オッス! オラ 野沢雅子!


じゃ なくて・・・・・・


オッス! オラ さかごろう!
来週も 絶対見てくれよなっ!


じゃ なくて・・・・・・

それじゃ終わっちまうじゃねーか。
しかも、来週ここを更新するとは限らないし。。。


どーも どーも (^^)
ちょうど2週間前に美容室へ行き、ちょっときつめのパーマをかけてきたさかごろうです。

パーマをかけた結果、自分で思ってた以上に髪の毛がクルリンコになってしまい、正直あまり気に入ってません。 自分でかけといてなんですが。

んで、どれぐらいクルリンコなのかと言うと・・・イメージとしては

こんな感じ↓
253

パーマかけたては、こんな感じでした。
もっとも、2週間経った今はだいぶ落ち着いてきたけれど。



今から約38年前に放映してた、NHKの人形劇「プリンプリン物語」
今週水曜日からBSで再放送が始まるらしいねぇ。

NHKの人形劇と言えば、私が覚えている一番古い記憶は「真田十勇士」かな。
これを放映してた時は、まだ小学校に上がる前だからさ。見ていてもいまいち話の内容がよく分からなかったのよね。
だけど、怨霊だの妖怪だの妖術だの・・・。
なにやらなんだか怖かった記憶がある。

その「真田十勇士」の後にやった「紅孔雀」も、あんま記憶がないんだよね。
改めて映像とか探して見てみても、(あー・・・なんとなく見たことある・・・)ぐらいで。

で! 一番よく覚えているのは「紅孔雀」の次に始まった「プリンプリン物語」なのよね。

もうね、メインのキャラクターたちの名前とか特徴とか。
わざわざウィキペディアで調べなくたって、スラスラと出てきちゃうもんね。

銀髪で、整ったかわいらしい顔。そんでもって意外と行動力のある女の子、プリンプリン。
身に着けているティアラや洋服とか。まさにプリンセス!
プリンプリンに憧れた女の子たちはたくさんいるのではないだろうか。
かく言う私もその一人。

そのプリンプリンが大好きな二枚目? なのか三枚目なのか分からないけど。
顔は二枚目のボンボン。

ピンク色のおさげ髪が特徴、オトボケキャラのオサゲ。

知的博識予感がしますルールルルル........の、カセイジン。

全員、15歳という設定だったのだが、今思うとプリンプリンとボンボン以外は15歳に見えない(特にオサゲは・・・)

まぁ、この、プリンプリンの生まれ故郷を探して、この4人とモンキーというおさるさんでいろんな国を旅するわけだが。

私が覚えている国は、バルンバ帝国とかケントッキー、オサラムームー(だったかな?)
バルンバ帝国に出てきたのは、ツインテールでローラースケートをいつも履いている女の子とか。
この女の子に、プリンプリン一筋なはずのボンボンが好きになりかけたり。(最終的にはカセイジンとこの女の子が仲良くなってたような・・・)
ケントッキーでは、放浪の旅をしていた謎の旅人が、実はケントッキー王国の王子様だったとか。
断片的な記憶ではあるけれど、そんな国もあったな。

しつこいようですが、本当にウィキペディアとか他のサイトとか、一切調べてないのよ。
「真田十勇士」とか、「紅孔雀」は検索して映像を見返したりしたけど、「プリンプリン」だけは私の記憶のみで書いてます。

さっきのメインの4人と一匹以外にも強烈なキャラがたくさん出てきているけれど。

なんつっても当時の子供たちに良くも悪くも強烈な印象を残したのは、アクタ共和国のアイツ!

ルチ将軍だろ。

あのヴィジュアルは強烈だよなぁ。
ホントに良くも悪くもwww

私と同年代で、子供の頃に同じくプリンプリンを見ていたウチのダンナにも、一番強烈に残ってるキャラは? と聞いたら、案の定ルチ将軍だと答えてた。

決して好きなキャラではないけれど、
「ちのーしすぅー せんさんびゃくっ!」
は、よく真似したよ(笑)

当時、知能指数が1300もあるっていうのがどんだけのものなのかよく分からなかったけれど、とにかくもんのすごく頭がいいんだろうなとは思ってた。

そう思ってただけに、実はあの頭が隕石だったっていうオチにはさ、当時、見たものはそのまま信じて疑わない、まだ真っさらな心を持っていた子供の時のさかごろうも、さすがに
「なんぢゃ、そりゃぁっ!」
って、思ったよ。

「ふーん、隕石だったんだ! そっかー!(^。^)」
なんて、素直に納得しなかったよ。

しかし、それじゃぁアクタ共和国は、今まで隕石に支配されてたんかいっ!(笑)

おもしろいよなあww

でも、最終的に宇宙に帰れてよかったよね、ルチ将軍。



とにもかくにも またあの物語が見られるわけだけれども。

そんなに好きで見ていたくせに、物語の一番最初と最終回って、どんなだったか覚えてないんだよね。

いや、全く覚えてないわけでもない。でも記憶がボンヤリ。うろ覚え。

最終的に、プリンプリンの祖国は見つかった・・・と、はっきりそんな風な流れではなかったような気がする。

・・・・って、そんなネタバレ的なことを書いていいのかしら。
でも、知ってる人は知ってるだろうから、ま、いっか!(←かなりいい加減)

とにかく 楽しみっす!(^^)!

♪ ノーノー プリンプリン
 イエスイエス プリンプリン
  プリンセス プリンプリン ♪
スポンサーサイト
2017.07.02 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1838-e3055d2b