羅漢時を出て不動前駅へ戻る道すがら、ちょうど車1台分が通れるくらいの路地があったので、ちょっと魔が差して(?)なんとなくその横道に入ってみた。
8505.JPG

少し歩いて後ろを振り返ると
8506.JPG

ビルとマンションの間に挟まれた細い道。
なんの変哲もない長い一本道。
この長い一本道が、ちょうど風の通り道となって汗ばんだ肌に冷んやりと気持ちイイ。

そのまま真っ直ぐ真っ直ぐ真っ直ぐ真っ直ぐ
ただただただただ歩いて行く。

ところどころにこれまた細い脇道があったりして

こんな風景や
8509.JPG  8507.JPG こんな姿


どこかの知らない道は 必ずどこかの知っている道につながっている

・・・・・とかなんとか、誰か言ったのかは分からないけれど。


やがて細い横道が終わり突き当たりに出ると、そこはさっきの不動前駅だった。
ここからまた電車に乗り、ひと駅分隣りの目黒駅まで。


んでね、後からよくよく地図で確認してみたら、不動前駅と目黒駅って歩いて移動してもいいぐらいの近さなのよね。

まあでも、慣れない道で迷ったりして時間を喰いたくはないし。
いや、それはそれで旅の醍醐味だったりもするけれど、この蒸し暑い中をあちこち歩いてエネルギーを無駄に消費させたくもなかったしww

ま、慣れれば今度来た時は歩いて行くかも。
っていうか、今度またここに来る時があるんだろか???

で。。。。。目黒着。

ここら辺は下調べをしていないから、どこをどう行けばどこに着くのかさっぱり分からず。
私はスマホを持ってないからね。
いつもは携帯用の地図をカバンに入れて散策するんだけど、その日は(どうせあまり使うことはないだろう)と思って、手元にはなかったのよね。
コインロッカーに預けた大きい旅行カバンの方に入れっぱなしで。



目黒駅の北口を出、なんとなーく恵比寿へ向かってブラブラと歩いていった。

時間は午後4時過ぎ。
夕方の日差しが真昼間の太陽のそれに比べ、ややオレンジ味(み)がかかってきている。
それでも、熱い空気の中を漂うそれは、昼間の太陽に負けず劣らず、とても眩しく、そしてジリジリジリとこれでもかとこちらに熱を放出してくる.....。

とにかく暑い。

暑いのは結構平気な方だけど、その時はなにぶん身体が疲れていたのでさすがにちょっとグッタリきていた。

私が歩いた道は、「目黒三田通」という名前が付いているらしい。
カフェがあって、公園があって、レストランがあって、美容室があって、神社があって、自動車教習所があって。
なんてことのない風景だけど、見慣れない街を歩くのはとても面白い。

そのまま北上しつづけようかとも思ったけど、いい加減くたびれてきてノドも乾いてきたので一旦目黒駅まで戻り、近くの喫茶店でひと休みすることにした。

『おいしいコーヒーが自慢です』
と、看板の隅に書かれた喫茶店に入り、紅茶を頼んだ。
そこでゆっくり紅茶を飲みながら、さっきロックオンキングで買ってきたエレカシ関連のモノをハァハァしながら読む・・・というか眺める。
そしてまた紅茶を飲む
そしてまた眺める(ハァハァ)
そしてまた紅茶を・・・

なんてことを繰り返しながら、その合間に
(今、東京にいるんだな...........)
なんてことをボンヤリ思ったり。

おいしいコーヒーが自慢の店で紅茶を飲んで、充分身体が休められたところで喫茶店を出て、駅の近くのデパ地下でお土産を買い、そのまま赤羽へと向かった。

赤羽へ向かう途中・・・・・
駅のホームで私の後ろに並んでいたサラリーマン風のオヤジが柿ピーをポリポリ食べていたので、風向きの具合でその香りがちょうど私のところまで漂ってきてすごく柿ピー臭かったり。
電車の中、「優先席付近では、携帯電話の電源をお切りください。」という車内アナウンスが流れる中、優先席に座っていたお婆ちゃんが思いっきり携帯をイジくってたり。


なーんて出来事を横目で眺めつつ( ̄ー ̄)
スポンサーサイト
2012.09.25 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1454-3ad86f0b