8469.JPG

ギターは、私にとって弾くものではなく、眺めるもので

それをつま弾く人の指先を じっと眺めるもので

それが誰であろうと

昔から、昔から

ギターは 私にとって異次元の世界のもので

どうやっても どうやっても

なんだか どうしても

手に触れることができない





こんな ささやかな想いなんて
ほんの数時間後には忘れてしまうんだろう

ましてや 長い長い時間の中では
けし粒みたいなもので


そうやって 忘れてゆくことが
少しでも儚いと思うから

こうやって 形に残したがるんだろう
スポンサーサイト
2012.08.14 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1436-4b2930ba