siberia

宮崎駿監督の最後の作品
『風立ちぬ』
の、中に出てきたお菓子 「シベリア」


羊羹を、あっさりした甘さのカステラで挟んだ素朴な味わいのお菓子です。
ホットミルクと一緒にどうぞ。。。
スポンサーサイト
2013.11.30 Top↑
kaguya

「かぐや姫の物語」
観てきました。

誰もが知っている「竹取物語」のお話に沿いながら、かぐや姫の内面が事細かに描写された画に、ワタクシすっかりかぐや姫に感情移入してしまいました(^^;)

そう言えば・・・かぐや姫ってどんな人なのか。
物語の主人公でありながら、今までこれ!といったキャラクター像ってなかったよねぇ。。。なんて思い返しながら。

映画の中で活き活きと表現されていた、彼女の人生の喜怒哀楽・・・時には楽しげに、時には哀しげに綴られる、少女から大人の女性への成長の過程。
ここら辺がなーんとも言えず私のハートをわし掴みにされてしまったのよねぇ。


よく宣伝文句のように流れている
“かぐや姫の罪と罰”
という言葉。

この罪と罰というのがなんなのかは、ここで言ってしまうとネタバレになってしまうので言えないけど。

ただ・・・かぐや姫にとって、本当にあれは罪なことで、これは罰だったんだろうか?
と、私は思う。

月の世界の住人と地球に住む人間との心理や感覚など比べようもないけれど、この罪と罰はかぐや姫にとって決して「悪いモノ/いけないこと」ではなかったように思う。
悪いモノやいけないことではなかったのなら、それらは一体なんなのか? と問われると、如何せん言葉が上手く見つからないんだけど。

でも無理に安易な言葉で言ってしまえば、それは『美しく、力強く、切なく、悲しく、そして喜びにも満ちた、生きるということ』っていう表現になるのかな。
劇中で流れている、物語の重要なテーマとも言えるわらべ唄が、そんな想いを更に増幅させる。


それにしても、この画のタッチがまるで筆で描いたような、スケッチのような掠れ感のあるこの線画。
これが尚更この映画の温もりを醸し出している。

それに、映画の中にかぐや姫のお世話をする女中/女童(めのわらわ)のキャラも良い!www
こんなしっとりした物語の中で、ちょっとギャグっぽいキャラクターがひょこっ!といるのはいい抜け感だと思う。
あと、月からの使者が迎えに来る場面で、使者たちが奏でる音楽も独特で、別れの場面になるBGMとしてはそぐわないほど明るくて、どこかアジアっぽくて。
あのBGMはもっと聴いていたかった(笑)

映画のラスト。
天女の羽衣をかけられ、地球で過ごした思い出を全部消し去られてしまったかぐや姫。
月に帰る途中、そっと振り返り地球を見つめる目に一筋の涙がこぼれていたのは、なんの涙だったのか.....。
記憶を消されてしまっても、某かの想いがあのわらべ唄と共にかぐや姫の心に残っていたのだろうか。

『かぐや姫の物語』の公式サイトは→こちら
2013.11.24 Top↑
去年の今頃。
約一年後にエレカシの新曲が聴けるだなんて誰が想像したでしょうか?

野音を皮切りに続々とエレカシの4人、そして宮本さん個人でのお仕事がゾクゾクと増えてますが。

宮本さん
いくら良くなったからと言って、そんなに突っ走っちゃって大丈夫なんでしょうか?



えー・・・本日、エレファントカシマシNEW SINGLE 発売。
お休み中に曲をたくさん作ったって言ってたけど、この度世間に発表されたのは、

『あなたへ/はてさてこの俺は/この円環のなかを』


。。。。。の、3曲。


「あなたへ」は、野音で聴いてブログで簡単に感想も書いたし。
その後テレビでブイが流れるようになってからも何度か聴いたし。
「はてさてこの俺は」も、野音で二度。
その前のドキュメンタリーフィルムでも聴いているし、これもまたブログで感想書いたし。


というわけで、まだちゃんと聴いたことのない「この円環のなかを」・・・・・の、感想などを簡単に。

“これはね、BLUESなんですよ”
と、インタビューで宮本さんが言っていたけども、実際はどんななんだろう???

と、実はあまり期待をしないでいた。

っていうのもさ。
以前、アルバム『昇れる太陽』が発売される時に、この中に入っている「ジョニーの彷徨」のことを、やっぱり宮本さんが
“これはブルースで・・・”
と、言って解説してたんだけど、実際聴いてみたら全然そんなことなくて、
(どこがBLUESじゃっっ!!(▼_▼#))
って思ったことがあったから。

でも、「この円環のなかを」は、きちんとBLUESの形態になってた。
曲聴きながらカウントとって数えてみたら、ちゃんと12小節の形式になってたから。

それにしてもこれ。
ギターの音色がいいっスね!

曲のイントロ部分で入っているギターは(またまたやっぱり宮本さんの話によると.....)石くんらしい。
なので、左のイヤフォンから聴こえるのは石くんギター。
そうすると、右から聴こえてくるギターは誰が弾いているんでしょうか?

あと歌詞でさ、「会議」と「懐疑」っていう。
言葉遊びも面白い。
歌詞の意味なんて、この曲の場合あまり深く考えなくてもいいような気がする。

この曲をLIVEで演るとどんなふうに聴こえて、どんなふうに感じてくるのか。
密かに楽しみです。。。


早くナマで聴いてみたいナァ~。
2013.11.20 Top↑
ドキドキする 緊張する 笑ってしまう
頭・・・頭・・・その頭、なんとかならないのか
あ・・あ・・・・更にグシャグシャするな

立つな! 立つな!

テリーさんと勝谷さん、ずっと苦笑い
トミも苦笑い

そっスね ボディアクションすごいですよね


いつものことだけど、緊張しすぎて質問とどんどんかけ離れたことを喋り続けて行く宮本さんと、地蔵状態の三人の落差ときたら。。。


なんだ
最後に演奏するのかと思ったらしないのか。

いやでも、演ってもらっても、ちょっと嬉し困ったヤメロよー! って思っちゃうけど。


『メンバーの皆さんも古墳に興味があるんですか?』

・・・・の質問に、三人のお互い顔を見合わせた微妙な表情www



ずーっと緊張して、ずーっと笑いっぱなしだった。



朝からテンション上がったけど
朝から心臓に悪いわ

エレカシ、メンバー全員テレビ生出演
しかも朝の番組で。。。。。



以上
朝の番組「スッキリ」に生出演したエレファントカシマシの様子をテレビで観た感想でした。

加藤さん、テリーさん
なかなかいいツッコミをありがとうございます。
2013.11.18 Top↑
16時08分 東京発
台風の影響を受けることなく、予定通りの新幹線に乗り込んだ二人。
仙台に着くまでの約2時間。寝て過ごして少しでも旅の疲れをとっておこうと思ってたのに。。。。。
お菓子食ったりメールしたりしてて、結局一睡もせずに帰宅タイムを過ごしてしまったのでした。

新幹線に乗っている最中、どうやら台風は仙台も通り過ぎたらしいという情報を知る。
どうやらこれで、仙台に着いた途端、またあの荒れ狂う暴風雨・・・・・(↓回想図)

台風ξ/ξ/ξ三゛(ノ><)ノ゛(ノ><)ゝ ヒィィィξ/ξ/ξ/18ゴォーッ!!

・・・・・・・に、見舞われるということはないな、と、ひとまずホッとする <(; ̄ ・ ̄)=3 フゥ...

ふと、外の様子を窓から覗いて見ると。

uu 空が紫色に.....
2013.11.12 Top↑
赤羽駅を出て上野駅に着いた頃。
空模様はだいぶ落ち着いてきたけど、まだ灰色の雲がどんよりと空を覆っていた。

コインロッカーを探しつつ、新幹線の運行状況を確認する。
ひとまず通常通り運行している様子。
駅の構内を歩いている途中、階段で座り込んでいる人たちをたくさん見かけた。
ダイヤの乱れによって、否応なく電車待ちしている人たち。
みんな、表情はどこか疲れきったような、諦めているような。
ついさっき新幹線の通常運行を確認したばかりだけど、その座りこんでる人たちを見て、またぞろ不安が起き上がってきた・・・・・・・・・けども。

そんな不安はひとまず置いといて ( ̄ω ̄=)ノ”ポイッ!



まずはダイオウイカに会いに、博物館へ れっつらごー!(=^▽^=)ノ
2013.11.10 Top↑
どーにもこーにも仕事が忙しくなってきて、一晩寝ただけじゃ疲れもなかなか取れないよー!

休みたいけどどーしても休めない時は栄養ドリンクでも飲もっ!
と、思い、冷蔵庫から冷え冷えの栄養ドリンクを飲んだらお腹がグルグルピー!と鳴りだし、そのままトイレへ直行した次第。

少しでもエネルギーチャージを、、、
と思って飲んだのに、冷え冷えの栄養ドリンクなんて飲んだもんだからお腹冷やしちゃって、かえってゲッソリとしてしまいまい、なんだかなー・・・・・・の日々を過ごしておりますさかごろうです。ども、ども (。-_-)/☆


えーーー、さて。
お話は9月15日、宴が終わって帰りの電車の中で撃沈したところで終わってましたね。

では、そのつづき。
16日の朝から始まります。
2013.11.10 Top↑
時は流れに流れて、早や11月に突入致しました。
今年もあと二ケ月足らず。
毎回言っとりますが、ほーんと月日の経つのは早いですねぇ。

そしてそして、、、
前回の散策記から既に十日以上も経ってしまいました。
あれから平日も休日も忙しくしとりまして、なかなか家PCに向かう暇がありませんで・・・。いやいや申し訳ない。

それにしても、一体何人の方がこれを読んで頂いてるのか見当もつきませんが。
さ! また、散策記の続きに入りますか。。。


2013.11.03 Top↑