5101.jpg

昨日、笑っていいとものテレフォンショッキングで六角精児さんを見た。
家の中にネズミが出るのでネズミ捕りを仕掛けたのだが、ネズミよりも自分が先に捕まってしまったという話をしていた。
「ネズミの通り道って、私の通り道でもあるんですね。」
六角さんて、面白い人だ。


それでは、今回はBLOGの話です。

あなたが他の人のBLOGを見るとき、例えば毎回見ているBLOGならば当然新しくアップされている記事を読むでしょ?
たまたま何かを検索していて偶然辿り着いたBLOGだったりしても、やっぱりその時点で最新の記事のみを目にする。
または興味が出れば、2、3日前の記事も読んでみたり、「カテゴリー」の中で面白そうなところをピックアップして読んでみたり。
でも、そのBLOGの過去ログを全部読もうとは思わないはず、大抵の人は。
『つい最近BLOG始めました!』という真新しいものならともかく、過去ログがずらっと下に伸びているような、『BLOGやり始めて○年になります!』という人の過去の日記を全部読もうとは思わないはず、大抵の人は。
よっぽどそのBLOGに興味があるか、ただのモノ好きか、単なる暇人でなければ読もうとは思わないはず。

私は、自分の好きなBLOGはできるだけ過去ログも読むようにしている。
そこにある記事を全部、全て読むというのはなかなか難しいけど、なるべく読むようにしている。
好き、ということは興味があるということだから。
興味があるということは、そのBLOGがどんなBLOGなのかもっと知りたいから。
ひいては  どんなBLOG → どんな人がやっているBLOGなのか → この人はどんな人なんだろ?
という思考回路が私の頭の中で自然発生するのである。
そうすると、最新の記事だけ読んでいては見えなかった「その人」の性格やら、生活やらが見えてきて、なかなか面白いのである。

ということで、「Come On-A My House」にリンクを貼らせて頂いているBLOGの記事は、ほとんど読ませて頂いております<(_ _)>
ずいぶん前に読んだからこまかい所は忘れちゃった! っていう部分もたまにあったりするけど。

そんなふうに隅から隅まで読んでいる私でも、ELEPHANT KASHIMASHI DBさんの日記の過去ログだけは読んだことがない。
なので........
昨日からヒマを見て少しずつ拝見しております、2002年の記事から。

いやぁ、やっぱ面白いわ、この方。
面白い! と思う部分は人それぞれだから、誰が読んでも面白いです、とは言いきれないけど私にはすごく面白い。
ツボにハマッてます。
まだ最初の部分しか読んでいないけど、新たな発見もあったし。
EKDBさんが言うところの『嫁』が来ている時、なぜいつも「板尾日記風」と注釈を付けるのか今まで軽く疑問に思っていたんだけど、ようやくそれが分かった。
それが何なのか知りたい方は2002年の記事からじっくり読んでみよう ( ̄ー ̄)

さーて・・・・・・・・日記の続きを読むのはまたこの次にして、そろそろ本の続きを読むとしようか。
5113.jpg
スポンサーサイト
2009.01.17 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fairground.blog78.fc2.com/tb.php/596-bf46e457