今日のお天気、こちらは雨降りでしたが、ほかはどうだったんだろ?
いやでもさぁ、雪じゃなくて雨が降るぐらいだからねぇ。暖かいよねぇ。
気温が氷点下じゃないってだけで、寒いのが苦手な私はまだ有り難いよ。
本っ当に寒い時って、トイレの便器内の水が表面に薄氷が張るくらい寒くなるもん。
んで、トイレのタンク内も凍りかけてるもんだから、水を流すとガラガラガラっ!と。
そりゃぁアータ、もんのすごい音がするんだで?

閑話休題




エェーさて・・・。
一昨日の土曜日、これまた毎年恒例のさかごろう家の忘年会を催してきまして。
刺身をつつきーの
鍋をはふはふーの
揚げ物さくさくーの
漬物ぽりぽりーの

それから、

もっきり呑みーの
mokkirimokkiri

シャーベット食べーの
shaaaabet

と、ゆー感じで一年の労働をダンナとお互いに労いつつ、飲み食いしてまいりました。

そして昨日は半日台所に立ち、お節作りに奮闘しておりました。
これも毎度、毎度、毎年毎年のことやね。

正確に言えば、作り始めるのはこの前の日から。
豆類や干し椎茸を水に浸したり、すぐ簡単にできて日持ちがするものを先に作ってしまったり・・・。
いわゆる下ごしらえをするのよね。

んで、お節作りで一番最初に手掛けるのは松前漬なんだけど。
切り昆布とスルメの細切りをしょうゆに浸した時に香ってくるあの香ばしい香りね。

あの香りを嗅ぐといつも、
(もうすぐ正月になるんだなぁ)
と、感慨深い気持ちになるのよね。
で、それと同時にこの一年に起きた出来事を、ほんの刹那、おぼろげに思い出したりするのよねぇ。

毎年こんな感じでお節作りが始まるんですな、私の場合。

今年の白菜漬けもこんな感じでまぁまぁ・・・・・・・・・・うん、まぁまぁだな。
ha 唐辛子入れすぎた.....

樽漬けが終わって、あとはタッパに入れて、重石代わりの皿を乗っけて冷蔵庫へ。
sai

樽やら、重石やら。キミたち、ごくろう! ごくろう! ごくろう!
ku

そうそう・・・半日台所に立って両手がしょっちゅう濡れている状態だったので、最後の方は指がふやけてシワシワっすワ。
ひととおりのものは作り終わって、あとに残るは黒豆ちゃんだけ。
作り方は簡単だけど、手間がかかる黒豆ちゃん。
砂糖入れて、休めて、砂糖入れて、休めて。
大晦日の夜、隠し味程度に入れるしょうゆをひとたらしして仕上げるまで気が抜けないのよよよ。


あー・・・・・。
今年もあと一日やね。

一息ついた後、頭カラッポのパッパラパーの状態で
無性に聴きたくなった曲↓
The Fratellis/「Vince the Loveable Stoner」
スポンサーサイト
2012.12.31 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1498-49105b1e