つらいことや いやなことや

苦しいことも たくさんあったはずなのに

思い出すのはいつも

楽しかったことばかり

だから

思い出というものは

いつも いつでもキラキラと輝いてるんだ

そういうイメージになってしまっているんだ





思い出って

なんて 残酷


眩しい光に覆い尽くされた闇
まるで そこにあるのに掴むことができない陽炎のようだ
スポンサーサイト
2013.04.01 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1529-d46a94d3