「森崎書店の日々」
っていう映画、観てみたいな。

でも、こっちの方じゃ上映してないんだね (なーんだ.........)


「森崎書店の日々」公式サイト


2週間ほど前の日曜日。
ダンナが仕事の資料として、図書館からデザイン関係の本を数冊借りてきた。
なにやら一つ大きな仕事が入ってきたようで、家に帰ってきてからも資料をパラパラめくり、自分が必要と思うページに付箋を貼ったり、メモ用紙になにやら書いたりしている。

でも、ずっとそればかりやっているというわけではなく、一通り終えるとまた、気分転換のためいつものようにネットを始めるのである。

ここんとこ家に帰ってくるといつもそんな感じだから、
私が
「どんな仕事が入ってきたの?」
と、ダンナに聞いてみるのだが、なぜかいつもイヤがって絶対に答えようとしない。

なので、
「なんでそんなに聞かれるのがイヤなの?」
と、理由を聞いても、それも答えない。

だったら、私の目に付く所でデザイン本を開いたり、何やら書いたりするなよ!

とも、思うのだが。。。。。。。。



ここ一、二年ほど、ダンナは東京へ行っていない。
古書店巡りが好きなダンナだから、もしウチらが東京に住んでいたなら、ダンナは毎週のように神保町へ通うことだろう。


来年は、二人で東京に行けるといいな。
スポンサーサイト
2010.10.08 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1057-ffa260e4