milk

30℃越えの暑さが続いたと思ったら、昨日からちょっとだけ気温がクールダウンして今日も比較的過ごしやすい日になりましたね。
湿気は多少なりともあるけど、薄手のTシャツの中を風が休む暇なく通り抜けるので、ただただ涼しい。

かえって家の中の方が、熱がこもってて暑いかも。


ゆうべは仕事から帰ってから洗濯機を回し、疲れたんで少しヨコになって休んでからご飯の用意をしようと思ったら、そのまま2時間ほど寝ちまいました。
お陰で、起きてからはあまりお腹もすいてなかったので、その日のお昼に残していたパンと、あと牛乳とで簡単にご飯を済ませてさ。

あ............
ダンナには、外で食べてきてもらうように朝から言ってたのでね。取り敢えず。

そういえば・・・・・その前の日も食卓に夕飯を並べたまま、ちょっとだけ横になって休んでから食べようと思ってそのまま寝ちゃったのよね。
それもこれも、ここ2週間ほどの会社のハードワークが原因。
新しく入ってきた新人さんに、何故か私が仕事を教えることになり。
それはいいんだけど、それをやりつつ自分の仕事もやり、それプラス、私自身も新しい仕事を覚えることになって・・・。
なんか・・・・・一日中、パソコンの前にほぼ座りっぱなしでさ、たいして動いてないのに家に帰るとどっと疲れが出てくるありさまで。
あんまり疲れたんで、今日は美容院でリンパマッサージをしてもらってきたワ。

お陰で、ズンッ! と重かった首と肩が軽い軽い♪



えっと、またも相変わらずCSで録画した映画やドラマ(ちなみに、ドラマは「三匹のおっさん」ね。こっちの方では地上波で放映してなくてさ。欣也がイイ味出してるね♪)などを観ていたり、音楽を聴いたりしておりますが。

そういえば、先日CHABOさんの番組に出てきた村上“ポンタ”秀一さんの話は面白かった。

その昔、ポンタさんがロサンゼルスへレコーディングに行った時のこと。
スタジオに6人いたギタリストの中で、一人いいギターを弾く白人がいて・・・。

ポンタさん、(白人のくせに、結構いいギター弾くんだな。気に入った。)ということで、知り合いを通して
「お互い新人同士だと思うけど頑張ろう!」
と、その白人に挨拶をした後でさ。

「そういえば、アイツ(白人)、名前なんて言うの?」

と周りに聞いたら、その人がエリック・クラプトンだったって言うww

それから、こんな話も・・・。
「ふと見ると隣にきったない格好したギタリストがいてさ。あんまり汚いんで 『だれかコイツにTシャツでも買ってやれば?』って言ったんだよ」

そしたら、そのきったない格好のギタリストって、実はサンタナだったと言う(笑)

この話を聞いてさ、CHABOさんもうけてたけど、私もダンナもすげぇ笑っちゃってさ。

当時のポンタさんは、そういった有名ミュージシャンを全くご存じなかったようでwww
当時からエリック・クラプトンもサンタナも、言ってみれば超有名人なのに、ポンタさんから見たら「ギターのうまい白人」と、「きったない格好をしたギタリスト」としか映らなかったようでww

ま、あの、この番組って、こういう実際に笑える面白さだけじゃなくてさ。
その毎回出てくるゲストによって、聴いてる音楽や影響を受けたものとかそれぞれ違うから。
んで、そういう自分の好きなアーティストなどを紹介してくれたりするので、こっちとしてはまた新しい音楽に出会えるし。
それに、そのゲストが音楽を通して、それまで生きてきて感じたことや思ったことなどの話が聞けるから、それもまた興味深いし。
そういったものを映像で観て、耳で聴いて、自分の中に取り入れられることの面白さ。
この面白さを別の言葉で例えるなら・・・。
むかし、麗蘭でツアーを回ってた時に言ってた蘭丸の言葉を借りれば

『これ もう 日々 勉強』

ってなワケですワ。


あ、そうそ。
キング・クリムゾンのロバート・フリップが、座りながらでないとギターが弾けないって話も初めて知ったよ。

(あ、宮本さんと同じだな)

なんて思ってさ、それもなんだか可笑しかった。



最近じゃぁ音楽もあまり聴けてはいないけど、つい先日は「THE STRYPES」のファーストアルバム聴いたよ。
strypes

前々から興味はあったんだけど。

音がさ、いい音してるなぁ、と思って。
あと、若さが垣間見える、というか、垣間聴こえる(笑)

THE STRYPES/「What A Shame」


あと、BLUESのスタンダードナンバーであるこの曲も。

「Rollin' And Tumblin' 」
スポンサーサイト
2015.08.09 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1722-af0cd3e3