4482.JPG

えー、この度、SHIBUYA-AXで行われた 『野郎共の競宴!!!』に参戦するため再び南へと上って参りました。
またまた旅の土産話、LIVEの模様等、拙い文章と写真でお贈り致しますので、お時間の許す限り、またはひまつぶしにでも読んで下さればこれ幸いかと存じます。

仙台を出発して、福島、栃木、埼玉を飛び越し、上野よりも更に北にある赤羽へ到着。ホテルのチェックインまでにはまだ時間があるので、さっそく久しぶりの赤羽散策。

えっと、まずは『明日に向かって歩け!』(宮本赤本)65頁に掲載されている「静勝寺」を訪問。
4485.JPG 赤本に載っている写真と同じアングルで撮影してみたんだけど・・・・・どうだろ?

赤羽駅からみて西口、昔ながらの商店街がポツポツとある通りからふいに横道に入る。奥まった場所にある閑静な所だ。
4492.JPG C:\Users\saka\Pictures\2008_10_12\IMG_4489.JPG
(右の写真)このお社の中に毎月26日に開帳されるという、「太田道灌」の木像が入っている。
以前来た時にも「あ、こんな駅の近くにお寺がある。もしかして宮本さんも行ったのかな?」なんて思ってたけど、家に帰ってから赤本読み直してみたら、案の定記事が載っていた。

お寺の裏門を出ると景色はこんな感じ
4493.JPG

そして、昇ってきた石段から塀を挟んで、裏にはこんな坂道が続いていた。
たぶん、石段と平行になってるんだろな。
ここをずっと降りていくと、さっきの「稲付城跡」の石碑がある所に出た。
4494.JPG

それにしてもほとんど人がいない。時々チラリとおじいちゃん、おばあちゃんの姿を見かけるだけ。
そりゃぁ墓参りでもないのにお寺に来ることなんてあんまないだろうからなぁ、普通は。こんなモノ好きでもなければ。
でも昼下がりのお寺はすごく気持ちが落ち着く。
夜は行きたくないけど。

人影はほとんどなかったけど、ノラ猫はたくさんいた。宮本さんも「ノラ猫の格好の遊び場でもある。」と本の中で言っていた通り、私が行ったこの日もノラちゃんが7、8匹ぐらいはいた。
4487.JPG
カメラを向けると、ヤツはこちらをジーッと睨みつけてやがった。
ノラの威厳だ

一睨みされたところで、次回「赤羽商店街」へと話はつづく・・・・・。
スポンサーサイト
2008.10.14 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/523-0c36fe7b