9月15日(土)曇り

9月に入っても全国的に30℃前後の猛暑が続く今年
それでも、朝夕は秋の気配も漂ってきた・・・・・ってなここ何日か。

この日も朝からいいお天気。

東京もいいお天気だけど、雲が広がりやすいという天気予報を頭に入れつつ、新幹線を早い時間に指定したため、朝7時前に家を出る。

既に暑いけど、この時間帯はまだ涼しさが残る。

*************************************************************************
いつも東京に泊まる時は赤羽に宿をとるんだけど、今回はホテル側の都合で赤羽には泊まれず。
なんでも、レストランを改装するとかで、いつも申し込んでいる旅行パックには今回に限り、赤羽は含まれていないんだとか・・・。

「パックでなくてもいいので、この日で赤羽のほかのホテルをとることはできませんか?」
と、旅行代理店のおねぃさんに喰い下がってはみたものの、手元の資料をパラリとめくっただけで
「うーん、ありませんねぇ・・・」
の、一言。

ちぇぇーーーーーっ
んぢゃぁ もういいよっ!!_s(・`ヘ´・;)ゞ..

ってなわけで今回、埼玉県は浦和に宿をとることになった。


えーっとね、ダンナと私は行きたいところがそれぞれバランバランなので、いつも目的地までは一緒に行っても、そこから先は別行動というパターンが多くて。
例えば映画館には一緒に行っても、それぞれ見たい映画が違うから、そこから別々のシアターへ向かうとかね。。。

旅もまた然り。

新幹線を大宮で下車し、そこから浦和駅にて一旦大きな荷物を下ろし、貴重品だけ持って身軽な格好で、いざ東京へ向かったわけです。

まず、二人の目的地は神保町。神田古書街へと足を向ける。
唯一、この古書街だけは二人とも一緒の行動。

とは言っても・・・・結局そこに着いても行きたい本屋が別々だから、結局バランバランなんだけどね。

「いつもお茶ノ水駅で降りて神保町まで歩いてるから」
というダンナに従って、お茶ノ水駅にて下車。

神保町駅の方が近いのに・・・( ̄。 ̄)

と、言ったら、

だって神保町駅に行くには乗り換えが必要じゃん。メンドクサイ.......( ̄- ̄)

とのこと。

乗り換えっつったってたいしたことないぢゃん( ̄  ̄;)

と思いつつ、それをこのオッサンに言ったところで右から左なので、余計なことは言わず、ひたすら神田の街をテクテク歩く。


でも、でも、それでも
一年ぶりの東京に、二人ともやや興奮気味。
まるで、籠から放たれた鳥のように足取り軽やか♪(←大袈裟に表現しております)
なぁーんて分かりやすいおノボリさんたちざんしょ・・・・・・( ̄w ̄*)


途中、ダンナが歩きながらとある銅像を指さし(・・・・もしかして石像だったかも?)

ここ、大久保彦左衛門の屋敷があったらしいよ( ̄ー ̄)

と言っていた。

へ? ここ、大久保彦左衛門の屋敷跡なの?(゜-゜)

うん・・・そう・・・なんじゃないかな?( ̄- ̄;)

歴史に疎い私と、いつもこの道を通る度にこの銅像を見かけるから、ただ私にそのことを教えたかっただけのダンナ。
本当に、このお茶ノ水駅周辺に屋敷跡があったのかどうかはよく分かりません(^^;)

東京って、こういう歴史に名のある人の某かが ぽんっ!と普通にそこら辺にあるからさ。
それがすごいよね(^▽^)

と、私が言うと、

でも、歴史的に貴重な建築物とか、誰かの屋敷跡とか。
そういうものって東京に限らず本当は全国至る所にあるんだよ。
ただ歴史上、名前が知られていないってだけで( ̄▽ ̄*)

と、ダンナが応える。


・・・・・・・・とまぁ、そんな会話をしているうちに着きましたよ、一年ぶりのじんぼぉちょー。
8500.JPG
↑この写真だとあんまり人影がいないように見えるけど、

8501.JPG 実際はいましたよ、たくさん(^▽^*)


ここで一旦分かれて、各々行きたい場所へと拡散。

と、私はまずロックオンキングへ・・・

でさ、ワタシ、開店時間を事前にちゃんと調べておかなかったのよね。
ロックオンキングさんて、午後1時のオープンなのよね。
この時、まだお昼前だったのよね。

なので適当に何軒かのお店をブラブラしつつ、本屋だけじゃなく古レコード屋も巡りつつ
8496.JPG 8552.JPG 古井戸のLIVEアルバムなんぞ買いつつ

なーんてことやってるうちに、お腹がすいてきた。

お昼ご飯は神保町でカレーを食べようとダンナと約束してたので、ここでダンナに連絡をとって、また合流。

神保町はカレー専門店のお店がいっぱいあるのよね。
どこのお店で食べるかはダンナに任せてあったので、案内されるままに共栄堂さんというスマトラカレーを出すお店に。

注文はしてないけど、最初にコーンポタージュスープが出てきた。
これは、サービス? いわゆる、お通し?

カレーにコーンスープ?( ̄▽ ̄;)

とは思ったけど、でもこれも何か意味があるんだろうな、と特に深く考えもせず。
そして、二人ともポークカレーを注文する。ダンナは大盛りで。

味は美味しかったよ
美味しかったけど、ワタシこの時もんのすごい疲れててさ。
この日は、いつもは寝ているはずの朝5時台に起きて、しかも普段より動いているから運動量も多いし。
それにいつもは暑さに強いんだけど、そんなこんなで多少こちらの身体が参っていたせいか、眠気と疲れが一気に押し寄せてきて・・・。
どっか涼しい所でしばらく横になりたいくらいだったのよね。

だからせっかくのカレーも、いつもならかるく平らげる量なのに、この時は3分の2くらいの量を食べたらお腹いっぱいになってきちゃって。
でも勿体ないから全部いただいたけど。

あと会計の時、そんなわけでちょっとアタマがボーッとしてたので、店員さんの言う
「お会計、○○円です」
の声がよく聞こえなくてさ。

ただボーッと突っ立ってるだけの私を見て店員さんが多少イラッとしたようで、再度
「○○円です」
と言ったので慌ててお金を払ってお店を出た。

カレーは美味しかったけど、ちょーっとだけヤな気分になっちゃったな、こん時は。
ま ボーッとしてた自分が悪いんだけどね。

それでも、カレーを食べてちょっとだけ体力も回復。
時間を見たら午後1時過ぎてる。

さ!
では、改めてロックオンキングへ。

古いビルの中の、狭い入口の、狭い階段を昇りついたところ。
お店の面積は小さいけど、所狭しと並べられた過去の音楽雑誌やらツアーパンフやらなにやらかんやら.....。

以前もこのお店に行ったことがあってね、そこでエレカシ関連の諸々をゲットしたんだけど、今回も。。。ムフフ

ええものゲットできましたョ v(*'-'*)v イェーイ!
何を買ったかは、ナ・イ・ショ。

取り敢えず古書街での目的は達成したので、私は次の場所へと移動すべく、神保町から地下鉄に乗り込んでいったのであります。

8498.JPG
スポンサーサイト
2012.09.19 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1452-dca083b7