7824.jpg

去年の暮れ、ZEPP SENDAIから数えて、約半年ぶりのエレファントカシマシのLIVE。

半年ぶり!
半年ぶりにあの人たちの仕事ぶりが間近で見られるよ!

とにかく嬉しかった。

でも「半年ぶり!」とは言っても、長いこと待った...という感覚でもない。
かと言って、まだたったの半年か...というんでもない。

そのどちらでもない。

なんかさ、いつもどこかしらであの人たちの姿を見かけてるから、それがなんとなく当たり前のようになってきていたけど、実際にナマで会えるのは今年になって初めてなんだな・・・・ということに、ちょっと驚いてる。

そういう感覚。



6月3日(金) 天気:晴れ LIVE会場:仙台Rensa

本来なら、今回の会場は「東京エレクトロンホール宮城(旧:宮城県民会館)」で行われる予定だったのが3月11日の震災で損害が大きく、急遽、4月に出来たばかりのLIVE HOUSE「仙台Rensa」で執り行われることになりました。

そしてこの日はUSTREAMでLIVE中継が行われるということで、エレカシファンはもちろん、そうでない方たちの中でこの日のLIVEを目にした人はたくさんいらっしゃるんではないでしょうか。


それにしても、なーんで仙台が選ばれたんだろか?

やっぱ震災後、初の東北でのLIVEだからか?

いやでも、いままでエレカシのLIVEを目にしたことがなかった人たちがこういう機会に観らるれというのは、ファンとしても嬉しい。

それでは、どんなLIVEだったのか?

今回こういうわけで、ほかのみんなも昨日のステージ見てるからレポ(・・・らしきもの)は書かなくてもいいかな? とも思ったんだけど。

でも私には私だけが感じたエレカシがあるからね。
「さかごろうはこんなふうに思いました」
というのを拙筆ながら、またまたここに記していこうかな、と。

ということで、場面は開場後、ビルの7階にあるLIVE HOUSEへ入ったところから始まる。


もともとの会場「宮城県民会館」でのチケットをそのまま有効ということで、本来なら県民会館の6列目の席だった私。
そのチケットの列の順に会場入り。

例の如く、客席の一番前を狙ってたのだがやはりそれはムリ。
だいたい前から5、6列目、石くん側の場所を確保。

会場の中は、ステージ、客席とも狭い。
狭いけど、その分メンバーの姿がすぐ近くで見られそうな、そんな距離。

開演時間の19時。
やっとスタッフさんたちが出てきて楽器の調整が始まる。
いつもの顔なじみのスタッフさんたち。

あの、いつも石くんや昼海さんのギターを担当しているスタッフさんが、今回も二人のギターを調整。
そして、丹下さんも宮本さんのギター、そして成ちゃんのベースを調整。
更に、今回昼海さん同様、エレカシをサポートしてくれるSunnyさんのキーボードも。


いつもエレカシって、開演時間、おすんだよね。
この日も開演時間は本当は19時からだったのに20分遅れでスタートだったしさ。

サウンドチェックも終わり、スタッフさんの一人が客席の後ろ側でスタンバっている他のスタッフさんたちにライトを照らして始まりの合図をする。

ふいにステージも客席も暗転し、暗闇の中メンバーが向かって右側から現れる。
徐々にステージが明るくなってメンバーの姿が見える。

と、同時に、またまた始まりましたモッシュ状態が。
でもお陰でそれまで5、6列目だったのが一気に3列目に。

でもぎゅうぎゅう詰めで、はっきりいっていぐるじぃ~......。

成ちゃんの赤いベース。
それまでさんざんネットやなんかでしか見たことなかったけど、やっとナマで見れた♪

その成ちゃん、今日も黒い帽子を被ってる。
トミ、グレーT
石くん、いつもの紺色Tに、いつもと違った少し色の薄いジーンズ。
宮本さんはいつもの白シャツ、黒パンツ、黒ジャケね(^^)

昼海さん、長い髪をひとつにたばね、メガネをかけている。
Sunnyさん、RO69でも見かけたグレーのシャツ。


さてさて、それで1曲目は?


いや、もう分かってるんだ。
今回のツアーの1曲目は「moonlight magic」だってこと。

宮本さん、軽く客席に向かって一礼してからギターを弾き始める。
途中からSunnyさんのコーラスが被さっていく。

噂で聞いてたけどさ、このSunnyさんて歌うまいねぇ~。
宮本さんの声とのハーモニーが見事だったよ。

でね、今回は石くんとトミの姿がいつもより間近で見られたよ!

特にトミのドラム姿は滅多に見られないからとても貴重だった。
いつもは宮本さんの影に隠れてたり、トミの姿が見えても客席から遠すぎて小さくしか見えなかったりで。

トミってさ、曲の間、ドラム叩いてない時でもリズムに合わせて身体を揺らしてるんだね。
んで、ほかのメンバー同様、後ろから宮本さんの一挙手一投足をジッと見てるんだね。
腕、相変わらず逞しいね。
トミのドラムは力強いね。


そんなトミの姿が見ることができてホント、こぉーれは感激だった。

あと、石くんのギターを弾く姿も近くで見ることができた。
やっぱさ、いつもは動画とか見ても宮本さんの姿しか映らなかったり。
メンバーの姿が映っても手元まではなかなか映さないからね。
これも嬉しかった。

やっぱ石くん、ギター上手いよ。
これは胸張って言える。

石くんはギターが上手い!


あ!( ̄□ ̄;)
ついついハナシが逸れてしまいましたが............


2曲目
宮本さんがギターをつま弾く。

あ! これは! あの曲だ!
「脱コミュニケ-ション」

この曲にふさわしく、赤いライトが照らし出される。


3曲目
「悲しみの果て」

スタンダードな曲を持ってきたな(^^ゞ
この曲はさ、後半の成ちゃんのベースがとてもメロディアスなんだ。



もうこの時点で、私は汗ビッショリ。
たぶんステージ上の6人よりも汗をかいていたと思う。

だって相変わらずギュウギュウ詰めの状態で周りの人たちと一緒にワサワサ動いてたもん。
リズムに合わせて。

・・・・・・・・と、ここでMC
『今日は今日しかないんだぜ エブリバデー!』
とか、そんなこと言ってたような気がする。

んで、ブツブツと『古い曲で・・・・なかなか大きな歌詞かな? と思って選んでみました・・・』

古い曲?
なんだろ? なに演ってくれんだろ?( ̄▽ ̄*)ワクワク。。。

そして、昼海さんの最初のギターの音で、ワタシ 思わず拍手!


 ベランダに飛んでくる雀のそのかわいさに
 微笑むものだろうか 羨むものだろうか


4曲目
「うつらうつら」
ワタシ 最初から最後まで口パクで唄ってました。
エピソニ時代の曲を、今のエレカシが演ってくれると嬉しいんだよね。
思わず口パクで唄っちゃうのよね。


5曲目
「かけだす男」
この曲は、宮本さんが唄っている間の、石くんのギターの音色をずっと聴いていた。


6曲目
「旅」

 うぉれの心に灯を灯っすぅ!

 キター!(゜▽゜)

間奏で「ギター! ミッキー!」 昼海さんがギターソロ
そのあと、「ギター! オレー!」 宮本さんがギター弾く

さすが総合司会(^-^)

ここでメンバー紹介

キーボードSunnyさん「すごいプレーヤーです」
オンベース成ちゃん「今日もダンディに決まってます」
オンドラムストミ「パワフルドラム トミ 義之! 頼りになる男」
ギター石くん「相棒です」と言って、石くんの片腕を持ちあげる
「これやんないと悲しがるんで.....」 ハハハ( ̄▽ ̄*)ウソをつけ!
そして、ギターミッキー昼海幹音「ツアーのしょっぱなから参加してくれて、すごいプレーヤーです」
ラスト 「総合司会の宮本です!」


7曲目
「ハロー人生!!」

これも好きな曲。
昼海さんと石くんの「ハロー! じんせぇーい!」のコーラス。でも実際はよく聴こえなかった.......。
成ちゃんも言ってたのかな?
私のところから成ちゃんの姿はよく見えなかったんだけどさ。

ここら辺で、宮本さんの髪の毛が汗でグッショリなことに気付く。
いや、それ以前に、トミのグレーTシャツの汗染み具合でその熱さが伝わってくる。

8曲目
「何度でも立ち上がれ」
突然始まった・・・という感じの次のこの曲。
アルバム「DEAD OR ALIVE」から。


アコギを抱えた宮本さんが、石くんにバトルを持ちかける。
内心(あー・・・また始まった(^^;)と、思いつつ、実は相当ワクワク。
勝敗は目に見えてるが・・・・が?

あれ? あれ?(汗) 宮本さん、ギターうまーい!(←プロに対してものすごく失礼な発言)
石くんほどじゃないけど、宮本さん、ウマイよ!

この曲でも石くんコーラスやってたけど、これもよく聴こえず。

あの、ハモる・・・というより気合で叫ぶという感じのコーラスをナマで聴きたかったんだけど・・・(*^^*)

9曲目
「いつか見た夢を」
石くんも顔じゅう汗びっしょり
成ちゃんも汗かいてたか? 息してたのか?

この時の曲の印象は、メンバーの汗かき具合に気を取られて、もはや覚えておらず(汗)



曲が終わり、宮本さん、パイプ椅子の背もたれに腰掛ける。

お! あの曲演るのか?♪(゜▽゜)

10曲目
「珍奇男」

思ったとおり(^^)v

これのさ、この曲のさ、アコギからエレキに替えるところが好き。

さぁさぁ! これから!
これから盛り上がりますよォー!!!
って、言われているようで(笑)

曲を聴きながらね、ユーストリームで見ている人たちにもこの曲の良さが伝わればいいなーって思った。
これは、ただの変な男のことを唄った曲ではないんだよ?

この時の「珍奇男」はよかった。

それにしてもいつも思うのだが、パイプ椅子の背もたれに座ってよくコケないなぁ・・・って(笑)
感心するよ。

そういえば、成ちゃんがいつもより100倍もかっこよかった!!!
(たかみどりもおっとっと!)

11曲目
「OH YEAH!(ココロに花を)」
ここでもSunnyさんのコーラスが華を添える。



そして、次の曲。

宮本さん:「アルバムに入っていない曲を発見しました・・・・いい唄なんで、びっくりしました、自分で・・・・30回ぐらい聴きました。
仙台のみんなに聴いてもらいたくて、選んできました」

へぇ・・・なんの曲だろ?(゜-゜)

宮本さん:「ま、別に、いいんだけど・・・・ゴニョゴニョ・・・・・余計なこと言っちゃった・・・ゴニョゴニョ」

へ? 意味わかんない。なんで? なにが余計なことなの?(゜▽゜;)

と、こちらがワケ分かんないまま始まったのが・・・
12曲目
「旅の途中」

あれ? この曲アルバムに入ってなかったっけ?

って、最初思ったけどね、曲を聴いてくうちに、あぁ、そうだった、これアルバムに入ってなかったワ・・・って思い出してさ。

どうしてこの曲を選んでくれたのか分からないけど。
いい曲ですよね、宮本さん。
ありがとう。


13曲目
「明日への記憶」

14曲目
「赤き空よ!」
なんだか聴いたことのないイントロだな・・・と思ったら「赤き空よ!」だった。
そういえば、CDじゃイントロなしで、いきなり唄から始まるもんな。

唄い出してしばらくしてから、宮本さん、ステージの右端と左端へ。。。
丹下さん、コードを操る。
石くん、そんな宮本さんを見て、一瞬ニヤッとする。

(またこの人は何をやってるんだろ?)
と思いながら見てたけど、あれは端の方の人にもよく見えるようにっていう、宮本さんなりのサービスだったのかも。


「唯一の弾き語りの曲。散歩の唄を聴いて下さい。」
と言って始まったのが・・・・・
15曲目
「夜の道」

他のメンバーは、じっとうつむいて、音の振動で自分の楽器の音が出ないように手で押さえながら、俯き加減でじっと唄を聴いていた(・・・ように見えた)。

宮本さん、唄い終わり、寒くなったのかそれまで脱いでいた黒ジャケを着る。
すると客席から男の人の声で「暑くないの?!」の声が・・・。

宮本さん、その声、無視(笑)

16曲目
「幸せよ、この指に止まれ」

石くんのスライドギター・・・・・いや、スライドブリージャーが冴え渡る。

あのスライドブリージャーを使わないで弾いている時、あれをどこに置いてるのかな? と思ってよくよく手元を見ていたら、右手に持ったまま弾いてたのね。
で、スライドブリージャーで弾く時に、サッと左の薬指にハメて弾いてたのね。

ま、そんだけの話なんだけど、いっつもLIVEの時どうしてんのかな? って思ってさ。


爽やかな曲の後、ステージが暗くなって雷のような音が聴こえてきた。

あ! いよいよあれか?
悪魔メフィストか???

17曲目
「悪魔メフィスト」

最初のギターリフは昼海さんが弾いてた。

あのー・・・。
ちょっとね、期待はずれだったかなぁ。。。(汗)

なんかCDのようなまとまりがあんまなかったような気がする。

で、CDに入っている、あの裏声高音はさすがにムリみたいだった。
あの部分、声を振り絞って唄ってる宮本さん見てさ、「ノド、痛めないかな?大丈夫かな?」なんて思ってしまった。

いい曲なんだけどなぁ。

この時、宮本さん、白シャツのボタンを引きちぎってた(笑)
そして、曲が終わると放心したようにギターを床に放り投げて・・・いや、放り置いて、さっさとステージ袖へ引っ込んでしまった。
ほかのメンバーも続いて引っ込んでいく。

あ・・・もう本編はこれで終わりなのか。
って、ちょっとビックリ。
なんだか短いような気がしたからさ。


しばらくアンコールの拍手が続いたあと・・・・・・出てきました♪(*^▽^*)


アンコール*******
18曲目
「俺の道」

さっきあれだけ声を振り絞って唄ってたのに、まだこんなに唄えるのか?
と、今更ながら驚いた。

やっぱりこの人はノドが強いんだな、と。

宮本さんは、時々後ろを振り向いて、他のメンバーに「もっと“気”を上げろ!」 とでも言いたげに、両手のひらを上へ上へとジェスチャーをする。

ものすごく力強く。
唄声も力強く。

なんでそんなにアンタは力むんだ?

と、問いたくなるくらいに。
そんなんだから、見ているこっちまで力が入ってくる。

ただでさえ好きな曲聴いて力が入ってるのに。


19曲目
「はじまりは今」

あぁ、そうだ。
この曲の時、なーんか「もしかして、音程はずれてる?」って思ったの。
全体的に。
宮本さんも、石くんも、成ちゃんも。

それと、間奏の石くんのギターソロの時、最後の一音だけ違う音が出て、石くん一瞬「しまった!(゜-゜;)」って顔してた。

でも、曲調とハズれた音ではなかったからそのまま違和感もなく進んでたけど。

あ・・・。
決してケチをつけるつもりじゃないんだけど、この曲を聴いてた時にちょっと気になってしまったもんだから。


私の思いすごしかもしれん。



で、曲が終わってこの次なんだけど。

石くんが次の曲のためにギターを持ったんだけど、またハズして、空手(からて)のままで宮本さんとこジッと見てる。
それでスタッフさんに何事か話してる。

宮本さんも、トミやSunnyさんに何か話してる。

一体何を話してるのか全然聞こえなかったけど、どうやら予定外の曲をやるらしい。

エレカシにはよくあること。。。。。

して・・・・・何を演ってくれるんだろ? と待ってると、宮本さんがカウントを取り始めた。

そして始まったのが

20曲目
「絆」

とてもとても丁寧に唄ってた。
歌詞をちょっとアレンジして(^^)
ちょっと怪しいところもあったけど(^^;)

人それぞれのココロ!
人それぞれのカラダ!(←で、ちょっとガニマタになる(笑))


21曲目
「星の降るような夜に」

あ! そういえば、成ちゃんとこを前に出そうとしてたのはどの曲の時だっけ?

この曲の時、なぜか石くんを真ん前に出して弾かせてた。

そして、確かこの時かな? 宮本さんが私が観てる真ん前辺りに来て唄ってたのって。


22曲目
「FLYER」

「OK! トミっ!」
の、掛け声でこの曲が始まった。

うーん。。。。。
やっぱこの曲はトミ兄ぃのドラムが力強いなぁ(´▽`*)

「ドーーン!と行け! えぶりばでぃっ!」


23曲目
「ファイティングマン」

私の好きなギターだ!(^^ゞ
ファイティングマンだ!

 黒いバラ 取り払い
 白い風 流し込む
 オーイェー!!

 自信を全て失っても
 誰かがオマエを待ってる

 オマエの力 必要さ
 オレを オレを 力づけろよ

「分かるか? 全員 ファイティングマーン!」

よく分かるよ、宮本さん(^-^)



ここで、メンバーまた引っ込む。
でもまだ客電が付かないからまたこの後も出てくると思われる。


そして・・・・出てきました♪(*^▽^*)

トミのTシャツが、色濃くなってる。
最初、別のシャツに着替えたのかと思ったけど、ただ汗が染みてシャツが濡れてるだけだと気付く。

アンコール*******
24曲目
「今宵の月のように」

曲に入る前に、またメンバー紹介
今度はサラッと。


25曲目
「俺たちの明日」

この曲聴きながら、この日、宮本さんがセレクトしてくれた曲たちの意味をちょっと考えてたりして。
気が付いたら、心の中でメンバーに向かって「ありがとう!」と言ってたな。。。。。。



今回、生中継ということで、宮本さん変に緊張してカメラを意識しちゃったりして、LIVEがグダグダになりはしないかとちょっとだけ心配してたんだけど。

始まって数秒でその心配は吹き飛びました。
いつもどおりの、いつもどおりの宮本さんで安心した。


あのーエレファントカシマシってさ。はっきり言って見た目はかっこわるいのよ、他のバンドと比べてしまうと。
あ! これは私だけがそう思うことなんだけど。

はっきり言って、かっこわるい。ダサイ。
LIVE映像を見ていても、
「ウワっ! ダサッ!(^^;)」
って思う瞬間がいくつもある。

それだけに、あの生中継でエレカシをよく知らない人が、エレカシの良さをどれだけ知ってくれたのか?

伝わればいいなーと思って。

外見だけじゃなくて、唄と、そしてその心をどこまで見てくれたかなぁっと?
伝わってくれてればいいなーって。

心底、そう思った。

*************************************************************************

セットリストは、EKDBさんのところに掲載のものを使わせて頂きました。
以下、6月3日 仙台Rensaのセットリストです。

1 moonlight magic 
2 脱コミュニケーション 
3 悲しみの果て 
4 うつらうつら 
5 かけだす男 
6 旅 
7 ハロー人生!! 
8 何度でも立ち上がれ 
9 いつか見た夢を 
10 珍奇男 
11 OH YEAH!(ココロに花を) 
12 旅の途中 
13 明日への記憶 
14 赤き空よ! 
15 夜の道 
16 幸せよ、この指にとまれ 
17 悪魔メフィスト 
18 俺の道 アンコール1
19 はじまりは今 アンコール1
20 絆 アンコール1
21 星の降るような夜に アンコール1
22 FLYER アンコール1
23 ファイティングマン アンコール1
24 今宵の月のように アンコール2
25 俺たちの明日 アンコール2
スポンサーサイト
2011.06.04 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1235-0438bfd6