FC2ブログ
桜を見に行ったのは、つい先日の話だけど。。。。

そこから間を置かずに、来たる新緑の季節に備え、ボウボウに生え茂った家の庭木のこれでもかと伐採し
見事に全身筋肉痛
体中に張った湿布の数 18枚
伐採した枝、草、枯葉などをまとめたごみ袋の数 10袋
仕事をやり終えてから筋肉痛の前兆が来始めた時間 約3時間
筋肉痛になってから、完全に元の体に復活した日にち 約5日間

・・・・・というわけで、やっと湿布の呪いから解放され、現在に至るさかごろうです。

昨日、会社の人から
「さかごろうさん、明日はアラバキ行くんですか?」
と、聞かれた。

あーーーー。
その質問。
心にズキッ! と来たわ。

だけど、そんな心の痛みなど微塵も顔に出さず
「あ~~、ホントは行きたいんだけどねぇ~。用事があって行けないんだよねぇ(^0^;)」
と、苦笑いしながら返事をする私。

正直、今回のラインナップを見て、今年のアラバキは行きたかった。
だけど、用事があるのは本当のことで。
だけど、だけど、もーーーーっと早めにあのラインナップを知ることができていれば、今日・明日の用事は作らなくても良かったのになぁ。

なーんて思いはしたけども。
行けないなら行けないで、こちらはこちらで楽しめばいいぢゃぁないの、と切り替え早く、普段の会社の愚痴や諸々のダークゾーンを少し心に残しつつも、なかなか有意義なお休みを満喫しております。


えーっと、そんでね。
ドラマ「宮本から君へ」の影響で、改めて家にある「宮本から君へ」を読み返してみたのよね。

やっぱ、面白いわ、これ。
声出して笑ったわ、読みながら。
マンガ読みながら声出して笑ったのって久しぶり。

でも、これ、ギャグマンガではないのよ。
しかも、笑った所って、決して笑うような場面でもなかったのよ。
なんというか、主人公の宮本 浩の不器用で真っすぐで、それ故どこまでもバカでまっしぐらなところが、なんだか好きで。
そういう場面が出てくる度に、思わず笑ってしまってさ。

女にはもてないが、男にはもてるタイプ・・・と、言っていいのかな?
ただ、間違いなく言えるのは、このマンガ、女性には人気ないかもしれないけど、男性には人気があるかも。

いや、分かんないけどね。でも、そんな気がする。

私は根本的に感覚が男だからさwww
だからってわけでもないけど、この「宮本から君へ」 好きだワ。


何かのインタビューで、宮本さんが(エレカシの宮本さんの方ね・・・)、
『・・・・・でもオレ、(作中の宮本 浩と) 何も関係ないし・・・』
とは言ってたけど。

確かにそうなんだけどさ。
でも、さすがに、作者が初期の頃のエレカシ宮本をモデルにしただけあって、読むとこ読むとこ、昔のデビューしたての、いつもイライラしてるような、客に向かって、がなって(怒鳴る?・・・というか)いたような若い宮本さんの姿と重なってしまってさ。
なーんか見ててイタイんだけど、ほほえましいみたいな。

ドラマではどこら辺までストーリーが続くのか分からないけど、いまんとこ、端折ってる部分も少しはあるけども、セリフもストーリーも、ほぼ原作通りに進んでる(当たり前か....)。

ドラマの中ではまだまだ序の口の、扉が開いたばかりってな展開だけど。これからが面白くなるんだよなぁ。

原作で読んだあの場面が、実写ではどんなふうになるのか。。。。。


楽しみ(^^*)
スポンサーサイト
2018.04.28 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1888-1742658d