例えば、私が日常的に世間とコミュニケーションをとるとなると、主に職場の人たちと…となる。

んでさ、その職場の人たちと世間話をするんだけど。
自分の家族のこととか。子供のこととかね。
昨今の学校事情とか。
それから、どこそこの町に○○というお店ができたよ、とか。
あと、テレビのニュースの話題とか。

でも家族持ちの人が多いから、やっぱり子供の話が多いかな。
私はどちらかというと聞き役の方なんだけどさ。

いや、何が言いたいのかっていうとね。
みんな、ちゃーんと現実を生きてるんだなあと思って。

そういう私も毎日現実を生きてるんだけど。
自分の普段の生活を振り返ってみると、いつもどこか夢みがちな心持ちで過ごしているような気がしてね。
ふわふわしてるというか。

なので、地に足つけて生活してる人を目の前にすると、ついつい自分のことを振り返って(なんだかなぁ)って思ってしまう。


全くもって「40にして惑わず」など、平均寿命が60歳ぐらいだった大昔の話だ。

いまだに惑ってばかりいる。


布団に入って後は寝るだけ…という、ちょっとした時間の隙間に
ふと、こんなこと↑思いました
スポンサーサイト
2013.08.31 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1563-70ab8097