8288.JPG

今日はエレファントカシマシ43枚目のシングル発売日
「大地のシンフォニー/約束」

なので、仕事 休みました。


いえ、前々からこの日を休みにしてもらってたんです。
シングルをじっくり聴きたいから。

最近ずっとこうだなぁ。

新しいシングル、またはアルバムの発売日で、その日はじっくり新しい音と向き合って聴きたいから仕事を休みにする・・・とか。
LIVEの次の日はその余韻に浸っていたいから(・・・またはBLOGの記事を書くために・・・)仕事を休みにする・・・とか。


いつもいつもそういうわけではないけれど、前もってこの日が発売日、LIVEの日! など分かっている時は、休みを前もってもらっておく。

今の職場はシフト制なんで、平日が休みになる、なんてことはたいして珍しくはないのですよ。パートの身分ではね。


えーと
それで新しい音聴きました。
午後に届いてから、まだそんなに回数を聴いてないんですが。

まず、「大地のシンフォニー」。



初めてラジオでちょっとだけ聴いた時、宮本さんの声だとは思わなかったのね。
ウチのラジオの雑音がひどくてさ、しかもほかのことやりながら聴いてたからDJの声もよく聞こえなくて。
なので曲紹介の声も聞こえてなかったから、最初その曲を聴いた時、ほかのアーティストの曲を流しているんだと思ってさ。


それぐらい、いつも聴き慣れているはずの宮本さんの声が、らしくなく聴こえたのよ。
ラジオで聴いた時のそれは、なんだかとても頼りなく聴こえたなぁ。

で、今日。
CDが届いて、ラジオのノイズもなにもない、パソコンに向き合って、音と向き合って、まっさらな状況で聴いてみた。


歌声が、きれいだ。


いや、普段でもこの人の声はとてもいい声だと思ってるし、今更改めて言うことでもないのですが。

この人、本当にいい声してるんだなー・・・と(笑)

だっていつもLIVEでは叫んでるからさ。
丁寧に歌っている曲もあるけど、どこか掠れたりして。
それはそれでLIVEの醍醐味ではあるけどもさ。

曲調は、すっとこどっこいな、てやんでぇ! な、『男』な、エレカシロックでは全くないけれど。

いや、ロックの定義なんてそもそも決まってるもんじゃないからな。

歌詞は、いつもの宮本さんの日々の想いを綴ったもので・・・。

あ・・・・
「いつもの」なんて言ったら怒られるかな?

でも、その時、その時の宮本さんの暮らしの中で感じた想いを言葉にした
という感じ。

音的なことはねぇ。。。。。
まだよく聴きこんでいかないと、正直まだ分からない。

でもね、最初にサビから始まってAメロへ移行する時に鳴っているスライドギターの音とスネアの叩くリズムが、いいなと思った。
実際LIVEではそのスライドギターのところ、誰が弾くんだろ?
それからサビのコード進行の美しさに、ちょっとだけウットリした。


そして、「約束」。

昨日、一昨日だったかな?
この2曲のPV(ショートヴァージョン)を観たんだけどね。

この「約束」。
サビの部分を歌っているところしか流れてなかったよね?
私はこのPVで初めてこの曲を聴いたんだけど、このサビの部分だけ聴いて

「なんてこんな、まともに口にしたら気恥ずかしいことを歌っちゃってんの? オイオイ.....
 歌だから言葉にできるんだろうけど。それにしてもだな・・・・」

って思ったのよ。

♪馬鹿だね俺は 知らなかったよ
  本物の愛が目の前に輝いているってことを
   傷だらけの心が今見つけたぜ♪

なんて歌詞でさ。
聴きながら (オイオイオイ.....) って思っててwww


で、今日。
CDが届いて、昨日のPVのことを頭から消し去って、パソコンに向き合って、音と向き合って、まっさらな状況で聴いてみた。


いいなぁ、これ。


通して聴くと、いい曲じゃないの(^^)
「大地のシンフォニー」と曲調が似ているけれど、こちらの方が、よりエレカシ色が出ているような気がする。
最後の、ジャーン.....の音が小さくなってからブツッと切れて、アコギの音が流れるの。
あそこもいいな。


歌詞の内容は、過去の自分の想いを振り返ることで、今の自分自身の姿を見つめ直す・・・・・・・なんてな。

私の勝手な解釈だけど。
簡潔に言ってしまうとそういうことなのかな? 本当のところは分からないけども。

♪「ここじゃあない何処かへ」
 「今よりもっと素晴らしい未来へ」♪

という歌詞の意味するところ。
これまでの曲の中にも似たようなものがあったような気がする。

でも、この歌詞の後に

♪なんて、今日をうそぶいて♪

と、続くんだよね(笑)


あぁ・・・宮本さん。
あんたって人は(苦笑)

それまでの想いだって、自分で最高のものだと思っているはずなのに。
それを一度、また自分自身で否定するんだね。

あなたのやり方。
そういうんだよな、宮本さんは。

ずっと見守っていきたくなる。


この「約束」の方は、音的なことより、何回か聴けば聴くほど歌詞の方に興味がいってしまった。

***********************************************************************************************

それにしてもさ、私は宮本さんとエレカシのすごさを、
本当はいまだに分かってないんじゃないか?
って、度々思う。

ほかのエレファンの人たちの、エレカシに対する想いをいろいろ読んでみると。


もっともっとエレカシのLIVEをたくさん観て、
そのすごさを体感したい。
分かりたい。

ってさ。
気持ちが高ぶって、強くそう願うことがままある。

***********************************************************************************************

・・・・・・・・・とまぁ、感想らしきものを書いてみましたが・・・・・・

「大地のシンフォニー」も「約束」も
なぜか2回目に聴いた時、すんなり入ってきた。

またこれらをLIVEでやったら泣く人が続出するんだろな・・・

なんて、アマノジャク的な思いでそんなことを想像して、一人でニヤニヤしてた。




でもな
今日は久しぶりにいい時間を過ごせたよ。

音楽の時間


音楽に包まれている感覚
なんて優しくて気持ちのいい

しみじみ 幸せだな と感じたら
なんでだか、右の眼から一筋ポロリと涙がこぼれた。

8293.JPG
スポンサーサイト
2012.04.25 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1395-dd64cbea