「ROCK’N ROLL BAND FES & EVENT LIVE HISTORY 1988-2011」

DISK1、2と合わせ、時間にして4時間4分。

先月の16日に発売されてから約一ヶ月経ちますが、皆さんご覧になられたでしょうか?
私はさっきね・・・・・さっきようやく全部観終わりました。

長いからねぇ。
なかなかまとめて観るってことは難しいかもしれないよね。
特に今はもう12月も半ば。ただでさえ忙しい時期に突入してるのに。

私もそろそろ正月の準備。
クリスマスを飛び越えて、そろそろ正月の準備。
でも毎年12月13日は正月事始めっていうからね。もう準備が始まっていてもおかしくはないんですよ。
私も年賀状やら、おせちやらお飾りやら、何をいつ買って、家の大掃除は何日にどこそこから初めて・・・。

なーんてことを計画たてている今日この頃ですワ。


話は逸れましたが。。。。。。。


私もね、DVD長いからなかなかまとめて観れてなかったんですよ。
まずDISK2の方から見始めてね、しかも最初からじゃなくて抜き打ちで好きなところから見始めて・・・。
しかも時間があって、なおかつ気が向いた時だけチョコチョコ観ていたんで。

ぜーんぶ観終わるのに、実に一ヶ月もかかってしまいました。


本当はね、一曲一曲ここに感想を書いていきたいところだけども、
内容が良かったんで言いたいことはいーっぱいあるんだけども、
ちょっとそんな時間もないもんで。


でもさ、こうやって昔から今のイベントやフェスの画像を観ると感慨深いねぇ。
You Tubeにアップされている画像もいくつかあるけど、こうして改めて観てみるとねぇ。
昔の映像を観てみると若くて元気で。当たり前だけど。
遍歴を感じる。
「そうそ! 石くんのガニマタ仁王顔はこの時からだった」とか、
「ドラムのセッティングが今みたいに低くなったのは、この頃からだったのか」とか、
「スカスカの客席。客のほとんどがステージちゃんと観てない! 今だったら考えられないこの光景...」とかさ。

自分が行ったことのあるイベントの画像を観る時は、その時、その場で観た時の気持ちを想い出してたし。


その中でも一番緊張して観てたのが、2010年のJAPAN JAM。
チャラとセッションした時のステージ。

あの男だらけのエレカシのステージで、チャラの姿がそこにあるのがとても新鮮で。
パソコン越しにただ観ているだけの私も、なぜかそのステージはドキドキしながら観てた。

そして、
一番興奮して観てたのが、2011年のJAPAN JAM。
CHABOさん、泉谷のおいちゃんとセッションした時のステージ。

メンバー全員の顔がやけに嬉しそうでさ、観ているこっちも嬉しくて。


こんな貴重なものを発売してくれて、ありがとう!
ってな気持ちだよ。


ただひとつ、欲を言えば
2011年のJAPAN JAM。
CHABOさんと泉谷おいちゃんのセッションのね。

あれ「雨上がりの夜空に」だけじゃなくて、全曲観せてほしかったな。
このステージは行こうかどうしようか迷って、結局行かなかったんだけど。

でも、是非ともナマで観てみたかったステージだから。
このイベントだけは全曲観せてほしかった。


欲張り? ハハハ(* ̄▽ ̄*)ハハハ
スポンサーサイト
2011.12.15 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1342-6ebd9010