「ブラタモリ」
観終わりました。

「四ツ谷用水」。
私もよく知ってます。
とは言え、私が生まれた時にはもうすでに暗渠になってましたが。

実際ね、私の実家の裏手の方にも四ツ谷用水があるのですよ。
もちろん、暗渠だからコンクリで蓋をされてて川の流れは見えませんが。

昔は実家の裏に竹藪があってね、その竹藪の裏側に用水路があるんですよ。

「昔ね、ここは川だったんだよ」
って、子供の頃、よくおばあちゃんが私に言ってました。
竹藪はもう無くなって今は駐車場になってしまったけど、用水路はいまでも残ってます。

いや、しかし・・・・・・・。
仙台の街って結構段丘が多いのは知ってたし、広瀬川沿いの崖の連なりとか。昔から見慣れてるから当たり前のように思ってたけど。
仙台には仙台特有の地形というものがあるのね。当たり前のことなんだけど。テレビ観ながら「へぇ~」なんて思っちゃった。
こうして改めて見るとさ、こんなに高低差のある地形に、生活・産業用水や排水も兼ねていたと言う用水路を造った伊達の殿様は、やっぱ「地形マニア」だったのかもしれない。
「四ツ谷用水」の名前の由来も初めて知ったし。

いやいや・・・・それにしても。

今回観てて一番テンション上がったのは、タモさんが、『縁(ふち)』と言いながら歩いていた第一用水路近くと、暗渠となった用水路に降りて歩いている場面。

なぜって、あの「縁(ふち)」の場所は、私が中学校ん時に通っていた通学路であって、八幡神社のどんと祭へ行く道であって。
とにかく通い慣れた道で、想い出の多い場所だし。

そして、タモさんが歩いていた暗渠は、私が子供の頃「探検ごっこ」と称して歩いていた、まさしくその場所だったから。

(わー! タモさん、私と同じとこ歩いてるよっ!(゚▽゚*))
って、ちょっと興奮してしまった。ハハ...f(^。^;)

それにそれに。
実家の、斜向かい(はすむかい)にある薬局の建物の一部と、これまた実家の向かい側にある会社の建物の一部も映っててさ、びっくりした!
あのアングルからカメラをもう90度くらい左に向けてたら、柏木の実家がバッチリ映ってたのにー! 惜しいわぁ~~。

番組が終わってからさ、実家の母親とLINEで「ブラタモリ」の話してたよ。
来週も引き続き仙台なんだね。母親は来週も観るってさ(笑)

私ももちろん観る。録画しながら。
スポンサーサイト
2015.07.11 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1717-f3082a50