ダンナの頭の臭いをかいで、寂しさをまぎらわす。

決していい臭いじゃないけど、かぎ慣れた臭いだから妙に安心する。


いや別に臭いフェチではないよ( ̄▽ ̄;)


人それぞれに、その人の臭いってあるよね?

いい臭い、くさい臭い
とかっていうんじゃなくて、
かいだだけで「この人!」って分かるような。
その人の個性まで分かってしまうような。


まあ、ハタから見たらオカシイのかもしれないが、というかオカシイんだろうけど、こうして時々ダンナの頭の臭いをかいで安心感を得ることがある。

でも、頭の臭いはかいでも、足の臭いはかぎたくはない。


決して……。
スポンサーサイト
2011.02.07 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1149-4d474d5f