台風19号でお流れになってしまった Zepp Namba。
異例とも言える野音の後ということになったけども、それはそれでまた違った高揚感があるよね。

いや、それにしても、やっとツアー最終日まで完走できたねぇ。
メンバー、そしてスタッフのみなさん。
何より、当日会場へ足を運んだみなさん。

お疲れさまでした(*^。^*)





と、私も一緒になって難波LIVEの興奮のかけらを味わおうとしてたところなのに。。。。。

あぁ、それなのに、それなのに。
昨日、義理姉から「お金貸して」・・・のメールが届き、気持ちが一気にダウン、いや、ブチ切れしちまいまして。

もぉー! それ言うの何度目だと思ってんですかっ!
私より主婦歴長いくせに、お金の管理がなっとらん。
本当に生活に困って、切羽詰まって・・・というんならともかく、義理姉の散在ぶりをいつもハタで見てよく分かってるだけに、怒るのを通り越して今度ばかりは呆れてしまった。
まったくもぉ! もぉ!! モォ~ッ!!!(`ε´牛)(←ウシ?)

んっとに、野音当日と言い(野音が終わった直後、ウチの兄からまたしょーもないメールが届いてたんですワ。)、このツアー最終日と言い。
エレカシでグーン!と気持ちが盛り上がると、必ず兄夫婦から水を差されるという最悪の事態が、なぜかここ最近多くて非常に困っとります、ハイ。



えー、さてさて。気を取り直しまして・・・。

(少し小腹がすいたな.....)
と、思いながら吉原弁財天を後にし、山谷堀跡地へ向かうお昼チョイ過ぎ。

弁財天を出て向かった先は、むかし「お歯黒どぶ」と呼ばれた通り。
そこを歩いていると吉原の中へと向かう小路が何本も出くわすんだけど。
この午後の早い時間、いわゆる開業時間なのかどうか分からないけども、揃って白シャツに黒パンツの男性たちが、それぞれのお店の前にズラリと並ぶ姿がチラホラと見える。
二年前に吉原を訪ねた時もこういう人たちを見かけたけど。
この男性たちはなんなんだろ。 呼び込みなんだろか。


ん? まてよ.......。
白シャツに黒パンツ?( ̄- ̄)

宮本さん? え? 宮本さんなの?
ここにいる人たち、みんな宮本さんなのか?(・д・) (・・・んなワケない)
みんな、頭グシャグシャかきむしりつつ、お客が来たら一斉に
『エビバデ! らっしゃーーいっ!』
とか言ってんのか? (・・・だから、んなワケがない。というか、想像するとコワイ)

そんな妄想をしながら、お歯黒どぶを土手通りに向かって真っ直ぐ歩き、信号を渡っていよいよ山谷堀公園へ。

michi ←山谷堀公園 地方橋付近

ところで、山谷堀とは ―――――
kanban
↑この看板にも詳しく書かれとりますが、その昔、人工的に作られた水路で、吉原へ向かう客が浅草から船に乗ってこの山谷堀を通って行ってたと。
すなわち、吉原への交通路だったらしいですね。今は全部埋め立てられ、今は約700メートルほどの細長い公園となってます。
何年か前、「ブラタモリ」でもこの山谷堀のことを取り上げてたみたいよ。
タモさんもここを通ったらしいよ。
ワタシ、その回は観てなかったんだけど。

あ! そういえば、永井荷風の『墨東綺譚』の中にも、この山谷堀の様子がチラリと描かれているらしいです。
興味のある方は、是非。

んでね、その堀には
日本堤橋  地方橋  地方新橋  紙洗橋  山谷橋  正法寺橋  吉野橋
聖天橋  今戸橋
     あ、ズラリとなヽ(▽⌒*))

と言った、九つの橋が掛かってたんだけど、公園となった今はその橋たちも無論取り外され、今は橋台のみが残されているようです。

あ、だけどね、日本堤橋の橋台だけはもう無いみたいなのよね。
実は、この日本堤橋だけ無いっていうのは旅行が終わってから気付いたのよね。
ここに行った当初は、吉原側から見て、どの橋から始まっているのかよく調べもせずに行ったもんだから、一番最初に見かけた地方橋が最初の橋なんだろな、、、と、なんとなく思って歩き始めたわけで(苦笑)

んで、これが地方橋
tikata

この日は天気が良くてさ。土曜日の午後ってこともあってか、人通りもまばらで。
ここら辺は住宅街なのかなぁ? 小さな商店みたいな建物もいくつかあったような気がしたけど、とにかく静か。
時折、親子連れとすれ違ったりして。

今はこんな静かでのどかな場所だけども、かつては日雇い労働者の宿場が並んでいた、いわゆるドヤ街だったようで。

で、残りの橋は・・・・・

地方新橋      紙洗橋        山谷堀橋      正法寺橋
tikatasin → kamiarai → sanya → seihouji →

吉野橋             聖天橋       今戸橋
yosino → seiten → imado

今戸橋だけ、なぜだか新しい。

地方橋から今戸橋まで、わりとゆっくり歩いたから20分・・・30分はかからなかったかなぁ。
途中、ホームレスのおじさんが道端にじっとりと座ってて(^。^;)
んで、そのおじさんの前を通り過ぎて間もなく、今度は向こうから別のホームレスのおじさんが、2、3人のおまわりさんたちに両脇を抱えられるように歩いてきました( ̄▽ ̄;)

そのおじさん&おまわりさんたちと通り過ぎる時に、おまわりさんたちが口々に「ダメだよ、ダメだよ」と言ってるのが聞こえて(苦笑)
さっき、道端に座ってたおじさんも「ダメだよ」とか言われながら両脇抱えられるのかしら・・・なんて思いながらその場をそそくさと通り過ぎましたが。

今戸橋辺りまで来て、ふと後ろを振り返ると、こんな風景が。
hurikaeri

この両側にあるのがもし桜の木だったとしたら、春はさぞかしきれいな桜並木なんでしょうねぇ。
昔はここに水が流れていて、猪牙舟(ちょきぶね)に乗って吉原通いしてたのねぇ(通称「山谷通い」と言ったらしいですが・・・)。
へぇ~。。。ふ~ん。。。( ̄~ ̄*)

と、昔の山谷堀の風景に、しばし想いを馳せる。


と、気が付けば・・・・いやいや、吉原歩いてた時からとっくに気付いてたけど。

遠くに東京スカイツリーがどどーん!と見える。
sk1

そういえば、さっきは「小腹」程度だったハラのすき具合が、今や「大腹」程度まで広がっている。
昔の風景に想いを馳せている間にも、こちらの気持ちとは関係なく、お腹がグルルル~♪と鳴り始めている。

........................こりゃあなんとか ( ̄- ̄) せにゃなるまい.......................

あらかじめ、山谷公園過ぎたらスカイツリーには行ってみようかなぁ( ´∀`)♪ と、思ってはいたので、とりあえずそこを目指して歩いていくことにした。
スカイツリー下にある東京ソラマチまで行けば、食べるところもいっぱいあるだろうし。

ということで、すきっ腹を抱えながら、涼しい木陰道から、今度は明るい表通りへと足を向けたのでした。
スポンサーサイト
2014.10.31 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1659-29fc9274