原発反対者が、あんなに強く 反対! を叫んでいるのは
なにも国のためではなく
家族のために叫んでいるんだな


中には、それだけじゃない
それから、そうじゃない人もいるだろうけど。



あのこは・・・・
いや、私よりも年上だから、「あの女(ひと)は・・・」だな

毎年東京に行く度に、まだあの男と会ってるんだろうか?



あぁ・・・今日はいい日だった。
あ~ぁ・・・今日はツイてない日だった。



もう十一月か
早いな

そういえば、南天の実も真っ赤になってたな



いつ 仲直りしようかな?



ビーバッパルーラの 宵の口



右翼 = 保守
左翼 = 革新



足跡は残してませんがね

・・・・・・・・実は覗いてますよ

こっそり覗いてますから

ごめんなさい

でも、「こっそり」覗かざるを得ない理由が
ちゃんとあるんです。

その理由は言えないんだけど



デモクラシー
でも 暮らし いい?

デモクラシー
でも 暗し



最後は結局
きみのことだけを考えている

気がつけば・・・




こんなふうに、一日のうちにいろんな思いを抱いて暮らしている毎日ですが
そんな思いを抱えながら、先月発売されたCHABOさんの3枚組DVD
「DIAMOND LANE」を観て、聴いていたら

これらの曲の歌詞が
突き刺さってきました。


「四季の詩」


ここぞとばかりに帆をあげて
力の限り進めども
中途半端は まぬがれず
日々の暮らしに気をとめる

ひと秋ごとに


自国の空に見切りつけ
他国の空を仰げども
自国の空に舞い戻り また
他国の空を羨む

ひと冬ごとに


街は日増しに華やかさを増し
楽しめるムードには事欠かぬが
街は日増しにうるおいを欠き
コンクリートの冷たさにも事欠かぬ

めぐりめぐる季節に


by「四季の詩」より



心にもないこと 言い合って
引き止め会おうとしたんだな
あたりさわりの無い夜だな

二人の生き方の違いは 事さら事さら広がって
語り合う言葉も あたりさわりのない夜だな

それでもあの日 ほんとに心を開いてみたくて

夜中に訪ねたんだ
夜中に訪ねたんだ
君を訪ねたんだ


by「GRORY DAY」より



「久遠」


風に揺れる 記憶の陽炎
生きるつつましき 二つの影
俺の問いかけに 答えることもなく


by「久遠」より


*******************************************

さっきDVDで「久遠」を聴いてて思ったんだけど
この歌詞の中の『二つの影』って

もしかしてCHABOさんのご両親のことなのかな?


いや、なんとなくそんな気がしただけだからさ。

本当のところは
分からん。
スポンサーサイト
2011.11.04 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1325-26d7be13