tetsuta

まさか、あの二人が「JOY-POPS」としてツアーをやるなんて。
あ、でも、JOY-POPSってアコギユニット(?)だったから、今回もアコギで???

いやいや、そこはあの蘭丸のこと。往年の形をそのままやるわけないのかも。。。



いや、なんと言ってもJOY-POPSだよ?!
2000年の解散以来、HARRYと蘭丸のギターの絡みがまたステージで観れるんだよ。

私だって、初めてこの情報を知った時
“え? マジか?”
となって、気持ちがソワソワ落ち着かなかった。
全国のスラファンもこれを知った時は、さぞかし狂喜乱舞しただろうなぁ(←あくまで想像ですが・・・)

5月13日(日) 天気:雨が降ったりやんだり
「仙台 darwin」でJOY-POPSのLIVEがあった。
この時点で、使うギターはアコギだけではなく、フルアコ、セミアコ。まぁ大雑把に言えば、エレキも大いに使うらしいということも分かってた。


今回、チケット買ったのがだいぶ遅かったため、入場したのも後から。
そのため、客席もずっと後ろの方。
目の前には人の頭、頭、頭。
どの曲で、どのギターを使うのかを観るのも楽しみにしてたけど、こんなふうに後ろの方で、しかもステージが見えにくいからなぁ。
手元(ギターは)見れないかも・・・。
と、半ば諦めてたけど、これじゃあギターどころかステージの二人の顔も見られるかどうか怪しい・・・・・そんな位置。


私が会場に入って、10分くらい経った頃。
客電がおちて、BGMが大きく鳴りだす。(流れていたBGMは、なんていう曲なのか私には分かりません.........)

向かってステージ左から、HARRY、そして蘭丸が登場。
まず、男性客の声で「ハリ~!」 の声が飛び交う。
そして、女性客の声で「らんまるぅ~!」 の声が。
ステージに立ってるHARRYの右側に蘭丸。
この立ち位置も、もちろん変わらない。


1曲目 『7th Avenue Rock』
これ、この曲。
アルバム「夢遊病」の中に入ってて、途中の間奏のギターの絡みがカッコよくてさ。好きな曲の中の一つ。
昔、アルバムで聴いた時のような痺れるような感覚は、さすがに感じなかったけど(´ω`;)
やっぱり、というか、当然アレンジをツインギター用(?)に変えて今回はやってるんだな、って思った。

2曲目 『安物ワイン』
オットー!いきなり時代がとんだなww

3曲目 『Angel Duster』
ここで客のテンションが一気に急上昇(・・・・・したように感じる)。
そりゃあねぇ。こういうスタンダードナンバーをやられちゃねぇ。
相変わらず、目の前は人の頭ばかり目について、肝心の二人は見えたり見えなかったり。
だけど、音はしっかり耳に届いてたよ。いまんところ3曲とも全部一緒に歌えてる。
というか、実際私はそんな歌ってるわけではないけど、無意識に歌詞が口をついて出てくるのよ。

そして4曲目・・・・から、もう何をやったのか既にうろ覚え。
ただ覚えてるのは、4曲目はHARRYがソロになってからの曲だということ。
聴いたことあるんだけど、ゴメン、よく分からない。たぶん、この曲が入ってるCDは持ってると思うんだけど。

だから、尚更ゴメンナサイ。
だってさ、HARRYがソロになってからのアルバムは「Bottle Up and Go」と、「FOR NO ONE」以外はほとんど聴いてないんだもの。
逆に言えば、この2枚は繰り返し 繰り返し 繰り返し 何度も聴いてる。

しかしさぁ。一晩経って、しみじみゆうべのLIVEを思い返してみると、HARRYと蘭丸のツインギターを目の前で観ることができたなんて。(いや、実際はあまりよく観えてなかったけど)
なーんて幸せな時間を過ごせたんだろ。。。

曲の合間に二人でアイコンタクトをとる場面を観るのも久しぶり。
でも、昨日はHARRYが隣りの蘭丸の様子をチラッと見てる場面の方が多かったような気がする。
そして、HARRY・・・・ソロのLIVEを私が観た時からだいぶ時間が経ってはいるけど、あの時よりも更にオープンに、更にフレンドリーなHARRYちゃんがそこにいた。

いや、そんなHARRYを観るのは初めてではないし、それをみて、もう戸惑うことはなかったけどさ。
なんつーか、あのHARRYが笑ってんだぜ?! しかも、ニヤリ笑いではなく、それはもぉ、すごくいい笑顔で。
んでもって楽しそう!

なんだろ? そんなHARRYをみていて、私もすごく嬉しい。んで、楽しい。
正直さ、スライダーズ時代は、ワタシHARRYのことを(ちょっとコワイ人・近寄りがたい人)っていうイメージを常に持っていてさ。
ギターを弾く姿以外、例えば私生活での姿とか、まったく想像できない、謎の人物だったのよ。

あ、いや、ギター弾いてる姿以外は まったく想像できないっていうのは今も変わってないなww

数曲終えたところで、HARRYが喋り始める。

あー、んと。最初なんて言ってたっけかな?
確か「1979年に蘭丸と出会って。俺はハタチで蘭丸は19で・・・。」ってな話をしてたっけ。
そこで蘭丸が客席をなにげに指さして「みんなまだガキの頃ww」と、言葉を挟む。
「・・・(中略)・・・でまぁ、いろいろこういうことがあって・・・・・・・・今は・・・こうなりました(笑)」
「こうなりました(笑)」のところで、苦笑いしながら自分と蘭丸を交互に指さす。
確かに、二人とも今は50代だもんなぁ。HARRYなんて来年還暦なんだよね。歳取ったよな。
だけど、確かに顔は老けたけどさ、
(あぁ、二人とも歳取ったのねぇ~・・・)
などと感慨深い気持ちになんて、まーったくならないのは何故だろ(^~^;)

それにしてもHARRY、以前に比べると、よく喋るなぁ(笑)

客席からは、ちょくちょく「待ってたんだぜーっ!」の掛け声がかかる。
その声に蘭丸が一言「わかってるよ!」と、答える。
思わず ニヤリ。

歌っていたのはHARRYだけじゃなく、蘭丸ももちろん歌ってた。
曲は「Sugar Sugar」。

(♪シュガー、シュガー、ちょっと待ってよぉ♪ っていうこの曲・・・聴いたことあるけど、なんだっけ? 蘭丸がソロになってからの曲だっけ?)
なんて、頭の中が(?-?)状態だったんだけど、このあと家に帰ってから調べてみたら、どのアルバムにも入っていないけどスライダーズの楽曲だったよ。ある種マボロシと言われている。


しかも、ここのブログにこの話載せてたことあったよ→2007年9月27日の日記
11年前の話だから、自分でも忘れてた。ちなみにリンクで貼ったYou Tubeの動画はもう削除されてますが。(だけど探してみると別の画像がありました)
長くブログやってると、同じこと何度も書いちゃったりするもんなんだねぇ(^▽^;)

「Baby、途方に暮れてるのさ」 「天国列車」 「Yooo!」 「ありったけのコイン」 「あんたがいないよる」 「FRIENDS」 「Feel So Down」 「道」 「GET OUT OF MY MIND」 etc...
昔から体に馴染んでいるこれらの曲たちを、2本のギターのみで演ってた。
違和感ないけど、何気に新鮮!

「カメレオン」もやってたよ。
この出始めの音が響いたとき、腰が疼いたなぁ(笑)
一緒になって「カ メレ オォーン!」なんて歌っちゃったりしてさwww
ちなみに「カメレオン」は、LPヴァージョンとか12インチヴァージョンとか。いろんなヴァージョンを出してるけど。
その中でも私は、英語ヴァージョンと、ロングヴァージョンが好きです(^^)v

あと、「かえりみちのBlue」もやってた。
間奏の蘭丸のギターソロは、この時は奇跡的に人の頭の間からステージが観えてさ。
ギターを弾く手元がチラッ、チラッと観えたよ。

さっきの「2007年9月27日の日記」にも書いてたけど。
ワタシ、昔からギタリストがギターを弾いてる時の手元をジッと見るのが好きでさ。
でも、周りにギターを弾く人がいないから、自然とDVDやネットの動画などで見るんだけど。
特に、蘭丸が弾くギターの指使いが昔っから好きでさ。なんか・・・見いっちゃう。
だけど、なぜだかHARRYの場合は指先よりも、弾いてる時の姿を観てるほうが好きなんだなあ。

ちなみに、石くんの場合は、全体的な姿を観るのも、指使いを観るのも、どっちも好きです(*´▽`*)

ところで・・・この「かえりみちのBlue」のブイなんだけど。
その中で蘭丸がアコギを弾いててね。
それを観て、自分でもこの曲が弾きたくなってアコギ買ってさ、練習してたことあったよ、昔。
で、さっきね、改めてその「かえりみちのBlue」のブイを観てみたんだけど。

これ、ぜっったいムリだわ(笑)
よくもまぁ、これを観て「私も弾きたい! がんばれば弾けそう!」などと思ったものだ、当時の私。

・・・・・・と、ここまで書いて。
あれ? そういえばこの話も前にここで書いたような気がする(汗)
と、思い、「ブログ内検索」で探してみたら・・・・・・。

あったよ。
しかも、2回も書いてたwww
2007年5月23日の日記 2011年10月9日の日記

いやぁ~、、、長くブログやってると、同じこと何度も書いちゃったりするもんなんだねぇヾ(;´▽`A``
それにしても、あのギター、ちゃんと大事に使ってくれてんのかねぇ。
ただでくれてやったんだから、埃かぶらせて放っておいたりしてたら承知しねぇぞっ! あのギターもらったヤツ!

えーっと................大幅に話がズレてしまいまして・・・スマン。

そういえば、昔の楽曲ばかりを演ってたわけではなくてね。新曲も演ったよっ!
HARRY、蘭丸、それぞれ作ってきたってさ。

蘭丸がさ、新曲ができるまでのエピソードを話してたんだけど。

ある時HARRYから電話がかかってきたんだ。すごいだろ? HARRYからの電話なんて、だれもかかってきたことなんてないだろ!

と言って、会場を見渡す。

はい。たぶん・・・というか、100%、ここにいるお客さんたち、誰もHARRYから電話がかかってきたことなんてないです。

・・(中略)・・・で、一緒に演らないか? っていうことになって。 で、オレはHARRYに「新曲! 新曲!」って言ったんだけど、HARRYは「うーん・・・・・・・どうかなぁ」って言ってて(笑)
しばらくしてから、また俺が「新曲! 新曲!」って言ったんだけど、HARRYはそこでも「うーん・・・・・・・どうかなぁ」って言ってて(笑)
それで、あんまり言うのもどうかな? と、思ってたんだけど。
年が明けてからかな。HARRYから電話がかかってきて、「新曲、できたよ」って!www


あ・・・・・・・・・・・・・。
なんか目に浮かぶワ(^▽^;)
そして、この二人の会話のやり取り。空気間。
そうそ。こんな感じなんだよな。
久しぶりに味わえて、笑える。

まずはHARRYの方から。
曲名は「新しい風」
なーんとこれがBlues! しかも軽快なBlues!
歌詞もなんか前向きで。
いいもの作ってきやがるなぁ。

そして次は蘭丸。

蘭丸の曲が始まる前に、HARRYが曲紹介してた(!?)

「次はスリーコードのブルースだ」

(ぅおっ!w(゚o゚*)w マジすかっ!) ワタシ、この時思わず頭の上で拍手してしまった。(←チョットだけ目立ってたかも......)

「みんな、好きだろ?」

(はいっ! 大好物ですっ!ヽ(*⌒∇⌒*)ノ)


曲名は「DeltaのSue」
あ、あの、こんな↑英語でタイトル書いちゃったけど、英語で書くのが正解なのかどうか分かりません。なにせこの時初めて聴いた新曲なもので。
ただ、「デルタのスー」って曲名を言ってたから、蘭丸のイメージからして「DeltaのSue」←こんな感じかなぁ~っと、私が勝手に書きました(^^♪

これもまた、蘭丸らしい歌詞とメロディだワ。
蘭丸らしいって、どんなの? と、聞かれるとうまく言えないんだけどさ。

例えば、HARRYは王道の・・・という感じだけど、蘭丸のは、どこかサイケ、どこかPOPな感じがするのよね。ブルースなんだけど。

いいなぁ、2曲とも。
これ、音源出ないかな。出ればいいのに。


そうそ
一度だけ曲を聴いてて涙ぐんでしまった時があったな。
「Midnight Sun」を聴いてた時。

例えば、エレカシやCHABOさんのLIVEで涙ぐむなんてことはあるけども、HARRYの歌で涙ぐむなんてことは、そういえばこれまで一度もなかったな。

そりゃあ、胸にグッ! ときたってことは何度もあるけどさ。それとはまた別に、この時は歌詞がね、きちゃったんだなぁ。
なんか、今、自分が置かれてる状況とかとリンクしたからなのか。
慰められているような、叱咤されてるような、そんな気持ちになっちゃって。
この曲はHARRYのソロアルバムに入ってて、今まで何度も耳にしてたはずなのにさ。

LIVEで聴くとねぇ、また違って聴こえてくるから不思議だよね。

「Back To Back」を締めに演り、一旦二人はステージから姿を消した。
そして、アンコールの拍手の中、二人は着替えて出てきた。
1ステージ目は紫のジャケットを着ていた蘭丸。
またね、紫色が似合うのよ、この人は、んでもってそれがまーったく違和感ないからスゴイワ。だって蘭丸だもん。
でもアンコールでは、赤いシャツに・・・・あれ?赤いTシャツの上に何色のシャツを羽織ってたっけ?(汗) 黒だったかな?
違ってたらごめんなさい。

そしてHARRYは、なんと爽やかな!
水色のTシャツの上に、白い襟付きシャツ。

ん? まさかあの水色のTシャツ・・・・ツアーTだったりして?

と、思ってたら蘭丸が、

HARRY、いいシャツ着てるね。それはどこで売ってるんだい?

と、まるでセリフを棒読みしてるような話し方をするww

アララ? アレアレ?
この展開、麗蘭ではよく見かける展開だよ?
麗蘭ではいつも蘭丸が、今みたいに棒読みのセリフを言ってCHABOさんに問いかけ、それにCHABOさんが、

公平、よくぞ聞いてくれた!これは今回のツアーグッズで、いまここでしか売ってないんだ!

とかなんとか(^^ )
口上を述べ始める。

まさか、そのCHABOさん役をHARRYがするのか? するのか?(゚Д゚;)

と、ハラハラしながら見てたら・・・。

これは今回のツアーTで・・・・・












と、蘭丸がそのまま喋ってたwwwww

一家に一つ、二つ・・・(とにかくみんな買うように!)

ってなことを言っててさ。

で、HARRTはと言えば、買えよ? とでも言うように、客席のあっちこっちを指さしてた。

んで、アンコール。

何やったっけ?(´▽`;) (オィッ!!)

「マスターベーション」は、アンコール前だったっけか?
とにかく2、3曲やってたと思う。

ただ確実に覚えてるのは「すれちがい」をアンコールでやってたのは確かで。

ファーストアルバムの中で、「あんたがいないよる」も好きだけど、この「すれちがい」も大好きだ。
聴きながら、なぜか頭の中で、映画「夜をぶっとばせ」(ちなみに、18歳未満お断りよ♪)  を思い出してた( ̄ー ̄;)

なんで思い出すんだ、これを(苦笑)  関係ないのに。

いや、関係はあるけど(笑)

いや、でも真面目な話。「すれちがい」 ほんとに好きな曲なのよ。
できれば「のら犬---」も聴きたかった。

残念ながらこの日はやらなかったけど。



約2時間ほどのLIVEは終わった。
あっという間だった。また観たい・・・また観たいなぁ。

と思いながら、貰ったチラシを何気なく見たら・・・

ma 6月9日(土) 仙台 Rensa 追加公演

って、書いてあるじゃないの!

ぅおおおっ!
と、ゆうべはハイテンションだったんだけど。

今日、改めて確認してみたらもうとっくに売り切れだとさ。当日券は取り敢えず残ってるらしいけど。

そりゃそっか。一般発売から2週間以上も経ってんだからね。
仕事休んで行ってしまおうかとも思ったけど、も、いいや。

なんか、本当の意味で『One night onli GIG!!』になったな。
いま、HARRYのも、蘭丸のも、どちらのファンクラブにも入ってないから、そういう情報も自分からチェックしに行かないと出遅れる。
今回のJOY-POPSのLIVEだって、実は兵庫さん(兵庫慎司)のBLOGで知ったし。

でも、こまめに情報をチェックするとかさ、そういうの性に合わないんだよなぁ。めんどくさくて。

ままま とにかく

これは文句なく いいLIVEだった。
また、ツアーやらないかなぁ。数か月後ぐらいに(笑)
スポンサーサイト
2018.05.14 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/1892-ca392526