CHABOさんLIVEや、じぇじぇ!を通りすぎまして
戻ってきました「散策記」。

今回は、いよいよエレカシの復活LIVEへと話が進みます。

でもねー。。。
もうあれから二週間も経つのよね。
ただでさえ記憶力が弱まり、あれこれ忘れっぽくなるお年頃。
LIVEのあの場面はぼんやりと覚えているけれど、細かいニュアンスとかがさ、どうだったかっていうのは甚だ記憶が遠のきつつある秋の夕暮れってなもんで。


そんなわけで、またまた期待せずにサラッと読み流してちょー。


蝉の鳴き声が真夏ほどではないにしろ、ワヤワヤと聴こえてくる日比谷公園に辿り着いた二人。
頬をなぶる風に秋を感じたとしても、実際はまだまだ蒸し蒸しと暑い。

日比谷公園に着いたのは・・・あれは、午後2時過ぎ頃だっけ?

いつも野音会場にはリハの音を聴くため、少し早目に着く。
ま、時間が中途半端だから他に行くところがないということもあるし。
それに、早めに行けばもしかしてご無沙汰しているエレ仲間さんたちに会えるかな?っていうのもあるんだけど。

で・・・実際行ったら。
エレ仲間さんとも会わなければリハもまだ始まっていない アファ~ε=(*´◇`*)

木陰でじーっと時間をつぶしていてもいいけれど・・・暑い。
それに、なにより
・・・・・・・・・・・・ヒマだ ε=ε=ε=ε=Ψ(  ̄□ ̄)Ψ(←この顔文字 特に意味はありません.....)

なので、暑さを逃れ、涼しさを得るため、近くの日比谷図書館へとしばらく逃れることにした。
空調がほどよく効いている室内で、せっかく図書館にいるのだからと『市史編纂/赤羽地区』の項目なんぞを20分ほど眺めていると、えぼりさんが ととと。。。と近寄ってきて、
「さかごろさん、リハ始まったみたいですよ(^o^*)」
と、ご報告してくれたので、いそいそと公園へ戻る。

リハの音が始まったとは言えまだ歌や曲が始まったわけではなく、ドラムやギターの音の調子を確認するため変則的に出している程度。
とは言え・・・とは言え・・・・・。
それらの音を聴いただけで胸が高鳴るヾ(゚▽゚*)ワクドキ***

・・・・・・・・と、遠くの方から何やらシュプレヒコールのような叫び声が聞こえてくる。
しかもそれが徐々に・・・・、あ、これまた徐々に、こちらに近づいてくる様子。
どうやらデモ行進のようだ。

やがて、何十人という人影が遠くの方に見えてきたなぁと思っているうちにそれがどんどん公園内に入ってきて、やがて数十メートル先でピタリと止まった。
そして、再びシュプレヒコール。

(わ~~! デモ活動するのはいいけど、できれば今は他の場所でやってほしいなァ~。これではリハの音が聴こえづらいではないか( ̄~ ̄;))

と、危惧してから数分ののち。。。

∑(〃゚ o ゚〃)!

聞き覚えのあるイントロが流れてきた。そして・・・

♪ココから三丁目までぇ
  歩いて歩いた気がした~

「東京からまんまで宇宙」だ!
久しぶりに聴く、宮本さんのナマの歌声。
当然、マイクを通しているから声は大きいんだけど。
・・・にしても、宮本さんの声、デ・カ・す・ぎ!

相変わらずすごい声量だ。
療養していたなんてウソのような歌いっぷり、というか声量っぷり。

すると、それまで(たぶん...)メガフォンを使ってシュプレヒコールを上げていたデモの声が、まるで潮が引くようにサーッと消えていった。
いや、消えていったというより、あまりの宮本さんの声のデカさに負けてしまったというべきか。

あ~ぁ(^◇^;)。。。。。。。。。

なんかさ・・・、ちゃんとリハの音が聴けたという安心感や嬉しさと同時に、デモの人たちに申し訳ないような気持ちになっちゃってさ、ワタシ。
(あーー、すいませんねぇ。場所が悪かったですねぇ。)
と、誰にも聞こえないつぶやきを胸の内でつぶやいていたのでした。



「東京からまんまで宇宙」、「悲しみの果て」、再び「東京からまんまで宇宙」、「大地のシンフォニー」、「旅」、そして、新曲、新曲。。。と、リハは続いた。

歌の途中で宮本さんがメンバーの誰かに向かってマイクで「※●×☆◎□▲!」と、何やら叫んでいる声も聞こえた。

いやいやいや・・・これでこそ宮本さんだ(⌒-⌒)
ますます本番が楽しみだわぁん。

そして、ほんの少し日が陰ってきたかな? という夕方5時頃。
ようやく会場入りするための列に並び始めたのでした。





っていうか、今回もLIVEの話に入れてないぢゃんっ!
スポンサーサイト
2013.09.29 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1572-10ed6bfe