8576.JPG

10月31日に発売になった、エレファントカシマシのシングル「ズレてる方がいい」。
そして、「涙を流す男」
聴きました。観ました。

このシングルが発売される少し前に、某番組の中で、この「ズレてる方がいい」のMVをフルで流していたのを観たことがあるので、一曲まるごと、そしてMVをまるごと観るのはこれで二回目なのですが。


えぇーっとまず、ネットやメディアからではなく、自分で買ったCDから初めて聴いた感想は。。。。。

「ズレてる方がいいい」
簡単に言えば、次の三つ。

最初の出だしで、テンポがとてもゆっくりに聴こえた。
ストリングスの厚みを感じた。

そして、ミヤジの唄に励まされた。


この唄は、映画「のぼうの城」の主題歌として作られたそうだけども。
この映画のストーリーを知った上でこの曲を聴くと、とてもしっくりくるのは当たり前っちゃ当たり前か?

でも、そういうことをを抜かして聴いても、
心に来る時は来るよ。

そういう曲。 


「涙を流す男」
あ、また、この泣く男って・・・
また・・・・・なんでまた自分のことをこうして唄って・・・。

と、一番最初にタイトルだけ聞いた時はそう思った。
でも、私の思惑とは少し趣が違ったようで。
いつものように、月を見て・・・または誰かの唄を聴いて胸がいっぱいになって・・・
というのとは違ったようで。

軽い曲調の中で、哀愁と滑稽が入り混じる。
唄と唄の間に苦笑とも取れる溜め息が聞こえる。

今回、ツアーでもサポートメンバーとしてギターを弾いていた藤井謙二さんがレコーディングに参加されたようで。

(このギターソロが藤井さんかな? それからここら辺の音もそうかな?)

などと想像しながら聴いていた。


どちらの曲も、ボーカルはボーカル、ドラムはドラム、ベースはベース、ギターはギターと。
それぞれのパートが、曲を何度か聴く度にそこだけ浮き上がって聴こえてきた。

8124.jpg 8123.jpg



ただ音だけ聴いてもいいんだけど、MVとして観ると湧き上がってくるものが違う。
音と映像の相乗効果って、やっぱりすごいね。

エレファントカシマシ/「ズレてる方がいい」(ショートヴァージョン)



今回も、グッジョブ! だね。
エレカシさん( ̄ー ̄)b!


追記,,,,,,,
「ズレてる方がいい」の弾き語りヴァージョンを聴いて

ミヤジ、ギター上手いなァ、って思ったwww
なんて、今更ながら。
スポンサーサイト
2012.11.04 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1480-7f6883b8