7976.JPG
ホテル内 廊下の窓から 赤羽駅ホームを眺める

9月19日(月) 晴れ
この日は祝日

赤羽とも今日でオサラバ。
また会う日まで。。。。。

この日も十分な睡眠はとれず、やっぱりちょっと疲れは残っていたけど。
でもゆうべのお酒も残ってなくて昨日より体はいくらかラクだった。

今日はこのあとホテルをチェックアウトして上野へ向かい、ダンナのリクエストで国立西洋美術館で特別展示されている『古代ギリシャ展』、または、国立科学博物館で行われている『恐竜博 2011』のどちらかを観に行く予定。
ダンナはギリギリまで決めていなかったらしいけど、急にその日の朝になって、
「ギリシャ展と恐竜博、オマエはどっちが観たい?」
と聞いてきたので、
「恐竜が観たい!(^▽^*)」
と答える。

あっさりと科学博物館行きが決定! \( ̄^ ̄)/


ホテル内で朝食を済ませ、チェックアウトし、荷物を持って赤羽駅へ向かう。

途中、赤羽駅構内にある本屋さんで「東京都北区赤羽」の作者である清野とおるさんの色紙を発見(←ダンナが最初に見つけた・・・)
もう電車の時間が迫っていたのでじっくり見るヒマはなかったのだが。


さすが地元だ・・・・・・・・・。

と、独りごちる。


そんな赤羽を後にし (そんなって、どんな?)
約18分ほど電車に揺られ、上野に到着。
大きな荷物をコインロッカーに預け、まずは美術館と科学館がある上野公園を目指して歩いていく。

いつ来ても上野公園は人が多い。
今は連休中だから尚更のこと。

ここでダンナが一言。
不安の言葉を口にした。

「もしかしたら恐竜博・・・ガキ共と一緒に並ぶのかな( ̄ー ̄;)」

まぁ。。。あの、恐竜だからね(汗)
子供は見たがるんじゃないの?(; ̄ー ̄) (私もだけど・・・)

と、言いながら歩いているうちに、遠くの方で何かの行列が見えてきた。
しかも子供の割合、多し。

・・・・・・・・あの、これって (; ̄▽ ̄) ( ̄▽ ̄;) もしかして・・・・・・・・


と、不安に思い、二人揃って行列の先頭を見てみると


・・・・・・・・ΣΣ( ̄◇ ̄;) ΣΣ( ̄◇ ̄;) ・・・・・・・・




やっぱり! (T▽T)人(T▽T) 思ったとおり!
<<<<<<<恐竜博っ!>>>>>>>


しかも「90分待ち」の看板が・・・


ということで急遽、ギリシャ展を観に行くことに変更 \( ̄^ ̄;)/



で、肝心のギリシャ展ですが・・・。

まぁあの、私もともとギリシャの歴史とか彫刻とか興味ないんでね。
せっかくお金払って見させて頂いたんですが、展示物見て、説明書き読んでふんふんとその場では納得したものの。
あまりどうこうという印象は残らなかったんすわ(* ̄▽ ̄*)>
まさしく「豚に真珠」とは このこと。

ただね、彫刻のあの肉体美には目を奪われてました。
女性の身体はほどよく豊満で美しくてエロティックで。
男性は、躍動感のある動きで見られる筋肉の美しさとでも言うのかな?
人の筋肉って、こんなに見惚れるほどきれいなものだったのかな? って思うほど。

特にね、お尻の形をよく見てたな(笑)ワタシ。 変な話。
男性像も女性像も。
男性像でも女性っぽいお尻に形づくられたりしてる作品もあってさ。

なーんか不思議な感じがした。

それほどあまり興味を示さなかった私に比べて、ダンナはすごく喜んでたよ。
一点、一点、興味深げに見てたし。
あの値段(チケット代 1,500円)で
これだけのものが見られるなんて、凄いっ! ΣΣo(|||▽||| )o ←ダンナ
と、涙を流しながら申しておりました。

ギリシャ展の展示はもう終了してしまったけど、例えばどんな作品が展示されていたのかご覧になりたい方は、ここにほんの数点ですが写真が載ってますのでコチラをどうぞ。
「古代ギリシャ展」



帰りの新幹線の時間のこともあってあまりゆっくりは見られず、ここでもやっぱり後半は駆け足で見て回る羽目になった。

そして美術館を出て、さて、まずはお昼でも食べるか!
ということになり、上野公園を出て駅周辺にある喫茶店に入った。
夜にはバーにでも変身しそうなオシャレで、でも気軽に誰でも入れそうなお店で。
そこで、そのオシャレなお店には一見そぐわないメニューである「丼」があったので、お腹がすいていた二人は迷わずそれを頼み、ワシャワシャと腹に掻きこむ。

ご飯を食べ終わると、ダンナは上野のアメ横で行きたい店があるからと言うので私もなんとなくついていった。

目的のお店に着くと、
「んじゃぁ、何時にどこそこで待ち合わせするか?」
と聞いてきたので
「んだね」
と答え、時間と待ち合わせ場所を確認してその場で別れる。

いつものウチら二人の行動パターンだ。

帰りの新幹線の切符は東京駅からの乗車だったけど、ウチらが乗るその電車はどっちみち上野にも停車するので、そのまま時間になるまで上野に留まることにしていた。


それにしても時間が中途半端に余ってる。

ダンナと別れてからなんとなくアメ横内をプラプラして、駄菓子がいっぱい売っているお店に入り、これを買った。

8047.JPG
パンの缶詰(笑)

仙台のどこかにも売ってそうな気がしたけど。

でもさ。。。。。
なーんかね、これって旅行した際に心の中で起こるカタルシスなんだろうかね?

もしこれを地元で見かけたら、珍しさに手には取るかもしれないけど、まず買うことはないと思う。
だけど、ここは地元から離れた旅先。
なんとなく、今ここで買っておかないと・・・それに、ここは東京なんだし(?)
という考えが突如湧き上がり、手にとってそのままレジへ向かってた(笑)

ム~~~(-"-)
カタルシスの仕業だな やぱ。。。


やがて、約束していた時間が近づき、待ち合わせ場所へ。
そのうちダンナもやってきて、コインロッカーから荷物を取り出し、割合にあっけない心持ちのまま新幹線のホームに向かって歩きだしたのでした。




本当はね、今回東京に行った時、東京の中では「原発」のことについてどんな空気が流れているのか少しでも知りたい、という気持ちもちょっとあったのね。

でもさ~~~
たったの二泊三日。
しかも一番の目的は野音だし。
こっちは東京にいるというだけで、いつもよりテンション高くなるしで(笑)

それどころぢゃあないんだよね。
新聞をゆっくり読むヒマだってないのに。

当たり前なんだけどさ。


ま、原発のことはこれぐらいにしておいて。。。。。

******************************************************************

また、東京の街を歩くことができてよかった。

今回、会って頂いた皆さん。
お陰で楽しい時間を過ごすことができました。
そして、また一つ いい想い出が増えました。

どうもありがとうございます。

機会があれば、またご一緒しましょう!



それから。。。。。
ここまで読んでくれて

ありがとう!
そして お疲れちゃん♪(ニッコリ)
スポンサーサイト
2011.10.02 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1311-9b6d1c5a