私はこの歌が好きなのかもしれない。

自分が「女」として「人」として生きていくという現実を
この歌を聴くことによって
いつも気付かされるような気がするから

You Tube→エレファントカシマシ/「彼女は買い物の帰り道」


で、最後の方の

 きっと誰かを愛してる

のところは、

やっぱり“あなた”ではなく、“誰か”の方が、しっくりくる。


そう思うのは、たぶん私が女だからだな
スポンサーサイト
2012.10.27 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1477-89363ada