことにはなったんだけども。


また、来年も行けるかなぁ?
行きたいなぁ。



長々と伸ばし伸ばしで書いてきたこの東京散策記もやっと終わりが見え始めてきました。
これまでのご精読、ありがとうございます。
・。・。゜:・ヾ( ̄_ ̄ )/\( ̄ー ̄)/\(  ̄- ̄)ノ゛・:゜。・。・ドモドモドモ




と・・・・・
終わりは、わりとあっさり( ̄- ̄)
2012.10.23 Top↑
人いきれ多く、モワッとするような暑さが籠る地下道を二人で歩いて行き、無機質な地下鉄のホームに滑り込んできた電車に乗り込み、そのまま上野へ向かった。

なぜ上野へ向かったかと言えば、帰りの新幹線を大宮から乗り込む予定だったので、それなら上野駅からなら乗り換えせずに30分ほどで大宮まで着くだろうとの判断だった。

その時の時間は、18時過ぎだったと思う。
夕飯を食べるにはちょうどいい時間。

いつもさ、帰りの新幹線に乗る時は駅弁でも買って食べようと思っていたのよね。
その時もそのつもりだったんだけど。

でも、大宮へ行くにはまだちょっと早い。時間も中途半端にある。

それじゃあ・・・・・・


アルコール いっちゃう?!(# ̄▽ ̄)/♪☆\( ̄▽ ̄#)


ってな話になったんだよな、確か。
2012.10.23 Top↑
8537.JPG

赤羽のデアのような、ちょっと古めの、でも落ち着けそうな喫茶店に入ったCさんと私。

まずは、やーっとありつけた冷たい飲み物。
Cさんはクリームソーダ 私はレモンスカッシュ
それらを乾いた身体にズズズイッ!と入れる。

プハァー(*^Q^)c[] []q(^Q^*)プハァー (←お酒ではありません)

と、飲み干し、ひとまず落ち着いたところでいろいろな話が始まった。

いろいろな話・・・・・・・・エレカシの話、友達の話。
うーんとそれから、人が生きていく時に生じる様々な感情、喜怒哀楽だけでは表現しきれない人間の機微(きび)など。


まずエレカシの話。
2012.10.21 Top↑
いやいやいや・・・・
きてますワー。

旅行の疲れがとれないままに仕事で残業とか続いちゃったもんだから、疲れがとれなくてさ。

風呂に入れば湯船で頭がコックリコックリだし、腹は下痢るし、頭痛はひどいし。
スナック菓子とかしょうゆせんべいとか、しょっぱいお菓子が好きな私が、甘いクッキーとかをやたらと食べたがったりするし。

身体にきてるワー。
きてますワー。

今朝もハッ! と起きたら既に11時だったワ。
半日終わってしまったよ。


さて!
伸ばしに伸ばしきっている散策記。
ここらでまた続きを始めないとね。

さぁさぁ、では始まりますよぉ。
2012.10.21 Top↑
今まで忙しすぎたんだよ。

曲作りにレコーディング
夏はフェスだし、その合間にツアーやったりして
新曲出せば、雑誌などの取材やラジオなどのキャンペンボーイやったりして

文字通り、身を削って働いてきたからさ。



いい機会だから、しばらくゆっくり休めばいいんだよ。


ね 宮本さん




まぁそうは言っても
毎日どこかでギター持って唄ってたりするんだろーなー
2012.10.17 Top↑
8563.JPG

ただいま。

日曜の朝に出掛け、月曜日の朝に帰って参りました。
今回の東京行きはあまり時間も取れなかったため、東京のどこかへ散策することはせず、あくまで野音のみに行ってまいりました。

そこでですね。。。。。
また今回の旅も野音以外のことなどもあれこれ詳しく書きたいところなのですが・・・。

まだ先月の散策記の方も終わってないのに、またこっちに手をつけ始めると自分の中でてんやわんやになってしまうので。
一番伝えたい、書いておきたい、記録として残しておきたい、LIVEのことだけに集中して、お話しを進めていきたいと思っております。
2012.10.16 Top↑
「暑さ厳しき初秋の候 東京散策記」
まだ途中ではありますが、ワタクシ 再び東京へ行くことになりました。

毎年恒例、エレファントカシマシの野音に行って参ります。


以前、「今年は野音に行かない」って書きましたが、ちょっと事情が変わりまして。


宮本さんの件でエレファントカシマシのLIVEをしばらくの間中止せざるを得ない状況になったことは既にご承知のことと思いますが。

先日10日。宮本さんご本人の強い希望により、今年の野音を開催することになりました。
ただし、宮本さん曰く「少しだけ唄う」ということで。
この件もご存じの方も多いと思いますが。

10日の早朝にこのニュースを見て、とてもとてもとても野音に行きたくなりまして。
でもどうせチケットもないし、かと言って、前も言ったように外聴きはしたくないし。

でも、そのニュースを知ってから間もなく、とあるエレ仲間さんから、
「チケットの宛てがあるので、野音に来ませんか?」
というメールが来てですね。
大いに心が揺れ動いたわけでありますが、なにぶん急な話なもんで散々迷いまして。

・・・・・・・・・で、結局その日の夜、
「野音、行きます。」
と、その方に返事した次第です。


それからはもう、準備に追われてバタバタバタバタ・・・・・。

「行かない」とか言っておいて、結局こういうことになった自分自身に呆れています。



まぁまず、そんなわけでして。



宮本さんの言う「少しだけ唄う」って、どういうステージになるのか皆目分かりませんが。

果たして大丈夫なのか?
でも、こんな心配顔ばかりで客に見られても、宮本さんだっていい気持ちはしないよな。
でも・・・でも・・・


こんな、楽しみと少しの不安とが入り混じった気持ちでエレカシの野音に行くのははじめてです。

とにもかくにも・・・・・・・・
単なる野次馬根性ではなく、今現在のエレカシの姿をしっかりと拝見してこようと思ってます。


それがファンとしての勤め・・・・・・・・・・・・・・・・・・かな?

なーんて思っているから。


それとは別に楽しみなのが、久しぶりに会うエレ仲間の方々との再会。

ま、そのうちのお一人とは、先月会ったばかりですけどね(^^)


では、明日
行って参ります。
2012.10.13 Top↑
先日は、仙台でLIVEを演ってくれてありがとうございます!

またCHABOさんに会えて嬉しい!

またCHABOさんのギターをナマで聴くことができて、
またCHABOさんがギターを弾く姿をナマで見ることができて、
嬉しい!

またCHABOさんの唄の世界に触れるこができて嬉しい!


今日は
お誕生日 おめでとうございます!
   .*・゚☆Happyヾ(^∇^)ノBirthday☆゚・*.


2012.10.09 Top↑
吉原弁財天を後にし、浅草へと向かう二人。

なぜ浅草だったかと言えば、その吉原があった千束から浅草が近いということもあったんだけど、赤羽のデアで話している時、昔PAOでエレカシの4人が水上バスに乗り浅草へと向かう・・・なんて企画をやってたことがあったねという話になり、んじゃぁ。。。

「水上バスにでも乗ろうか?(o゚▽゚)o(゚▽゚*)o ワクワクドキドキ」

なんて話もしてたので。

エレカシの場合は「浅草へ向けて出発」だったけど、逆にウチらは「浅草から出発」ってことにしようか?
なんて話もしてたので。

(でも結局、時間の関係で水上バスには乗れなかったんだけどね。)



2012.10.08 Top↑
浄閑寺を後にし、日本堤・・・今は土手通と呼ばれている道を真っ直ぐ南へ進む。

ここでもまた道があちらこちらに分かれており、どこへ進めばいいのか分からなくなる。
そこで、下調べして覚えていたはずの道を頭の中に描き

こっちだ!\( ̄▽ ̄*)

と、道を進もうとするも、またまたスマホで調べていたCさんに
「いや、こっちだよ(((((((^▽^)/」
と、あっさり否定され、あっさりとそちらへ変更。

この日本堤を歩いて行く途中、真正面にスカイツリーが見えた。
2012.10.08 Top↑
上野から日比谷線に乗り、約数分。
三ノ輪駅に到着。

これから、今回東京散策の二つ目の目的である、元 新吉原へ向かう。

なぜ吉原なのか?

その経緯はごく簡単に『東京散策記 其の六』でも話したけども、時代小説の影響から江戸風俗というものに興味が出てきてさ。
特に廓という特殊な場所は、どんな所だったのか? その片鱗だけでも見てみたいと思って。
しかも、その当時の吉原の道、町割り、構造といったものがそっくりそのまま残っていると知ってさ。
実際に自分の目で確かめてみたくなってねぇ。
2012.10.07 Top↑
後日、ダンナとの会話で。。。。。


(  ̄- ̄)で? 上野に何を見に行ったの?

(^▽^*)蓮の葉っぱを見に行ったの♪

?(; ̄- ̄)ふーん。で、後は?

(^▽^*)それだけ

(; ̄ー ̄)....それだけ?

(^▽^*)そう。それだけ


(; ̄- ̄)...............................................................................................(^▽^*)




いいから ほっとけやっ!
2012.10.07 Top↑
いやもう、すーっかり間があいちゃって。
前の記事からこっち、台風があったり、宮本さんのことがあったりで。
気付けばもう10月なのね。
金木犀の香りがそこらに漂う季節になったのね。


さ・・・んじゃあ、旅の続きを始めましょうかね。。。。。。



赤羽から電車に乗って約10分。
上野に到着。

上野駅周辺も人混みでごった返していた。
2012.10.06 Top↑
60代ってのも 悪くないかもな

なんて・・・・・・
1メートルも離れていない、客席からほんの数センチ高いだけのステージ上で、
縦横無尽に動き回って思いのままにギターを弾いて唄っているCHABOさんを眺めながら、そんなことを思った。


8561.JPG 8559.JPG

2012.10.06 Top↑
憂歌団のドラマー・島田和夫さんが2日、急逝されたそうです。
58歳でした。

三日経った今でも、信じられない気持でいます。
もう、永久に憂歌団のLIVEをナマで見ることができなくなってしまいました。

憂歌団がこの先、もし、仮に、また再稼働するとしたら・・・・・

したら・・・いいな。

なんて、いつもどこかで思っていたので。
残念でなりません。


島田さん
これまでBluesyなリズムをたくさん聴かせてくれてありがとうございます。


憂歌団/「嫌んなった」




なーんか.......
こんなニュースばっかでやだなぁ。
2012.10.05 Top↑
宮本さんが「突発性難聴」と診断されたそうです→日刊スポーツのニュース

今朝7時前、EKDBさんからのメールで知りました。

日常生活に支障がないと言っても、仕事のことを考えると・・・・・。
なにより音楽に携わっている仕事なのに、耳が聞こえにくいってなると。
あー................................................................................

ミヤジ ショックだろうな

そのためにLIVEを中止せざるを得ないってのも、そりゃぁ悔しいよな


活動を休止するっつったって、長い音楽生活の中でほんの一時期のことだろうから。
こちらはのんびり待って、様子を見守るしかないよね。


『どこかでファンの人たちにあいさつしたい』

ってさ。


ただそれだけの言葉なのに、朝から泣かせるなよ、オイ!


エレカシのLIVEにしばらくの間、行けなくなってしまったということよりも
宮本さんや、他のメンバー等の気持ちを思うと痛くてやりきれない。
2012.10.02 Top↑