sqsdf

武道館のDVDと共に届いた今日発売のシングル 『愛すべき今日』
これまでラジオでも何度か聴いたし、つい先日はMVも観た。

一番最初に会社のラジオで聴いた時にさ、宮本さんの声とは思えなくて。
目の前のパソコンに集中してたもんで、DJがアーティスト名と曲名を言っていたのを聞いてなくてさ。

(宮本さんの声になんとなく似てる気がするけど・・・これ、誰だろ?)

なんて思ってたら、それがエレカシでさ。

好きか嫌いかって言ったら、そりゃ好きな方だよ。
まだメロディしか覚えてないからメロディと歌声以外の細かい音の云々は、まだそんなに聴き込んでいないのでよく分からない。
でもこれ、宮本さんの曲の作り方によるものなのか、それともアレンジによるものなのか分からないけど、ここ何年か作ったシングル曲と似たものを感じる。
例えば、迫力のあるバラードというか。うまく言えないんだけど。

歌詞の内容はと言えば、特別なことじゃなくて等身大の今を歌ってんだね。
あ、でもこれまでだって、その時その時のこと歌ってたっけ。


『TEKUMAKUMAYAKON』はね、最初CDで聴いた時・・・・・・よく分からなかった(笑)

あの、何かのインタビューでさ、宮本さんがこの曲をアレンジした方のことを、「オタク」と言っていたのがなんとなく頭に残っててさ。
それでなのか最初聴いた時にさ、アニメの主題歌になりそうな曲だな、なんて思っちゃって。
もうすぐエレカシの野音でたぶんこの曲も演るのかもしれないけど。ステージでこの曲を演るイメージが全く湧かなくてさ。
演奏するとしたらどんなふうになるんだろ? なんて思ってたんだけど。

あとで『TEKUMAKUMAYAKON』のMV観てたらさ、アニメの主題歌だのイメージが湧かないだのと言ったモノは見事に無くなった。
私が想像していたほど、“こんぴゅうた音ぴこぴこ”ではなかったよ。

聴けば聴くほど好きになりそうな曲だ。

そういや、この曲のMVさ。
クイーンかよw ボヘミアンラプソディかよwww

最初、4人の宮本さんが出てきた時はギョッ!となったよ。
宮本さんが4人もいると、濃いねぇ~。

んでそのあと、エレカシメンバー4人が横一列に並んでこちらに向かって歩いてくる場面は、私の古い記憶から「Gメン'75」のオープニングがチラッと浮かんだりして。

宮本さんの顔がアップで影から光へと映し出されてこちらを見つめている場面は、もうなんかいまさらという気がして特になにも思わなかったけど。成ちゃんやトミがアップになって、こちらの方をジッと見つめられると、どうもなんか気恥かしくなるのよね。
石くんは・・・・あー、やっぱりここでもグラサンは外さないのね......。


『めんどくせい』は。。。。。
もうこれはバンドの音だよね。

3曲の中で一番身を委ねて聴いていられる曲。一番好きだな、これが。
去年の野音だったか、初めて『めんどくせい』を聴いた時はリズムが変則的な気がしてさ。
どうリズムをとってのればいいのかよく分かんなくて。
だけど完成された新たな『めんどくせい』は、いい! LIVEで盛り上がるよぉ、これは!

で、MVはこれ、レコーディング風景なんだろうね。
ひげ面の宮本さんと、これまたひげ面のトミと。リラックスした顔の成ちゃんと、また何かトボけたことを言ってみんなを笑わせている石くん。
メンバーの素顔と、普段のお仕事ぶりが観られて嬉しい。石くんもグラサン外してるしww
何より、皆んなが笑っている顔が一番いいね。

下手にキレイなものより、作ったものより、
その人(たち)の素顔が観たいのよ、ファンとしては。

kyu



遠く東京では、お昼からやっている30周年番組がいまだ続いてはおりますが。

出番が終わって、またいつ出るかもしれないエレカシに期待してテレビをダダ流ししているよりも、家に届いた音源を全身全霊で聴き入っている方がものすごく幸せを感じる。
(あ、でも、「千の風になって」と、OTの曲は聴いたけど)
たぶん、エレカシの面々も出番が終わったら、さっさとスタジオへ行って野音のリハとかしてるんじゃなかろうか? 今頃。

それともまだ楽屋にいたりして。
スポンサーサイト
2015.09.23 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1732-f3aff10e