話は少し戻って。。。。
開場時間になり、自分の指定席に着いてSE聴きながらボーッとしてた時に
えっと~・・・・・
あれ、最初にえぼりさんがエレファン仲間の誰かを見つけたんだったかな?
私たちが座っている隣りの列段の、左斜め前辺り。
えぼりさんが

「あ! ○○さん!」

って言ったので、私もそっちの方向を振りかえった。
そこには私の知らない人たちが何人かいたんだけど、その中にモッチさんの姿を見付けて

「あれ? モッチさんもいるよ?」

って言ったら、あ、ホントだ(^▽^*) ってえぼりさんが言ってそちらの方へ声掛けしに歩いて行ったんだな。
んで、向こうの方で
「アラバキの時はどーも!」
なんて挨拶が微かに聞こえてきてさ、ワタシ遠くでそれを見ながら「ウフフ。。。(^^)」なんて笑ってたんだけど。

そしたらえぼりさんが私の方を指しながらモッチさんに何か言ったので。
たぶん、「向こうにさかごろうさんもいますよ」って言ってたのかな?
えぼりさんに何か言われて、モッチさんが私の方を見たら パッ!と顔が輝いたので(笑)

私も「ハ~イ!」ってな感じで手を振ったら私のところに来てくれてさ、いきなりハグされちったよ(笑)

約一年ぶりの再会だもんね。

そこで二言三言、言葉を交わして
「んじゃ、あとで・・・」
と言って、モッチさんは自分の席に戻っていかれました。



そんなことがあって、そしてLIVE後。

新曲の告知が書かれたフライヤーを手に、会場から流れ出る人の波の中でモッチさんとそのお仲間の方と喋りながらエボリさんと共に公園内に出た。

あらかじめね、彼女から「LIVE後、よかったらLIVE後にご飯どうですか?」と、お誘い頂いてたので。
お誘い受けることにしてたのね。

ご飯と言ってもモッチさんだけでなく、他にも私の知らないエレファンの方たちも一緒だということだし、それもその時の状況次第で何人集まるかは分からないけども・・・ってな感じでね。

んでまぁ、私はこの通り人見知りな方なんで(笑)
モッチさんは、私のその人見知りで知らない方といきなり顔を合わせるのはどうも・・・・・(汗)
なんていう困った性格をよく理解してくれた上でのお誘いだったんでね。

せっかくだから受けることにしたのよね。

こういうことは何も今回が初めてじゃないし。
今までも何度かこういうことがあって、知らない人でも実際顔を合わせて同じものを食べたり呑んだりしてると存外楽しい! って経験もしてるしさ。

今回もそれを期待して「せっかくだから楽しんじゃおー!」なんて、緊張しながらも気軽な気持ちでいたのよね。

で!
実際に集まったのは総勢9名。
全員、女子。
年齢層も20代、30代、40代と幅広く(笑)

モッチさんの誘(いざな)いで、女子9名は思い思いのテンポで足を運び、日比谷公園を抜け、新橋方面へ向かう。
向かう途中、初めてお会いしたSさんという方とトム・ウェイツの話をしたりして(^m^)

まさかエレカシの野音の日にトム・ウェイツの話ができるとは・・・。

夜の東京の街を、どこをどう歩いたのか?
ただみんなにくっついてただけなのでさっぱり分からないけど、やがてどこぞのオシャレな居酒屋に着き、個室に通され、皆で揃って祝杯をあげました。


それでね
楽しかったのよぉぉぉぉぉぉ!!!
その呑み会が。

まず、一人ひとり自己紹介から始まって、その日のLIVEの模様をみんなであれこれあれこれあれこれ。

あとはそれぞれなんとなく三々五々、それぞれ話を咲かせていたり。
でも時々、一人の人が話を始めてそれをみんなで聞き入ってるという状況があったり。

でさ、ワタシ初めて会う人たちがほとんどだったんだけど、お名前・・・というかハンドルネームを聞いてみたら、WEB上のどこかで聞いたことのある(見たことのある)人たちばっかりでね。

あ! この人が○○さんなのね(^▽^)!

ってな発見があったりしてさ。

あと嬉しかったのはこのBLOGを見てくれている人が何人かいたこと。

いや~。。。
嬉しかったけど、それ以上に恥ずかしかった(^~^;)
・・・ってことは、最近書いた、あんな記事やこんな記事も見てたのかな?って思ったらさ。
実際に見てくれている人と顔を合わせると恥ずかしいもんだね(苦笑)



しかしさあ・・・・・・・・。

野音の感想をみんなで話してたけど。

今日の野音の雰囲気は全体的に落ち着いててよかった とか
宮本さんは後半バテ気味だった とか
今日の成ちゃんは今までになくベース弾いてる姿が激しくて、それがまたかっこよかった とか

これらのことってさ、冷静に考えて、または興味ない人たちから見たらさ、ぶっちゃけどうだっていいことなんよね。
みんながみんな好き勝手なことを喋ってるし。

でもさ。。。。。。。
それがいいのよ。
も 喋らずにいられないのよ。好きだから。
好きだから、自分と同じように「好きだ!」って思ってる人たちと、何事かを共有したいのよね。

んでまたその時間がとても楽しいものなのよ。

あれからもう2週間も経つけど、私いまだにあの時の呑み会のことを振りかえって、一人で思い出し笑いしてるもん (; ̄▽ ̄)アハハハ...



そして、あっと言う間の約2時間弱。
お店の前で、またまたモッチさんとハグして(笑)
それから、とうこさん、こっとんさんともハグして (( ̄▽ ̄*)←照れ笑い)
別れを惜しみながら、一人、二人とそれぞれ帰っていった。

帰り際、モッチさんから「また会えて本当に嬉しかった」と言われ、嬉しかった(笑)
3月の地震のことがあったから、
「これで会えなくなってしまったりしたらイヤだな、と思ってたから」
と、彼女はそう言ってた。

そんなふうに心配してくれている人がいるってことは、大変嬉しく、また有り難いことだなと。



呑み会の時にさ、それまでみんなでワーワー楽しくやってたのに、ふと我に返った瞬間があってさ。
時間にしたら、ほんの10秒くらいかな?

その時私は地震が発生後、間もない頃の生活を想い出しててね。
ライフラインが断たれたあの日々の中で。
あの時は目の前のことだけしか眼中になくて。
例えば「音楽を聴きたい」とか、「今年も野音があるな」とかさ。
そんなことはちーっとも頭に浮かばなくて。
とにかく、早くもとの生活の戻りたいとか、平穏な時間を過ごしたいとか、そればっかりだったからさ。

今こうして野音に行けて、んで同じアーティストが好きな人たちと一緒に呑んで楽しい時間を過ごしてるっていうことが夢のように思えてね。

ちょっとボーッとしてた。

その時間が約10秒ほど(笑)



また、みんなに会いたいな、と本当に思った。
今度はいつ会えるのかな? とも(笑)

いや、また是非お会いしましょう(^^)/



オマケ。。。。。。。。。

呑み会の中で、Gさんのお話を聴いてて思ったこと。


『30代 悲惨なことが多かったはずなのに、楽しかったと言える理由』
(↑これ、一応タイトルね。。)

20代に比べると、どうしても体も心も萎えてくる部分が出てくる。
それは、今現在20代の人も、(10代の頃に比べると・・・)って話に換算すると同じようなものだけども。

でも萎えた分だけ
あれやこれやの経験を少し積んだぶんだけ
物事の見方がそれまでとは変わってくる。

そして、変わると受け止め方もそれまでとは違ってくる。

その変化が面白いんじゃなかろうか?

その「面白い」っていうのは、なにも「喜」や「楽」の面白さだけではなくて
誰かとつらい別れがあったり
記憶から消してしまいたいくらいの後悔や嫌悪があったり
どうしようもないやりきれなさがあったり

それこそ喜怒哀楽に「悲」が交ざった面白さなんじゃぁなかろうか?


と、そう解釈している。

たぶん、10年一区切りというのが、切りがいいからさ
10年ごと・・・だから30代、40代、50代と、次の世代に移ってその世代で過ごしていると、前の世代で気付かなかったものが出てくるんだよ。
逆に気付きにくくなるものもあるんだろうし。


と、そう解釈している。

(^^)v
スポンサーサイト
2011.10.01 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1307-88f76561