時間は夜の8時

暗い部屋の中、台所の流しの灯りだけがポツンと灯る下で

一人ゴマを擦る。

ゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリ


ただただ無心にゴマを擦る。

ふと我に返り、暗いリビングを何気なく見ていると、
そのうち、寂しいような、何かを悟ったような、みょぉぉな気持ちになってくるから不思議。



皆さん、こんな経験ありませんか?










・・・・・・・・・・・・・・・・・・って、あるわけないよねぇ(* ̄▽ ̄*)



ダンナもまだ帰ってないし、家の周りもシーンとして静かだしさ。
普通に料理してる時はそれこそ夢中になって作ってるから余計なことは考えないんだけど、ゴマを擦ってる時に限って、ちょっと手を休めた刹那、こんなふうな気持ちになる時があるのよね。
周りが暗いせいなのか。周りが静かすぎるせいなのか。。。。。

今、この世の中に存在しているのは、もしかして私一人だけ?

とか、一瞬思っちゃう (んなことあるワケナイナイwww)


でもそのうち、擦りゴマの香ばしい香りに気をとられて食欲の方が目覚めてくるのよね。


んで、できました。
8588.jpg

とことんすり潰したゴマってさ、しょうゆとか青菜の水分とかが加えられると粘土状になって固まっちゃうのよ・・・・・。


とまぁ、おしゃべりはこのくらいにして。。。。。。。。。。


腹がへってきたのでそろそろ・・・・・・

8591.JPG いーたーだぁきぃます!( ̄人 ̄)
スポンサーサイト
2012.11.08 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1483-7891c71b