知らなかった

『Johnny B. Goode』の、あの有名なギターイントロは
チャック・ベリーのオリジナルではなく、ある曲中のワンフレーズのギターソロがオリジナルだったなんて。。。

その、ある曲というのが、これ↓

「Ain´t that just like a woman」/Louis Jordan


ルイ・ジョーダンの「エイント・ザット・ジャスト・ライク・ア・ウーマン」


10月号の Guitar magazine で、表紙にも登場しているマーシーこと、真島昌利がインタビューでそう言ってました。

エレカシが載っていない音楽雑誌を買うのは久しぶりだった。
たまたま本屋に行って
んで、表紙にマーシーが写ってて・・・。

それだけだったら、そこで立ち読みして買わずに帰るところだったけど。
モノがギターマガジンだったから、ギターの話や音楽の話を詳しく聞けそうな気がして。
まず立ち読みしてみたら、案の定そういう話だったので、迷わずそのままレジへと向かって、即買い。

この「エイント・ザット・ジャスト・ライク・ア・ウーマン」
ジョニー・ウィンターVer.の方も、よろしければどうぞお聴き下さい。

「Ain´t that just like a woman」/Johnny Winter


あ・・・もう一つ。
最近になって分かったことが・・・。


チャック・ベリーって、いまだご健在だったんですね。
も、私の中では勝手に過去の人物にしてしまってて(...............失礼)

じゃ
最後はこの曲で

「Jonny B. Goode」/Chuck Berry
スポンサーサイト
2014.09.21 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1648-f0cab6dc