おっと!

気が付けばもう大晦日ぢゃぁないのっ!


んなワケで。。。。。

早いもんで、聖なる夜から早や一週間が経ちました。
今年の12月30日も半日以上台所に立ち、お節作りに追われておりました。その間、ずーっと手が濡れた状態でいたため、お陰で指の腹が必要以上の水分を含んで シワっシワにふやけちまいました。

まぁ、これも例年通りの事。

さてさて、一週間前の聖なる夜。
ワタクシさかごろうは、ダンナからバカボンのパパの腹巻きを貰いました。

bakabon

なんつーか、白いシャツと一体型なんですね、これ。
あとは、頭に巻く白い鉢巻と、鼻の下のヒゲ(・・・いや、アレは鼻毛だ、という説も・・・)があれば完璧なのに。

またまたここ最近の出来事や、思うところをいくつか・・・。



さかごろうが毎日書いている日記帳のことで、去年こんな記事を書いたことがありましたが→「2015年10月31日の日記」

この記事を書いた後、日記帳の残りの空白ページをよくよく確認してみたら、まだ数ページの余白が残っており・・・・・。

(これ、もしかしてもう一年分ぐらいイケるんぢゃね?( ̄ω ̄;))

と、思い、試しに今年の分を恐る恐る書き始めてみたら、見事に一年分収まりまして。

なので、あの茶色い表紙の日記帳。
10年日記どころか、11年日記に相成りました。
そして、本来ならば今年から使う予定だった、「ちょっと分厚め(100枚)の大学ノート」は、来年2017年からいよいよ使うことになります。



えーっと・・・。

今年はブログ更新が殊更少なかったですが。
以前は睡眠時間を削ってでも、そして、何も予定のない休日、録画していた映画を見るよりも、まず家パソに向ってブログを書く・・・・という行為を以前はしていたのですが。

ネット世界で遊ぶのも楽しいけれど、今はリアルタイムの方をもっともっと楽しみたくなりまして。
そうなると、自然にブログの方がお留守になってきちゃったのよね。

いや、でも普段から、(こういうことブログに書いたら面白いかも?)とか、(こういう出来事があったから、こんなふうな書き方したら受けるかも?)とか。
頭の中で自然発生的によく浮かんではいるのだけれども、如何せん、それが行動に伴わず。

まぁ、でもこのスタイルは来年になっても変わることはないと思う。なんせ、さかごろうのわがまま、気ままでずーっとやってきてるからさ。
キホン、
「このブログは、だーれも見ていない。ここを見てる人なんて一人もいない。自分しか見ていない。」
と、思っていた方が好きなように書けるので。

(いや、実際は、ここを見てくれてる人たちがいるのは、ちゃんと分かっておりますよ、えぇ。)

何かを変に意識してしまうと、言いたいことも言えないし、自分が面白いと思うことも書けなくなってしまうから、ワタシの場合。



と・こ・ろ・で

「俺のセンセイ」 見ましたぁ? 奥さーん!ヾ( ̄m ̄) (・・・と言いながら、右手首を上から下に振る)

最初、ドラマだからさ、まさかのゴールデンタイムに放映するのかと思っててさ。
エレカシファンじゃないダンナが異様に心配してたよ。
「大丈夫なのか? (歌以外の事で)あの男をお茶の間に晒してしまって本当にいいのか?( ̄_ ̄;)」 と。

だけど、始まる時間が夜中と聞いて、一応安心してましたが。

いや、しかし。
あんなに気恥ずかしい思いをしながらドラマを見るのは、久しぶりのような気がする。
単純にドラマなんだから。テレビの娯楽番組の一つなんだから。
お気軽な気持ちで見ればいいものを。

分かってはいたけれど、芝居はド下手。
そして、普段の宮本さんからはありえない設定。(離婚歴ありだけど妻子持ち。高校生の娘とショッピングとか・・・)
そしてそして、白と黒以外の衣服の着用。

ワタクシ、テレビの前で、何度
『ヒィィィィィィ!((((((((゚Д゚||)』
という、言葉を発しながら身もだえしたことか。

面白い! 面白すぎるよ、宮本さんよぉ!
ドラマの内容とかよりも、アータ自身があり得ない設定すぎて面白い!

ただ、私的には、「普通のおじさん」たる宮本さんが見られたのが嬉しかった。
だってさ、普段見ているのは「エレファントカシマシのボーカル」である宮本浩次だもんね。

それはそれで、もちろんいい。
かっこいい宮本さんもいいんだけど。

そこから外れた、なんの見栄も飾りもない、いわゆるどこにでもいる50歳の男性である宮本さんが見られたのは、つくづく良かった。
ま、ドラマの中だけど。演技ではあるけれど。


でもね、正直言うとね。
「エレカシの宮本がドラマ初出演!」ってなニュースを聞いた時、そんなことやるより、もっと音楽に集中してほしいなぁって思ったのよね。最初は。

でも、たまには違う世界で、いつものメンバー、スタッフさんたちとは違う人たちと何かをするというのも、それはそれでいいのかな、なんて思ったけど。
しかし、無謀な企画だよなぁ、これ。
面白かったけど。



2016年ももうすぐ終わりますねぇ。

今年も、自宅の家パソから、こうしてブログを書くことができる幸せ。
明日の今頃は2017年か。石くんも来年は50代になるのね。50代のエレカシは、どんな音楽を生み出すのか。
楽しみ楽しみ。

そして来年は、どんな出会いがあるのか。人も然り。音楽も然り。書物も然り。


みなさん どうぞ よいお年を
スポンサーサイト
2016.12.31 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1810-ba4713a5