今日、ダンナと二人で街まで出掛けた。
いつもは車で行くんだけど、今日は自転車と地下鉄で。

と、地下鉄の駅に着いた時、ダンナが言った。
「あ! 携帯忘れた( ̄- ̄)」

「ん? あ、そうなの?」と、私。
「あ! 私も携帯忘れた!( ̄▽ ̄*)」

ハハハハハハハハハ(* ̄▽ ̄)ハハハハハ( ̄▽ ̄*)ハハハハハハハハ


じゃ、行くかっ!!

携帯を持ってなくても、さして不安も感じない二人はそのまま地下鉄へ乗り込んだとさwwwww


でもさ、だいたいウチのダンナはメールできないもん。
だって携帯のメルアドっていうものを生まれてこのかた取得したことがないから。
でも仕事ではメール使ったりもしてるんだよ、パソコンで。

『電話(携帯)は、ただ通話できればそれでいい( ̄- ̄)』

って人だからさ。
これでも会社では毎日Macを使って仕事してるんだけどねぇ。

休日に一人で車で散歩に行くときだって、
「監視されているような気がするから」
っていう理由で、必ずと言っていいほど携帯を家に置いていくし。

携帯を持つ意味がない................


そんなだから、「通話できればいいから余計な機能はいらない」
と言うことで、ダンナが持っている携帯は年配者が使うような、文字が大きく表示されるいたってシンプルなもの。
「余計な機能はいらない」
という条件を満たすもので探してみたら、結局年配者が使うような携帯になったというわけさ。

そういえばこの携帯をお店で買う時ね、たまたまその時季、5月の母の日が近かったせいか、店内には
「母の日には携帯を贈ろう」
みたいなキャッチコピーが貼り出されててさ。

ダンナが年配者用の携帯を手にとって物色している時に店員さんが寄ってきてさ

「お母様へのプレゼントですか?(^▽^*)」
と、声をかけてきたから、ダンナは

「いえ・・・自分のです( ̄- ̄)」
って、言ったのね。

店員さんの顔、一瞬引きつってた(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なーんてことがあったよ。


まったく、自分に興味があること以外は、ほんっとにどこまでもムダ(自分にとってのムダってことね...)をなくそうとするからなぁ。
スポンサーサイト
2010.09.11 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1038-4ee62369