11月30日(月) 全体的に曇りがち。 んでもって、寒っ!

そんな、11月の最終日。
「麗蘭」のLIVEに行ってきました。

roll


。。。。。。。。。。。。。。。と、いつものように詳しく書こうと思ってたのにさ。
急に家パソがおかしくなっちゃって、その不具合を直すのに時間を食ってしまい、書くヒマがなくなっちまったよぉん。
取り敢えず家パソは正常に動くようになったけど、思わぬところでタイムアウトされてしまいまして。

で、LIVEの方はというと・・・。

も、これは言わずもがなで楽しかった。

ありきたりな言葉だけど、すごく楽しかった! と言うしかない、そんなLIVE。
LIVEって、こんな楽しいものだったよな、って思い出させてくれるような。
こないだのSTRYPESとは、また違った楽しさなんだよね。

仙台での麗蘭LIVEは実に8年ぶり。
(蘭丸は『10年ぶり』って言ってたけど、本当は8年ぶりなんですよ、公平さん。CHABOさんが還暦を迎える3年前だから。場所は、LIVE HOUSE 「HEAVEN」。あの時のLIVEも、私は よーっく覚えている!ヽ(`ω´)v)
確かに、『麗蘭 TOUR』としては10年ぶりだけど、2007年に『冬季限定 麗と蘭 アコースティカルライブ「1+1」』と題して全国回ってた時があったのよ。
ま、でも、いっか。10年ぶりだろうが、8年ぶりだろうが。
とにかく久しぶりの麗蘭だ!

で、、ゆうべの麗蘭はねぇ、格別だったんだよ。
いつもの如く、ライブハウスなのに椅子がズラリと用意されてはいたけれど、オープニングからみんな総立ち。

ギターがめちゃめちゃ上手い御仁お二人が、私の目の前で弾いちゃうもんだからさ、終始目移りしっぱなしだったよ。
CHABOさん → 蘭丸 → CHABOさん → 蘭丸 → 蘭丸 CHABOさん → CHABOさん → 蘭丸 → CHA...... → 蘭... → CH......蘭.......C.......ら.......、ってな具合に。
最後はもうそんなこと関係なく、グチャグチャww
二人がステージ中央に片寄せて並んで弾いてる姿は、たまらんもんがありますワ。しかも弾いてる音は、ほぼ、BLUESですぜ!
聴いてるうちに、口の中でバーボンの味が蘇ってくるってなもんですワ。BLUES大好物な私としては。

早川さんのBASSも、以前となんら変わることなく、ブレることなく、良かったなぁ。
LIVE当日、その日がお誕生日だったと言うDrumのジャガーさん、明るい人だな、って印象。
いや、一言も喋ってはいないんだけどさ、ふと見るといつも笑顔。それからDrumの音が、なんだかそんな印象(?)。
楽器の音って、その人の人柄が現れるものなのかねぇ。
あとね、なんと言っても、麗と蘭のお互いがお互いを思う、敬愛、優しさ、思いやり。そんなものがさ、ステージ上で溢れてたよ。
こんなふうに書くと、それってどんなステージだよっ! って思うかもしれないけれど。

いや、なんかさ、ここ最近さ、エレカシのLIVEばかり観てたものだから。
んで、エレカシのあの「ミ○ジ中心! ミ○ジに注目!」みたいなステージに慣れてたものだから。(いえ、あれはあれで好きなんですけどね)
こう、バンドのメンバーがお互いに呼吸を計って、出るところは出て、引くところは引いて、みたいなステージを久々に観るとさ、なーんか、心があったかくなるような感覚になっちゃったりしてさ(笑)

「10年ぶりだから、また来る時は10年後だな」
と、CHABOさんは言ってたけど。

いやいや、10年後と言わず、来年また来てくださいよ。来年の1月辺りでもww
スポンサーサイト
2015.12.01 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1745-f94c19b7